韓流研究室

ARTICLE PAGE

財務省 福田次官、セクハラ否定 「事実と相違、提訴準備」

★財務省 福田次官、セクハラ否定
 「事実と相違、提訴準備」

 毎日新聞 2018年4月16日
 https://mainichi.jp/articles/20180416/k00/00e/010/241000c


 plt18041617030016-p1.jpg


★あだ名はゴリラーマン…
 福田淳一“セクハラ”財務次官の評判

 日刊ゲンダイ 2018年4月15日
 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227228/1
(引用開始)
週刊新潮のニュースサイト「デイリー新潮」に
福田次官のセクハラ発言とされる音声データが
公開された。
これを聞く限り、完全に「事実ならアウト」。
前代未聞のセクハラ次官は一体どんな人物なのか。
財務省関係者や担当記者に取材すると、
意外なことに、擁護する声も上がる。


「風貌から、若手職員の間では
 『ゴリラーマン』と呼ばれています。
 普段から下ネタは多いですが、
 小学生が『うんこ』『ちんこ』などと言って
 喜んでいるのと同じで害はない。
 陰湿なセクハラというより、
 明るい下ネタオヤジのイメージです。
 仕事はできるし、人望もあるので、
 更迭となれば残念です」

(財務省中堅職員)

(中略)

福田次官と何度も
 飲んだことがあるという女性記者
も、
こう証言する。


「たしかに
 『抱きしめたい』とか言いますけど、
 口先だけで、本気で触ったり
 口説いたりする気はないですから。
 安心して会える人です。

 地位を利用して女性記者に関係を迫った
 というような話も聞いたことがありません。
 2人でバーで飲んだ時も、
 私が店に到着したら、
 カウンター席で待っていた福田さんは、
 わざわざテーブル席に移動して、
 隣り合わせに座らないように
 していましたよ」


とはいえ、
実際にセクハラ発言をしていたのなら、
どんな言い訳も通用しない。
財務省担当記者のひとりはこう言う。

「被害女性は
 よほど嫌だったのでしょうが、
 セクハラが常態化して
 看過できなかったのなら、
 記者クラブとして申し入れをするとか、
 会社として抗議する方法もあった

 と思います」



麻生大臣はいつまでかばい続けるのか。
セクハラ隠蔽と見られれば、
麻生自身の進退に関わってくる。
(引用ここまで)


最後の呼び捨て部分に、
この記事を書いた記者の本性が見える。




日刊ゲンダイのの記事から見えてくるのは、
財務省の事務次官が、日頃
しょーも無い下ネタを連発する下品なオヤジで、
メディアが、官僚のリークを狙ってなのか
担当に女性記者を付けて酒の席に同席させ
二人きりでバーで飲むのも
スクープを得るためのお仕事と考えている事。

週刊新潮が、女性記者を使って
セクハラ発言の「録音」目的で誘ったとして
現在の”MeToo運動”の嵐の中で
官僚が簡単に嵌められたとしても
迂闊だったとしか言われない。

麻生さんと言えば、
この事件が思い出される。



★読売新聞経済部の越前谷知子
 「面白い会見になるわよ」

 2010 年 12 月 20 日
 http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/356.html





 rituminr401.jpg

>セクハラが常態化して
 看過できなかったのなら、
 記者クラブとして申し入れをするとか、
 会社として抗議する方法もあった


  shinchou03.jpg

元NHK・池田信夫氏が指摘するように
”この「女性記者」がデスクにセクハラ被害を
 メモで上げたが無視されたとしても、
 業界内でバカにされている週刊新潮に
 それを売り込む合理性がない。”


今の各社”麻生下ろし”の流れならば
「女性記者」が上司に音声データを持ってきたら
自社のスクープとして取り上げるだろう。
週刊新潮の売り上げ倍増に協力する合理性が無い。

セクハラ被害が常態化していたとしたら
それでも「夜回りに行け!」と言われたら
女性記者に強要した上司の方が悪質だと思う。
それは「体を張ってでもスクープを取ってこい」
という事になるから。
”MeToo”運動が流行の、このご時世で
政治部の「女性記者」だったら、
大々的に記者会見をしても通用するネタを、
自社の対応に泣き寝入りして
週刊新潮に音声データを売り込む合理性を感じない。
持ち込むとしたら人権派弁護士の所で、
「ヒューマンライツ」などの団体と一緒に
大々的に知らしめることが出来るんだよ。
伊藤詩織さんのように、国連で証言も出来るご時世。

それに、官僚TOPクラスは、
野良のフリージャーナリストの「女性記者」は
相手にしないでしょ。体を張らない限り…


福田淳一次官への聴取結果

★財務省 福田事務次官の聴取結果(全文)
 4月16日 14時13分
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180416/k10011405611000.html


 shintyouDa4kpYtV4AAqtl3.jpg
 shintyouDa4kuabU0AAgg-I.jpg

「お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、
 時には女性が接客をしているお店に行き、
 お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。
 また、仲間内の会話で、
 相手から話題を振られたりすれば、
 そのような反応をするかもしれない。」


う~ん、
あの音声の相手が女性記者ではなく
週刊新潮に依頼されて
隠しマイクを仕掛けたホステスさんだったら
どうなるのかな?

どちらを信じるかは、あなた次第…ではなく
福田次官は、
裁判で争うとしているのだから
週刊新潮が、
”女性記者”の身元を証明すれば良いのでは?
その際、裁判所は証人保護の観点から
”女性記者”を世間の目から隠せば?
もしくは、MeToo運動で
「それは私だ!」と名乗りを上げてもいいし。
隠れる必要もない。

どちらの言い分が正しいかは、裁判で
白黒はっきりさせればいい。

まあ、
週刊新潮が絶対に事実だと主張するなら
今から編集前の未加工音声データ
公開すればいいのでは???

まっ、法廷で争いたいという次官を
「スクープ潰しだ」と批判するフェミ弁護士もいるけれど
下品な物言いを認めた上での名誉棄損の提訴の権利は
認められると思う。
解雇されてからよりもね…。

こんな事件も起きている事だし。


★「わいせつ行為を受けた」
 児童らの嘘で解雇された男性教師、
 法廷で無罪に(ニュージーランド)

 4月9日(月)21時39分
 https://news.biglobe.ne.jp/international/0409/tec_180409_9731317164.html


こちらは、身に覚えのある証拠を突きつけられて
完全に白旗を上げたのかな?


 sc01.jpg





どの会社にもあるだろうが、
官僚人事ネタは興味深い。


★佐藤慎一主税局長が財務省次官に昇進。
 (*^_^*)福田淳一、岡本薫明次官ルートか?

 林雄介のブログ!(はてな) 2016-06-02
 http://yukehaya.hatenablog.com/entry/2016/06/02/130834


Aルートの出世コースが潰れたら、
予備のBルートにコースが変わるのか!?



★なぜか日本語が理解出来ない
 福島みずほ議員に麻生大臣の一言が話題に…
 麻生大臣「持参したは
 【持ってきた】という日本語です」

 https://snjpn.net/archives/48497


★下ネタで国会審議を空費するな
 池田信夫 2018年04月16日
 http://agora-web.jp/archives/2032167-2.html
(引用開始)
この話で思い出すのは、20年前の大蔵省の
「過剰接待」事件だ。
あれは第一勧銀の総会屋の事件から始まったが、
1998年3月に東京地検特捜部が大蔵省証券局の
S課長補佐(福田次官の同期)を逮捕したため、
問題が大蔵省の接待疑惑に拡大した。

S課長補佐は風俗店(ソープランド)に頻繁に行っており、
検察がその数百万円の伝票を入手したことが
逮捕の決め手だった。
当時の霞ヶ関の暗黙のルールでは、
接待はシロだが現金はクロで、
女は現金と同等という扱いだったからだ。

ところが逮捕してから、
この風俗の出費は自費(!)であることが判明した。

検察は動転したが、
「50年ぶりの大蔵キャリア逮捕」を
不起訴にするわけには行かないので、

彼を213万円の接待で起訴した。
この結果、法的には他の「ノーパンしゃぶしゃぶ」
などもすべて犯罪に問われる可能性が出てきた。
大蔵省は3人の幹部を懲戒免職にするなど
112人を処分する代わり、刑事訴追はしないということで
検察と政治決着がはかられた
が、
大蔵省の業務はガタガタになり、金融庁が分離された。
その後も公務員の接待について過剰な規制が行われ、
役所が「情報過疎」になった。

(引用ここまで)



ほほう…




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 4

都民です。

>あの音声の相手が女性記者ではなく週刊新潮に依頼されて隠しマイクを仕掛けたホステスさんだったらどうなるのかな?

 その可能性は、恐らくありそうですね。それに、何となく、銀座や赤坂の高級なお店じゃなさそうなのが、なぜがほろ苦い・・・(T_T)

 是非言いたいのは、ゴリラ―マンさんが下ネタ好きだと責めるのは、モルゲッソヨで盛り上がらなかった聖人君子じゃないといけないような気がします。それよりも、歌舞伎町で何をしていたのか意味不明な前川さんを祭り上げるマスコミや野党ってなんなのでしょうね。

 私はネットを見るようになってから、偏向報道の余りのひどさに気づき、そのせいでマスコミが応援する人は怪しくて、攻撃されるひとは良い人って思うようになってしまいました。

 それにしても、モリ・カケの次は、まさかの猥談で国会を空転させようとするって・・・恥ずかしいです。・・・(ノД`)・゜・。

2018-04-17 (Tue) 08:42 | EDIT | REPLY |   

都民です。

【「福田次官に人権ないのか」セクハラ疑惑に麻生大臣】

 麻生財務大臣:「(Q.財務省と顧問契約を結ぶ弁護士に依頼しているが、今後の調査に公平性に欠けるのでは?)名乗り出やすいようにこちら側も財務省でやらず、弁護士をということで女性の弁護士を入れて、そういった対応をさせて頂いている」・・・「(Q.この場合はセクハラと名乗り出にくい事情があるわけですが)こちら側も言われている人の立場も考えないと。福田の人権はなしってわけですか」・・・
 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000125281.html

 麻生大臣が女性弁護士を起用して、対手の女性が話をしやすい環境を作るそうです。それに、思うにその女性も提訴すれば、いまは裁判所も配慮がされているので、捜査して事実関係を明らかにする方が、水かけ論にならないずにハッキリして良いはずです。

 しかし、「福田の人権はなしってわけですか」と発言された麻生大臣。相手方に配慮しながらも、四面楚歌の部下を切り捨てずに、こういう事を言ってくれる上司って最高だと思います。

2018-04-17 (Tue) 17:12 | EDIT | REPLY |   

弓取り

コップの中の嵐

福田次官もいい年して、つまらない下ネタかまし過ぎです。男にはエロネタでもかますのかな。私なら、うんざりするけどね。偉い人でなければ、いいかげんにしてくれ、と諭します。結局、上下関係ありきの冗談なんですよ。

財務署は、会社等に交際費は厳格にさせます。
最近では、役所はどこも部外者はカウンター内への立ち入り禁止。付け届けゴルフも贈賄の嫌疑がかからないように、明確に線引きをされていますね。上下優劣関係の立場を利用した圧迫・強要や契約は禁止。個人的な親密さで情報を漏らしてはいけない・・・。

民間にそんな努力をさせといて、高級官僚はなにをやっとるんだ、となるお話しだと思います。
けどね、マスメディアも足で取材しろ、やり方は君にまかせる、自分の「人間力」でどうにかしろ、ただし自己責任でな、その代り成果があれば認めるぞ、というやりとりが窺えます。

別世界の各方面には、表に出せないグレイな接点って、いろいろあるのでしょう。白黒つけようとすると、ぞろぞろと余計なおまけが出てくるに違いないです。

2018-04-18 (Wed) 01:00 | EDIT | REPLY |   

都民です。

 下記の調査書にあるように、福田次官がこれだけ全面否定して週刊新潮を名誉棄損で提訴の準備に入ったという事は、既に弁護士との打ち合わせはすんでいるでしょうから勝てると踏んでのことだと思います。ロス疑惑の三浦さんは、数社のマスコミと戦ってすべて勝訴していますから、根拠のない誹謗中傷だと週刊誌側が厳しいかもしれませんね。

 それから、掲載された池田信夫さんのブログを読むと、マスコミや北や南等々の思惑が透けて見えるようですね。

 今回の件は、事務次官を貶めて麻生大臣と、最終的には安倍総理の三選を阻止という事が主眼だと思います。この方々がいなくなれば、北への経済制裁を解除したうえに、今まで通りにお替りでお金頂戴・頂戴がまた出来るようになりますから、それこそ何でもありで攻撃しているように見えます。

【セクハラ疑惑に関する財務省調査全文】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041600670&g=soc

2018-04-18 (Wed) 08:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply