韓流研究室

ARTICLE PAGE

フジ『グッディ!』が謝罪、オフィス北野“ニセ社員”取材「現役社員ならびにOB社員ではありませんでした」

★フジ『グッディ!』が謝罪
 オフィス北野“ニセ社員”取材
 「現役社員ならびにOB社員では
  ありませんでした」

 2018-04-06
 
https://www.oricon.co.jp/news/2109080/full/
フジテレビ系情報番組『直撃LIVE グッディ!』
(月~金 後1:45)は6日、きのう5日に放送した
「オフィス北野の現役社員」と名乗る男性
インタビューについて、経緯を説明するとともに
「この男性は
 オフィス北野の現役社員ならびに
 OB社員ではありませんでした」

とした上で、謝罪した。

 5日の放送では
「オフィス北野 現役社員語った“お家騒動”」
と題して、たけしとオフィス北野・森昌行社長(65)の
対立を特集。「オフィス北野の現役社員」を名乗る
男性が街頭インタビューに応じる模様を放送したが、
この男性について同事務所が
「社員ではない」とフジテレビ側に抗議していたことが
6日、複数のスポーツ紙で報じられていた。


(続きはリンク先で)







上記サイトでは
三田友梨佳アナウンサーが経緯を説明し
”MCの安藤優子キャスター、高橋克実ら
 出演者全員が頭を下げ謝罪した。”

と書かれているが、動画を観る限り

 fujitv001.jpg

三田アナは用意された原稿を読み上げるだけ。

毎度お決まりの
「訂正しますとともに関係者の皆様、
 視聴者の皆様に深くお詫びいたします。
 以後、再発防止に努めます。
 申し訳ございませんでした。」

とセリフを言い終わると、三人が頭を下げる。

頭を上げた途端、安藤優子はコメントもせず、
「さてっ、次の~   」と切り替える。

毎回、
”謝罪したから許される”と思うだけだから
再発が防ぐことは不可能。

これが、叩きやすい相手なら
執拗に批判して
「謝って済む問題ではない!」
などとコメントするクセに!





★フジTV「不適切演出」で謝罪
 J-castニュース 2010/10/18
 https://www.j-cast.com/2010/10/18078442.html
説明によると、2回とも女性誌の付録に関する特集で、
事前調査で見つけていた取材対象者を
街頭で偶然見つけたように紹介していた


(引用ここまで)




★日テレの裁判員候補者
 インタビューに仕込み疑惑

 2009年08月03日
 http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51249687.html




★TBS不二家捏造報道問題
 https://ja.wikipedia.org/wiki/TBS不二家捏造報道問題


★フジ系・関西テレビ、報道番組で
 偽装が発覚!6年前には
 「あるある大事典」捏造事件で
 社会問題にも

 2013/03/14(木)
 http://girlschannel.net/topics/11243/


★偽装
 阪急阪神ホテルズ誤表示問題と、
 偽装・ヤラセ繰り返したメディアが
 批判する違和感が半端ない件

 2013-10-29
 http://plaza.chu.jp/diary/tag/偽装




過去の全ての捏造やヤラセの数々を列記したら
膨大になってしまうほど、
この業界の反省無き態度は目に余る。
これで
「権力を監視する使命」などと傲慢な態度。
ワイドショーは、こんな無責任な取材姿勢で、
政治ネタなんてのを放送する資格は無い。



 eda0b090ff8e8d21fd708403b.jpg


★【マスコミ】フェイクニュース撲滅を目指す
 「インターネットメディア協会」設立へ、
 発起人9人が出席 加盟団体は
 ネット媒体、新聞社、出版社など

 2018年02月26日
 http://www.honmotakeshi.com/archives/53039664.html


★テレビ局はなぜ
 言論の自由に反対するのか

 池田信夫 2018年03月30日
 http://agora-web.jp/archives/2031886.html


★放送法改正:
 恣意的・偏向報道がOKになるのに
 アノ局が賛成しないのナゼ

 中田 宏 2018年04月04日
 http://agora-web.jp/archives/2031965.html


★【放送制度改革】テレ朝・早河会長、
 規制撤廃に「視聴者の拒否反応もある」
 ~ネットの反応
 「視聴者がなんで反対するんだ馬鹿者」
 「チャンネル増えるの歓迎します」

 http://anonymous-post.com/archives/21704




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply