fc2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国建国記念レセプションに売国議員50人大集合!楽しそうだね・・・

中国建国記念レセプション
日本の議員50人出席もあいさつなし

2010.9.30 00:24
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100930/plc1009300024000-n1.htm
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で日中関係が緊迫するなか、中国の程永華駐日大使主催の
中国建国61周年を祝うレセプションが29日夜、都内のホテルで開かれた。
 plc1009300024000-p1.jpg
政界からは細川律夫厚生労働相や大畠章宏経済産業相、松本龍環境相ら与野党の国会議員
50人以上が出席

日本経団連の米倉弘昌会長ら経済人や文化人、ルース米駐日大使らも姿を見せた。
日中双方の要人の発言にマスコミの注目が集まっていたが、出席者のあいさつはなかった。

 レセプションは10月1日の中国国慶節(建国記念日)にあわせ毎年開かれ、昨年は当時の
崔天凱駐日大使、平野博文官房長官があいさつしていた。

 今回招待されていた仙谷由人官房長官は30日の衆院予算委員会の答弁準備を理由に欠席。
自民党では中国とのパイプを持つ加藤紘一元幹事長や野田毅元自治相、野中広務元官房長官
出席したが、谷垣禎一総裁は「多忙」を理由に欠席した。

     ◇

 中国建国61周年を祝うレセプションに出席した国会議員は次の通り。

  (判明分、敬称略)

【閣僚・副大臣】 
 細川律夫厚生労働相、松本龍環境相、大畠章宏経済産業相、平岡秀夫総務副大臣

【民主党】 
 柳田和己、藤井裕久、江端貴子、前田武志、田城郁、大泉博子、稲見哲男、今野東、
 古賀一成、江田五月、首藤信彦、大島九州男、奥村展三、山本剛正、川上義博、岩本司、
 藤田一枝、矢崎公二、石毛●(=金へんに英)子、川越孝洋

 *柳田和己
 http://kazmy.jp/diary/index.php?id=243
  2010年08月19日 - 日中環境協力推進議員懇談会
  「先日、鳩山元総理から声をかけていただき、中国へ環境問題などの視察をしてきました。
   河北省唐山市の環境プロジェクト、曹妃旬工業区などたくさん視察させていただき、
   北京では温家宝・中国首相とも会談に同席させていただきました。」

 ■環境分野で日中の連携推進 鳩山氏と温首相が一致
 (2010年8月17日 20時28分)
 「鳩山氏は河北省唐山市の工業都市視察を踏まえ
 「環境への配慮が行き届いている。こういうところで協力するのは大変意義がある」と指摘。
 進出する日本企業の支援策を日本政府と民主党で検討していく考えを伝えた。
 温氏は「日中協力の要として、ぜひお願いしたい」と応じた。」
 円高で苦しむ日本企業を河北省唐山市の工業都市へ誘致して(日本国内の雇用は当然減る)、
 更に、省エネ技術を供与し、東アジア共同体構築に向けて前進する戦略らしい。


 *前田武志
 http://www.maetake.com/maetake_report/su2_diary.cgi?action=showlast&cat=&txtnumber=log&next_page=50&t_type=
 2007/10/31(水)活動報告
 民主党は31日、傅・中国共産党中央組織部部務委員兼組織局長一行を党本部に迎え、
 柳田稔組織委員長や前田武志企業団体対策委員長らが会談した。
 同席者は、(日中)交流協議機構事務局長の細野豪志、同機構事務局(文化担当)菊田真紀子
 の両衆議院議員。

 冒頭、傅団長は、先般、閉幕した第17回中国共産党党大会の概要などを説明し、善隣友好関係
 を発展させていく方向性を示した。その後、12月に予定されている訪中団に触れ、
 中国共産党全体で歓迎する意向を強調した。
 一方、民主党側は、受け入れの準備に際する中国側のきめ細やかな対応に感謝の意を表した。

 *古賀一成
 NPO東アジア交流学院HP、久留米市日中友好通信より
 「古賀代議士は、国政の中にあって、常に日中友好について活動をされています。」
 因みに、松本龍環境相は福岡県日中友好協会会長!

 *江端貴子
 http://duan.jp/news/jp/20090406.htm
  2009年、在日中国人との第一回「日中友好 桜を見る会」に出席し祝辞を述べる。
 この花見会には、千葉明・法務省入国管理局登録管理官も出席している。
 http://japan.people.com.cn/95917/6631588.html

 *矢崎 公二
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A2%E5%B4%8E%E5%85%AC%E4%BA%8C
  毎日新聞社入社。仙台支局、サンデー毎日、社会部、福岡報道部を経て、
  西部本社福岡本部報道部副部長、東京本社デジタルメディア局プロデューサー、
  編集局夕刊編集部副部長を務める。
  毎日新聞社が事実無根な猥雑・低俗なHentai記事を海外に発信したされる
  毎日デイリーニューズWaiWai問題当時の担当局プロデューサー
でもあり、同事件の発覚後も
  他部署へ異動したのみで処分には至らなかった。
  2009年、第45回衆議院議員総選挙で初当選。

 *田城郁
  http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50969948.html
  国鉄動力車労働組合元委員長、JR総連・JR東労組顧問で革マル派幹部の松崎明氏の
  運転手兼ボディガードをしていたらしいJR総連公認議員

 *首藤信彦
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E8%97%A4%E4%BF%A1%E5%BD%A6
  満州大連市生まれの危機管理研究家
  国会「武力攻撃事態への対処に関する特別委員会」で無防備都市宣言を取り上げる。
  注)無防備都市宣言運動の主体となっているのは無防備地域宣言運動全国ネットワーク。
    公安調査庁はこの運動について、民主主義的社会主義運動(MDS)が運動に関係していると
    述べて、この団体を過激派とみなしている。
  拉致問題で対北朝鮮経済制裁に猛反対、2004年12月29日テレビ朝日『ワイドスクランブル』で
  「経済制裁させないために政治家になった」などと発言。
  植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す
  目的の「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に、今野東石毛えい子らと参加。
  http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2010/08/19/0400000000AJP20100819003100882.HTML

 *稲見哲男
  http://www.inbong.com/2010/0808kimdejun/
  2010年8月8日大阪・生野のKCC会館で行われた故金大中元大統領の一周忌の集いで、
  民主党の辻恵議員とともに出席。追悼の辞を述べる。 

 *奥村展三
 ■小沢代表、賈慶林中国共産党中央政治局常務委員と会
  2007/09/13
  http://www.dpj.or.jp/news/?num=11792
 ■小沢代表、楊中国外相を党本部に迎え、会談
  2008/04/18
  http://www.dpj.or.jp/news/?num=13121
 ■第13回長城計画・日本中国交流使節団を終えて 2005/10/30
 http://www.okuten.com/cgi/news/c_note.cgi?v_n=11&mode=view&page=40
 長城計画は、日中国交回復を成し遂げた故田中角栄元首相の志を受け継ぎ、1989年
 自由民主党経世会により始められた。小沢一郎氏は第1回より企画実行委員長として、
 この事業に参画している。新生党、新進党、自由党が継承し今回で第13回を数えることと
 ななりました。民主党議員による使節団としは第2回目の長城計画でありました。
 第13回長城計画は、中華全国青年連合会との共催、全日本空輸の協賛により小沢一郎代議士
 を名誉団長として、私が今回の団長として、訪中議員団10名を含めた、総勢84名の参加者
 により、平成17年10月27日より30日までの日程で行われました。
 滋賀県からも10名もの多くの皆様に参加していただき、改めまして深く御礼申し上げます。
 日中関係が悪化している中で、日中両国に平和と友好の為の、永遠の『長城』が築かれんことを
 切に願い、皆様と共に参加した今回の訪中が、両国民の心と心の交流を、さらに深めていく
 大切な役割を果たすものであったと確信しております。

 *川上義博
 ■「日本の国会議員:私は靖国神社の戦犯を痛罵したい。」
   日议员:想痛骂靖国神社战犯 2010-05-05 環球時報
  http://zhaopianrijichina.blog21.fc2.com/blog-entry-1.html
  4月29日午後、環球網記者は、日本参議院議員、民主党国会対策委員会常務副委員長、
  民主党外委会主任、川上義博氏のオフィスに足を踏み入れた。
  まず目に入ったのは本棚に飾ってある胡錦トウ総書記と彼が人民大会堂で握手している写真だ。
  去年12月、日本民主党幹事長小沢一郎が率いる146人の国会議員が参加した大型代表団が
  中国を訪問したが、川上義博氏は代表団の一人であった。
  (中略)
  以下は記者の川上義博氏へのインタビューである。

  川上義博:永住権を持つ在日外国人への参政権を積極的に支持する大きな理由は、
  安保の角度から考慮したものです。
  現在、日本の地方政治の活力は少しずつ衰えてきており、そしてまた遠く無い将来中国は
  経済も政治もますます強大になっていきます。
  この中で長期の日本の安全保障を日米安保条約に頼っていくのは既に難しいといわざるを
  得ない事情があります。
  ですから、日本は目を更に遠くの方に向けるべきなのです
  http://zhaopianrijichina.blog21.fc2.com/blog-entry-2.html
  http://zhaopianrijichina.blog21.fc2.com/blog-entry-3.html
  http://zhaopianrijichina.blog21.fc2.com/blog-entry-4.html
  ちょっと前、私が上海を訪れた時、我々に向かって民主党の国対委員長がこう言いました。
  日本が過去起こした戦争とは侵略戦争であった、と。
  日本はエネルギー、食料、甚だしくは女性に至るまで全て侵略した国家にて調達したのです。
  これこそ略奪、つまり侵略なのです。

  さらに靖国神社です。私は今まで一度も行った事等ありません。
  あの戦争は数多くの日本の若者を死なせました。後の特攻隊も含めてです。
  戦争を起こし、作戦を建てた者は若者達を全く無意味に犬死させたのです。
  そのような者達は何百万人もいるのです。

  現在、私をあの戦争の発起人の子孫達と、靖国神社へ行かせて、死者に対し
  “本当に大変でしたね”
  “私たちはあなた方の為した努力に大きく感謝しています”
  “私どもはあなた方が為した仕事へ大変な感謝の気持ちを表したく思います”
  などと、どうして言えましょうか?
  私が口に出せると?私が彼らに頭を垂れて黙祷できると?
  もしもこれが一般兵士の話であれば、私もそう出来ます。黙祷し、頭を垂れます。
  ですが、あの戦争の指導者達、あの日本を戦争に導いた者たちに対して、
  私はどのようにしても、頭を垂れて黙祷することなどできません。
  彼らへ敬礼することだって出来ません。
  私はただ彼らにこう言いたい、こう罵ってやりたい、
  “馬鹿野郎(*原文、クソッタレ、でも言いかもしれない罵倒語)”とだけ。


  ですから私は靖国参拝に行きません。
  (中略)
  http://zhaopianrijichina.blog21.fc2.com/blog-entry-5.html
  環球網記者:あなたは長い間外交問題を研究されてきましたよね。
  あなたから見て、民主党政権は何故アメリカとの関係を日に日に悪化させているのか、
  そして、このような中で、未来の日中関係をどのように見ているのですか?


  川上義博:日本も、また中国も、我々は双方ともに日中関係は非常に重要な問題であると
  認識せねばなりません。

  双方共に我々の関係を良い方向へと、更に深く推し進めていかねばならないのです。
  私は日本の一部の学者の予測に、大変興味をそそられています。
  彼らは五十年後中国派世界第一の経済大国になるであろうと予測しているのです。
  中国は各方面に於いて世界一になるであろうと。
  この予測の中では、
  更に将来、日本女性と中国人男性との結婚は
  彼女達のステータスを引き上げる行動になるだろう
  とも提言しています。

  私は中国唐代、一人の遣唐使が朝廷に於いて大臣に任命されたことを覚えています。
  私は、今後の日本でも、同じような気持ちが生じるに違いないと思っています。
  このように国家建設が成立できたら、
  それこそ国家として正しく出来たということです。


 ■外国人参政権・川上義博氏の「独走」 2009.11.10
  http://blog.kajika.net/?eid=995344/
 
【自民党】
 二階俊博、加藤紘一、野田毅、村田吉隆、茂木敏充

【公明党】
   plc1009300024000-p3.jpg
 山口那津男、東順治、井上義久、石井啓一、遠藤乙彦、斎藤鉄夫、石田祝稔、大口善徳、
 高木陽介、遠山清彦、魚住裕一郎、松あきら、渡辺孝男

【共産党】井上哲士

【社民党】
 福島瑞穂、重野安正、照屋寛徳、服部良一

【みんなの党】 松田公太

【無所属】 辻元清美
plc1009300024000-p2.jpg
 辻元清美語録
 「中国などと国益で角突き合わせてもしょうがないし
  国益という発想も古くなっていくのではないですか」

 2002年5月23日 日経新聞の記事「特集:小泉外交??私はこう思う」より抜

 「中国とは旧社会党以来の長いお付き合いです。
  今年は社民党の青年訪中団がうかがいます。
  今後も青年交流を互いに進めていこう、と確認しました。」
 辻ともブログ 2007年10月11日

 ■入管法と住基法改定-外国人の便利性は管理されること?
 http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2009/05/13-1832.html 

 ■タブーなき議論を通して、政策の具体化を――
  中国人の個人向け観光ビザ問題、JR不採用問題、交通基本法、成長戦略会議

  2010年5月18日
  http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2010/05/18-1992.html
  観光立国推進本部の第3回外客誘致ワーキングチーム。
  座長は私で、事務局長は藤本祐司国交大臣政務官。メンバーとして福山哲郎外務副大臣、
  大串博志財務大臣政務官、階猛総務大臣政務官、また法務省や厚労省、警察庁からも
  幹部が出席して審議。
  これまでは富裕層に限ってきた中国人の個人向け観光ビザの発給要件を大幅に緩和し、
  中間層にも広げることに決めた。スタートは今年7月。
  いま中国からの観光客は大幅に増えており、経済活性化のためには不可欠となっている。
  このきつい制限をやっと緩和できたのだ。
  これまでの政権でも問題になりながら、できなかったことのひとつ。


【元国会議員】 野中広務、神崎武法

 皆さん、このパーティーを楽しんだようですね(棒読み)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 2

人参

川上義博

鳥取の選挙区の人ですね。

鳥取県、三朝温泉が中国人に買い占められていた 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=997365

親中一直線派の人たちが理解できない。
たしか鳥取は韓国と漁業の領海線でもめていたはず。

2010-09-30 (Thu) 15:34 | EDIT | REPLY |   

BB

売国奴!勢揃い…

本当、楽しそうな
ご様子w

日本解体の話しで
も…。

2010-09-30 (Thu) 20:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply