韓流研究室

ARTICLE PAGE

香川で鳥インフル、5万1千羽殺処分へ⇒玉井雄一郎、昨年加計問題で「愛媛県で鳥インフルとか1回でもあった?」

★香川の養鶏場で鳥インフル疑い、
 簡易検査で3羽陽性 
 確定なら家畜で今冬初、5万羽殺処分に

 産経WEST 2018.1.10 14:07
 
http://www.sankei.com/west/news/180110/wst1801100057-n1.html
香川県は10日、さぬき市の養鶏場で、
高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が
発生したと発表した。

簡易検査で鶏11羽中3羽から鳥インフルエンザの
陽性反応が出た。
確定すれば、家畜としてはこの冬1例目で、
四国での発生は初。
県は遺伝子検査で病原性ウイルスと確認され次第、
10日深夜にも殺処分を始める方針で、
約5万1千羽が対象となる見通し。

 この養鶏場は鶏の移動を自粛。
県は殺処分開始と同時に、この養鶏場を含む
半径3キロ圏内のさぬき市の9農場に鶏や卵などの
持ち出しや持ち込みを禁じる「移動制限」を、
同3~10キロ圏内にある県内?農場に持ち出しを禁じる
「搬出制限」をそれぞれかける方針だ。
現場周辺はすでに消毒した。

 県によると、10日午前9時15分ごろ、
養鶏場の鶏舎15棟のうちの1棟で飼育していた
約6千羽のうち、55羽が死んでいるのを
管理者が発見し、直ちに県に届けた。
8棟で肉用鶏約5万1千羽を飼育中で、
他の7棟に鶏はいなかった。
 養鶏場周辺で鳥インフルエンザが疑われるような
野鳥の死骸などは見つかっておらず、
鶏舎の窓などは閉まっていたため、
県は、感染した外部の野鳥などが入り込んだ
可能性は低いとしている。

農林水産省は午後2時から防疫対策本部を開催。
田恵造知事を本部長とする対策本部を設置した県と
連携し、迅速な対応を取ることを申し合わせた。

斎藤健農相は
「蔓延(まんえん)を防止するため
 防疫措置を確実に実施してほしい」と述べた。

(引用ここまで)


 tamaki189072cc-s.jpg


昨年11月に、
島根県で回収された死亡野鳥から、
高病原性鳥インフ ルエンザウイルス
(H5N6亜型)が検出されているので
心配です。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/171109tsuuchi.pdf


★香川の鳥インフルは陽性…
 5万1千羽殺処分へ

 読売新聞 2018年01月11日 01時49分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20180111-OYT1T50005.html




 tamakiDTLA9YdVAAAzvMA.jpg


 tamaki01.jpg


★玉木雄一郎「愛媛県で鳥インフルエンザとか
 発生したこと一回でもあります?」
 青山繁晴「あのね予防というのは…(苦笑)」

  2017年7月31日
 http://netgeek.biz/archives/100336
(引用開始)
玉木雄一郎
 「まずね、愛媛県で鳥インフルエンザ、狂牛病
  あるいは口蹄疫が発生したこと
  一回でもあるんですかね?

青山繁晴
 「あのね、それは発生してから
  どうにかしろって問題じゃなくて…(苦笑)
  例えば愛媛県の対岸の宮崎県では
  平成22年に口蹄疫が発生して
  30万頭近くの牛とか豚が殺されてるわけです」

玉木雄一郎
 「いや、私はあのとき与党で担当したんです」
青山繁晴
 「起きていないと対策取るなというのは
  これはすごい話ですよ
(苦笑)」

玉木雄一郎
 「違います!違います!」
青山繁晴
 「今そうおっしゃったじゃないですか…。
  危機管理の基本でしょ」

(全文はリンク先で)




宮崎県は口蹄疫事件後に、
鳥インフルエンザの被害にも見舞われた…
地元も行政も、どれだけ大変かが解る記事↓


★宮崎県でトリインフルエンザ
 「H5亜型」が発生!
  がんばろう、宮崎!

  2011年1月23日
 http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/h5-20a8.html
(引用開始)
今回の事件でも報道のヘリが
低空で撮影を続けています。
これは宮崎県口蹄疫最終報告書にもあるように、
非常に迷惑な行為です。

ヘリの爆音は家畜をパニックにさせ、
処分を遅らせます。
防疫の人たち同士の声すら聞き取れなくなって
しまいます。
報道各社は、
無神経な上空取材を直ちに止めてください。

(全文はリンク先で)


★香川県における高病原性鳥インフルエンザが
 疑われる事例の確認及び
 「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」
 の開催について

 http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180110.html
現場での取材は、
本病のまん延を
引き起こすおそれがあること、

農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、
厳に慎むよう御協力をお願いいたします。


(引用ここまで)




鹿児島大学獣医学部の取り組み
kake151116-0001.jpg



四国には1校も無い獣医学部。
頻発する鳥インフルエンザや口蹄疫・狂牛病に対して
獣医学部誘致は悲願だった。


kakeCRUOLDjH_20180111000548c77.jpg



kake15032726290001_20180111000037eb9.jpg



政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 3

名無しさん

とうとう起こってしまいましたね
予防を妨害した勢力は文字通りの粛清をされるべきです

2018-01-11 (Thu) 03:20 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

> 養鶏場周辺で鳥インフルエンザが疑われるような
> 野鳥の死骸などは見つかっておらず、
> 鶏舎の窓などは閉まっていたため、
> 県は、感染した外部の野鳥などが入り込んだ
> 可能性は低いとしている。

ならどこからウィルスは運ばれてきたのか?
どう考えても「感染地域から移動してきた人間」だよねぇ。
さて「感染地域」ってどこだろうねぇ。

2018-01-12 (Fri) 14:56 | EDIT | REPLY |   

弓取り

南九州「口蹄疫」殺処分は人災だった

予防や防衛に無頓着な我が日本。
「平和国家=無防備国家」という刷り込みが効きすぎている人や、自分の生きがいや信念にしちゃっている人がいますから困りものです。しかも、メディアとその被雇用者に多いと来ています。

韓国の鳥インフルは毎年のように起きているようですけど、香川県のさぬき市の場合は、ピンポイント過ぎて逆の意味で心配になりますけどね。
「人為的」なものだとしたら、敵によるものか、まさか味方(に見える者)によるものだとすると、「安倍政権の陰謀だ」の声がマスゴミあたりから急に出てくることでしょうね。

心から「やっぱり、獣医学部は四国にも必要だった」と言えない、ひっかかるものがあります。
敵も必死だし、工作を躊躇いませんから油断はできません。

2018-01-12 (Fri) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply