FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

111歳ミイラ化“名ばかり高齢者”は氷山の一角? 

●111歳ミイラ化“名ばかり高齢者” 他にもいる?
2010年7月30日(金)17時0分配信 夕刊フジ
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100730000/1.htm
 111歳で、全国長寿番付2位とされた東京都足立区の加藤宗現さんが、30年以上前に
亡くなっていたことが分かり、大騒ぎだ。「即身成仏する」と言い残し自宅の1室でミイラ化
したというが、遺族は死亡届を出さず、区の訪問調査でも生存を強調。加藤さんを受給者とした
老齢年金や遺族共済年金を不正受給していた。
日本には現在、100歳以上の高齢者が約4万人存在するが、
他にも“名ばかり高齢者”はいるのではないのか?

 厚労省は毎年、敬老の日に100歳以上の長寿者を中心に、各地域の高齢者を発表しているが、
これは地方自治体の調査をまとめたもの。各自治体も住民基本台帳(住基データ)を提出する
だけで、今回のような“名ばかり高齢者”の存在は完全には否定できない。

 つまり“間違い”はあり得るということだ。
ただ、東京都西部の自治体職員は、今回の足立区の対応に首をかしげる。

 「100歳を超えた住民の死亡が、10年以上見逃されることは普通では考えにくい。
  どの自治体も、敬老の日のお祝いなどを通じて職員が生存を確認している。
  足立区はなぜ、10年も面会できないまま放置したのか」

 今回の一件が発覚したのは、今年1月に地元の民生委員が区の福祉管理課に通報したことが
きっかけ。区は毎年、敬老の日に東京都の委託で、区内に130人存在する100歳超の高齢者
の現況を調査。加藤さんについては2回の訪問も行ったが、81歳の娘の「生きている」という
言葉をうのみにしてきた。

 もう一つ、審査の甘さが指摘されるのが、2004年に亡くなった元教師の妻の遺族共済年金
を10年間にわたり約1000万円も支給してきた公立学校共済組合(東京)だ。
妻が亡くなった際、実在しない配偶者(=加藤さん)の申請書類をスルーさせていたことになる。
この手が通じるなら、今後“模倣犯”が出現してもおかしくない。
(中略)
「年金は受給権者本人の申請が大原則ですが、委任状や戸籍謄本などの書式がそろい、
 住基データで受給権者の生存が確認できれば、制度上は代理申請でも受理せざるを得ない。
 住基データ上で生存している限り、支給も継続されます。今回のようなレアケースは想定外。
 今後の対応についても、今はお答えできません」(同組合年金部)

 思わぬ事態に直面した足立区は「われわれの調査は住民票上のことで、親族が『生きている』
といえば、それ以上踏み込む権限はありません。
遺族に悪意があった場合、行政が事態を完全に防ぐことは不可能です」(報道広報課)としている。

●父の死隠し恩給受け取る…1300万賠償命令
 2010年7月30日(金)20時0分配信 読売新聞
 http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20100730-00931/1.htm

 公立学校教員だった父親の恩給を、父親の死後も不正に受け取り続けたとして、三重県が
津市の男(66)を相手取り、約1300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、
津地裁であった。

 宮下尚行裁判官は男の不正受給を認定し、全額を支払うよう命じた。

 この不正受給を巡っては、男は詐欺と有印私文書偽造・同行使罪に問われ、今年5月、
津地裁で懲役2年4月の実刑判決を言い渡され、確定している。

判決によると、
男は2003年4月から08年4月まで21回にわたり、
総額約1300万円の恩給を不正に受け取った。
男の父親は02年12月、96歳で死亡したにもかかわらず、男は死亡の事実を隠し、06年
8月には県の恩給受給権調査申立書に父親の名前を記載して生存しているように装っていた。

●年金問題:え? 基礎年金番号、人口超える
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100728ddm041010061000c.html
 全受給者と加入者に一人一つずつ割り当てられているはずの基礎年金番号が成人人口より
123万件多いことが27日、日本年金機構の調査で明らかになった。
番号を重複して持つ人がいたり、死亡しているのに番号が残されていることが原因とみられる。
基礎年金番号に結びつかない宙に浮いた5095万件の特定が進められているが、基礎年金番号
自体の「正常でない付番」の問題はこれとは別。
本人の申し出がないと特定が難しく、新たな未解明年金記録群の存在が浮かんだ。

 30~39歳では人口より番号が85万件多く、40~49歳でも42万件多い。
53~61歳では人口の方が52万人多く、付番されていない人がいる可能性がある。
77歳以上は全年齢で番号の方が多い。
死亡者の番号は届け出がないと存続し、支給が続いているケースも考えられる。

以前【たかじんのそこまで言って委員会】で、辛抱さんがこの問題を指摘していた・・・
こんなのは氷山の一角で、これからもっと発覚してくるだろうと。
100歳くらいまでは誤魔化せてきたものの、さすがに120歳、130歳だなんてムリ。

きっと、TVが敬老の日恒例の「日本最高齢」のご家族の喜びの声と市長さんが記念品を渡す
あのニュース映像が、ぴったりと無くなった頃から・・・怪しくなってきたんだと思う。

私の住む市では、春に交番のお巡りさんが「世帯調査」をしている。
1軒1軒廻って、世帯確認カードに居住者を記入している。
私は町内会の防災委員なのだけど、個人情報保護法ができてから町内の名簿を作成するのが
困難になり、3年前から「東南海地震に備えて」の防災カードを地区の皆さんに記入して
頂いている。防災カードの主旨は、地震の際に家屋の下敷きになっていないか確認する為!
町内の独居老人世帯に月に1回、手作り弁当を無料配布するボランティアもしているので、
ご老人世帯を訪問しながら雑談して近況を確認している。
今月と来月は、熱中症になっていないか確認する為に、予算をやりくりして月2回お弁当を
お届けして、福祉課と合同企画の健康調査も行う。
敬老の日には、お赤飯を届けながら近況調査。
民生委員の方も婦人会の方も、市の職員も訪問しているのです・・・
少ない人数の職員の方が、地域ボランティアと協力しながら頑張ってはいるのですが
やはり、きめ細やかに接する事は本当に難しい。

家族同居の場合、ご家族の方が会わせて下さらないと、お話を伺うだけで本人確認ができない。
1軒、どうしても確認できないお宅がある。
6年前に近所の借家に引っ越してこられたご家族。
世帯主の男性と、彼の妹、息子さん、そして引っ越してきた時の町内会の資料では世帯主男性の
93歳(記入時)の母親の、計4人家族。この女性は寝たきりだと書かれている。
2年位前まで、生ゴミの日になると、息子さんが大量の紙オムツを捨てていたので生存が
確認?できているのですが・・・
このお宅は、洗濯物も外には干さないので状況が全く解からない。
防災訓練の前に訪問して、地震が起きた時にご家族が留守の場合の救出方法などのご相談を
させて頂くのですが、玄関先で追い返されてしまう。
民生委員の方にはご報告しているのですが、まさか「死んでないですか?」と乗り込む訳にも
いかないのよね。

例えば、ご高齢のご老人は保健婦さんや市立病院の看護士さんとかが訪問して、強制的に
健康調査という名目で生存確認をしていくしかないかな・・・
この健康調査を受けないと、年金が支給されませんよ!という制度にするとか。
とにかく地域住民同士が声を掛け合ったり、協力の手をいつでも差し伸べる環境が大切ですね。

そういえば、ミスター年金とやらの長妻大臣。
厚生労働省内の意識改革とか何とかよりも、年金改革はどうなったのさ!

ピタッと報道されなくなった長寿番付も怪しいが、同じくピタッと報道されなくなった
長者番付は更に怪しい・・・

余談だけど・・・
市は地震の際の防災資料を、HP上で英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語で
公開してはいるけれど、インターネット環境が整っていない外国人はどうなるのか?
住民登録した外国人には、登録時に各言語の資料をお渡しして、一次避難場所や防災準備を
周知しているのですが・・・住民登録していない外国人には伝わらない。
ゴミの出し方だって、他市から引っ越してきた日本人に理解してもらう事さえ困難なのに・・・
町内会に加入している世帯には、市の広報や自主防災資料は届くけれど、加入していない
世帯には、日本人でも市役所に行って貰って来ないかぎり手にする事ができない。

まあ、不法滞在者の方は、こういった重要な情報を入手するのは困難でしょうが。
いざ、大地震が起きたら・・・どうなってしまうのだろう?
町内会の防災委員会でも、毎回議題に上る問題なんですがね。
一体、誰が住んでいるのか解からないアパートも多数有り、非常時の混乱は避けられない。
田舎町までグローバル化って・・・本当に難しい。
町内会に加入して役員を引き受けてくださっている中国人の方が、町内会のお知らせの
翻訳を引き受けてくださっていて、中国語は何とかカバーできているのだけれど・・・
わが町内では、ポルトガル語の翻訳ボランティア募集中!!!!
こんな状況なのに、「外国人は差別されている!」と思われたら心外だな。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

名無しさん

厳罰化が必要。
足立区は在日が多いから、強く拒否されたらそれ以上調べられないんでしょう。
在日が多い土地にはよくある話。

2010-07-31 (Sat) 12:10 | EDIT | REPLY |   

あや

時効撤廃

厳罰化に賛成です!
こういう悪質な年金取得詐欺も時効撤廃して
不当に手に入れた期間の総額を全額国庫に返納させた上で
罰金と利息分を支払って欲しいです。

2010-07-31 (Sat) 14:15 | EDIT | REPLY |   

慶次郎

氷山の一角

天下の社会保険庁ですから起こるべくして起こってる。自分の金では無い、時間を持てあましていても考える事がないから、一生懸命?何?かをやってるんでしょうが、役所仕事と言われてしまう。

2010-07-31 (Sat) 16:01 | EDIT | REPLY |   

BB

本当、今回の件なんて氷山の一角に過ぎませんね…

人の命、身内の命の尊厳が蔑ろにされ
お金、お金、

悲しいね…。

2010-07-31 (Sat) 16:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply