韓流研究室

ARTICLE PAGE

平城に行き「金正恩委員長万歳!ミサイル成功万歳!」と叫んで「共和国親善勲章」貰う社民党元議員と大はしゃぎの民主党元法務大臣の売国行為

★平壌に行って「金正恩委員長万歳!」
 と叫んだ2人の元大物国会議員
 一人は法務大臣経験者です

 週刊現代 2017.09.11
 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52781
  kitagiin.jpg
(注:写真画像は当ブログが追加しました)

核武装に「敬意を表します」

朝鮮人民は、金正恩委員長の
 卓越した指導によって一心団結し、
 核武力建設を発展させ、
 米国を対話の舞台に引きずり出す
 決定的な力を保持されたことに
 敬意を表します。
 また、ICBM『火星14型』の試射を
 成功させたことは、
 この力を益々確固たるものにしました……


8月15日、祖国解放記念日の平壌。
国会議事堂にあたる万寿台議事堂で演説したのは、
朝鮮労働党幹部ではなかった。
なんと日本の元代議士、
日森文尋・
元社民党国対委員長
(68歳)である。
  himri69103cb029e1ac2e1061129f6dfd420.jpg

日森氏は国対委員長を、'09年8月まで務めた。

なぜ日本の元代議士が、ミサイル発射で喧しい
北朝鮮へ行って、こんな演説をしているのか?
日森氏は「白頭山偉人称賛国際祭典」に、
日本代表として参加していたのである。


この祭典は、核やミサイル開発で世界中を
敵に回している北朝鮮が、世界61ヵ国から、
金正恩委員長を称える人士240人を
北朝鮮に招待して行ったイベントだ。

一行は7泊8日にわたって、金正恩委員長の
偉大さについて称え合ったのだった。

その具体的なスケジュールは、
以下のようなものだった。

8月13日早朝、
錦繍山太陽宮殿(金日成・正日父子の墓地)を表敬。
午後、空路で平壌から三池淵へ向かい、野外食事会。

14日早朝、
白頭山(革命の聖山)山頂訪問。
白頭山太陽を迎える会開催。金正日総書記の
生家(密営)訪問。昼、三池淵大記念碑訪問。
夕刻、空路で平壌へ。
夜、宋日昊朝日国交正常化交渉担当
大使主催の会食。


15日朝、
図書・写真展視察。午前、「白頭山偉人を称える
祝賀行事」の記録映画鑑賞及び「偉人を称える大会」。
午後、三池淵楽団コンサート。万寿台議事堂で叙勲式。
夜、人民文化宮殿で朝鮮側準備委員会主催の晩餐会。

16日人民文化宮殿にて朝鮮人民との連帯集会。
主体思想塔を訪問。午後、科学技術殿堂で
国家宇宙開発局(NADA)の科学者・技術者らと面会。

17日祖国解放戦争勝利記念館視察。
万寿台議事堂に金永南最高人民会議常任委員長を
表敬訪問。午後、万景台学生少年宮殿訪問。
バスケットボール館で親善交歓会。

18日開城に移動し、板門店視察。
高麗博物館見学後、平壌へ。

これだけ多彩な「活動」を行っていながら、
北朝鮮国内の移動や宿泊、食事など
一切の費用は、北朝鮮当局が負担した。

宿泊先となった平壌最高級ホテルの一つ
「羊角島ホテル」では、朝から地元の
「大同江ビール」が飲み放題だった。

日森氏を含む7人だけは、
羊角島ホテルよりもさらに格上の
国賓用招待所が用意された。
それは、
「共和国親善勲章」を授与されたからである。

本誌は北朝鮮当局が撮影した、
この一連のイベントの映像を入手したが、
洪善玉朝鮮対外文化連絡協会副委員長から
メダルを授与された日森氏は、
感極まった表情で、洪副委員長とがっちり握手を
交わした。
すっかりご満悦で「地上の楽園」から帰国した
日森氏
に質した。

――北朝鮮がミサイルを連発しているこの時期に、
   あなたは日本人の国民感情を理解しているのですか?


「国民感情というのは、
 朝鮮へ行ったこともないような人たちが、
 日本という安全地帯でワイワイ話している
 ものでしょう。
 アメリカと日本は『国際社会』と言うけれど、
 国際社会全体がアメリカではない」


――それでは、8月29日に北海道上空を
   越えた北朝鮮のミサイルの脅威を、
   どう考えていますか?


「朝鮮は日本を攻撃するとは言っていない。
 そもそも朝鮮は、過去2000年の歴史で、
 小石一つ日本へ投げたことはない。

 日本は何度も侵略したにもかかわらずだ」



ミサイル開発者と笑顔で対話

もう一人、
「白頭山偉人称賛国際祭典」に参加した元代議士が、
野田佳彦民主党政権時代に
法務大臣の重責を担った

平岡秀夫氏(63歳)である。
  hiraoka2007011305-w.jpg
 (共謀罪新設に反対する平岡元議員)
http://www.anti-tochoho.org/evr/20070131/

'15年5月に政界を引退した後、表舞台から消えた
と思いきや、北朝鮮に現れたのだった。

北朝鮮当局が撮影した映像を見ると、
「革命の聖地」白頭山でも、金正恩委員長の
最大の趣味であるバスケットボール観戦でも、
大はしゃぎである。
極めつけは、ミサイルを開発する科学者や
技術者たちとの対話集会である。
平岡氏は喜々として彼らの説明を聞き、
「交流」しているのだった。

平岡氏にも、訪朝の真意を質した。

――外務省は日本国民の北朝鮮への
   渡航自粛勧告を出していますが、
   元法務大臣がその禁を破ってよいのですか?


「北朝鮮の要人から、
 『(渡航の制限が厳しい)日本と違って
 わが国は、元法務大臣でも入国を
 制限していませんよ』と言われたくらいです」


――北朝鮮のミサイルの脅威を、どう考えていますか?

「日本国民が北朝鮮に恐さを感じているように、
 北朝鮮国民もまた、日本の敵対的な行動に
 恐怖を感じています。
 そして北朝鮮側も、国際社会の理解を得たい
 という想いなのです。
 私は今回、初めての訪朝でしたが、
 そのことが印象的でした」


日本では北朝鮮と違って、
表現の自由も信条の自由も保障されている。
だがそれでも、
よりによってこんな時期に、
訪朝して金正恩委員長を礼讃するのは、
常識外れとしか言いようがない。


「週刊現代」2017年9月16日号より




>そもそも朝鮮は、過去2000年の歴史で、
 小石一つ日本へ投げたことはない。


アホか!
新羅の海賊が日本を襲って
住民を奴隷に連れて行った記録も残っているし
http://blog.livedoor.jp/ussyassya/archives/51975932.html
李氏朝鮮は、男達が漁に出て留守だった
対馬に襲撃、女子供と老人達を襲っているんだよ。

チュチェ思想を妄信するチュチェリアン
歴史を知らなさすぎる!


元社民党の日森文尋氏は
朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会
元議長です。
2014年の朝鮮総聯第23回全体大会で、
連帯のメッセージを送っています

https://blogs.yahoo.co.jp/sakimori777/archive/2014/6/1

よく聞くキーワードが山盛り出てきますね。
彼らの言う、日本の「民主主義」というのは
朝鮮民主主義共和国の民主主義!


★戦後70年、
 日朝連帯運動でさらなる前進を/
 光明星節記念・日朝友好新春の集い

 金正日総書記の業績を胸に
 朝鮮新報 2015.02.09
 http://chosonsinbo.com/jp/2015/02/20150209riyo-2/
「光明星節記念・日朝友好新春の集い」
(主催=同実行委員会)が6日、都内で行われた。
集いには、
朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会の
日森文尋議長、
チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長、
金丸信・元自民党副総裁の政務秘書を務めた
金丸信吾氏、
国際キム・ジョンイル賞理事会理事である
デヴィ・スカルノ夫人

をはじめとする各界の日本人士、メディア関係者、
関東地方の総聯関係者ら100余人が参加した。
(中略)
主催者を代表して、日森文尋議長があいさつを行った。
日森議長は、金正恩第1書記が新年の辞で、
北南最高位級会談の開催について言及したことを
はじめ、朝鮮側が新年に入って北南関係改善に
関する大胆で積極的な提案をしていることにふれながら、
「朝鮮の統一に向けてともに努力することは
 日本の国民の責務である」
と述べた。

(引用ここまで)


 o0720096011991982557_20170911205536a6f.jpg


★「北朝鮮の人は真面目で勤勉」
 だと言い、
 北朝鮮の素晴らしさを伝える
 民進党「初鹿明博」議員のページ

 http://www.geocities.jp/hatsushika_1/






hiraoka0206242_13581398.jpg

国民の税金を使って北朝鮮をマンセーする。
日本に巣食う国懐議員たち。

テロ等準備罪を含む共謀罪を異様に反対する面々は
一体何を恐れているのでしょうねぇ。
http://iwj.co.jp/wj/open/conspiracy-bill


この、平壌に行って
「金正恩委員長万歳!」と叫んだ
2人の元大物国会議員のニュースは
TVは報道しないだろう。


★【北朝鮮拉致】
 横田拓也さん、訪米へ 
 「拉致許さない思い共有したい」

 産経新聞 2017.9.9 23:03
 http://www.sankei.com/world/news/170909/wor1709090042-n1.html


★横田拓也さんら米へ出発、
 拉致問題「埋没させてはいけない」

 TBS 09/11  
 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3153798.html
 news3153798_38.jpg

核や弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、
拉致問題の解決を置き去りにしないよう
訴えるため、
横田めぐみさんの弟、拓也さんと
拉致議連の国会議員らがアメリカ・ワシントンに
向け出発しました。

「いま北朝鮮問題が核・ミサイルという問題で、
 日本はもちろん、世界的に脅威を感じている。
 我々としては人権の問題、拉致の問題が
 (未解決のまま)残っていて、
 この問題を絶対に埋没させてはいけない」

(横田拓也さん)

 横田拓也さんと拉致議連の古屋圭司会長代行らは
ワシントンで13日に開催される拉致問題のシンポジウム
に出席。
拓也さんは姉・めぐみさんが北朝鮮から
拉致されて再来月で40年がたつことに触れ、
「私たちの武器は、言葉しかない。
 言葉で、救出を訴えていく」
と述べました。

 15日までの滞在期間中、拓也さんらは
ニューヨークも訪れ、国連関係者らに拉致問題解決
への協力を働きかけることにしています。

(引用ここまで)



政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 3

弓取り

北のミサイル不干渉 症候群

おかしな元代議士・日本人?2人。日本より北朝鮮が好きなんですね。あの国のどこがいいんでしょう。
帰ってこなくていいのに。日本に居ついて毀日活動&外患誘致な活動をすることに生きがいでも感じているのかな。

世界を見渡して普通に判断すれば、北朝鮮が最上位に来ることはよもやありますまい。冷静な比較、判断をできないほどに血が騒ぐなにかがあるとしか思えません。

>「朝鮮人民は、金正恩委員長の卓越した指導によって一心団結し、核武力建設を発展させ~」
「一心団結」って北朝鮮の民意を聞いたことあるのでしょうかね。
民主主義を理解して言っているとも思えず、おべんちゃらも皮肉も通り越して、カルト宗教にひつこく勧誘されたときの気色悪さを思い出させます。北朝鮮一心教とでもいうべきか。韓国向けには「韓流優遇教」があったりしてね。

なぜこんな時期に?と問うまでもなく、六韜でしたっけ、「無能な使者を歓迎せよ、そうすれば無能な人間を優遇し、その国は亡びる。」とうことで、「愚かな社会主義に名を借りた主ちぇ思想妄想者は盛大にもてなせ」ということですね。

「無能な使者」は滅びた社会党、社民等、民主党、そしてこれを恣意的に報道したりしなかったりのマスメディア。
優遇される「無能な人間」を日本に当てはめれば、メディアお抱えのタレントパヨクや、前川氏みたいな行政の中の一部の人かな。

善良な一般の日本人が、「日本人」の彼らを自由行動させていることは、間接的にキムジョンウンに核ミサイルの開発を助けて祝辞を述べてマンセーしているのと同じになってまう。
パチンかすの人たちも同じです。
(コメント弾かれまくりです。なにが禁句なんだろう?北朝鮮への忖度か(笑))

2017-09-11 (Mon) 22:31 | EDIT | REPLY |   

sakada

あの万歳お二人さんと、寺島実郎さんのことなら相手にしない方が良いさ。彼等は、30年前と今の日米関係を言及しない。

つい10日前からの安倍総理とトランプ大統領の頻繁な電話会談が、民主主義国家の証しである国際正義に基づいた先進国の首脳電話会談でも「異常な事態」で在る事を認識出来てない。

肝心の文大統領は蚊帳の外で在る事も分っていない、電話したら青瓦台大統領執務室の電話から国際電話で駄々洩れだ。

今の日米関係は、75年前のアメリカとアメリカ最大の同盟国であるイギリスとの関係図にそっくりだ。27年前の湾岸戦争でも多国籍軍の柱はアメリカとイギリスだった。

実は、太平洋戦争後期は南方戦線からイギリス軍の反撃がインパールを境に過激に為っていた、沖縄の不発弾(5インチ艦砲弾と爆弾)の多くがイギリス製で在り、アメリカの内地空爆もイギリス製爆弾が多投された。対米戦争のはずが、実は対米英戦争に発展していた。

その米英関係が、地球の半分が米英関係から米英日三ヶ国軍事同盟に為っていることに注目しないといけない。先日、メイ首相が来日した理由がそれ(国際表明)と想っているさ、習主席が思いもしない事態だった。メイ首相は、早ければ来年度に南シナ海に最新鋭空母を派遣すると表明した。

その米英日三ヶ国軍事同盟化が進捗していることに現実視線が無い寺島実郎さんたちは、そしてサンデーモーニングのお仲間さんたちは、序に日本共産党志位委員長や社民党やリベラル派や芸能界セレブは口を揃えて叫ぶ決まり文句が、安倍総理は北朝鮮と核開発問題に対して「話し合いするべきだ」と言う妄言だ。

逆によ、自分が金正恩氏の立場に立って「日本との話し合い」を検討する場合は、今の米朝間の罵り合戦が北朝鮮にとって都合の良い着地点を日本が見せて保証してくれないと何も意味が無いことが分かっていないさ。

さらに又逆に言えば、北朝鮮の核開発断念は中國の経済制裁次第だと言う指摘も的を得ていないさ、目の前のことしか見ておらず全体像=戦略が何も無い。

金正恩氏と言う危ない火中の栗を拾う中國に対して「(経済制裁圧力強化)早よやれっ」と言っても、習近平氏にとって制裁後の(中國にとって都合の良い)着地点をトランプ大統領と安倍総理とメイ首相が見せてくれないと、保証しないと中國が一番馬鹿を見るじゃないか。

大事なのは単なる日朝間の話し合いではなく(何を話すのか分からない或いは手土産もない「日朝会談」や)、在り得ない「米朝会談」を在り得ないと分かっているから(実現できないと知っているから)安心してリベラル派が「話し合い」をしろと安倍総理に要請しているが(それが、リベラル派は自分達の義務と想っているようだが、肝心の金正恩氏の気持ちはまったく察してはいない)、アメリカ・日本・イギリス・中國・ロシアの五カ国間の「北朝鮮の着地点=金正恩氏の期待を裏切る独裁政権崩壊後の北朝鮮経済復興支援国際連携会談」と言う、72年前のポツダム会談と同じ機能を持つ会談を開催することが重要だ。

ポツダム会談の様な姿勢を示さないと金正恩氏は言うことを聞かない。金正恩氏が一番恐れているのはアメリカではなく、北朝鮮国民2400万人の反発だ。そう言う「五カ国間会議」の着地点が北朝鮮に漏れたら民主クーデターさ。

また、その様な着地点戦略がないと中國が民主主義国家の提案に乗って来ないし、そう言う五カ国間首脳会談にしないなら中國がアメリカと、ロシアがアメリカと、中露が国益を懸けて尖閣諸島と北方四島に対してアメリカと密約を条件に掲げて来るさ、その蓋然性が在るではないか。そしたら、日本が最期に馬鹿を見て世界の笑いものに為るじゃないか。

対北朝鮮話し合いは、もう過去のものだ。話し合いの対象にも為っていないISよりも、非道行為の四乗をやっているのが北朝鮮の核攻撃恫喝政策を執る金正恩政権だ。

そう言う、北朝鮮と言う国民弾圧までも勤しんでいる共産主義独裁政府がこの世に存在する価値など無いさ、自由民主主義国家は金正恩氏の後で人権蹂躙されている北朝鮮国民2400万人を救う義務が在る。話し合いで国民弾圧独裁国家を護持させる今のリベラル派の戯言は言語道断だ、彼等に人権意識などないさ。


2017-09-11 (Mon) 22:43 | EDIT | REPLY |   

最近好調な馬券師

怒り

欧米では日本人をして妖精と表現されることはよく知られていると思う。
方やアジアでは、本気で切れた日本人は恐ろしいと伝承されているらしい。

いざ国難ともなれば、普通売国奴という“物”は国家権力からだけでなく、市井の人々からも粛清の対象として狩られることとなる。
歴史を紐解くに洋の東西を問わずありふれた話であはある。
日本人は稀に見る、卑劣・卑怯・穢れを特に嫌う民族である。
怒りの頂点と有事が重なろうものなら、それは穢れた“物”にとって凄惨な結末を招く者となるのではなかろうか。
朝鮮脳は如きでは、事が起きれば畳の上でタヒねなくなる立場であることを認識出来無いのだろう。
外患誘致罪の名の下国家権力の手で絞首台送りか、それとも戦時国際法のベールに包まれて投げつけられた石と共に闇に消えるか…。

2017-09-12 (Tue) 00:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply