韓流研究室

ARTICLE PAGE

東日本大震災7周年追悼式と東京大空襲73年慰霊法要にご臨席された秋篠宮親王殿下と紀子妃殿下「国民が心を一つに」

★秋篠宮さま
 震災追悼式でおことば

 NHK 3月11日 16時48分
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180311/k10011360541000.html
 K10011360541_1803111652_1803111653_01_02.jpg

秋篠宮さまは、東日本大震災から7年となる11日、
東京都内で開かれた犠牲者の追悼式に
紀子さまとともに出席し、被災地や被災者に
末永く寄り添うことが大切だとする気持ちを
あらわされました。
東日本大震災の追悼式には、おととしまで毎年、
天皇皇后両陛下が出席されていましたが、
ことしは去年に続いて
秋篠宮ご夫妻が出席されました。


そして、地震が発生した午後2時46分に
黙とうが行われたあと、
秋篠宮さまがおことばを述べられました。

秋篠宮さまは、はじめに、
「震災発生後、
 刻々と伝えられる現地の状況と
 押し寄せてくる津波の映像は、
 7年を経た今でも
 決して脳裏から離れるものではありません」

と述べ、
犠牲者と遺族に深い哀悼の気持ちを
あらわされました。

続いて、
「今なお多くの被災者が、被災地で、
 また、避難先で、依然として
 不自由な生活を続けている
 厳しい現実があります」
と話したうえで、
「困難な状況にいる人々、
 一人ひとりが取り残されることなく、
 健やかで平穏な生活を送ることができるよう、
 また復興の歩みが着実に進展していくよう、
 これからも国民が心を一つにして
 被災した地域や人々に
 末永く寄り添っていくことが
 大切でありましょう

と述べられました。

秋篠宮さまは、震災以来、紀子さまなどと
20回近くにわたって被災した人たちのもとを訪れ、
励ましの言葉をかけるなど、
被災地に心を寄せ続けられています。


(お言葉の全文はリンク先で)




★東京大空襲73年 
 秋篠宮ご夫妻が法要にご出席

 FNN 03/10 18:39
 
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00386875.html
 tokyodaikusyu2018.jpg

東京大空襲から73年を迎えた10日、
秋篠宮ご夫妻が、
大空襲で亡くなった人たちなどを
慰霊する法要
に出席された。

東京大空襲では、一晩で
およそ10万人が犠牲になったとされ、
法要では、
秋篠宮ご夫妻が位牌(いはい)の前に進んで
焼香し、紀子さまも続いて焼香された。


 tokyodaikusyu2018b.jpg


(引用ここまで)


日本共産党の清水忠史元衆議院議員
 daikushu03.jpg

義母は、東京大空襲で
両親・姉二人と
まだ1歳だった弟を亡くした。
母親が弟を背負って、義母の手を引いて
炎の中を家族で逃げ惑ったそうだ。
混乱の中で、
しっかり握っていてくれた母親の手が離れ
たった一人で家族を探した。
ボロボロの体で、何日も何日も歩き回って
そして…一人ぼっちになってしまった。

逃げなかったんじゃない。
逃げられなかったんだよ。

こんな事も知らないで、戦争を語る。
しかも、慰霊の法要なんて眼中にないのか
共産党は街頭宣伝に夢中だったのか…


 kyousansimizu01.jpg





「これからも国民が心を一つにして」

本当に、
これが一番大切だと思います。



★「私たちはかわいそうな
  『被災者』じゃない」
 福島の女子中学生が
 英語スピーチに込めた思い

 「私たちは自分たちの力で
  未来を作ることができます。
 私たちはもう被災者という言葉を
 使いたくありません。
 今の私たちは、
 もう一人で前を向ける人たちなのです

 石戸諭 BuzzFeed News Reporter, Japan
 2018/03/11 11:01
 https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/hisaisya?utm_term=.tlwPj8pWN#.uqraGrDJR



★「福島は危険だ」というフェイクが、
 7年経っても県民を傷つけている

 「デマ」を信じている国民がまだ半数

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54605
短期的であろうと長期的であろうと、
避難区域外の福島県内を訪れたり、
出荷されている福島県産の食べ物を
食べることで放射線被曝をするリスクと、
それによって受ける健康リスクは
国内の他地域と全く変わらない


 fukusimakagaku01.jpg


★香港に300キロ輸出 
 猪苗代産米「天のつぶ」

 福島民報 2018/03/11
 http://www.minpo.jp/news/detail/2018031149867
 fukusimakagaku02.png
猪苗代町のコメ農家でつくるJA会津よつば
猪苗代稲作部会は12日、
香港に町産ブランド米「いなわしろ天のつぶ」
300キロを輸出する。

部会とともに海外輸出に取り組んでいる町によると、
今後も香港への継続的な出荷が決まっているという。
県によると、県産米が香港に輸出されれば、
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後
初めてとなる。
 部会は3、4の両日、
県が香港で主催した県産品のPRイベントに参加し、
いなわしろ天のつぶをアピールした。
香港の食品輸入業者から注文があり、
現地の飲食店で提供することが決まった。

(続きはリンク先で)


 kurokawaDYAW-U_UQAE4YNw.jpg


科学がイデオロギーに負けてはいけない。
デマを流して福島を差別する人間が
表では「フクシマに寄り添う」などと言う…

イギリスで反原発運動をしているこの女性も
言葉の端々に、本音が見える。


 hangen0013.jpg
 https://twitter.com/basilsauce/status/970496299014524928




★【東日本大震災7年】
 台北で追悼式典 200億円義援金
 「日台の特別な絆」に感謝

 産経新聞 2018.3.11 17:25
 http://www.sankei.com/world/news/180311/wor1803110023-n1.html





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

グローバルにいかれているフクシマ奪原発活動家

>科学がイデオロギーに負けてはいけない。
>デマを流して福島を差別する人間が
>表では「フクシマに寄り添う」などと言う…

はい、そのとおりです。
正しい心と正しい言葉、それは科学的に合理的につながっていなければなりません。
どの要素も満たしていない反原発活動家、フクシマ被害をお宝にして寄り添う外道たち。


瀬戸氏のブログで、こちら紹介されていますね。
>ドイツの脱原発デモで福島デマを利用する「のりこえねっと」代表の辛淑玉氏らと、大杉漣さんの死を利用する放射脳
2018 02 22 Thu 23:00

脱原発活動家というのは、グローバルにイカレテいることが理解できるということでしょう。

2018-03-11 (Sun) 23:53 | EDIT | REPLY |   

都民です。

 昨日その時間に外にいたら、そこで震災の犠牲者の方々へ黙とうを捧げますと放送があり黙とうしました。日常の中で、こういうことが行われるというのも大事な事だと思います。

 お米と言えば、去年会津の新米が何時も良くお店に出ていて、本当に美味しかったです。桃も、以前東北で食べていた時よりも、土を休ませたせいか一段と甘く瑞々しくなりました。また、今年も美味しいものを頂けるのが楽しみです。

2018-03-12 (Mon) 07:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply