韓流研究室

ARTICLE PAGE

敗戦直後、日本代表がロッカーに残したメッセージに世界が感動 【立つ鳥跡を濁さず】

★敗戦直後、日本代表が
 ロッカーに残したメッセージに世界が感動

 ハフポスト日本版編集部 2018/7/3(火) 9:42配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00010004-huffpost-soci

wcDhIhgDWXkAcnppT.jpg
日本代表が使用したというロッカールーム


「真の勝者がいた」
サッカーのワールドカップ・ロシア大会
決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに敗れた
日本代表のロッカールームでの振る舞いに、
世界から称賛の声が集まっている。

写真で見る限り、
ロッカールームはきれいに掃除され、
美しい状態に保たれている。
さらに、入り口側の棚の上にはロシア語で
「スパシーバ(ありがとう)」のメッセージが
書かれた紙も残されていた。

プリシラ氏は
サポーターもスタジアムでゴミ拾いをした。
 すべてのチームにとって模範となります!

などのコメントとともに投稿。

この投稿に対しては、
返信やリツイートなどで、世界各国から
「ありがとうのメッセージは桁違いだ」
「arigato」
「真の勝者がいた」
などの声が寄せられていた。

この試合で、
日本は世界ランキング3位の強豪相手に善戦したが
逆転され2ー3に終わり、
惜しくも史上初のベスト8入りには届かなかった。
ピッチ上では涙を見せ、うなだれる選手たちの姿も。
悔しい結果となった直後の振る舞いとあって、
感動を呼んだようだ。


(引用ここまで)




★ロシアW杯、サムライブルー
 「立つ鳥跡を濁さず」に感銘=FIFA役員

 大紀元 2018年07月03日
 http://www.epochtimes.jp/2018/07/34485.html
(引用開始)
選手たちはフィールドで悔しさをにじませた。
しかし、こうした辛さも胸の内に仕舞い、
サムライブルーは去り際の礼儀を見せ、
関係者に感銘を与えた。


欧州サッカー連盟役員会場責任者で
FIFA総合コーディネーターの
プリシラ・ヤンセンス氏
は3日にSNSで、
ベルギー戦を終え日本代表チームたちが
使用した後のロッカールームを撮影し、コメントした。

「スタジアムではファンに感謝を示し、
 ベンチや控室もすべて片づけて、
 メディアの取材にも応じて。
 残されたメモ書きには
 ロシア語で『ありがとう』。
 すべてのチームにおける、
 お手本ではないでしょうか!
 一緒に仕事ができて光栄です!」


ヤンセンス氏のコメントに対して、
日本代表チームへ数多くの称賛の言葉が書き込まれた。
日本代表の永里優季が所属するシカゴ・レッドスターズの
コーチ助手ガリー・カーネーン氏も、
日本代表チームの行動に感銘を受けた模様だ。
ありがとうの書置きは別格だ。
 私たちは大抵、
 競争力を怒りや欲求不満に結びつけてしまうが…。
 この謝意から、
 彼らの試合に臨む姿勢の奥深さを、
 少し垣間見ることができる
」。


サッカー報道のフットボールチャンネルによると、
使い終わった控室を元の状態へと片付けるのは、
代表のみならず各世代選手で当たり前のように
指導されていることだという。

ことわざ「立つ鳥跡を濁さず」
代表選手から日本サポーターたちにまで浸透している。
ファンたちが、スタジアムを自主的にゴミ拾いを
していることも、海外メディアで多く取り上げられ、
賛辞が送られた。
一部海外サポーターにも清掃活動が波及した。

控室の写真をよく見ると、
ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモのそばには、
サムライブルーのユニフォームに似た
青色の折り鶴が3羽、そっと置かれていた。


(引用ここまで)


  wcDhKJuU9U8AAO4hI.jpg




きっかけとなったのは、
プリシラさんのツイート

 wcjapan001.jpg
 
投稿から約7時間後、ツイートは削除された。
日本はもちろんスペインや中国など
各国のメディアが引用し、全世界に拡散されことで
反響の大きさに削除か!?



中国でも『人民日報』を始め、
複数の大手メディアが報道して絶賛。
 
 wcDhKNzEKUYAEK5rW.jpg


イギリスのメトロ紙も
日本代表のロッカールームと
サポーターのふるまいを絶賛

★Japan squad tidy up changing room
 and leave thank you note after Belgium loss

 Metro Sport ReporterTuesday 3 Jul 2018 8:09 am
 https://metro.co.uk/2018/07/03/japan-squad-tidy-changing-room-leave-thank-note-belgium-loss-7678705/?ito=article.desktop.share.top.twitter


デイリーメール紙も
劇的な試合後の日本代表のロッカールームと
サポーター達の涙と共にゴミ拾いに注目。

★Japan hailed as 'an example for all teams'
 after leaving dressing room spotlessly clean
  with a note of thanks in Russian after dramatic
  World Cup defeat by Belgium

 http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-5912209/Japan-example-teams-leaving-dressing-room-spotless-Belgium-loss.html#i-ed5ad813a56fa0eb


ザ・サン紙も、
失意の中で涙を堪えながらスタジアムを
清掃し続ける日本のファン達に注目する。

https://www.thesun.co.uk/world-cup-2018/6680684/world-cup-2018-heartbroken-japan-fans-clean-stadium/
 wcNINTCHDBPICT000417707762.jpg


イギリス高級紙、Independentも
「日本は敗退後の威厳ある立ち振る舞いで
 W杯の心を掴む」と報道。

★Japan steal World Cup hearts
 with dignified response to cruel exit

 https://www.independent.ie/sport/soccer/world-cup-2018/japan-steal-world-cup-hearts-with-dignified-and-classy-response-to-cruel-exit-37074972.html






「立つ鳥 跡を濁さず」

今朝の決勝T第1戦、日本vsベルギー。
日本代表の激闘は、魂を震わせた。
中国のサッカーファンも…

 wcjyapan002.jpg


嬉しいコメント
 wcjyapan003.jpg
https://twitter.com/SyafiqDon7/status/1014076211432079360

 ベルギーは試合に勝った
 しかし、
 日本は我々の心を射止めた。



 wcDhIsj1rUYAAlu8I.jpg




台湾のTV局は、試合前から
日本代表のユニフォームを着て応援。
wcDhFu4MNUwAUmYSg.jpg


お天気お姉さんまで!
 
 wcDhFu4MNVQAE7Ydg.jpg

日本代表ユニを着て天気予報。


多謝!


香港のTV局も!
 wcjyapan004.jpg

香港ViuTVさん
 wcDhIRCQaUYAE50By.jpg


 wcjyapan007.jpg

多謝!



トルシエ監督の通訳を務めたダバちゃん
 wcjyapan005.jpg





さて、もっと強くなるために
これは大切


★「美談で終わらせたくない」…
 世界との差を感じた吉田麻也
 「育成も改善を」

 https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20180703/788130.html
「経験値の部分も、次の4年で高めていかないと。
 ベスト16に行って優勝候補といい試合をしたという
 美談で終わらせたくない。
 課題からしっかり学んで何をしなくちゃいけないかを、
 協会と選手が考える。
 じゃないと日本は強くなって行かないと思うし、
 是非皆さんには厳しい言葉をお願いします」


(引用ここまで)


欧州の選手達の体脂肪率は10%以下が普通!
wc2022001.png

ハリルホジッチが厳しかったのは、
君達を強くしたかったからだよ。
「仲良しチーム」だけでは、
決勝Tは勝ち抜けない。
サッカー協会は解任劇の責任を、
きちんと取らなければならない。



 wcjyapan006.jpg

★ベルギーサッカーに学ぶ、怪物育成術。
 なぜ次々とワールドクラスが生まれるのか

 VICTORY 2017/11/15
 https://victorysportsnews.com/articles/5679/original



W杯の面白さは、
世界TOPクラスの技を観られること。
サッカー少年達よ、
ベルギーの3得点目のカウンターを
脳裏に焼き付けろ…ってね(偉そうだけど)


 wcjapan008.jpg






人気ブログランキング
スポンサーサイト

Comments 6

弓取り

誇らしい日本代表

試合も素晴らしかったし、スポーツの意義を世界に伝えた日本代表チームが誇らしいです。

>台湾のTV局は、試合前から
>日本代表のユニフォームを着て応援。
  泣けた!ありがとう台湾!

リアリスティックな視点からは、サッカー協会の組織力の向上が重要だと言えます。長友選手のメディアへのお願いに見られるように、選手を守れない点も含めて、協会のダメさが代表の試合の結果につながっていると思います。なんで選手がこのような「お願い」をしなければならないのか。本来なら協会の仕事でしょう。
また、ちょっとクレームが来ただけで、旭日旗の使用を禁止するとか、情けない姿勢が見えてしまいます。本当に、日本代表を強くする強い意志があるのか疑問さえ起きます。明確な目標と手法を確立して、結果がダメだったら、協会が責任を取るような仕組みにするべきです。

>サッカー協会は解任劇の責任を、きちんと取らなければならない。
  ・・・ですね。

思い出したので書きますが、K渕キャプテンとやらをなんとかしないと、ろくなことにならないでしょう。かつて、監督交代のときに、空港だったかで、記者らに囲まれて「次の監督は?」と問われて「ジーコでいいんじゃないか、・・・あ、ジーコって言っちゃったね。これ書かないでね」みたいな、わざとらしいコメントをするようでは、組織力のダメさがうかがえるというものです。
本日も、次の監督について、「西野が~」と呼び捨てしていました。こういうところもトップとしてダメな人だなあ、と感じさせるのです。尊重し合える関係にこそ、組織の良い緊張感が生まれるし、ちからに還元できるというものです。

蛇足が長くなりましたが、次の日本代表に期待いたします。

2018-07-04 (Wed) 01:04 | EDIT | REPLY |   

都民です。

>ブラジルやフランスのような強豪国の「競争をベースとした育成スタイル」とは異なり、「普通では見逃されてしまう素材であっても磨き続けること」によって怪物を生み出すベルギーの育成には多くのヒントが隠れている。

 リンク先の記事を読み、次世代の日本選手育成の為に上記の点が重要なことがよく分りました。日本人の体格を考えると、確かにベルギー方式は合っていると思います。そう言えば、2011-2015にFCバルセロナ ユースに所属していた久保建英君みたいに、抜きんでた才能の若者もいますから、これからますます楽しみですね。

>欧州の選手達の体脂肪率は10%以下が普通!
>国内選手の体脂肪率は16%17%があたりまえだった。

 これは・・・(´・ω・`)、ハリル監督が厳しくするのは当然ですね。しかし、どうして直前に解任されたのか良く分らないです。

2018-07-04 (Wed) 08:09 | EDIT | REPLY |   

あや

Re: 都民さんへ

>国内選手の体脂肪率は16%17%があたりまえだった。

本田が会見で、次世代の選手に
「海外を目指して欲しい。見えなかった事が見えるから」
というようなことを言っていた。
スペインに移籍してからの柴崎岳の脅威の成長も
プロ意識の高さゆえ。
http://news.livedoor.com/article/detail/14931993/

長谷部や長友が体幹を鍛える本を出しているけど
中田英寿がイタリアに移籍した時、
当たり負けしない体作りで、バランスボールを使った
体幹を鍛えるトレーニングなど、個人トレーナーを付けて
オフの日はかなり鍛えていた。
長友が婚約記者会見の間もトレーニングをしていたらしいけど
海外でレギュラーの座を獲得するためには
ストイックに、自分を鍛え続けている。

2006年のW杯でも、初戦のオーストラリア戦で、
リードしていたにもかかわらず、
終盤で立て続けに3失点した。、
ジーコ監督は
日本選手のフィジカル面や他の弱さを指摘。
https://www.j-cast.com/2007/03/20006306.html?p=all

Wikipediaには
”大会後、川淵三郎キャプテンが
 ロイター通信のインタビューにおいて
 「中田英寿は他の選手と交流を
  持つことができなくなっていた」
 と語った[27]。
 現役最後のゲームとなったブラジル戦の試合後、
 ピッチに仰向けに倒れたままの中田を労ったのは、
 キャプテン宮本とチームスタッフ、
 ブラジル代表のアドリアーノ(パルマ時代の同僚)
 だけだった。”

と書かれているけれど、
当時は海外組が今より少ない時期で
国内組には「俺の方が技術は上手い」と言う選手もいて
中田のDFラインの裏を狙う早い縦パスは理解されず
技術だけではなく、フィジカルを鍛え体格差を補うことも
チーム内で理解されず、宮本ツネがヒデの危機感や苦悩を
練習後に部屋に行って話を聞いてくれていた。
宮本とか今回の長谷部とか、この世代が
早く協会の実権を握れるようになると良いな。

国内選手の体脂肪率が16%~17%ってね、
トレイルマラソンが趣味の
うちの旦那(一般サラリーマン・56歳)の
体脂肪率12%より高いんですよ。
ハリルホジッチの言う意味が解るでしょう?

2018-07-04 (Wed) 11:15 | EDIT | REPLY |   

あや

Re: Re: 都民さんへ

続き
★戦い、走り抜いたロシアW杯…
 長友佑都「ハリルさんには感謝しています」

https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20180703/788282.html
「ハリルさんには感謝しています。
 ハリルさんのデュエルや走るというベースが
 チームにあったし、
 やっぱり本大会では戦って、走って、
 デュエルに勝たなければいけない。
 そのベースの上に西野監督の経験や
 ボールをつなぐという戦術がうまくマッチしたと思います」

「自分自身が一番期待したいのは、
 自分を押しのける選手が
 この4年のうちに出てくること。
 そういう選手を待っています」と
ライバルの出現を待ち望んだ。


まさにコレ!

2018-07-04 (Wed) 11:37 | EDIT | REPLY |   

F.Y

サッカーは狩り

試合をいろいろ見て、そして記事最後の「ぷあたん」のツイートを読んで、
サッカーは肉食動物・狩人の集団狩りだな、と思いました。
変化する戦況の中で、日頃の練習の積み重ねやその場のアイコンタクトで連係プレーを生み出す狩りのよう。

台湾の日本応援には頭が下がります。
そう言えば、夫の掛かりつけの整形外科医も、日本代表のユニフォームを着て診療していたそうです^^

2018-07-04 (Wed) 11:56 | EDIT | REPLY |   

都民です。

あや様へ

>スペインに移籍してからの柴崎岳の脅威の成長もプロ意識の高さゆえ。

 柴崎選手がスペインに慣れるのに苦労しても、それを乗り越えて最高の選手と同じチームで競って成長したという記事を読み、こういう若手が次のワールドカップできっと活躍するのだろうと思うと楽しみですね。そして、長友選手も「4年後を見据えている。自分を必要としてくれるなら力になりたい」と意欲を見せていますので、若手とベテランが切磋琢磨して強いチームを作って欲しいと思います。

>中田英寿がイタリアに移籍した時、当たり負けしない体作りで、バランスボールを使った体幹を鍛えるトレーニング

 長友選手がイタリアに移籍したころに、テレビでバランスボールを使って体幹を鍛えているのを見てとても良いやり方だと思いましたが、それは中田選手が始めたトレーニングだったとは知りませんでした。そう言えば、中田選手が先駆的なプレーをして、周囲に理解されないことを評して、誰だったか解説者が10年出てくるのが早過ぎたと言っていました。

 海外組だと、中田選手を始め何か国語も勉強していた川島永嗣選手や、イタリア語の習得がとてもスムーズだったらしい長友選手など、語学が達者な人が多いみたいで、現地の言葉での記者会見を聞いているとちゃんと記者とやり取りしているのが凄いと思いました。

>トレイルマラソンが趣味のうちの旦那(一般サラリーマン・56歳)の体脂肪率12%

 ご主人様の年齢で12%は凄いですね。相当走り込みをしていらっしゃるのではないでしょうか?そうすると、選手が16~17%というのは言語道断だと言えますね。監督が怒るのも当然です。

2018-07-04 (Wed) 23:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply