韓流研究室

ARTICLE PAGE

米、台湾海峡への軍艦派遣を検討⇒那覇からより尖閣に近い中国空軍基地が拡大中

★米、台湾海峡への軍艦派遣を検討 
 中国の反発必至

 ロイター 2018年6月5日
 
https://jp.reuters.com/article/usa-taiwan-military-idJPKCN1J109E?feedType=RSS&feedName=special20
[ワシントン 4日 ロイター] -
米高官がロイターに明らかにしたところによると、
米国は台湾海峡への軍艦派遣を検討している。
貿易摩擦や北朝鮮の核問題で米中関係が
緊迫するなか、中国が激しく反発するのは
必至とみられる。

台湾は中国の一部であるという
「一つの中国」原則を掲げる中国
は、
トランプ米政権の台湾接近を警戒し、
台湾周辺の軍事演習などでけん制している。
米高官によると、
米国は今年に入り航空母艦の派遣を検討したが、
実施しなかった。恐らく中国への配慮という。

前回米航空母艦が台湾海峡を通過したのは2007年。
頻繁ではないが、定期的に海軍の別の軍艦を
台湾海峡に派遣することも選択肢のひとつとなっている。
前回実施されたのは2017年7月で、
航空母艦の派遣ほどは中国を刺激しない行為
とみられている。

米国防総省は
今後の軍事行動に関するコメントを拒否している。
トランプ大統領はこれまでの慣例を破り、
2016年に正式な外交関係のない台湾の
蔡英文総統と電話会談を行った。

ただ、ここ数カ月は、北朝鮮の核問題で
中国の支持を取り付けるため、
以前よりも台湾との距離を置いている。

(引用ここまで)




モリカケ報道ばかり見せられている日本人には
アメリカが何故、台湾海峡に軍艦を派遣して
中国を牽制しようとしているのか理解できないだろう。
日本のマスゴミは、
中国の力による現状変更の軍事情報はほとんど報じない。


★那覇からより尖閣に近い
 中国空軍基地が拡大中

 2018-05-22
 http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-05-19-1
(引用開始)
中国は本当にしたたかです。
北朝鮮をめぐる政治劇(ショー)に世界の目が
向いていいる隙に、あれだけ問題視されていた
南シナ海での埋め立てを粛々と完了し、
対台湾や東シナ海でも着々と備えを
行っているのですから・・・

(中略)
那覇からより尖閣に近い中国空軍基地が増殖中

chinaAGWO4KC5ZNG4LKPIR2PK26IM7E.jpg

●14日付Defense-Newsによれば、
 台湾から160nm(約290km)、
 尖閣諸島から225nm(400km)の位置にある
 中国本土の中国空軍基地
 (near the town of Xiapu, Fujian Province)で、
 航空機増強に備えた
 各種施設整備が急ピッチで進んでいる


●なお、
 自衛隊の戦闘機が配備される那覇基地は、
 尖閣から260nm(470km)離れており、
 日本が領有を主張する尖閣諸島により近い位置の
 中国空軍基地が強化されているのである

(中略)
●最近、中国空軍の爆撃機H-6Kや情報収集機や
 戦闘機が、宮古海峡を通過して太平洋に進出したり、
 台湾を一周したりの活動を活発化しており、
 5月11日は新型のSu-35がこれら活動に初参加したと
 中国国防省が公表していた

(全文はリンク先で)




★韓国の日中に対する好感度が逆転!
 日中韓"意識調査"からわかったコト

 三浦瑠麗 2018年6月1日
 https://www.fnn.jp/posts/00318860HDK


★尖閣有事の際にアメリカが
 中国に対抗行動をとると信じる日本人は
 全体の14.0%!

 http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/52070088.html
米国の軍事シンクタンクによると、
中国が力をつけた近未来に
尖閣諸島を軍事攻撃するとの予測がある

これに対して米軍が軍事介入するも、
人民解放軍は島を制圧してしまう
そこで米国は仲介役となり平和理に解決を目指すも、
結局尖閣諸島は中国に実効支配されるだろうとの事

(中略)
日米としては東シナの前線を
日本~沖縄~宮古島~石垣島~台湾ライン
に置いておきたいから
この辺を強化中なのは確か

(引用ここまで)




★中国艦隊の宮古海峡通過
 遠洋展開の新戦略あらわに

 2010/4/21(水)
 https://blogs.yahoo.co.jp/nisekoannnuburi/25387269.html
miyakoimg_2.jpg


★中国軍艦が宮古海峡
 「ルール」無視し通過 
 国有化に抗議措置か

 2012年10月08日
 https://blog.goo.ne.jp/interstate/e/ad6ce5548891b8050ae5ec2ca5e046a7
 miyakojima8a4a1a_20180606001721e10.jpg


★中国、防空識別圏設定決断は
 4カ月前、「宮古海峡が狙い」

 2013/12/02
 https://nichinichikorekoujitsu.wordpress.com/2013/12/02/防空識別圏設定決断は4カ月前、「宮古海峡が狙い/
 miyakoadiz.png


★中国戦闘機、沖縄・宮古海峡の上空通過
 空自機が緊急発進

 2016/9/26 3:30
 https://www.nikkei.com/article/DGXKASFS25H25_V20C16A9PE8000/


★自国の「領土・領海・領空を守る」!
 日本の海上保安庁と自衛隊が
 「尖閣死守」へ !
 
 2016年08月24日
 https://sakurajadehouse.com/?p=43174
miyakounryt.jpg


★中国軍空母「遼寧」が沖縄宮古海峡を通過、
 軍事的には意味がない

 2016年12月26日
 https://news24-web.com/china-aircraft-carrier/
 軍事的意味は無いが、
 政治的には大きな意味がある


★中国軍爆撃機6機、宮古海峡上空飛行 
 中国「慣れれば済むことだ」

 2017年07月14日
 http://military38.com/archives/50396070.html


★中国軍機5機、
 沖縄本島と宮古島間を通過 
 台湾周辺空域での活動活発化

 2017年11月23日
 http://www.epochtimes.jp/2017/11/29746.html


★【中国軍事情勢】
 宮古海峡に出没する中国原潜の実力とは…
 探知・追尾で海自は能力証明

 2018.4.1
 http://www.sankei.com/premium/news/180401/prm1804010012-n1.html


★中国の爆撃機が台湾周辺や
 宮古海峡を飛行、台湾機が緊急発進

 2018年5月25日
 http://www.afpbb.com/articles/-/3175998?cx_part=latest&cx_position=20


★海自P-3C、中国海軍艦艇の
 宮古海峡通過と太平洋への進出を確認

 2018/06/03
 https://flyteam.jp/news/article/95404




★中国が南シナ海で「戦争のリハーサル」
 米英仏の「航行の自由」作戦に反発か

 Mar 27 2018
 https://newsphere.jp/world-report/20180327-2/
(引用開始)
中国空軍は25日、SNSアカウントでの
報道官声明を通じ、
南シナ海で実戦訓練を行うと同時に、
台湾北部の宮古海峡で偵察行動訓練を行った

と発表した。
中国空軍の申進科報道官は、
一連の訓練を
戦争準備のための演習だと語っている。

(中略)
◆「直接的な戦闘準備」
 申報道官の声明によれば、
南シナ海での“威力偵察作戦”には、
最新鋭のH-6K戦略爆撃機、Su-35戦闘機も参加。
中国のH-6K爆撃機は、アメリカ、ロシア以外の国で、
唯一長距離空対地ミサイル発射能力を持つ。

APは、南シナ海からであれば
「遠くオーストラリアまで射程に収める」と、
H-6Kが実戦訓練に参加したことの
危険性を指摘する。

 沖縄本島と宮古島の間にある宮古海峡でも、
H-6KとSu-30戦闘機による戦闘訓練が行われた
模様だ。日本の防衛省は、23日に
中国の爆撃機・戦闘機8機が宮古海峡を通過した
ことを確認。
航空自衛隊の戦闘機がスクランブル発進している。
宮古海峡は日本にとって
戦略的に重要であるばかりではなく、
台湾有事の際にも地政学的な鍵となるエリアだ。


 申報道官は一連の訓練を
将来の戦争のリハーサルであり、
 最も直接的な戦闘準備

だと位置づけた。

また、
中国海軍航空部隊のチェン・リャン司令官は
中国国営メディア、グローバル・タイムズに
「パイロットたちは、いかに厳しい訓練であっても、
 そこがいかに遠く離れた地域であっても、
 恐れを抱くことなく進軍する。
 彼らは常に戦争に備えた心構えを維持している

とコメントした(英テレグラフ紙)。

(引用ここまで)




宮古島などの離島防衛の自衛隊配備に反対する
大阪などから移住した市民団体。
安保法改正に、「戦争法案」とレッテル貼り。
集団的自衛権は悪だと批判し
個別的自衛権に限定して、
宮古島のミサイル配備に反対する立憲民主党。

「将来の戦争のリハーサルだ」と、
実践的な戦闘準備を進める中国…
宮古島って、その最前線に位置する。
枝野代表は
「ミサイルを配備すると狙われる」と主張するが
何も防衛しなければ、
台湾有事、尖閣有事と中国人民軍が動けば
無防備な離島は侵略される。
占領された宮古島住民はどうなるのだろう…
見捨てろと?


★アングル:在韓米軍撤退におびえる日本、
 「最前線国家」の現実味

 ロイター 2018年06月05日
 http://blogos.com/article/302176/
(引用開始)
米朝首脳会談に臨むトランプ米大統領が
朝鮮戦争の終結宣言に意欲を示したことで、
日本では在韓米軍の撤退につながることを
懸念する声が出ている。
東アジアにおける米国の防衛線が後退し、
日本が中国やロシアと直接向き合う
最前線国家」になる恐れがあるためだ。

6日から訪米する安倍晋三首相は
日本の考えを改めてトランプ氏に伝え、
情勢認識をすり合わせたい考え。
(中略)
朝鮮戦争の勃発でアチソンラインは幻となり、
韓国は日本にとって緩衝地帯となったが、
これから
「米軍が韓国防衛への関与を減らせば、
 朝鮮半島が中立化するリスクが出てくる」と、
政策研究大学院大学の道下徳成教授と指摘する。
「中立化された朝鮮半島は、
 長期的には中国の勢力圏に
 落ちざるを得ない」

と同教授は話す。

<38度線が対馬に南下>

つまり、38度線が対馬海峡まで
 南下してくるということだ
と、
自民党の河井克行・党総裁外交特別補佐は
懸念する。
「日本は憲法、外交政策、安全保障政策を
 根本から見直す必要が出てくる」と河井氏は言う。

安倍首相は、米朝首脳会談を控えるトランプ大統領と
7日に会談する。
拉致問題、日本を射程に収める中・短距離
弾道ミサイルの廃棄、
在韓米軍の取り扱いなど、
トランプ氏に日本の懸案を改めて伝え、

金正恩・朝鮮労働党委員長と拙速な合意を
しないよう念押しする見通しだ。
「トランプ大統領は秋の中間選挙と
 大統領再選に向けて頭がいっぱいかもしれないが、
 (安倍)総理は、金委員長との間で
 結論を急ぐなと助言するだろう」

と官邸関係者は言う。
「われわれとしては、
 大統領が何かを決める前には、
 必ず日本と韓国に相談してもらいたい」。

(引用ここまで)


 beityoukaidan001.jpg

どこの国でも、
左右のイデオロギーは違っていても
国防に関しては一致するというのに
日本のサヨクときたら…





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply