韓流研究室

ARTICLE PAGE

北朝鮮の「朝鮮人民軍第854部隊」木造船乗組員、北海道の無人島に10日以上滞在か⇒工作員の可能性は?

★北朝鮮の木造船乗組員、
 北海道の無人島に10日以上滞在か

 TBS 2017/12/05
 
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3231205.htm
北朝鮮の木造船について新たな事実です。
乗組員たちは、
一時、北海道の無人島に上陸しましたが、
島に実に10日以上も滞在していた可能性
浮上しました。
いったい何をしていたのでしょうか。


 5日午前、新潟市沖。大海原に漂流する木造船が・・・。
海水が流れ込み、浸水しています。
4日、青森県の深浦町では・・・
「北朝鮮の船らしきものが流れておりますので、
 航行には十分注意して操業してください」
(新深浦町漁業協同組合 福田博明さん)

 漁師が騒然となる事態に・・・。
定置網にかかったのが、なんと転覆した木造船。

「船底が見えています。あれはスクリューだ」(記者)
「あれは小さい」(漁業関係者)
「あの船でよく日本海を渡ってこられた?」(記者)
「そうそう。考えられませんよ」(漁業関係者)

 日本海側で相次ぐ木造船の漂流や漂着。
先月から確認された数は、なんと33件にも及びます



kitakousakuin07.jpg
「イカ釣りを口実に何かたくらんで、
 こっちの方に来たのかなとか思ったり」

(漂着した現場付近の住民)

kitakousakuin08.jpg

「隠れているんじゃないかなってビクビクして」
(漂着した現場付近の住民)

目的はイカなのか、それとも・・・

「3人くらいでしょうか、人影が見えます。
 船の補修をしているんでしょうか」(記者、先月29日)

 北朝鮮から来たという
10人の男性が乗っていた木造船が、
北海道の無人島、松前小島に漂着していた
ところを発見されました。
今、この乗組員たちに窃盗の疑いが持たれています。
4日、海上保安庁や警察などが島で行った調査。
調査に立ち会った島の管理人を務める吉田さんは、
島が変わり果てた状態になっていたと言います。

「ぐちゃぐちゃもいいとこだ」(島の管理人 吉田修策さん)

 捜査員とともに吉田さんが向かったのは、
漁業者たちが宿泊に使う小屋。
ドアには鍵をかけていたと言います。
ところが、何者かによって鍵が開けられていたのです。

「無くなっているものはほとんど全部。
 ドアの蝶番からノブまで
 金目の物は全部ない」
(島の管理人 吉田修策さん)

小屋の中にはテレビや冷蔵庫、洗濯機などの日本の家電や
小型バイクが置いてありましたが、
そのほとんどが消えていたというのです。

 乗組員たちは・・・
「船にある家電は島から持ち出した」(乗組員)

 さらに、乗組員たちの滞在期間について吉田さんは・・・
「10日以上は泊まっていると思う。
 2日や3日ではない」(島の管理人 吉田修策さん)

 なんと10日以上にわたる可能性が・・・。その証拠が・・・
「魚取るのに置いてある網、
 それを勝手に使って」(島の管理人 吉田修策さん)

Q.誰が仕掛けた?
 「北朝鮮」(島の管理人 吉田修策さん)

 乗組員たちは吉田さんの網を勝手に使い、
漁を行っていた可能性があるというのです。さらに・・・
「食べ残しのほっけとか魚が入っていた、
 鍋の中に」(島の管理人 吉田修策さん)

 4日、その乗組員に異変が・・・。
1人が体調不良を訴え、函館市内の病院に運ばれ、
手当てを受けました。現在も入院しています。

海上保安庁や警察などは、
島から持ち出した物について窃盗容疑も視野に
乗組員から事情を聴いています。

(引用ここまで)




kitakousakuin01.jpg

TBSは相変わらず、この木造船に
朝鮮人民軍第854部隊のプレートがある事を
前提にして報道しないのは何故だろう?



kitakousakuin02.jpg

この本ですね。

 kitakousakuin51r2MSQg3YL.jpg

kitakousakuinDPkhFENVQAIIjze.jpg

 kitakousakuin0035.jpg


kitakousakuin04DKkURM5VoAAdUk7.jpg

kitakousakuin05DKkUSvJVwAAg8js.jpg

kitakousakuin06DKkUUMtUEAAkSMU.jpg


★韓光熙さんと張龍雲さんのこと
 野村旗守ブログ
 http://blog.livedoor.jp/nomuhat/archives/1020331148.html
(引用開始)
70年代から90年代にかけて、北朝鮮から
さまざまな特殊活動に従事する工作員が
多数密入国していました。

そのなかには、当然拉致工作員も含まれます。
韓さんは北朝鮮の工作員が密入国する時の
侵入ポイントを日本全国の海岸沿いにつくり、
彼らの上陸を手引していました。

逆に、
密命を帯びて北朝鮮に向かうため船に乗る人々の
送り出しを補助する仕事もありました。
自身も、何度となく工作船に乗り、
秘かに日本と北朝鮮を往復しています。

 さらに中央財政副局長として韓光熙さんは、
本国に送るための秘密資金の捻出と運搬にも
かかわっていました。

 総連から
北朝鮮本国に送られる秘密資金については、
それまで公安関係者らによって毎年多額の送金が
行われていると信じられていたものの、
その実態は厚いベールに蔽われたままでした。

(中略)
なぜこれほど多くの異なった情報が同時期に
乱れ出ていたかといえば、この時期、
朝鮮総連をはじめとする北朝鮮のエージェントたち
日本当局の眼を真実から逸らさせるため、
政府・マスコミ等に対し故意に間違った情報を
リークし続けていたからです。

 しかし、韓光熙さんの証言によって、
ようやくその実態が明らかになったのです。

 実際には、
朝銀を通じて捻出された資金の大部分は、
日本で軍事工場などの建設機械やプラント資材、
即ち土木資材や工業用管材、鋼材……等々の
物資(モノ)に化け、貨物船に載せられて
合法的に北朝鮮に運ばれていたのです。
それらの資材が、核やミサイルなど、
北朝鮮の大量破壊兵器へと化けていたのです。


 それ以外に、
モノではなくカネで運ばれるケースもありました。
この場合、カネはすべて現金で、
新潟-(北朝鮮)元山港間を結ぶ万景峰号に載せられ、
北朝鮮に運ばれていたことがわかりました。

 日本から北朝鮮に運ばれたモノとカネの総額は、
最盛期の80年代半ばから90年代半ばの
およそ10年間に、累計で1000億円強に達した
であろうと推定されます。

(引用ここまで)


この秘密資金は、当然ですが
脱税した創った資金ですよね。





★元北朝鮮工作員の“衝撃告白” 
 ちょっと日本へ…
 「密入国は容易」 政府に警鐘

 ZAKZAK 2015.12.01
 https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151201/dms1512011900016-n1.htm


★北、日本国内で親北朝鮮世論形成強化か 
 警察当局警戒 
 中国は領海侵入を「常態化」 
 平成29年「治安の回顧と展望」

 産経新聞 2017.12.4
 http://www.sankei.com/world/news/171204/wor1712040055-n2.html
組織が弱体化しているとみられている
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)については、
大規模会議などでの幹部発言や
金委員長のメッセージに言及し、
北朝鮮との「密接な関係」の下で活動している
と分析。
許宗萬(ホ・ジョンマン)議長が新年のあいさつで
「滅私服務」を指示したなどとして、
金委員長の指示により今後、組織強化に動き、
国内で「親北朝鮮世論の形成」などを展開する
との見通しを示した。


(引用ここまで)




★福岡でミサイル対応訓練 
 反対の市民たちが抗議
 「戦争の危機を高め、
  市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ

 厳選!韓国情報 2017年12月05日
 http://gensen2ch.com/archives/73465853.html
(引用開始)
天神中央公園では訓練に反対する
市民グループのメンバーらが抗議。

市民グループの代表の脇義重さん(72)は
「戦争の危機を高め、
 市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ

批判した。

(引用ここまで)





政治ランキング

 
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply