韓流研究室

ARTICLE PAGE

北朝鮮、一方的な核放棄強要拒否「妄言」と米国を非難⇒いつもの手口!

★北朝鮮、一方的な核放棄強要拒否 
 「妄言」と米国を非難

 河北新報 2018年05月16日
 
https://www.kahoku.co.jp/naigainews/201805/2018051601001348.html
 【北京共同】北朝鮮の金桂冠第1外務次官
16日、談話を発表し、トランプ米政権が
米朝首脳会談を前に北朝鮮を刺激する
「妄言」を繰り返していると非難

米国が一方的な核放棄を強要するなら、
会談に応じるか「再考慮せざるを得ない」と警告した。
朝鮮中央通信が伝えた。
 談話は、
非核化のためには米国が敵視政策や核による
威嚇を終わらせることが「先決条件」だと強調。
トランプ政権が米朝関係改善への誠意を持って
会談に臨むのであれば、
相応の対応をすると表明した。


(引用ここまで)


いつもの手口!

 kitakim-jong-un0001.jpg



★北の会談ドタキャン、
 「米国説得」のために文大統領に圧力か

 朝鮮日報 2018/05/16 23:27
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/16/2018051603588.html
(引用開始)
2016年に脱北して韓国に亡命した
太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使もこの日、
本紙の取材に対し
「北朝鮮が韓国に対し
 『米国を動かしてほしい』と求めてきた」
との見方を示した。太永浩氏は
「(首脳会談を控え)
 完全な非核化を求める米国と、
 体制保障を求める北朝鮮との間で
 神経戦が繰り広げられている」
として
「北朝鮮は今、
 米国を単独で説得するのが困難なため、
 『わが民族同士』の精神で
 南北が力を合わせて米国を翻意させよう、
 と言ってきた」
と指摘した。
北朝鮮は表面的には韓米軍事演習と
太永浩氏による回顧録出版を会談中止の
原因だとしているが、実は
「韓米首脳会談の際に、
 韓国が北朝鮮側に立って
 米国を説得してほしい」
という
メッセージを送ってきたというのだ。

 太永浩氏は
「北朝鮮と米国は米朝会談の議題をめぐり、
 最後の合意文を見据えた調整に入ったのだろう。
 北朝鮮としては、
 予想より米国が重い課題を突き付けてきたため、
 調整がうまくいっていないようだ」
と述べた。

 専門家らは、韓国政府が
米朝首脳会談や対話ムードに影響が及ぶことを
望んでいないため、北朝鮮の立場をある程度
考慮する可能性があるとみている。
しかし、米国が強調する
完全かつ検証可能で
 不可逆的な非核化

 (CVID=Complete, Verifiable, and
   Irreversible Dismantlement)」

の原則を崩すのは困難との見方が強い。

(引用ここまで)


★北朝鮮「リビア方式の非核化を
 押しつけるなら米朝首脳会談はしない。
 南北閣僚級会談もドタキャンだ!」と叫ぶ

 楽韓Web
 http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5370113.html
(引用開始)
ちなみに今日開催予定だった閣僚級会談には
韓国側から国土交通部や山林庁の次官クラスまで
出席する予定でした。
鉄道の南北接続等も話し合われる予定だったのでしょう。
(中略)
韓国政府の脳内では
米朝首脳会談後の朝鮮半島には
バラ色のような未来が拡がっており、
経済協力する気満々なのがよく分かります。


(引用ここまで)





予想より重い課題…
金桂冠第1外務次官は、
ボルトン米補佐官個人を徹底して非難しているので
彼の「リビア方式」発言などの強硬姿勢
何とか崩そうと必死。


★ボルトン米補佐官
 「北朝鮮の核、全て米国に運搬して廃棄」

 朝鮮日報 5/14(月) 23:12配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00002976-chosun-kr



★ボルトン米大統領補佐官の
 影響力低下狙う
 =北朝鮮、嫌悪感あらわ

 AFP 2018年5月16日 17:08
 http://www.afpbb.com/articles/-/3174900?pid=img_9538e86f4a2abc4a14cbbb5dcaff9c24234349




★韓国人「北朝鮮、南北高官級会談の
 中止を発表wwwwwwwwww」

 カイカイ反応通信 2018年05月16日
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/53497917.html
(引用開始)
5. 韓国人
 そのまま北韓が頻繁に使う揺さぶり戦略である
 重要な会談の際には、
 些細なことをもって不安を煽る
 この前の平昌オリンピックの時もやったろ

(中略)
16. 韓国人
 韓国の左翼団体に指令が降りて、
 反米デモが始まるであろうwwwww


(引用ここまで)


 kitakousakuin011.jpg

大当たり!





 kitaDdWKZzlV0AADON5.jpg

想定の範囲内でしょうねぇ


イギリスのテレグラフが、
北朝鮮の人権問題として、拉致問題を報道。
AFPが日本語翻訳版を報道。

★北朝鮮から今も帰らない
 拉致被害者を忘れるな
 人権団体が訴え

 テレグラフ 5/15(火) 8:24配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00010000-clc_teleg-int
【記者:Julian Ryall】
 人権団体は、北朝鮮が拘束していた米国人3人を
解放したことを歓迎しているが、
その一方で北朝鮮に対し、
被収容者を奴隷労働に従事させている強制収容所と
政治犯収容所を
「完全で検証可能かつ不可逆的に廃止」し、
工作員を訓練するために拉致した
多数の外国人市民を解放するよう求めている。


 米首都ワシントンを拠点とする
「北朝鮮の人権のための委員会(HRNK)」
声明で、
米国人のキム・ドンチョル(Kim Dong-Chul)氏、
キム・サンドゥク(Kim Sang-Duk)氏、
キム・ハクソン(Kim Hak-song)氏の解放は、
「大変喜ばしく、傷を癒す機会だ」としながらも、
日本や韓国をはじめとする国々の人が拉致され、
 いまだに北朝鮮に捕らわれていることを
 忘れてはならない
と指摘。

「北朝鮮の強制収容所には、
 12万人の男女、子どもが収容されていること、
 また、その他の非合法の収容施設でも
 政治犯が勾留されていることを今一度、
 思い出さなくてはならない」

「北朝鮮が
 国際社会の責任ある一員に
 なりたければ、
 核兵器と核ミサイルを廃絶、
 処分しなければならないが、
 絶対的に優先すべきなのは、
 外国人の拉致被害者の解放
 強制収容所の解体だ」
と、
HRNKは述べている。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル
(Amnesty International)の
フランシスコ・ベンコスメ(Francisco Bencosme)氏も
同じ立場だ。同氏は、
「公正な裁判を受けずに収容所送りになる事態は
 何びとにもあってはならない。
 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権は、
 近々行われる米朝首脳会談を含め
 あらゆる機会を捉えて、
 北朝鮮に表現の自由と
 その他の人権を尊重するよう要求すべきだ」
と訴えた。

 1953年まで3年間続いた朝鮮戦争中に
北朝鮮に拉致された韓国人は推定8万5000人に上る。
休戦後、さらに3800人が拉致されたが、
この中には漁船が拿捕(だほ)されて連れ去られた
漁師、高校生、1969年にハイジャックされた
大韓航空機の乗員・乗客らが含まれる。
韓国側は、今も480人が抑留されているとみている。

 日本政府が公式に拉致被害者として認定している
日本人は17人だが、このうち5人は2002年に帰国を
許可された。
残りの12人について北朝鮮は、自然死か事故死した、
または同国には入境していないと主張しているが、
日本政府はこの主張に異議を唱えている。
同国の人権活動家らの推定では
日本人の拉致被害者は約100人に上る。


 1978年にルーマニア人女性1人が
居住先のイタリア・ローマで行方不明になった事件にも
北朝鮮工作員の関与が疑われており、
1973年にはタイ人女性1人が出稼ぎ先のマカオで
拉致されたとみられている。
この2人はその後、北朝鮮で米国人の脱走兵と
強制的に結婚させられたといわれている。

 さらに数は確認されていないが、
マレーシア人、シンガポール人、レバノン人、ヨルダン人、
フランス人、イタリア人、オランダ人も
北朝鮮工作員によって拉致されたとみられている。

 アジア調査機構(Human Rights in Asia)の
加藤健(Ken Kato)代表
は、
トランプ氏が米朝首脳会談で北朝鮮に対して
人権問題を追及しなければ、
大統領としての評価も危うくなると主張する。

 加藤氏はテレグラフの取材に対し、
北朝鮮人権問題
「1944年に赤十字国際委員会(ICRC)の代表たちが、
 (ナチス・ドイツが占領下のチェコスロバキアに設置した)
 テレージエンシュタット(Theresienstadt)の
 強制収容所を訪れ、
 ユダヤ人らがオペラを演じるのを見た話を
 思い起こさせる」と語った。
「彼ら(ICRCの査察官ら)が去ると、
 楽しそうに演じさせられていたユダヤ人らは
 死の収容所に送られた」

 加藤氏は、現在と違うのは、
1944年当時は国連(UN)決議がなく、
強制収容所の衛星写真や脱走者の証言もなかった
ことだと続け、
「今は北朝鮮で何が起こっているか
 全世界が知っている」
と指摘した。
【翻訳編集】AFPBB News






政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply