FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

【文科省汚職】霞が関ブローカーの接待攻勢、女子受験者点数操作の東京医科大は女性支援事業で文科省から約8千万!

【独自】文科省汚職 月600万円も...
 領収書入手 官僚を接待

 FNN 8/2(木) 12:07配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180802-00397781-fnn-soci
文部科学省幹部が相次いで逮捕された
汚職事件について。

25万3,700円、43万9,500円、そして、54万5,000円。
これらは全て、会社役員が銀座の高級クラブなどで、
官僚らを接待した際の領収書。

 monkasyoPC9XJ8AX.jpg
 
FNNが入手した領収書からは、
接待費が多い時で月600万円を超えていた
ことが明らかになった。

50万円を超える金額に、クレジットカードでの支払い。
これらは、FNNが関係者から独自に入手した領収書。

会社役員の谷口浩司容疑者(47)は、
文科省前国際統括官の川端和明容疑者が
JAXA(宇宙航空研究開発機構)に出向中、
便宜を図ってもらう見返りに、
接待をした疑いが持たれている。

これらの領収書から、谷口容疑者が、
数年前から銀座の会員制クラブなどで、
官僚らに多い時で月に600万円以上の
接待をしていたことがわかった。


川端容疑者や、受託収賄の罪で起訴された
前局長の佐野 太被告への接待の領収書もあるという。

領収書を発行したある店の関係者によると、
谷口容疑者は、
「将来、省庁トップとなる人と飲んできた」
と話すこともあったという。

 monkasyo001.jpg

特捜部も、これらの領収書を押収していて、
接待の実態解明を進めている。

(引用ここまで)


★【文科省汚職】
 事務次官も聴取方針、贈賄側と会食か 
 東京地検特捜部

 https://www.sankei.com/affairs/news/180801/afr1808010006-n1.html
特捜部は7月26日、JAXA理事に出向中の
平成27年8月~29年3月
谷口容疑者が役員を務めていた医療コンサル会社に
便宜を図るなどした見返りに、
東京都内の飲食店などで計約140万円相当の
飲食接待を受けたとして、収賄容疑で
文科省前国際統括官の川端和明容疑者(57)を逮捕した。
(中略)
特捜部は同日に行った同省への家宅捜索で次官室も捜索。
関係者によると、
戸谷次官も谷口容疑者と複数回、
会食したことがあるという。

特捜部は戸谷次官に谷口容疑者と知り合った経緯や
費用負担などについて確認するとみられる。

(引用ここまで)




★元官僚の筆者も驚いた
 「霞ヶ関ブローカー」の暗躍と文科省の腐敗
 やっぱり解体的出直しが必要だ

 http://news.livedoor.com/article/detail/15084113/
(引用開始)
佐野氏と川端氏は、旧科学技術庁に1年違いで
入省した先輩後輩の関係であった。
両氏を接待していた谷口氏は、
いわゆる「霞ヶ関ブローカー」といわれる人で、
両氏以外にも、経産省や総務省官僚らとの
繋がりもあったと噂されている。


こうした「霞ヶ関ブローカー」は、
政治家との繋がりもあり、
谷口氏は野党議員2名との関係もあるとされている。
はたして野党は「モリカケ」のように
この問題を追及することができるのだろうか。

(中略)
今回、谷口氏は起訴されているが、
多くの情報を捜査当局に提供しただろうから
これからはその情報の一部がリークされ、
霞ヶ関や政界(今のところ、経産省、総務省、野党)にも
スキャンダルが波及する可能性がある。

(全文はリンク先で)


  monkasyouosyokuDjmz0foUUAEWwkS.jpg


 monkasyouosyoku01.jpg

平成27年8月~29年3月

★歴代文部科学事務次官
 http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki/rekidai/jimujikan.htm
8 山中 伸一
 平成25年7月8日〜平成27年8月4日
9 土屋 定之
 平成27年8月4日〜平成28年6月21日
10 前川 喜平
 平成28年6月21日〜平成29年1月20日
11 戸谷 一夫
 平成29年1月20日〜




★「霞が関ブローカー」に「顧問」の名刺、
 「国会通行証」の疑惑も 
 “黒幕”野党議員の対応は… 
 文科省汚職 (1/2ページ)

 ZAKZAK 2018.7.30
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180730/soc1807300005-n1.html
(引用開始)
永田町では、
谷口容疑者が「国会議員の政策顧問」という
名刺を手に、政官界の人脈を広げていた-

との情報が広がっている。
ブローカーとして暗躍するうえで、
名刺が抜群の効力を発揮したことは、想像に難くない。
 これまでにも、ブローカーといわれる面々が、
国会議員の「顧問」や「秘書」などを名乗って
うごめいた例はあるが、今回のB議員側の対応をどうみるか。
 政治評論家の伊藤達美氏は
「国会議員には、さまざまな人が思惑をもって
 近づいてくる。
 学識経験者や官僚OBを政策顧問に迎えるなら
 分かるが、一般人に肩書の使用を認めるのは、
 脇が甘すぎる。軽率のそしりを免れない」
と批判する。

さらに、新たな疑惑が浮上した。
 警備上、国会内を移動するには
通行証などが必要になる。
谷口容疑者の姿は国会内でたびたび
目撃されており、B議員側が通行証を発行、
貸与していたのではないかというのだ。

(続きはリンク先で)




朝日新聞の記事でも、谷口浩司容疑者は、
野党の参院議員の「政策顧問」の名刺を持って、
霞ヶ関や永田町に出入りしていた
と掲載している。
「霞が関ブローカー」と呼ばれる
医療コンサルティング会社の元役員・谷口浩司容疑者が
どうやって官庁に入り込むことが出来たのか
TVのニュースは、その点は報道タブーなのだろうか。
野党議員を追求する気は一切ない。
せめて
国民民主党の羽田雄一郎参院議員の政策顧問だった事は
事実なのだから、羽田議員の名前を出さないのはオカシイ。

  hadaDjAznp4V4AAEPAL.jpg
 
 tanigutiDjmtXECUUAAZtS2.jpg

 ”谷口の妻”を名乗るHPでは
谷口容疑者と
立憲民主党の吉田統彦衆議院議員の関係や、
風間直樹参院議員は一緒に海外に行った仲も公表。
 ikazamaimage8.jpg

これまた、名前も出てこない。

渦中の谷口浩司と佐野 太前局長の2人と
仲良く会食している女性記者の写真も公開されたが
monkasyouosyokuDjb00IUVsAAMfLL.jpg

 monkasyoosyokuDjb00IVVAAAJ-nO.jpg

これは、読売新聞の薩川碧記者
 monkasyouosyokuDjb00ISUYAAM8Ry.jpg

マスコミ関係者も「霞ヶ関ブローカー」の存在は
昔から、よくご存じで、
この記者も飲食接待の場にいたのかな????



★文科省汚職 国民民主・大塚共同代表、
 「贈賄側」元会社役員と接点の
 羽田雄一郎議員から事情聴取

 2018.8.2 23:29
 http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/180802/plt18080223290037-n1.html


 monkasyouosyoku05.jpg

立憲民主党は、いつになったら
得意の「追及チーム」や所属議員へのヒアリングを
始めるのだろう?????





そもそも、谷口容疑者が多額の接待費を掛けて
官僚達を接待して懐柔するのは、
依頼主に巨額な利益をもたらすからであり
ブローカーはキックバックとして報酬を受け取る。
そのための必要経費が、多い時で月600万円。
その経費を、一体誰が谷口容疑者に渡したのか?
谷口容疑者の交友関係を洗い出すのが
ジャーナリストの本分だと思うのだが…

何故か情報番組では、
去年の文春砲は無視したのに、山根明会長問題と
日大アメフト問題をダラダラと放送している。


★文科省汚職、
 マスコミの追及が手緩いのは
 前川喜平さんのおかげである

 『田中秀臣』 2018/07/31
 https://ironna.jp/article/10340
(引用開始)
このような接待や裏口入学の手引は、
まさに古典的な汚職の手段であり、
それが今日まで文科省で長く行われていたことは
驚くべきことである。
この「霞が関ブローカー」の暗躍は
前川事務次官時代を含めて
かなり長期に及び、
その文科省への侵入度合いが、
果たしてこの2事例だけでとどまるのか、
さらに組織的な広がりがあるか否か

大きな関心の的だろう。

(全文はリンク先で)


★自らが犯した『天下り斡旋』を
 まるで他人事のように扱う 前川喜平氏に、
 ネット「あなた天下りで懲戒されたのに
 何言ってるの?」

 2018-08-02
 https://snjpn.net/archives/61137




文部科学省科学技術・学術政策局長の
佐野太容疑者(58)の息子の裏口入学先
東京医科大学ではこんなスキャンダルが発覚。

★東京医科大 女子受験者の
 入試点数を一律減点

 NHK 2018年8月2日 12時07分
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180802/k10011560201000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
関係者によりますと、こうした点数操作は、
平成22年に合格者の女性の割合が30%を
超えたことをきっかけに始まった
ということですが、
入試の募集要項には男女の定員に関する記載はなく
受験者側には一切知らされていませんでした。

NHKの取材に対し、大学関係者の1人は
「女子は結婚や出産で医師を辞めたり
 休職したりするケースが多く、
 大学病院の態勢を維持できないという
 危機感があった
と話しています。

ことしの医学部医学科の一般入試は、
男女合わせて2614人が受験し、171人が合格しましたが、
合格率は男子の8.8%に対し女子は2.9%にとどまっていました。

(引用ここまで)




東京医科大学は、こんな事をしておきながら
文科省から8千万越えの補助金をゲットしている。
一体誰が採択したのでしょうねぇ。


★医師・医学生支援センター
 文部科学省「平成25年度
 女性研究者研究活動支援事業」に採択されました

 東京医科大学 2013/10/28
 http://www.tokyo-med.ac.jp/news/2013/1028_235900000193.html
文部科学省が公募した
「平成25年度女性研究者研究活動支援事業(一般型)」
に本学が採択されました。
これは平成22年に設置された医師・医学生支援センターの
3年間の活動業績が認められたことにもよります。


「女性研究者研究活動支援事業」とは、
女性研究者がその能力を最大限発揮できるとともに、
出産、子育て又は介護と研究を両立するための
環境整備を行う取組みを支援することを
目的とした事業
であり、
本学は、3年間(平成27年度まで)
総額80,264,000円の補助を受けることとなりました。
対象は女性研究者と配偶者である女性研究者を
サポートしている男性研究者です。

(引用ここまで)




朝日新聞の鮫島浩記者、
野党議員の関与が噂されているからって
必死過ぎます。

 monkasyouosyokuDje0hKDUwAA2ESP.jpg

鮫島さんも政治部記者なんだから
昔から霞が関や永田町をうろつく
谷口容疑者とは顔馴染みだったのでしょう?
ブローカーが誰と接触していたのか
ご存じなんでしょう?スットボケかしら…



★『朝日新聞特別報道部・次長の鮫島浩』
 ⇒⇒慰安婦問題・合意とは全く関係ない
 靖国神社参拝で日本政府に誠意を示せ!
 とツイット!
 
 http://blog.livedoor.jp/fuchichouyomigaeru/archives/68598466.html


こちらも、見事なスットボケさん。
羽田議員の名刺を持ってうろつく有名ブローカーを
名前も素性も知らないですって?????


 monkasyouosyoku04.jpg




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply