韓流研究室

ARTICLE PAGE

共同通信の「山中教授叩きの印象操作記事」に研究者らが一斉批判し炎上⇒謝罪せずシレッと修正し炎上

★【マスコミ/印象操作】共同通信、「山中氏、
 科学誌創刊に深く関与か」をタイトルに
  ⇒ 批判殺到 ⇒ タイトルと本文を
 謝罪文なしで修正(魚拓あり)

 正義の味方 2018年01月26日
 
http://www.honmotakeshi.com/archives/52854600.html#more
masugomitegutibc79fc83-s.png

(引用ここまで)


 証拠のBEFORE ⇒  AFTER masugomitegutiDUZZe2ZVQAAx2po.jpg


★「共同通信、印象操作で山中教授を叩く」
 ⇒「炎上」⇒「記事をURLそのままで
 タイトルと内容をごっそり書き換えて改竄」

 2018-01-25
 https://togetter.com/li/1193280


★共同通信がiPS山中を中傷、
 炎上し証拠隠滅

 痛いテレビ 2018年01月25日 
 http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51938986.html




 masugomitegutiDUYyEz7U0AEq22z.jpg


共同通信はTwitterでも、
この記事を書いた松永記者の呟き掲載。

 masugomitegutiDUYuyDvUQAAi3iN.jpg


 どや顔で記事にしたものの
数多くの研究者たちが、Twitter上で
一斉に反旗の烽火を上げて批判し炎上!
(その一部を紹介)


・物理学者の菊池誠氏
 masugomiteguti02.jpg


・明治大学准教授
 masugomiteguti06.jpg

 masugomiteguti08.jpg


化学関連研究者だけでなく、
多くの大学教授達もリツィートして批判。


・早稲田大学 政治学研究科
 ジャーナリズムコース&SMC
 
 masugomiteguti013.jpg


・上武大ビジネス情報学部(経済学)
 masugomiteguti014.jpg


・神戸大学教授(比較政治学)
 masugomiteguti012.jpg


こうした研究者や教員たちの批判の動きの中で
共同通信はURLアドレスをそのままに、
記事をごっそり書き換えた。

 masugomiteguti008.png

その下劣な改竄修正は、更に炎上する。 

・北海道大学法学部
 masugomiteguti04.jpg


・東京大学先端科学技術研究センター准教授
 masugomiteguti09.jpg


共同通信の罪深さは、
地方紙が共同通信の記事を信用して
購入して報道する。
地方の配達時間もあるので、
第一報の「印象操作」記事が
地方紙で印刷され、配達される。


 masugomiteguti010.jpg

ネットを利用しない人達には、
この印象操作が、脳裏に焼き付いてしまう。

共同通信の無責任な報道や
謝罪・訂正もせずに、修正して誤魔化す行為は
メディアの「信用」が地に落ちきった証拠。

毎日新聞の記者の愚痴に、
朝日新聞地方局記者がコメント。
 masugomiteguti016.jpg

内部の人が、本気で体質を批判しなければ
何も変われない。永遠に。


私達が、今回の共同通信の
「印象操作によって世論を煽り
 誤った方法に導く」手法
と、
「正当な批判」を受けたら記事を消去して
「別の記事に差し替えて証拠隠滅」瞬間
多くのネット民が情報共有できたのも、
日本では
Web上の発信を記録・保存して証拠を残すという
「ウェブ魚拓」開発者の発想が大きいと思う。


★【マジかよ】WEB魚拓サービスが始まったのは
 北朝鮮拉致問題がきっかけ 
 社民党の嘘を残すため始まった

 2017年09月21日
 https://papapacchi.com/ニュース/82979


共同通信の過去も、
消えることなく保存することが出来ている。


★共同通信が北朝鮮制裁の「抜け穴」!?
  平壌支局運営費として多額の送金

 https://archive.is/9ns1H#selection-331.0-331.36




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 5

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018-01-26 (Fri) 17:20 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

こりゃ、もうムリだわ(笑)

まぁ学問は分野を問わず、厳密なものですからなぁ。雑誌の査読システムについて、この記者は事前に最低限、関係者に取材したのかねぇ………と思っていたら、あらあら。この記者、BEACH前川氏の発言を垂れ流していたお方でしたか。分かりやすいと言うか何と言うか(笑)

ちなみに、元記事に引っ掛けて皮肉っていた、EARL氏という方のツイートが面白かったので、引用させていただきますと:

【共同通信社の記事不正】問題の記事を掲載した共同通信社に、福山正喜氏が深く関わったことが分かりました。福山氏は今回の記事作成に関わっていないとみられますが、現在も共同通信社社長。

て言われたいんだな共同通信

アハハハハ。松吉記者、お粗末を通り越して、日本の恥だから引っ込んでいただけませんかねぇ。某東京新聞の望月記者などと同じく、報道と政治活動を混同されてもねぇ……。こういう方々は、ろくに取材もせずに「●●が不正をした」「××が悪い」ばっかなのよねぇ。そういうの、他でやってくれないかしらん。

この世には幾多の専門家が居る、いい加減なことは書けない。少なくとも活字を書く身なら、畏れを抱いて当然。だから綿密に取材の上、さらに二重三重にチェックが入る仕組みなんですケド。まぁ朝日といい、共同通信といい、どうなってんのぉ? こりゃ、緩みとか弛みとかのレベルじゃ、説明がつきませんなぁ。

あ、ところで一番の疑問。なぁんで 科 学 部 の記者が書かないんだろう?

2018-01-26 (Fri) 18:26 | EDIT | REPLY |   

西

学問に「誤魔化し」は通用しないからすぐに「虚偽」だと分かるのだが・・・

論文捏造なんて絶対にバレますよ。そもそも、科学自体が「対象を客観化し、分析して詳細を調べる」ものですから、「捏造」などの「誤魔化し」なんて、通用しないわけです。おかしなところがあれば、調べられれば、確実に「綻び」がありますからね。科学者からの「学問上」の質問に答えられない時点で、その研究自体に「信用」が無くなるわけですね。

なぜならば、「科学」は、近代に入る過程で、「宗教」が様々な「問題(魔女狩り、異端尋問等)」を引き起こしてきたが為に、それらが「本当に正しいのか」という、「問いかけ」に答える「方法論」として生まれてきたようなものですからね。要するに、「嘘」を見破る為の学問が「科学」というわけですね(麻原の「空中浮遊」が「インチキ(超能力などでは無く、糸で釣り上げた静止画を撮影しただけ)」であるという事を「証明」するようなものです)。

しばしば「天才」を引合いに出して、天才の「論理」が凡庸な学者に理解できないなどと主張する人もいますが、それは天才の「論理」が「高度」過ぎる為に起こる現象なだけで、別にその「論理」自体が間違っているというわけではありません。よって、その場合は「誤魔化し」を行う学者の「出鱈目な主張」とは異なり、「正しい主張」を行っている為、問題無いわけです。

それにしても、この記者、何で「自身も詳しくも知らないのに」、記事が書けると思っているのかよく分かりませんね。思い込みだけで書くのはかなり危険だと思うのですがね。

専門部がいるはずなのに、なんでそっちにまかせない(もしくは参考にしない)のか・・・。謎だらけですね。

2018-01-26 (Fri) 21:55 | EDIT | REPLY |   

弓取り

共同通信の松吉記者ね、覚えとくよ。

マスゴミの堕落は、自分たちの権威主義体質が、他者に投影されたことがひとつの要因だと思います。
山中という巨人をやっつけるチャンスと思えば、その権威に傷をつけることのみに執着する。チンピラみたいです。

それで敏腕記者の名誉が転がりこむような評価基準が組織内にあるのでしょう。風評の火を付ければ、あとで責任を問われることがないメディア空間の常識が異常なのです。
こんな環境が、レベルの低い記者を輩出し続ける揺籃なのですね。東京の望月とかね。神奈川の石橋とか。

ついでですが、
>毎日新聞の記者の愚痴に、朝日新聞地方局記者がコメント。
そのコメントに「一派一絡げ」とあります。普通は「十把一絡げ」ですね。わざとかな。
報道関係者の商売道具でもある「日本語」は大切に扱ってほしいものですね。

それにしても、「魚拓」。あってよかったですね。それから即応のツイッター。専門家が利用してくれていることに感謝です。新聞やテレビだけが情報源の人って哀れです。
マスゴミが事後検証を許さんとか、唖然とするような感覚ですからね。

2018-01-26 (Fri) 23:28 | EDIT | REPLY |   

都民です。

 この共同通信の山中先生への明らかな捏造記事シレっと差し替え事件は、池内先生のお書きになったようにメデイアの不正を目の当たりにした瞬間であったと思います。このことの意義は、マスコミは無視するでしょうが、確実に信頼性を根本から崩す要因の一つになったと確信します。

 ところで、池内先生の著書や記事は読んでいて、とても文章がお上手で面白いと感じています。ツイッターも積極的に発信されていて、もしや先生は最近よく目にする「インフルエンサー」なのかもしれず、その影響力が今回のように間違いを正してくださるのは嬉しいことだと思います。

2018-01-28 (Sun) 11:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply