韓流研究室

ARTICLE PAGE

民進党・前原代表、極秘訪朝時の北朝鮮美女のハニートラップ疑惑⇒国賓級接待は対北朝鮮投資斡旋か!?

★前原誠司民進党代表と北朝鮮美女
 “親密写真”を入手

 週刊文春 2017年9月21日号
 
http://bunshun.jp/articles/-/4105
  maehara8869f11-s.jpg

9月1日の民進党代表選で、新代表となった
前原誠司氏(55)に、
北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚した。

 小誌は1999年6月3日に
北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された
複数枚のスナップ写真を入手。

そこには大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、
カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、
北朝鮮美女の姿が写っている。


中には、
前原氏が女性の頬に後ろから手をまわして
顔を引き寄せたり、身体を密着させて
後ろから女性に下半身を押し付け、
ジャレ合っているシーンもある。

 maehara1dd0fe22.jpg

 小誌取材班が取材を進めたところ、
これらの写真は、当時2回生議員だった前原氏が
地元・京都の支援者とともに、訪朝した際に
撮影されたものであることがわかった。

この支援者は次のように語った。

「(写真は)
 妙香山の河原でバーベキューをした時。
 (相手の女性は)炭をおこしたり、
 セッティングしてくれる接待係
 (中略)
 あの時もベロベロになるくらい
 ビールや焼酎を飲んだ」
 

前原氏を直撃した。
――(写真を見せながら)
   99年に訪朝された時の写真ですが、
  記憶にありますか?


「ありますね」

――女性とかなり親密な感じだが。

「外ですし、
 たくさんの人数の中ですから。
 北朝鮮の方もたくさんいますから」


 事務所を通じて、
ハニートラップの疑いを指摘したが、
「やましいことは何もありません
と回答した。

インテリジェンスが専門の軍事アナリスト、
上田篤盛氏はこう指摘する。
「こうした国で女性と親密になるのは論外ですし、
 写真撮影などのちょっとした友好関係も
 後に弱点になると考えるべき。
 (中略)訪問者はあらゆる場所において
 監視され、弱点を探られているのです」





(引用ここまで)


 maeharaea98bb97-s.jpg





★前原誠司がハニートラップで
 北朝鮮支援?国会抜け出し旅行で
 よど号犯と

 http://entert.jyuusya-yoshiko.com/mase-hanitokitatyo/



★前原外相
 「よど号犯と一緒に写真撮った」明かす
 11年訪朝時

 2011/02/21
 https://www.logsoku.com/r/2ch.net/newsplus/1298260301/
前原誠司外相は21日午前の衆院予算委員会で、
野党時代の平成11年に北朝鮮を訪問した際、
日航機「よど号」乗っ取り事件の犯人と
一緒に写真を撮影していた
ことを 明らかにした。
自民党の稲田朋美氏の質問に答えた。

 前原氏によると、11年6月、
北朝鮮で工場を展開していた
地元・京都市の織物会社経営者の誘い

「国情視察のため」に訪朝し、
平壌市内の高麗ホテルで、
昭和45年に 「よど号」を乗っ取って
北朝鮮に滞在する実行犯4人と
「玄関でばったり会った」と説明。
 その際、一緒に写真を撮り、
帰国後に「公安調査庁に提出した」と答弁した。

 実行犯であることは一緒にいた北朝鮮側の
通訳らに教えてもらったとして
「まったくの偶然だった」と強調した。

面会したのは
若林盛亮容疑者ら4人とみられるが、
前原氏は実行犯について
「公安調査庁に話したのは事実だが、
 名前は忘れた」という。

 前原氏は訪朝について
「堂々と国会議員として入った」と説明。
ただ、稲田氏が
「北朝鮮で
 織物会社の顧問の肩書
 名刺を配ったのではないか」

と指摘すると、前原氏は
「調べて答える」と述べるにとどまった。

(引用ここまで)


★前原誠司議員 
 違法献金、脱税企業と密接関係、
 よど号犯人と写真

 2011-03-09
 http://blog.goo.ne.jp/ysnfd/e/5855710da2e9619f92e6c5cac0c5ecbf
前原氏は「玄関でばったり会った」
「偶然だった」と釈明。
ここでも「故意性」を否定した。

だが、前原氏には安倍晋三政権時代に
北朝鮮の核開発に関連して国会で
「拉致問題にこだわり過ぎている」
北への重油支援を訴えた
過去もある。


「北訪問」と「北寄りの質問」。
その政治姿勢に、拉致被害者家族からは
不満の声も出ていた。

(引用ここまで)


★選ぶ前に知り尽くそう ・・・ 
 前原疑惑について (5) 
 『北朝鮮疑惑』

 2011-08-23
 http://blog.goo.ne.jp/ysnfd/e/291096c23290adf89acf17ff9e73aa2f
前原氏の北朝鮮工作機関との関係に関しては、
長く北朝鮮の対日工作を観察してきた
洪熒・統一日報論説委員、元駐日公使が
注目すべき論文を韓国で発表している。
月刊朝鮮2011年3月号に寄稿された
洪氏の論文の主要部分を
本人の了解の下で、訳載した。

月刊朝鮮2011年3月号
日・朝接触意志を明らかにした
前原外相とは何者か


洪熒 統一日報論説顧問・前駐日公使

(中略)
有名絹織物会社の対北朝鮮投資を斡旋
(略)

前原大臣が初めて北朝鮮を訪問したのは
政界入門直後の1992年だった。
日朝友好京都議員連盟代表団として
北朝鮮を訪問した彼は板門店まで見て回った。

2回目の平壌訪問は衆議院3選議員だった
1999年5月末だった。
この時は選挙区の京都の絹織物会社の
河村織物株式会社社長といっしょだった。

この会社は皇室に最高級シルクを納品する
有名な会社だ。伝統的な手作業を守ってきた
この会社は1997年に安い労働力を求めて
北朝鮮に刺繍工場を建設

日本政府が全面的な対北朝鮮制裁に入った
2006年に撤収した。


この会社の対北朝鮮投資を、
朝鮮総連側を通じて
斡旋(要請)したのが
前原大臣だったという。

彼はその時この会社の相談役だった。

当時、前原議員の要請を受けて
河村織物と北朝鮮を結びつけた人物は、
北朝鮮に親族がいて対朝貿易をしながら
統一戦線部などの工作機関
と関係を結んでいる朝総連系K氏であった。

K氏は前職総理大臣など日本の有力者らと
幅広い人脈を維持していると知られている。

(引用ここまで)




99年、国会会期中に
京都の支援者らと極秘訪朝して
国賓級ホテルに宿泊して接待を受けたって

うわわわわ。
アントニオ猪木議員の訪朝記事に
【北朝鮮ハニートラップ】について掲載したら
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5147.html
前原代表の予言の書になってしまったwww

これ、先日の【橋下×羽鳥】で
前原代表が
「墓場まで持って行く話もあるし…」
と意味不明な事を言っていたのだが

今となっては意味深だなあ…

体育座り写真だけなら
疑惑とは思えない事も
この写真は…ねぇ…


  maeharakita.png


★北朝鮮の‘花蛇作戦’
 「できちゃった」で各国の政治家、
 企業家、ジャーナリストなどが
 従北・親北に転向ニダ!

 特定アジアニュース 2015年02月19日
 http://specificasia.blog.jp/archives/1020128793.html
北朝鮮の‘花蛇作戦’警戒しなければ
(コナスネット 韓国語 2015/02/17)
(中略)
これと関連してテレビ朝鮮は2014年12月29日、
[ニュース7]〈北、訪朝要人に“花蛇”作戦…
赤ちゃんを身ごもらせた後に脅迫・懐柔〉で、
〈北朝鮮がキム・ジョンイル政権時に
 海外の政治家・ジャーナリスト・事業家・有名人に
 女性を送って誘惑させた後、ビデオを撮ったり
 子供を身ごもるようにし、
 彼らが親北朝鮮活動をするように
 脅迫・利用したと英国テレグラフが報道した。
 日本の北朝鮮専門家たちや高位層脱北者も、
 日本の政治家・ジャーナリストが
 この『種結び工作』の対象になった
し、
 彼らが北朝鮮女性と関係して生まれた子供は
 工作員として育てられていると伝えた。〉

と報道した。

上と同様の記事が
2010年と2011年にアメリカで報道され、
韓国に定着した脱北者の証言があったが
大きく注目されなかった。

これにより、
平壌を訪問してホテルに泊まった人が
ハニートラップに引っ掛かって
北朝鮮当局に決定的弱点を捉えられ
止むを得ず親北朝鮮活動をした事例が
知らされることになった。

北朝鮮は作戦成功のために飲み物に睡眠薬を入れ、
麻薬まで動員する。
さらにシャワーをしている裸写真も脅迫に使う。
これらの罠にかかった人は
北朝鮮の要求によって行動し、徐々に親北朝鮮
および従北勢力になるという。

一部の人はスパイ行為までするという報道もある。

(引用ここまで)





蓮舫夫妻の仲人で
今は鳩山由紀夫のブレーンである
高野猛氏

renho_takano091201_20170913201821a6f.jpg


★KCIA創設者朴チョンヒ夫人と
 統一協会文鮮明との
 関係について その1

 2011-05-21 02:18:34
 https://ameblo.jp/yoji1970/entry-10898089798.html
『北朝鮮は金のなる木』を豪語して
統一教会の文鮮明と野合する
マダム朴・朴敬允の正体を暴く!

(中略)
「インサイダー」と謎の同居
東京の麻布十番には変ったビルがある。
オーストリア大使館の向かい側で、近くには
韓国大使館があり、5階だての、
見た目はごく当たり前のビルだが、
表通りに掲げた看板には「インサイダー」と
小さく書かれている。
「国際ジャーナリスト」高野孟の発行する情報紙の
事務所が入っているのだ。

しかしビルには、なぜかもう一つ入り口がある。
ビル横の駐車スペースを入って行くと、
入口の上に「金剛山国際観光」と書かれた
大きな看板が、表通りからは目立たないところに
掲げられている。
(中略)
しかし、入ってみるとまったく同じフロア。
「金剛山国際観光」と「インサイダー」のオフィスは
入り口は別に構えているが、
実は中でひとつに繋がっている。
そしてこの金剛山国際観光こそ
高野孟のスポンサーとして
しばしば本誌に登場する謎の女性
「マダム朴」の経営する会社なのである。


金剛山国際グループは、
1991年10月に組織されたばかり。
5つの会社で構成される一大事業体である。
1988年9月に北朝鮮との間でフィフティの
比率で作った合弁会社「金剛山国際貿易開発会社」

同11月に羊角島ホテル建設を目的に成立した
「金剛山国際観光会社」。
北朝鮮への直行便を飛ばすための
「金剛山国際航空」(エア・コリア)。
経済・金融の自由化を踏まえた「金剛山国際株式会社」、
そして「高麗商業銀行」である。
資本金はそれぞれの会社が500万ドル。
現在、平壌、北京、香港、東京、台湾に
事務所を置いて活動している。

これらグループを構成する企業の
業務内容をみると
貿易・通商、航空・運輸、観光・リゾート、建設、
不動産、金融・証券ほか、商業の
あらゆる範囲をカバーし、
いずれも北朝鮮と密接に関係する。
まるで北朝鮮の
「仮設通商代表部」の趣きさえあるのだ。
いったいこの金剛山図際グループとは、
そしてそのオーナーである
「マダム朴」とは何者なのか。
「マダム朴」は本名を朴敬允という在米韓国人女性。

北朝鮮ロビーで金日成親子から
対日交渉を商業面で一任され、

日本の政治家もかなわぬ政治力で
北の利権を一手に掌握する人物である。


(続きはリンク先で)




★有田芳生「民進党を含めた野党が
 総選挙で勝利する体制を作るため、
 東京都連副会長を引き受けました」

 厳選!韓国情報 2017年09月13日
 http://gensen2ch.com/archives/72190464.html



aritakita01.jpg
https://twitter.com/aritayoshifu/status/586732461872193537?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fgogotorimaru.blog19.fc2.com%2Fblog-entry-10353.html


kitaC_OwhEZUAAE7FNa_2017091317302665a.jpg

★【有田芳生】渋谷区議の
 【芦沢一明】が5月4日から
 平壌訪問!!

 2017/05/06
 http://jpn-news.info/archives/15287142.html
◎渋谷区議芦沢一明氏とは?
追加ソース/http://outfight.net/kugi-houchou/

あしざわかずあき、と読みます。
民進党系の自治体議員です。1965年生まれの52歳。
高卒区議、都立三田校(定時制)卒。
専修大学経済学部中退。
へー、高卒で都議になれるんですね。
26歳で区議初当選。
6期だから24年議員という事でしょうか。

元月刊誌編集長
経歴に月刊誌編集長とあります。何の月刊誌だろう?
検索しても出てこないんです。その月刊誌。
googleでも把握できない月刊誌。
「芦沢一明 編集長」で画像検索したら
コレ系の雑誌しかない。
画像(統一はロマン)
 1n969kP.jpg


【日朝友好に懸命】
肩書きに
日朝友好促進東京議員連絡会代表とあります。
2015年10月にも
有田芳生参議院議員と訪朝しています。


(引用ここまで)


日朝友好促進東京議員連絡会代表
金剛山歌劇団公演実行委員会共同代表の
芦沢一明区議は、
日本社会党から民主党に移籍した
月刊誌「進歩と改革」の元編集長


★蓮舫「拉致被害者いつ帰ってくる!」
 →北の代弁者・民進党の芦沢一明・
 渋谷区議の動向

 韓流研究室 2017 05 10
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4870.html




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 4

sakada

>極秘訪朝時の北朝鮮美女のハニートラップ疑惑

とかく、北朝鮮絡みのあらぬ醜聞が噴出していた金丸信さん、後年に訪朝時の回顧談が名言だった「(ホテルの)部屋に戻ったら、ベッドの上に裸の女がいたんだ」とのことで、当時の金丸信さんの顔は写真の通りだから「ベッドの裸の女」に一番卒倒したのが本人だっただろう。

まるで映画007みたいだが、映画のジェームスボンドは喜んで命の危険を省みず承知の上で裸の女を受け入れた、金丸信さんもその時007に成ったのか。

それが北朝鮮と言う国だと分かっていて、政治家は先輩から注意を促されている筈なんだが、はたして誰しも深夜の部屋の「ベッドの裸の女」を観て「出て行ってーっ」という無粋なことが言えるのだろうか。

それでも男なのだろうか、危険が仕事の007が危険を回避した人を政治家を想い切り嘲笑するさ。

政治家は国の為だと妄信しているなら危険な選択を成して何も考えずに突き進め、いざ行け日本男児、北朝鮮と言う国に日本男児の武勲を示せ、日本の政治家はその後に何が起きても動じない覚悟が在るから、世界にいちもつイケメン弁護士の様な武勲を示せ、日本男児なら北朝鮮美女をメロメロにさせろ、と言っても今の前原氏にはもう遅いか。

「ハニートラップ」とは、馴染んでくると接待側が要求して来るものだ。そう言う妖力が楽しませてくれる良い女に在るさ。


2017-09-13 (Wed) 22:46 | EDIT | REPLY |   

弓取り

南はキーセン 北はハニトラ 外貨を稼ぐコストパフォーマンスの高い武器

なんであの国々は、近代的な社会インフラや産業育成ができないのか。長年の事大主義と朝鮮儒教とやらが根付いた、朝貢女性の「文化」に走ってしまうのかと思わざるを得ません。

これをやっている限り、彼の国々の文明化は無理だと思われます。いくら日米が支援したり時間的猶予を与えても、現代的な自立は無理としか思えないのです。

日本国はもちろん世界にとって問題なのは、その「文化」を他国に輸出したり、武器にして内部からの崩壊(変な革命)を引き起こすことです。

シュレーダーもひっかかった。ロッドマンは大丈夫だろうか。カーター元大統領はトラップかけるまでもなかったか(苦笑)
日本にもひっかかったっぽいタレント言論人はいますね。

民進党の前原氏のネタ。歴史を忘れるなレベルのひどさです。
>妙香山の河原でバーベキューをした時。(相手の女性は)炭をおこしたり、セッティングしてくれる接待係。
 これは日本の本当のフェミニストであれば、女性蔑視に見えると思います。

>あの時もベロベロになるくらいビールや焼酎を飲んだ」 
>「外ですし、たくさんの人数の中ですから。北朝鮮の方もたくさんいますから」
 一応、日本の国会議員として半ば公務として国費を使って訪問しているのではないのか。
 おおぜいの北朝鮮の一般の人たちが見ているのなら、なおのこと、しゃきっとしてもらいたいものです。
 おおぜいの日本人拉致被害者がいるのに、普通なら自分も拉致られる危険性を感じていないとおかしい。

>事務所を通じて、ハニートラップの疑いを指摘したが、「やましいことは何もありません」と回答した。
 よもや「ひっかかりました」とは言えず、お墓まで持っていくんでしょうね。
 そうはさせじと選挙戦で敗北を喰らわす。


 韓流研究室のタイトルで関連ネタは尽きませんね。

2017-09-14 (Thu) 01:42 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

東アジアのブラックホール

随分と昔の話のようですが、このタイミングでこの写真。意味深ですなぁ。誰の目から見てもバレッバレなんですが、代表選で前原さんが勝ったのが気に入らない、党内のどなたかがリーク元かと。

ですがそもそも、何で国交の無い国なんかに、わざわざ2回も行く必要があったのか──。確かにそこは、要注目ですわ。しかも極秘って。たかだか2回生議員ていどのペーペーに、2国間の懸案事項を解決する目的で、などとは言わせませんぞ。つまりは、フツーに考えたら利害関係以外には、あり得ませんわなぁ。何がしかの利権絡みであったことは、火を見るよりも明らかで。

ご当人の仰るように、写真は「ついウッカリ」の乗りで、請われるがままに写してしまったってのが、案外に真相に近いかもしれませんな。ただねぇ、やっぱ公人としての自覚が。その点は、この機会によくよく反省してくらはい。ただ、以前にも焼肉屋の半島人に、「ついウッカリ」政治献金貰っちゃった方ですし。自覚を促しても、何だか虚しい気が。

あぁ、山尾議員の不倫ネタですが、情報をリークしたのは誰か?の話題が巷で沸騰しとりますな。何でも、レンホウさんが疑われているらしいんですが、そいつはどうかな。無論、彼女である可能性も、無しとはしませんが。あるいは辻元議員か?とか。その線もゼロでは無いですが、やっぱ党内で、吹けば飛ぶような有象無象、コンマ以下のごまめの歯軋り、おっと失礼、壮大なる権力争いが(笑)、さぞかし加熱している証拠なんでしょうなぁ。

しかし、何でしょうねぇ、芦沢区議の月刊誌。この超色黒のブッサイクな表紙、とてものこと、見るにたえません。こんな異常な美意識の輩が、有田議員のお友達なんですね。ま、一連の下半身騒動は、おおかた有田議員あたりが、半島利権をめぐって主導権争いを繰り広げているんではないかと。

いずれにせよ、戦後日本の闇の大部分は、半島との絡みでんな。もうそろそろ白日の下に晒されるべき時が、刻々と近づいて来てるんでしょうなぁ。

2017-09-14 (Thu) 03:32 | EDIT | REPLY |   

accessee

誰に似てるかわかった!

「誰かに似てるんだけど誰だっけ?」
もやもやしてたけどやっとわかった!

羽賀研二だ!

造形的には似てないかもしれないけど、
“ナメきってる”っていうヌルヌルしたオーラをどうしても漏らしてしまうつらだましい。

山尾と安藤優子といい、
辻本清美と蓮舫(戦う猿系)といい、
似た精神をもってると似た顔になってくるもんなのかねぇ……

2017-09-14 (Thu) 04:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply