韓流研究室

ARTICLE PAGE

北朝鮮「核施設解体ショー」見学料は、ビザ発給・交通費・宿舎・食事代込み300万円!?とぼったくり

★「取材1人当たり300万円」ぼったくり? 
 北核実験場廃棄“ショー化”の恐れ

 産経新聞 2018.5.20 20:14
 
https://www.sankei.com/world/news/180520/wor1805200054-n1.html
【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は23~25日の間に
北東部、豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄、
外国メディアへの公開を予定している。
非核化を行動で示す第一歩と位置づけられながら、
韓国記者団の名簿受け取りを拒否するなど、
政治的揺さぶりに利用。
専門家の査察も受けつけず、自発的措置を強調した
宣伝の場に仕立てようとする狙いが透けてみえる。
(中略)
米国取材陣には入国手続きを進めているとされ、
ビザ名目で1人当たり1万ドル(約110万円)を要求、
航空料金などを合わせた総額では
約300万円かかるとの報道もある。

 北朝鮮がダブルスタンダードで応じている
ことになるが、韓国は
「状況を見守るとしか言えない」(大統領府高官)と
完全に受け身に立たされている。

 北朝鮮は12日、現場の狭さを理由に、
招請を米韓と中国、ロシア、英国の記者団に限ると発表し、
最大限の圧力維持を米韓に訴える日本を外すという
露骨なえり分けも見せていた。

 何より、文氏との首脳会談で
金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が
「専門家」にも公開すると明言したにもかかわらず、
国際原子力機関(IAEA)の要員らを招く動きは
伝えられていない。

北朝鮮が主張する「透明性を保証するため」には
専門家の検証が欠かせないはずだ。

(中略)
米国や韓国内では、北朝鮮が核開発計画の
廃棄を示すものとして、2008年6月に
寧辺の核施設で原子炉の冷却塔を爆破、
外国メディアに公開した“ショー”の二の舞になる
との疑念がくすぶっている。


当時、米国は北朝鮮のテロ支援国指定解除に
踏み切ったが、
北朝鮮は翌年、2回目の核実験を強行した。

(全文はリンク先で)




★北朝鮮、核実験場取材の外信記者に
 1人1万ドル要求

 朝鮮日報 2018/05/20 21:48
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/20/2018052002829.html
(引用開始)
19日(現地時間)、米国の北朝鮮分析サイト
「38ノース」は、今月15日に撮影された豊渓里の
衛星写真を公開し
「西側の坑道付近の丘に木材の山が4段あるが、
 高さが確実に高くなっている」として、
木材が南・北・西側坑道の爆破を観察するための
展望台設置用だとの見方を示した。

38ノースはまた、
展望台に向かう道路の舗装作業も進んでいるとして
「外国の取材団が来るため準備作業が続いている」
と報じた。

 北朝鮮はこのほか、国際記者団が利用する
元山-吉州間の鉄道の補修作業や列車の試験運転
なども実施した
という。
北朝鮮の対外宣伝メディア「朝鮮の今日」は、
核実験場の廃棄について
「朝鮮半島の非核化のために、
 わが共和国が主導的に行っている
 非常に意義ある重大な措置」だとして、
廃棄作業が予定通り実施されることを示唆した。

 一方、北朝鮮は
核実験場廃棄を取材する外国記者団に対し、
記者1人当たり約1万ドル(約100万円)に上る
ビザ発給費用を要求している
ことが分かった。
これについて外国記者団の間からは
「北朝鮮がちゃっかり商売に乗り出した」
との指摘が上がっている。

 北朝鮮は米国CNN、ABCテレビなどに対し
「核実験場を取材する場合、
 22日午前11時までに
 北京にある北朝鮮大使館に集合するように」と告知し、
ビザ発給費用として1人当たり1万ドルを支払うよう
求めたという。
北京から北朝鮮までの往復航空料金、宿舎・食事代、
列車代などを含めると
1人当たり2000万ウォン(約200万円)を上回るとみられる。

韓国は北朝鮮側に、記者の人数を8人と通知している。

(引用ここまで)


★北朝鮮、米国メディアに
 核実験場取材費1人当たり1万ドルを要求

 中央日報 2018年05月20日11時56分
 http://japanese.joins.com/article/536/241536.html?servcode=500§code=500
記者らは
北京・首都空港から70人乗りの高麗航空便で
元山(ウォンサン)の葛麻(カルマ)飛行場に
移動する予定だ。
外信記者らは査証費用と航空料金を合わせ
豊渓里取材に
1人当たり3000万ウォン(約307万円)ほど
かかると伝えた。


(引用ここまで)




核実験をやり過ぎて坑道が崩壊して
使えなくなった施設を壊す解体ショー見学に
おひとり様300万円って…

見学用展望台と坑道までの道路の整備費と
鉄道の補修費も記者団の支払いかwww
でも、
元山-吉州間の鉄道の補修作業や
列車の試験運転は重要でしょうねぇ…
先日も、深刻な列車遅延で
乗客4人死亡事件が発生したらしい。
https://twitter.com/Che_SYoung/status/996967454118039552
 OElJlTr5.jpg

・深刻な電力不足で列車遅延が日常化
・内燃機関車は遅延少ないが高い
・7日も動かない列車の中で
 帰郷中の退役女性軍人4人が死亡
・栄養失調と見られる。地元民にショック広がる





 kitakakuhouki01.jpg

だよねぇ…




★TBS「サンモニ」が
 『日本は北朝鮮に圧力をかけるな』と
 絶叫した模様。
 出演者が完全に北朝鮮目線

 http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50510890.html


  kitakakuhouki02.jpg




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

都民です。

>使えなくなった施設を壊す解体ショー見学におひとり様300万円って…

 そう言えば、共同通信が平壌支局運営費として多額の送金をしているなんてことが噂されたことがありますよね。取材させる見返りに、お金を出させた上に、都合の良い記事を書かかされたりするんでしょうか?良い商売ですね。

2018-05-21 (Mon) 07:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply