FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

航空当局がテロリストの生体情報を共有、国連安保理が全会一致で決議採択

★航空当局がテロリストの生体情報を共有
 国連安保理で決議採択

 NHK 2017年12月22日 10時25分
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171222/k10011267721000.html

 kyouboukokuren01.png

旅客機で移動するテロリストへの監視を強めようと、
各国の航空当局に乗客の指紋など生体情報を
収集し他国と共有することを義務づける決議が、
国連の安全保障理事会で採択されました。


これはアメリカが提案したもので、
21日開かれた安保理の会合で
全会一致で採択されました。


決議は、
過激派組織に関わる外国人戦闘員など
母国へ帰還したり、第三国へ移住したりしたあと
テロを起こすことが、国際社会の深刻な脅威になっている
と指摘したうえで、各国に対して、
航空当局が旅客機の乗客の指紋や瞳の虹彩など
生体情報を収集し、他国と共有することを義務づけています。


また各国に対し、
外国人戦闘員を含むテロリストや、
テロを起こすおそれがあるなど監視が必要な人物
リストを作成することを求めています。

採決のあと、アメリカのシソン国連次席大使は
「決議によって国際社会は
 国内外で国民を守る手段を得るとともに
 義務を負うことになる」
と述べ、
決議の着実な履行を呼びかけました。

この決議は、テロとの戦いを進めるアメリカが、
オバマ前政権から採択を目指してきたものですが、
人権侵害への懸念の声もあり、
各国がテロ対策でどのように協調していくかが
問われることになります。

(引用ここまで)




>各国に対し、
 外国人戦闘員を含むテロリストや、
 テロを起こすおそれがあるなど
 監視が必要な人物のリストを
 作成することを求めています。



★国際テロ組織
 世界のテロ組織等の概要・動向

 公安調査庁
 http://www.moj.go.jp/psia/ITH/organizations/index.html


国際テロ組織として、
日本の「オウム真理教」「日本赤軍」
対象になっています。





★TOC条約
 河野太郎公式サイト 2017.03.04
 https://www.taro.org/2017/03/%ef%bd%94%ef%bd%8f%ef%bd%83条約.php
「組織的な犯罪の処罰及び
 犯罪収益の規制等に関する法律」

改正案の与党審査が始まりました。
この法律は、
TOC条約(又はパレルモ条約とも呼ばれる)に
日本が加入するために
必要な国内法整備の一つです。


TOC条約は、
テロを含む組織犯罪を未然に防ぐための
国際協力を可能にするための条約です。

TOC条約に加入することによって、
我が国の組織犯罪の捜査に必要な証拠が
外国にある場合に、迅速な共助を可能にします。
もしこの条約に加入しておらず、
相手国と二国間条約もない場合、
いちいち外交ルートを通さなくてはなりませんし、
協力を得られるかどうかもわかりません。
同様に、我が国で組織犯罪を犯した犯罪人が
外国に逃亡した場合、この条約に加入していれば、
相手国との二国間条約がなくとも
引き渡しの請求を行うことができます。
TOC条約に加入しておらず、二国間条約もない場合、
引き渡しを拒否する国が多くあります。
日本の場合、二国間条約を結んでいるのは、
アメリカと韓国の二か国のみです。
国連加盟国の中でこの条約にまだ加入していないのは
11か国だけになりました。
日本の他に、イラン、ブータン、パラオ、ソロモン諸島、
ツバル、フィジー、パプア・ニューギニア、ソマリア、
コンゴ共和国、南スーダンが未加入ですが、
北朝鮮も加入済みです。
このTOC条約に加入するためには、その前提条件として、
重大な犯罪の合意又は組織的な犯罪集団の活動への
参加を犯罪とする法整備が必要です。


かつて共謀罪を提案した時は、
676個の罪を対象として共謀があった場合は
処罰するとしていました。
今回は277個の罪に関して、
「組織的犯罪集団」がその遂行を計画し、
実行準備に着手したことを処罰することとしました。
(中略)

残った277個は、
組織的な犯罪などテロの実行に関する犯罪、
覚醒剤の輸出入など薬物に関する犯罪、
人身売買・集団密航など人身に関する搾取の犯罪、
組織的な詐欺や恐喝、マネーロンダリングなど
資金源となる犯罪、偽証や逃走援助など
司法妨害に関する犯罪の五類型
です。

オリンピックを控え、
テロ対策や組織犯罪の対策に必要な条約です。


(引用ここまで)


こうして始まった審議は、
野党の妨害とメディアの一方的な批判に
晒されましたね。
プロ市民達の抗議行動も異様でした。


kyoubouC8vp0T5VoAAz_vf_201712221624385cd.jpg

kyoubouDCXvp0aV0AASOPs_20171222162437e0a.jpg

 kyoubou7b8bae18_20171222160639af1.gif

 kyoubou02790b84.jpg

kyoubouDAMep9MUMAA8Blg_20171222162436384.jpg


 kyoubouIMG_6088s_20171222160637731.jpg




朝鮮総連機関紙・朝鮮新報
kyoubou767a3d.jpg


★日本赤軍を支援か?左翼紙社長を逮捕!
 不当逮捕との声が上がるが
 テロリスト支援基金の存在が明らかに

 KSL-Live! 2017.11.22
http://ksl-live.com/blog12263




国際テロ組織には、
イタリアの「赤い旅団」も含まれています。


★菅直人の怪しい交際
 2013-12-18
 https://ameblo.jp/genten-nippon/entry-11731107368.html
1960年代、
世界を震撼させた極左テロ集団が3つありました

一つは日本の「連合赤軍」

後の二つが、
ドイツの赤軍派(バーダーマインホフグルッペ)と
イタリアの赤い旅団です。


管に「脱原発」を吹き込んだのは、
日本に滞在しているイタリア人ジャーナリスト、
ビオ・デミリアと言われていますが。
彼は、この「赤い旅団」の弁護士でした。
kanC7qyn9QUwAA2aBg_201712221643128c1.jpg

ドイツ赤軍は、日本の連合赤軍と共闘関係にあった、
パレスチナ解放人民戦線とともに、
ドイツ経営者同盟の会長を誘拐・殺人、するなどをしました
が、
この一連のテロ行為に「祝福の手紙」を出したのが、
「緑の党」の前党首「ユルゲン・トリッティン 」です。
彼はシュレーダー政権で原子力安全大臣を務めました。

「緑の党」は日本の民主党が旧社会党などの、
全共闘の残党を多く抱えているのと同様、
ドイツ赤軍の残党です。
その「緑の党」がドイツの反原発の推進役です。

(続きはリンク先で)


 pio02e083216ebf246d5eec1d6e9b0257db_201712221651202dd.png


★原発再稼働、首相自ら政争の具に
  ~首相の友達の友達は「赤い旅団」

 http://surounin777.blog101.fc2.com/blog-entry-411.html


★反原発と極左テロリスト1
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/13712869.html




>安保理の会合で全会一致で採択

監視対象者の人権より
国内外で国民を守る方が優先。





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-12-23 (Sat) 17:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply