fc2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

辻元清美の内縁夫が公安テロ捜査流出情報を実名・顔写真付き出版

第三書館がテロ捜査流出情報出版
実名、顔写真そのまま掲載

http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112701000240.html
 警視庁公安部などが作成したとみられる国際テロ捜査関連の文書がインターネット上に
流出した問題で、第三書館(東京)は27日までに、流出したデータをまとめ
「流出『公安テロ情報』全データ」として出版した。
警察官や在日のイスラム系外国人らの氏名や住所、顔写真などもそのまま掲載されている。

 25日発行で469ページ。同社の北川明社長は
「そもそも警察がテロリストを疑って個人情報を集め、
 違法捜査をしていることを明らかにしたかった」

と出版目的を説明。
内容について「見出しは付けたが、データには手を加えていない」としている。

 多くの個人情報が含まれている点には
「既に多くの人が(データをネット上から)ダウンロードしている。秘密性はない」と主張している。

 第三書館によると、大手出版取次会社には「個人情報が含まれる」などの理由で書店への
配本を拒まれたところもあったが、一部書店などから直接注文があるという。


■第三書館
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%9B%B8%E9%A4%A8
第三書館(だいさんしょかん)は東京都新宿区大久保にある出版社。
マリファナの解禁や外国人参政権の実現によって日本社会に革命を起こすことをめざし、
「警察の裏は闇」「交番のウラは闇」などの警察批判本・暴露本シリーズや「ザ・殺人術」
といった戦闘テクニック書など、アナーキー、サブカルチャー、左翼系、反体制・反天皇制
を出版している。

>そもそも警察がテロリストを疑って個人情報を集め、
 違法捜査をしていることを明らかにしたかった


 なるほど・・・
                 → 辻元清美 → 北川明
 岡崎トミ子公安委員長  → 『革マル派幹部と推薦覚書』を交わした枝野幸男
                 → JR総連の組織内候補で革マル派議員・田城郁 

 なのでしょうか・・・

●テロ情報流出経緯に関する考察
 http://infowave.at.webry.info/201011/article_1.html
 警視庁がこれらの情報を扱う業務に使用する公用のパソコンは外部接続されておらず、
 不正アクセスで流出することありません。
 したがって、インターネット経由のWinnnyウイルス感染、情報流出はありえないという
 ことです。また、今回流出した資料は警視庁内の秘匿性が高く暗号化された文書で、
 警視庁内の専用パソコン以外では閲覧できず、私用の外部記録媒体を専用パソコンに接続すると
 警報で関係部門に知らされるというシステム内に保管されていました。
 しかも、パスワードなどで二重三重に情報管理をしていたそうです。
 このような理由から、内部資料であれば、職員らが外部記憶媒体に移した後に私用パソコンから
 流出した疑いが強いということです。

★北川明
 sekigun2609.jpg
・辻元が議員にこだわる理由
 http://k2t2f.blog.ocn.ne.jp/tubaki/2005/10/post_4533.html
 辻元と内縁の関係にあると言われている第三書館の社長、北川明という人物像に
 迫ってみよう。
 先の記事でも表記しているとおり、北川は元日本赤軍のメンバーだ。
 北川は日本赤軍で何をやってきたのか。
 日本赤軍の人のつながりを見て行くととても複雑で理解するのが大変だ。
 いろんな噂もあり、どれが真実か見抜くのも大変。
 ここでは、真実と確信できるものを取り上げたいと思う。
 まず、北川明が元日本赤軍のメンバーであったことは、確かだ。
 これは、過去の新聞記事、警視庁の資料などを検索すると分かる。

 昭和50年9月4日の毎日新聞と読売新聞には、赤軍のメンバー北川と島田が
 スウェーデン当局に逮捕され、強制送還になり、翌日羽田で逮捕された記事がある。
 そのあたりの詳しい内容は下記の「ヒロさん日記」にも記述がある。
 ・ヒロさん日記
 http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/

 2001年にリーダである重信房子が高槻で逮捕され、解散宣言をしたことになっているが、
 警察はまだまだ、日本赤軍の活動は裏で動いているとみて、警戒をしていることがわかる。
 だが、一時に比べて日本赤軍が衰退の一途をたどっていることも否めない。
 その衰退に向かいつつあるこの時期に、辻元の国会議員復活である。
 ここに辻元が議員にこだわる理由があるのではないだろうか。
 (引用終わり)

■外国人記者クラブが見た、辻元清美の「赤軍疑惑」
  2005/9/27(火) 01:40
 http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1201689
 辻元清美の「赤軍疑惑」について、FCCJ日本外国特派員協会(通称:外国人記者クラブ)
の大阪ウォッチャーはどのように捉えたのか。以下、全文翻訳で紹介する。

外国人記者クラブ:Osaka Diary by Kristen McQuillin (2003/9/29)
7月に逮捕された元社民党代議士の辻元清美だが、彼女にまとわりつく秘密のベールの数々が、
タマネギの皮をむくように徐々に引き剥がされている。
まずは、北川明という男との長期にわたる関係である。辻元は早稲田大学の学生のときに北川に
出会ったが、辻元憎しの人たちに言わせれば、北川こそが彼女を政界に送り込んだ張本人なのだ
という。

北川は第三書館という出版社のトップだ。
彼は、欧州で数々のテロ活動を画策したとされる日本赤軍の元リーダーで、1975年に日本へ
強制送還されている。
辻元は1988年に第三書館の取締役となり、1996年に衆議院で初当選した直後に同職を
退任している。しかし関係が完全に切れたわけではない。
第三書館は、議員経験などを記した辻元の著作を、実に6冊も出版しているのだ。

問題の核心はこうだ。本来、辻元の秘書に支払われるべき金が、日本赤軍に横流しされていたのか
どうか? 現時点では、赤軍資金問題を取り上げる地元大阪のメディアは非常に少ない。
しかし捜査がこの方面に伸びていることは明らかだ。
さらに驚くべきことに、重信房子との関係についても疑惑が持ち上がっている。
重信は(日本赤軍が解散される直前の)元日本赤軍リーダーで、現在は刑務所にいる。
重信は数十年にわたり国際指名手配を受けていたが、3年前に大阪府警によって逮捕された。
重信が逮捕されたのは大阪府の高槻市だが、なんと偶然なことに辻元の選挙区なのである。

重信に対する取り調べが進む中、重信の供述からある組織が明らかになり、その組織から
文書が押収された。その文書には市民団体「21世紀の希望」が言及されており、
この市民団体を通じて、社民党への政治圧力を強化していく、と書かれている。
「21世紀の希望」のスポークスマンは、重信との組織的な関与を否定したが、社民党は警察発表
を否定せず、特に声明も発表していない。
「21世紀の希望」に対する捜査から、さらに「市民の絆」という小グループの存在が発覚した。
大阪府警によれば、この「市民の絆」が「21世紀の希望」の実質のブレーンであるという。

重信は2人の男と一緒にいるところを逮捕された。
この2人は重信を援助・幇助(犯人隠匿)したとして逮捕されている。地元メディアの報道に
よると、1人は吉田守(ヨシダ・マモル)という「市民の絆」のメンバーであるという。
警察は彼を赤軍シンパと断定しているが、赤軍メンバーであるかどうかの確証を得ていない。

吉田は高槻市の光愛病院に勤務していた。警察供述に関する報道によれば、吉田は職場で
パンフレットと小冊子を配って、辻元の選挙キャンペーンを支えていたという。
また地元のタブロイド紙は、吉田が辻元の地元後援会のメンバーである、としている。
--------------------------------------------------------------------------------------------------


 国家の解体を目指して「破壊」することが目標の極左売国政権・菅内閣は
支持率が1%になっても辞めないと宣言している。
日本を破壊するまでは、石にかじりついてでも同志達と闘う気でいるらしい・・・
 
 
アメリカの不運、日本の不幸―民意と政権交代が国を滅ぼすアメリカの不運、日本の不幸―民意と政権交代が国を滅ぼす
(2010/07)
中西 輝政

商品詳細を見る


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 1

慶次郎

テロ犯

テロ犯に近い人が公安委員長ですからね。

2010-11-28 (Sun) 12:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック