韓流研究室

ARTICLE PAGE

生活保護受給の外国人4万7058世帯 過去最多!背景に無年金や語学力不足も

★生活保護受給の外国人4万7058世帯 
 過去最多 
 背景に無年金や語学力不足も

 産経新聞 2018.5.3
 http://www.sankei.com/politics/news/180503/plt1805030005-n1.html
 imin32b9c031.jpg

生活保護を受けている外国人が
平成28年度に月平均で4万7058世帯に上り、
過去最多に達した
とみられることが2日、
政府の調べで分かった。
日本語能力の不足で
職につけない外国人が多い
ことなどが理由とみられる。


人手不足が深刻化する中、
政府は2月の経済財政諮問会議で、
外国人労働者の受け入れ拡大方針を示したが、
福祉のあり方まで含めた
的確な議論や対策が求められる。

 厚生労働省によると、
28年度の外国人が世帯主の生活保護受給
世帯数は月平均で前年度比0・4%増。
景気が上向いているここ数年は伸びが鈍化しているが、
18年度(3万174世帯)からの10年間で
56・0%増えた。


 また人数ベースでみても
外国人が世帯主の世帯による生活保護の受給は
大幅に増えている。
28年度は月平均7万2014人と、
18年度の4万8418人から48・7%多くなった
一方、在留外国人全体の人数の増加率は
19年末から29年末にかけての10年間で
23・8%にとどまっている。

 外国人の生活保護受給が増えているのは、
バブル期の人手不足で労働者として大量に
入ってきた日系南米人などが
リーマン・ショックなどによる景気悪化で解雇され、
日本語が話せず、再就職が難しいためとされる。

また、昭和57年の難民条約発効に伴う
国民年金法の国籍条項撤廃で、
老齢年金の支給対象から外された
在日外国人が高齢化し
無年金状態であることも大きいとみられる。

(引用ここまで)


★日本語の壁、再就職できず 
 生活保護の受給外国人が多い
 群馬県大泉町を歩く

 https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180502/mca1805022311015-n1.htm




 seikatuhogoDUy0TAMUMAA8FNr.jpg

 seikatuhogo20140719_1169782.jpg

★外国人の生活保護受給は
 是か非か

 最高裁判決を読み解く
 「共同体」というキーワード

 2014.7.25
 http://diamond.jp/articles/-/56591


★「最高裁が外国人の生活保護受給に
  違憲判決」は誤り 
 元自民北海道議のツイートを厚労省は否定

 厚生労働省の担当者は「違憲ではありません」と
 BuzzFeed Newsの取材に明言しました。

 2016/12/28 05:01
 https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/seikatuhogo-debunk?utm_term=.ak99l46WX#.hjowWK6lo





★”働かない移民”という衝撃
 2013年9月
 http://brianandco.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-2516.html
(引用開始)
アルジェリア系フランス人の研究者からは、
かつての移民労働者たちの高齢化問題についての
報告がありました。

先に書きましたが、植民地から以外に、
自動車産業などがアルジェリアから
沢山の労働者を連れてきました。
単に安価な労働力としてしか見られてこなかった、
フランス国に奉仕するだけの移民でしかなかった
彼らが、数十年の時を経て老い、
介護を必要とする時代になったのです。


それはつまり、
フランス政府にとって社会福祉費の増大という、
これまで想定していなかった時代へと突入したのです。

労働力が絶対的に不足していた時代に、
沢山連れてきた移民たちは、
仕事がなくなればやがて母国に帰ると、
当時の政府は楽観的に考えていました。

しかし、
そんな都合よく人を使うことはできません。
数十年暮らすうちに、母国とのつながりは薄れ、
帰っても行き場はなく、伴侶を見つける機会を
得ないまま高齢化してしまった独身男性も
多くいるのです。
これは、山谷や釜ヶ崎のような場所が、
極端に高齢の独身男性が多いというのと同じです。

働かせるための移民が、働かないなんて・・・と、
想定していなかった
社会保障費の支出に
フランス政府は困惑している

との報告を聞き、
働かない移民という言葉に私は衝撃を受けました。
移民=母国民より安価に使い捨てできる労働力
としか考えられてこなかったのだ、
国民としての権利なんて、さらさら与えるつもりさえ
なかったんだ・・・
という事実を突きつけられたようでショックでした。

(引用ここまで)




移民の社会保障のコストなどは
試算していなさそうな日本の大学教授達


★慶応大学教授
 「移民を300万人受け入れれば
  20兆円の経済効果になる!」

 2016/08/23(火)
 http://www.fx2ch.net/archives/移民300万人受け入れで経済効果20兆円の試算.html


慶應大学の後藤純一教授
 iminpops2.jpg
 http://blog.canpan.info/spfpr/archive/187


>日本語能力の不足で
 職につけない外国人が多い


★全校児童の半数以上が外国籍、
 運動会で6か国語放送…
 外国人の子供急増に現場が悲鳴

 2018 04 01
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5511.html


  imin002.jpg


★オーストラリアの永住権に必要な
 英語のレベルは?
 条件が年々厳しくなる理由を調査
 
 2018.02.07
 https://happytraveling555.com/australia-foever-live-for-english




★日本語学校留学生の不法就労が常態化 
 一方で人手不足補う実態も

 沖縄タイムス 2017年1月7日
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/78845


>週28時間の制限を超えて働く不法就労が
 発覚すれば学生本人は退去強制、
 雇用した事業者側も不法就労助長罪で3年以下の
 懲役か300万円以下の罰金が科されることがある。



おやおや?
★睡眠3時間で週休1日
 "朝日奨学生"の過酷
 残業代なしの「違法就労」が常態化

 http://president.jp/articles/-/24999




★EPA(経済連携協定)で来日した
 インドネシア人・介護福祉士合格者らが
 帰国へ 隠されている問題とは!?

 https://fujikko92.exblog.jp/17942782/
(引用開始)
・「斡旋」と日本語研修で利権を貪る官僚機構

 「税金」に加えてもう1つ、
マスコミが触れない問題がある。
介護士らの受け入れが、
官僚機構の利権となっていることだ。

 受け入れ施設は、
介護士ら1人を受け入れる際に約60万円の
費用が必要だ。斡旋手数料に16万円、
就労前に受ける日本語研修の一部費用に
36万円などである。

 斡旋を独占しているのが
厚労省の天下り機関だ。
日本語研修も、同じくEPAに関係する
経済産業省と外務省の関連機関が担う。

「斡旋」といっても、人材の選考は送り出し国任せで、
厚労省機関の仕事は単に介護士らと受け入れ施設を
マッチングするだけだ。
日本語研修にしろ、何も
外務省や経産省の機関がやる必要もない。
施設から金を吸い上げ、しかも税金まで使いながら、
介護士らは満足な日本語力さえ
身につけられていないのだ。

(中略)
そもそも、日本は
何のために介護士らを受け入れるのか。
長期的な戦略もなく、
官民が同床異夢で受け入れを続けていては、
いくらマスコミが旗を振ろうと
うまくいくはずもない。

現在の制度を喜んでいるのは、
介護士らの「受け入れ利権」を得た官僚機構だけである。

 まず、外国人看護師・介護士が本当に必要なのか
どうかを議論すべきだ。必要だとすれば、
どれほどの数の外国人を、どこの国から受け入れるのか。
そして、どうすれば優秀な人材が確保できるのか。
国家試験の「漢字」や「時間延長」といった瑣末な問題は、
そうした大枠を決めた上で話し合うべきものだ。
しかし現実には、
なし崩し的な受け入れが続いている。


 4月18日には、野田政権が
ベトナムからの介護士・看護師の受け入れにも
合意したばかりだ。

彼らは国家試験に合格すれば、日本に永住して
仕事を続けることができる。
つまり、この国の「移民」となるわけだ。
受け入れを増やすことは、
日本が「移民国家」に向けて
舵を切ることも意味する。

そんな議論を先頭に立って始めることも、
私たちが3年前の総選挙で
民主党に期待した「政治主導」だったはずだ。

(全文はリンク先で)




与野党関係なく、長期計画もなく
なし崩し的に移民を受け入れる現実
企業は人手不足だからと、外国人労働者を雇用し
景気が悪くなって失業状態になれば
生活保護などの社会保障のコストは国家に丸投げ。
人権派は「可哀想!」を連発するだけ。

革命大好きな活動家達は、
移民のマイノリティ集団を連帯させて
反政府活動に利用する。


★多民族・多文化共生社会をつくろう!
 ~「マーチ・イン・マーチ」賑やかに

 レイバーネット 2015/3/8
 http://www.labornetjp.org/news/2015/0308ozawa
 imin0308003.jpg



組織的な票田が欲しい政党は
「外国人参政権」の付与に夢中だ…

iminDIZbpwwUQAEn4pm.jpg


天下り斡旋をしていた前川喜平氏は
どんな利権があるのやら…


★前川喜平さんの講演
 『これからの日本、これからの教育』
 を聴きに行く(その2)

 https://blog.goo.ne.jp/y-inosan66/e/ec3be4b2de99dbb1cf4a509d378496c4
 (引用開始)
『「国を愛する心」「日本人は血で繫がった共同体」
 「単一民族国家」という考え方に固執するのは
 今のアメリカのように行き詰まる。
 「純血日本人」などと言うのはあり得ない。
 桓武天皇も百済人とのハーフであった
 と言うことを天皇自身も述べている。』

等の言葉に続き、
 
「多民族・多人種が共生する国家」
 にしたいと自分は考える
が、
 現政府は差別を助長する傾向がある。
 最たるものは、朝鮮人学校への差別です。
 高校までの教育の無償化は全ての人が対象で、
 当然朝鮮学校の生徒も含まれるはずだ。』


(引用ここまで)




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

山葵

No title

地元に住む外国人に日本語を教えていた経験から言えば、自活できなくなった外国人は、速やかに帰国させるべきです。子供がいる場合は特にそうです。

現実には、子供がいると、人権派がしゃしゃり出てきて「子供を帰国させるなんて、かわいそう。」と騒ぐわけですが、これは却って良くありません。子供が母国語を覚える機会を奪ってしまうからです。

そうなると、次に人権派は「母国語のできない人が、一時滞在のビザで日本にいるのは、かわいそう。永住を認めてあげるべき。帰化を認めてあげるべき。」と言い出すのでしょうが、そんな「なし崩し」「やったもん勝ち」を認めるわけにはいきません。

というか、これって朝鮮半島から密入国した人達が永住許可を取得して、帰化するまでのプロセスと同じですよね。だから認めてはいけないんです。お金の問題ではありません。

2018-05-04 (Fri) 08:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply