韓流研究室

ARTICLE PAGE

尖閣の接続水域潜行の潜水艦、中国軍所属を確認

★尖閣の接続水域潜行の潜水艦、
 中国軍所属を確認

 日本経済新聞  2018/1/12 21:15
 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2562947012012018EA3000/?n_cid=SNSTW001
  chinasen0.jpg
 中国国旗を掲げて航行する潜水艦(防衛省提供)

政府は12日、
沖縄県・尖閣諸島の大正島北東の
接続水域を11日に潜行した潜水艦が
中国軍の所属だと確認した。

防衛省によると、中国の潜水艦を
尖閣諸島周辺の接続水域で確認したのは初めて。

 海上自衛隊護衛艦「おおよど」と「おおなみ」が
12日午後、潜水艦が尖閣諸島北西の東シナ海海上で
浮上し、中国国旗を掲揚して航行するのを確認した。
護衛艦は11日に潜水艦が潜行してから追跡を続けていた。
 これを受け、外務省の杉山晋輔次官は12日、
中国の程永華駐日大使に電話で抗議した。
「中国による一方的な現状変更であり、
 事態の重大なエスカレーションだ」
と伝え、
再発防止を強く求めた。
小野寺五典防衛相も同日、防衛省内で記者団に
「深刻に懸念している。
 警戒監視に万全を期す必要がある」
と話した。
 
中国側は接続水域に入域した中国海軍の
軍艦について
「先に入域した海自艦に対処するためだった」
と説明していた。
外務省関係者は海自艦が潜水艦の警戒監視に
あたっていたとして
今回の事態の引き金を引いたのは中国だ
と反論した。
 中国側の意図は明らかになっていない。
外務省幹部は
「上層部の指示なのか現場の判断なのかを
 確認したい」
と述べ、
日中関係改善の流れを阻害することに懸念を示した。

(引用ここまで)


関連記事
★P-3Cなど、中国の潜没潜水艦と
 ジャンカイⅡ級の接続水域への入域を確認

 2018/01/11 22:55
 https://flyteam.jp/news/article/89063
防衛省は2018年1月11日(木)午前、
中国海軍の潜没潜水艦が大正島の北東の
接続水域で入域したことを確認したと発表しました。
この艦艇の動向は、
海上自衛隊第6護衛隊所属護衛艦「おおなみ(DD-111)」と
第5航空群所属のP-3Cが2018年1月10日(水)午後、
宮古島の東北東の接続水域を北西進している状態
確認し、当該の潜水艦が引き続き北西進し、
1月11日(木)午前に宮古島の北北東の接続水域から
出域、東シナ海に進出したことが確認されています。

(中略)
この一件は、臨時代理の大臣へ直ちに報告され、
不測の事態に備え、
情報収集・警戒監視に万全を期すこと、
関係省庁やアメリカなどと緊密に連携すること

の2点について、部隊に指示されています。

(全文はリンク先で)

  chinasenPK2018011202100068_size0.jpg




★日本に「強烈な不満」=
 接続水域航行を正当化―中国国防省

 時事通信 1/11(木) 17:14配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000091-jij-cn
【北京時事】中国国防省は11日、
沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内に
中国海軍艦艇が入った
ことについて、
「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は
 中国固有の領土だ。
 中国艦艇の活動は完全に正当で合法的だ」

とする立場を明らかにした。

 同省は日本に対して
「事実を歪曲(わいきょく)している」と非難し、
「強烈な不満と断固とした反対」を表明した。

 国防省は、自衛隊の2隻の艦艇が接続水域に
入ったため、中国海軍のフリゲート艦が追跡し
監視活動を行ったと説明した。
さらに同省は「領土主権を断固として守る」と主張した。
習近平指導部は日本との関係改善の姿勢を
見せているものの、
領土をめぐる問題では譲歩しない構えだ。

(引用ここまで)


 senkakuimg_3.jpg

 senkakuimg_4.jpg

2006年のリポート
★進展する中国の東シナ海
 石油開発と海洋調査

 平松 茂雄  杏林大学教授
 http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/asia00/hiramatsu.html
2. 日本側海域への強い関心

東シナ海の海底は、中国大陸から緩やかに傾斜して、
わが国の西南諸島の西約100キロメートルの地点で
深く窪んでいる。
この窪みは沖縄舟盆ないし沖縄トラフと呼ばれ、
西南諸島とほぼ平行して走っている。

長さ約1,000キロメートル、深さ1,000~2,000キロメートルである。
中国政府は中国大陸から沖縄トラフまでを一つの大陸棚、
すなわち中国大陸が自然に張り出して形成されたとみて、
東シナ海大陸棚全域に対する主権的権利を主張し、

同大陸棚に位置しない日本には東シナ海大陸棚全域に
対する主権的権利はないと主張する。
これに対して日本政府は、
東シナ海大陸棚は中国大陸・朝鮮半島から延び、
わが国の西南諸島の外洋に向かい、同諸島の外の
太平洋(南西海溝)に向かって終わっているとの認識に立ち、
それ故東シナ海大陸棚の画定は向かい合う
日本、中国、韓国の中間で等分するという中間線の
原則に立っている。
これが日中中間線である。

いずれにしても石油開発の前提は、
大陸棚の境界画定である。
そして中間線の原則も大陸棚自然延長の原則も、
国際法上有効な考え方であるから、
東シナ海大陸棚の境界画定は政治交渉で解決する
ほかない。
しかしこのように中国側が積極的に開発を進め、
中間線のすぐ向こう側の海域で開発が進んでいる
のであるから、日本側が早急に線引きしないと、
中国が中間線を越えて、日本側海域に入ってくるのは
時間の問題である。

(中略)
東シナ海大陸棚で石油が最も豊富に埋蔵されて
いるとみられている地域は

中間線の日本側である。
平湖周辺海域での石油開発が有望となれば、
中国の関心が日本側の大陸棚に向くのは当然である。
そして1995年5月のゴールデン・ウィークを挟んで、
1ヵ月以上にわたって、
中国の海洋調査船・向陽紅9号(4,500トン)が、
わが国の奄美大島から尖閣諸島にかけての海域で、
沖縄トラフをすっぽり包む形で資源探査を目的とする
とみられる海底調査を実施した。

ついで同年12月初頭、国務院地質鉱産局上海地質調査局
に所属し、これまで東シナ海の石油の試掘を行なってきた
石油試掘リグ勘探3号が、
わが国海上保安庁の作業中止命令を無視して、
日本側の海域に少し入った地点(別掲地図の×地点)で
試掘を開始し、翌年2月中旬試掘に成功して引き上げた。
商業生産が可能かどうかはともかくとして、
石油の自噴が確認されたのである。


(引用ここまで)

こうして始まったのが
okinawa1_20150116022914026s_201801130153265ba.jpg

okinawaCD1NEmtVIAAAwtt_20180113015327bad.jpg


もう、何年も前から
このような状態が続いていて
 okinawa7ed97529822720ed9ae42bf7acb0a46f21fab2a.jpg

しかも年々、エスカレートしてくる中国。
  chinasinpan01_20180113002819eb6.jpg

北朝鮮問題だけでなく、
中国の軍事行動も脅威なのに
2年前の記事とはいえ、野党の党首がこんな認識。

kyousan77f.png


所属議員達もとんでもない認識…
 kyousanCyu1wz4VEAAsPag_20180106212221727.jpg

 kyousanDLm2qamVAAAqUnV.jpg

 koikeakiradc9e4988.png


11日に、防衛省が
中国海軍の潜没潜水艦が
 大正島の北東の接続水域で入域した

と発表しているにも拘らず
自分達の目前で、
中国軍が好き放題に侵入している現実よりも
沖縄タイムスも
日本共産党の志位委員長もこの姿勢。
 shii01.jpg

頭がオカシイ!

1/8の八重山日報の朝刊には、
こんな声が掲載されていたそうだ。

 okinawaDTBgvEoU0AA4hB3.jpg


  murakami220050e7-s.png

400年前の記憶を持つ
「おきなわのおばあちゃん」
って誰かな?
シャーマンに呼び出して貰ったんかい…


★ウーマンラッシュアワー村本大輔が
 知っておくべき「中国の侵略史」

 デイリー新潮 1/12(金)
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00536199-shincho-cn





★なぜ中国の潜水艦は
 尖閣諸島に近づいたのか

 小谷哲男 (日本国際問題研究所 主任研究員)
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11650?page=2
(引用開始)
なお、一部報道によれば、当該潜水艦の情報は
米国「など」から日本に持たされた
とされているが、
実際の情報源は台湾である可能性が極めて高い
(2004年の領海侵犯事案も、
 最初の情報は台湾からもたらされたとされる)。
蔡英文政権が発足して以来、
中国は台湾に対する圧力を強めているが、
最近は中国の艦船や爆撃機が台湾を周回している。
2018年に入って、
中国の空母が台湾海峡も通航している。


今回尖閣諸島の接続水域に入域した潜水艦が
中国のどの艦隊に所属しているかは不明だが、
南シナ海方面から、バシー海峡を抜けて
太平洋に入り、宮古海峡から尖閣に向かった
と思われる。
そうであれば、習近平指導部は、
海軍の作戦能力の向上とともに、
台湾と日本に対する政治的圧力を
目的としていたと考えられる。


(引用ここまで)




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply