FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

【#MeToo】毎日新聞労組のセクハラ調査、酷すぎる被害実態に驚愕

★週刊文春 2018年6月14日号
 「先輩記者に強姦された」
 毎日新聞セクハラ調査が酷すぎる

 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/9715

mainithig4155.png

mainithiindex_2-36.jpg

mainithiindex_3-18.jpg


★メディア業界
 セクハラ加害者の4割が上司・先輩

 毎日新聞 2018年5月21日
 https://mainichi.jp/articles/20180522/k00/00m/040/045000c


さすがは、英字版で
日本女性を変態扱いする記事を
海外に発信したwaiwai事件を起こした新聞社。
 mainithiC1hFLtfVQAANgNe.jpg

 mainiti20151024014936b93s_20180608165217745.jpg

 mainithi79a55f.jpg

女性社員にも酷いセクハラ行為です。
「先輩記者から強姦された」被害は、
セクハラではなく、犯罪ですよ!
毎日新聞は、放置しているのでしょうか?





★メディア業界でなぜセクハラが横行?
 長時間労働や力関係の差に要因か

 2017年4月22日
 http://news.livedoor.com/article/detail/12969765/


★メディア業界のセクハラ、
 半数が同業者から
  「自分たちも律するべき」市民団体が調査

 2018-05-17
 https://www.oricon.co.jp/article/460632/


★報道各社の社員セクハラ被害、
 対応に温度差。
 緊急アンケート全容公開

 滝川 麻衣子 , 木許はるみ and 竹下 郁子
 [Business Insider Japan]
 Apr. 27, 2018,
 https://www.businessinsider.jp/post-166387





★週刊朝日編集長の
 「セクハラ懲戒解雇」から透ける、
 朝日新聞の内部崩壊

 Business Journal 2013.10.10
 http://biz-journal.jp/2013/10/post_3091.html
「週刊朝日」(朝日新聞出版)の小境郁也編集長が、
10月8日付で懲戒解雇された。
9日発売の「週刊文春」(文藝春秋/10月17日号)は、
小境氏が行った社会人としてあるまじき行為に
ついて触れているが、その問題の核心的な部分は、
「週刊朝日」を発行する朝日新聞出版の
採用試験の面接に来た女性が選考から漏れたが、
面接官だった小境氏が後でその女性に接触し、
自分と交際すれば採用することを持ちかけ、
非正規雇用で採用した
というものだ。


 小境氏が行ったことは、今年発覚した、
共同通信の人事部長が採用試験に来た
女子大生をホテルに連れ込んで関係を迫った

トラブルと同類のものであり、
職権乱用の破廉恥な不祥事である。
共同通信の人事部長も同じく懲戒解雇になっている。

(続きはリンク先で)




★毎日放送社員4人、セクハラで処分
 産経新聞 2016.12.3
 http://www.sankei.com/entertainments/news/161203/ent1612030016-n1.html


★#MeToo な人達がなぜか沈黙、
 毎日放送(MBS)局長がセクハラ→
 出勤停止3日という休暇で済ます

 KSL-Live! 2018.04.6
 http://ksl-live.com/blog14906


★朝日新聞、セクハラを口封じか 
 胸わしづかみにされるも先輩から「我慢しろ」…
 元女性記者が衝撃告白 (1/2ページ)

 zakzak 2018.4.18
 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180418/soc1804180021-n1.html


★朝日新聞で上司が女性記者に
 セクハラの疑い
 - 「週刊文春」編集部

 文春オンライン 2018年05月23日
 http://blogos.com/article/299117/




★【社説】 セクハラと日本社会
  これが21世紀の先進国か

 毎日新聞 2018年4月30日 東京朝刊
 http://mainichi.jp/articles/20180430/ddm/005/070/002000c
セクハラの実態を正確につかむことは
不可能に近い。
被害がなかなか報告されないのだ。なぜか。


財務事務次官を辞任した福田淳一氏の
セクハラ問題は、
その答えをわかりすぎるほどわからせてくれた。
調査もせず口頭注意で済ませる。
それが発覚直後の財務省の態度だった。
(中略)
今回の事例は氷山の一角だ。
声を上げられないまま精神を病んだり、
命を絶ったりする被害者もいる。
発信の手段を持つ記者でさえ、
セクハラと闘おうとすればひどい目に遭う。
今回の事例が多くの女性に無力感を与え、
口をつぐむ被害者が増えはしないか心配だ。


(全文はリンク先で)





政治ランキング

スポンサーサイト

Comments 1

名無しさん

どえらい業界ですな

2018-06-08 (Fri) 19:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply