韓流研究室

ARTICLE PAGE

【衆院資産公開】党首トップ小沢氏2億円、希望の党・玉木氏は“ゼロ”⇒資産ゼロってどうなの?

★【衆院資産公開】党首トップ小沢氏2億円 
 希望の党・玉木氏は“ゼロ”

  Share News Japan  2018/04/02
 
https://snjpn.net/archives/47106
  shisanDZvzaAVUQAAQzvL.jpg

▼記事によると…
・2日公開された衆院議員資産で
各党党首を比較すると、
自由党の小沢一郎代表が
2億1491万円で資産総額トップだった。
自民党総裁の安倍晋三首相が
1億396万円で続き、
希望の党の玉木雄一郎代表は資産ゼロ。
立憲民主党の枝野幸男代表、
共産党の志位和夫委員長も
全衆院議員平均の
2917万円を大きく下回り、

党首間「格差」が浮き彫りになった。

小沢氏の主な資産は
東京都内や岩手県奥州市などの土地・建物で、
定期預貯金や有価証券はゼロ。
首相は地元山口県内に土地・建物、
山梨県鳴沢村に別荘、預金約2500万円などを持つ。
ゴルフ会員権を衆院議員で最多の8口所有。
株式は昭恵夫人の父が社長を務めていた
森永製菓など5銘柄1万9140株だった。
志位氏は千葉県内の土地・建物と預金で
総額1148万円。
枝野氏は預金132万円と車3台のみだった。
玉木氏は不動産、金融資産に限らず
車や株も保有していない。

各党首とも前回公開時から大きな変動はなかった。
参院議員の山口那津男公明党代表、
大塚耕平民進党代表、又市征治社民党党首と、
非議員の松井一郎日本維新の会代表は
公開の対象になっていない。

◇各党党首の資産
 小沢一郎(自由):2億1491万円(不動産)
 安倍晋三(自民):1億 396万円
 (金融2627万円、不動産7769万円)
 志位和夫(共産):1148万円
 (金融 750万円、不動産 398万円)
 枝野幸男(立憲):132万円(金融)
 玉木雄一郎(希望):0
注=敬称略。
 「金融」は金融資産のうち、
 当座・普通預貯金と株券を除いた
 有価証券などの総額。
 2018/04/02-10:18
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040200267&g=pol

(中略)
▼ネット上のコメント
・玉木雄一郎(希望)0円。
 こういう奴が一番怪しい。
・枝野と玉木はおかしいだろ


(続きはリンク先で)




★資産ゼロが70人ってホント?
 気になる国会議員の懐事情

 https://news.hoken-mammoth.jp/property/
(引用開始)
たとえば
こんな場合でも法律上は資産ゼロになるんです。

地元金融機関の普通預金 3億円
自宅金庫に保管している現金 5,000万円
上場株式の時価評価額 1億円
父親名義の土地 2億円
妻名義のマンション 1億円


ふだん私たちがイメージする
「資産ゼロ」とはほど遠い世界ですね。
ほかにもまだ問題があります。
資産は、
どこかの機関が調査したものではありません。
すべて議員の自己申告です。
そのうえ、内容が虚偽でも罰則がありません。


(引用ここまで)




小沢さんや安倍さんは、
親からの遺産相続資産も有るだろうからねぇ。
実家の土地や建物などは隠しようがない。


 shisan02.jpg

他のお三方は
『清貧』のイメージをアピールしたいのだろうけれど
流石に、玉木議員の「資産ゼロ」は、怪しすぎる。

まず、枝野代表。

★枝野官房長官 義理の親から
 2650万円の「子ども手当献金」

 2011.01.31 
 http://www.news-postseven.com/archives/20110131_11450.html
枝野氏の政治資金の“財布”は、
政治団体『アッチェル・えだの幸男と
21世紀をつくる会』だ。
個人献金はここに集まっている。

その中に毎年決まって
大口の献金をしている夫婦がいる。
枝野夫人・和子さんの両親だ。
岳父の西坂信氏は第一東京弁護士会の
副会長を務めた経験を持つ大物弁護士である。


官報で報告書を辿ると、
枝野氏が和子さんと結婚した1998年に、
岳父の西坂信氏が120万円、
姑の政子さんが150万円と2人で270万円を寄附。
その後も毎年絶えることなく続いており、
最近3年間(2007~2009年)は
2人で毎年300万円を献金している。
10年間の献金総額は、
2650万円にのぼる。


献金のやりかたも決まっている。
岳父は毎月10万円ずつ寄附する「仕送り型」で、
それに30万円を1回追加する。
姑は「ボーナス型」で、毎年7月に100万円、
12月に50万円を寄付している。

可愛い娘婿の政治活動を応援する、
いわば「子ども手当献金」だろうか。
しかし、2650万円といえば
立派なマンションが買える金額である。

一般に、
生前の親から子に資産が移る場合、
「贈与税」の対象になる。


親から子に2650万円が渡されたケースの
「贈与税」の額を、税理士の浦野広明・
立正大学法学部教授が試算する。

「過去10年間の寄附が贈与だったら、
 と仮定して計算すると、
 10年分の贈与税総額は163万5000円です。
 しかし、税法では、
 あらかじめ贈与総額を約束したうえで
 分割して受け取った場合、
 総額を一度に受け取ったとみなされる。
 このケースなら
 885万円の贈与税が発生します


しかし、である。
枝野氏のように、最初から政治献金として
政治団体に届けていれば、
課税対象にはならず、贈与税はゼロ。
しかも寄附した側は「寄附控除」で
税金の還付を受けることもできる。


(引用ここまで)


ねっ、大物弁護士さんの義父は
婿の政治団体を活用して
「生前贈与」代わりの政治献金?
贈与税ゼロ、寄付だから税金の還付金も入る。
相続税対策にもなるしねぇ…
上手く税金対策をしていたわけですよ。

そして、この当時ネットで話題になったのは


★枝野幸男の『仕分けとカネ』疑惑
 https://blogs.yahoo.co.jp/yosinonagato/22295829.html
問題にされたのは
09年11月に行なわれた独立行政法人
『国立印刷局』の事業仕分けである。


仕分け人の一人が廃止、12人が見直し、と
判断したにも拘らず、

当時座長をやっていた枝野長官は、
『国が直接やって、その結果逆にスリム化する、
 という事を考える』と結論付けた。

鶴のひと声で「国に戻そう」と取りまとめたのである。
これが実現すれば職員は国家公務員だ。

「国家公務員の2割削減」という
民主党の公約にも矛盾する。

理解に苦しむ判断だが、
実は印刷局と枝野長官は知らぬ中ではなかった。

印刷局の発注額が事業収入の6割を占める
財団法人『印刷朝陽会』で、
枝野長官の義父が、理事を勤めているのだ。


評議員には別の親族に加え、
義父と枝野長官が所属する
法律事務所の同僚弁護士もいる。


(続きはリンク先で)

義父母からの「子供手当献金」で
枝野ファミリーの関与する事業は、
仕分け対象を免れたって事…





玉木議員も父親から
1千万円の『借入金』がある。


★玉木雄一郎、
 日本獣医師政治連盟から献金・
 父と弟は獣医師・「加計学園問題、
 違法性はありません」

 https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/49808919.html
なお、民進党獣医師問題議員連盟の
事務局長である玉木雄一郎は、
香川県獣医師会の副会長である
父親の玉木一将から1000万円の借金がある。

http://blog-imgs-110.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/kakeiDAQFerfUwAA7otd.jpg

(引用ここまで)


shisanDAQFeRdUIAAjfg1.jpg
shisanDAQFerfUwAA7otd.jpg

しかも、修正申告して記載↓
shisanDASR9miU0AEnLm_.jpg
(クリックして拡大)


こちらのケースも、枝野代表同様に
一般人ならば親からの借金は贈与税対象になる
場合があるのだけれど、
玉木代表個人の政治団体が借りたことにすると
贈与税の対象にはならないのかな?


★親からの借金は
 贈与とみなされる可能性が!?

 https://so-labo.com/gift-tax/1315/


因みに、
政治家の資産には【借入金】も含まれる。
父親の玉木一将氏からの【借入金】1千万円は
息子の玉木雄一郎に貸したのではなく、
民進党香川県第2区総支部の
代表・玉木雄一郎議員
に貸したのだから
玉木雄一郎議員の個人資産ではない。

抜け道だらけじゃん!


 shisanDZw4JITU0AE4Mrm.jpg




★【政治資金収支報告書】
 党首収入 玉木氏、水あけられる

 産経新聞 2017.12.1
 http://www.sankei.com/politics/news/171201/plt1712010008-n1.html
平成28年分の政治資金収支報告書
主な党首の収入額を比較すると、
安倍晋三首相(自民党総裁)が
1億6397万円と突出して多かった。
希望の党の玉木雄一郎代表が
9461万円で続いた。

立憲民主党の枝野幸男代表は4282万円、
民進党の大塚耕平代表は3826万円だった。
(中略)
玉木氏は3回の政治資金パーティーで
3520万円を得た。
個人献金は2760万円だった。
枝野氏は朝食会や新年会で882万円、
個人献金で1741万円を集めた。
大塚氏は
ゴルフコンペや高野山バスツアーなどの
事業収入2084万円
が目立った。


(引用ここまで)


★希望・玉木代表
 「融資を受け候補者に
  供託金8億円を返す」
 「千円すら借りたことないのに。。」

 じゃぱそく 2017年12月04日
 http://jpsoku.blog.jp/archives/1068734091.html
希望の党は3日、先の衆院選で
比例代表候補が負担した供託金
計8億1千万円を候補者全員に
返還する方針を固めた。
玉木雄一郎代表が保証人となり
金融機関から融資を受けて
返済にあてる。

4日の党役員会で正式決定する。

(続きはリンク先で)


ほほう、金融機関は
資産ゼロの国会議員を保証人にして
8億円も融資するんだねぇ。

そういえば、玉木代表は去年
個人の政治団体に500万円の寄付をしている。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/151127/1403200015.pdf

香川県さぬき市の政治団体【雄志会】
支出の人件費は、事務担当の女性の給与で
コピー機のリース代金と文具の支出。
そして何故か、支出大半は
横浜市の人への業務委託代料
何の業務を委託しているのだろう?

さて今回、
不動産、金融資産ともに「ゼロ」と報告した
議員は70人もいた。
一人一人はチェックできないけれど
「資産ゼロ」ってねぇ~

落選したら、即無職の政治家稼業。
議員歳費は、何処に貯め込んでいるのでしょう?


玉木議員は、他者には厳しく追求するクセに
自分にはとっても甘い。

★民主・玉木氏団体に280万円 
 同一代表者、8社から 
 西川農水相への寄付「脱法」追及

 産経新聞 2015.2.22
 http://www.sankei.com/politics/news/150222/plt1502220006-n1.html




日本共産党の志位さんは、
先輩達が【赤い貴族】と揶揄された事もあり
例えば、カリスマ・宮本顕治は

「何でも一流のもの、ブランドが大好き。
 背広は英國屋でネクタイはフランス、
 靴はイタリアのブランドで。
 鰻重が大好物で、
 それも銀座の有名料亭のものと決まっていた。」

https://karma.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1494154777/-100

今は、最高幹部の不破哲三氏が
神奈川・津久井湖近くにある敷地千坪の
豪華山荘暮らしで、
日常生活のために党職員が常時5名、
不破家に宿泊体制で配置され、
運転手付き乗用車や洗濯・炊事まで
不破夫妻の暮らしは党丸抱え
中央委員以上の医療費自己負担分は
「党幹部の保全のため」との趣旨で
党中央財政部が支払ってくれます。

http://www.sankei.com/premium/news/161029/prm1610290015-n4.html

不破さんのブルジョワ暮らしを
支えなければならない立場なんですねぇ…





故人献金問題や、
生前贈与の「ママからのお小遣い」と
日本有数の資産家の脱税行為で話題になった鳩山氏。

政界引退後は沖縄の個人事務所で
反基地闘争のお手伝い。
「アベ政治を許さない」とプラカードを持って
沖縄の基地で座り込みをしていましたが
パラダイス文書でバレた資産運用。


★鳩山元首相、
 タックスヘイブンの企業から
 5年で7千万円

 http://news.livedoor.com/article/detail/14476837/
タックスヘイブン(租税回避地)に所在する会社の
名誉会長としてパラダイス文書に記載があった
鳩山由紀夫元首相が、報酬額を明らかにした。

 政界を引退した翌2013年の3月の就任から
15年1月までほぼ毎月15万香港ドル、
それ以降は毎月5万香港ドルを得ているという。
5年間で計約520万香港ドル(約7千万円)になる。

(続きはリンク先で)




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply