韓流研究室

ARTICLE PAGE

11月23日は、その年の収穫を神々に感謝を捧げる新嘗祭~宮中祭祀~

★たいまつの明かりに照らされ、
 天皇陛下「別のお姿」…きょう新嘗祭 
 過酷な儀式どのように執り行われるのか

 産経新聞 2017.11.23 16:00
 
http://www.sankei.com/life/news/171123/lif1711230028-n1.html

 niinamelif1411210032-p1_2017112320565244c.jpg

23日は国民の祝日「勤労感謝の日」だが、
その年の収穫を神々に感謝する戦前の大祭日
「新嘗祭(にいなめさい)」
から引き継がれたことは
意外と知られていない。
連合国軍総司令部(GHQ)が
神道の神話や祭礼、儀式を起源とする祝日の
廃止方針を示し、昭和23年に施行された祝日法で
「新嘗祭」の名が消えたためだ。

一方、皇居の神嘉殿(しんかでん)では、
今年も天皇陛下が新嘗祭に臨まれた。
「宮中祭祀(さいし)の中でも最も重要で、
 かつ過酷な儀式の一つ」
(宮内庁幹部)である
新嘗祭とは、どのように執り行われるのか。
(社会部 伊藤弘一郎)

 新嘗祭の「夕(よい)の儀」が始まるのは23日午後6時。
白の絹でできた伝統の「御祭服(ごさいふく)」
身にまとった陛下が、綾綺殿(りょうきでん)から儀式が
行われる神嘉殿に移られる。
御祭服は新嘗祭でのみ陛下が身につけられる装束。
その重さから、着替えられるのに数十分かかるという。

 たいまつの明かりのみが照らす中、
白い装束姿の陛下が神嘉殿までの「御拝(ごはい)廊下」
進まれる様子について、
祭祀をつかさどる掌典職の1人は
「これから国のため、国民のために祈る
 という決意や使命、お気持ちが伝わってくる。
 地方ご訪問などで国民と触れ合われるときとは、
 全く別のお姿」
なのだと話す。

儀式中は側近らも神嘉殿に入ることは認められず、
陛下と神事を手助けする2人の采女(うねめ)のみ。
そこで陛下は全国から献上されたり、
皇居で収穫したりした米と粟の新穀、新米から作った
酒などを神前に供えられる。

 続いて神前に拝礼し「御告文(おつげぶみ)」で
一年の五穀豊穣(ほうじよう)と
国家、国民の幸福を祈られる。
さらに、供え物を神々とともに食される
「直会(なおらい)」に臨まれる。
最後に綾綺殿に控えていた皇太子さまが
神嘉殿で拝礼され、陛下と皇太子さまが一緒に
神嘉殿を後にされる。

 夕の儀が終了するのは午後8時。
同様の次第で午後11時から24日午前1時まで
「暁(あかつき)の儀」が執り行われる。
儀式は各2時間ずつ、計4時間に及ぶ。


 陛下は重く、動きにくい装束で、
大半の所作を正座したまま行う。

このため
新嘗祭が近づくと、陛下は御所でくつろぐときも、
慣れるために正座のまま過ごされることで知られる。

それ以外にも「過酷」と評される理由の1つが気温だ。
この時期、儀式の時間帯には10度を切るほど
冷え込む年もあるが、神嘉殿には暖房がない。
「寒さだけでも相当、体にこたえる。
 今年84歳になられる陛下にとってはなおさらだろう」
(宮内庁関係者)。

(中略)
宮内庁によると、陛下が昭和天皇が暁の儀への
お出ましをやめた年齢になり、同様の対応を
勧めたのに対し「従来通り」を望む強い意向を
示されたという。
心臓の冠動脈のバイパス手術などを経て、
現在の形に落ち着いているが
「できることならすべてに出たいという気持ちは、
今も変わっておられないだろう」(宮内庁関係者)。

 現在も、掌典職のトップで儀式の一部を代行する
掌典長から侍従を通じ「終了」の報告を受ける
午前1時過ぎまで、陛下がお休みになることはない。
ある掌典職は
「昨年8月のビデオメッセージでは『全身全霊』という
 言葉で象徴天皇の務めを表された。
 新嘗祭に臨まれる姿勢は、それを体現されている」
と話す。

 来月1日の皇室会議を経て、
陛下の譲位時期は31年春が想定される。
このため、
陛下が新嘗祭に臨まれるのは
30年が最後となる。


(全文はリンク先で)


 niinamesai01.jpg


★知っておきたい「新嘗祭」 
 貴重映像で解説

 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171122-00000049-nnn-soci 




   niinamesai20131123111102e77.jpg

★宮中新嘗祭の御様子
 https://ameblo.jp/shinkawa-koutai/entry-10391164187.html


★新嘗祭、神嘗祭、古伝新嘗祭
 http://g-village.net/iyasaka369/新嘗祭.pdf
 

★古傳新嘗祭
 出雲大社 
 http://www.izumooyashiro.or.jp/saitens/1982


★『冬至と古伝新嘗祭』
 https://blogs.yahoo.co.jp/shigechanizumo/20083892.html














★陛下の祈り(四方拝)、国民・国家を護る呪文
 http://blog.goo.ne.jp/ginga7788/e/e52e71648d0987c170c0633c4c15f8e8


kannamesai004892.jpg

★神嘗祭と新嘗祭の違いは?
 似ているようで違う祭の意味とは?

 http://kininaru-trend.net/post-2764/


★伏見天皇七百年式年祭の儀・
 神嘗祭(かんなめさい)賢所の儀

 http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5281854.html




例年、親戚から新米が届くと
新嘗祭の前に食べてしまうのですが、
今年は偶然にも(笑)、実家の母が
昨年頂いたお米が食べきれていないというので、
我が家に持ち帰り新米はお預け中でした。

今夜から待望の新米!

従兄が、山から掘りたての自然薯を届けてくれたので
新米にもち麦を混ぜて、とろろご飯にしました。
昨日、農協の直売所で買ってきた
大根・人参・牛蒡に蓮根と我が家の葱を足したお味噌汁etc。

五穀豊穣に感謝して
  bangohan20171123.jpg


今年も、美味しいお米を頂きます。

niinamesai289.jpg




政治ランキング

スポンサーサイト

Comments 2

銀の鈴

待ってましたあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

おおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーっ! コレを待ってたんですわ。

あ、すいません。新嘗祭の後の新米にもまして、実はお料理の画像! うわぁ、豪華! 私の大好物のとろろご飯に、新鮮お野菜たっぷりのお味噌汁。メインのお皿は鶏肉料理かな? 何にしても、相変わらず色彩豊かで、センス抜群の食器と盛り付けでんなぁ。あぁッヨダレが……。くっ、くるしい。

ま、私も目標値の68Kgを、今のところ保っておりまして。幸いにも、まだリバウンドの気配はありません。が、激しい誘惑は常にありまして。甚だしく蠱惑的な、こういう画像を見せられますとねぇ。今後がますます気掛かりになりますわ。ヒャア~(汗)

新米かあ。美味しく炊いて、美味しくいただきませう。あーちなみに、本日の私の晩ご飯は、低カロリーの豆腐ハンバーグに、ご飯と盛り盛りのサラダですた。見かけも中身も、主様には遠く及びませんけれど、拙いながらも手作りで。

それにつけても、新嘗祭における陛下のご負担はいかばかりかと。ご譲位は、ただただ国民へのお気遣いであられたと、ご拝察申し上げます。これほどの重みを持つ日本の伝統に、改めて思いを致す貴重な機会。一国民として、よくよく胸に刻んでおきたく存じます。

2017-11-24 (Fri) 00:18 | EDIT | REPLY |   

都民です。

 3日前にお米が無くなってしまい、申し訳ないのですが新嘗祭の前に新米を頂きました・・・とても美味しかったです。

 掘りたての自然薯と麦飯は、山の幸が身近にないと頂けないものです。釣りがお好きなお主人様は、海の幸を運んでくださるようで、かえすがえすも羨ましい環境です。

2017-11-24 (Fri) 07:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply