韓流研究室

ARTICLE PAGE

朝日新聞が「反小池」に続き「石破切り」か

★朝日新聞が
 「反小池」に続き「石破切り」か

 アゴラ 2017年09月09日
 
http://agora-web.jp/archives/2028219.html
  isibaNLaL5Ox.jpg

朝日新聞は、どうしてこうも連日ネタを
提供してくれるのだろうか。
先日、小池都知事との距離が急速に広がり、
社説で「反小池」路線に舵を切り始めたことを
指摘したばかりだが、今度は加計学園問題での
党内安倍批判コメンテイターとして
使い倒してきた感のある石破茂さんを
社説で名指しして強烈に批判し始めた。

(中略)
朝日新聞は、どうやら、石破さんがこのほど
「非核三原則」見直しを言及したことで
アンチのスイッチが入ったようにみえる。

(社説)北朝鮮問題、どう向き合う 
 非核三原則の堅持こそ:朝日新聞デジタル
 

 核実験をやめない北朝鮮の脅威にどう向き合うか。
 自民党の石破茂元防衛相が、非核三原則の
 見直しに言及した。
 「米国の核の傘で守ってもらうといいながら、
  日本国内にそれ(核兵器)は置きません、
  というのは本当に正しい議論か」
  問いに答えるなら「正しい議論だ」と言うほかない。”



あー、そうですね。
社説の書き出しから石破さんを名指しし、
徹頭徹尾こき下ろしている。

思えば、両者の“蜜月”
つい先月まで続いていたとは信じがたい。

振り返れば、朝日新聞は、国会が閉じ、
加計学園問題の報道がピークアウトした
夏場になっても石破さんにスポットライトを
当て続けてきた。


「民進党代表選を問う」と題した5回連載では、
自民党側を代表するコメンテイターとして
石破さんを指名して第4回で掲載している

(中略)
おそらく朝日新聞の社内の空気としては
その時期までは「ポスト安倍」に関して
“石破推し”が主流だったに違いない。

しかし護憲リベラルの本山である朝日新聞と、
政界きっての軍事通の石破氏は、
元々水と油のようなもの。
「反安倍」という一点のみの
利害一致という
危うい関係性であることは

先月、アゴラで八幡和郎さんが喝破していた。
そして今回、案の定、非核三原則の件をきっかけに、
石破さんがまさに「見捨てられる」方向になろう
としている。

(中略)
結局、朝日新聞にとって、小池さんに続き、
石破さんの“利用価値”がなくなろうとして
いるように見える紙面構成であった。

(引用ここまで)




まっ、そんなモンでしょ。

ただね、
石破氏の「非核三原則」見直しについては
「有事の時の議論は冷静さを欠くから
 平時の時に議論すべき」
「議論をする事を止めてはいけない」

という部分は正しいと思うよ。
でも、その平時は過ぎているけど…

護憲派は、議論をする事さえ許さない。

北朝鮮の核は容認しろ!と言いながら
石破議員が核シェアを言い出したら
速攻で石破切り!


解りやすいスタンス。

アベ打倒のためなら何でも利用する、
ある事無い事報道してダメージを与える
「反安倍」ならだれでも利用する
というメディアの節操の無い姿勢が、
結局は判官贔屓に火を付ける
逆方向に向かっているのだから。

反日の朝日新聞が”推す”なら危険とwww

Twitterで拾った爆笑コラ

  abeDJNMwxMXgAE4P-Y.jpg




今日の日本テレビ【ウェークアップぷらす】
第二次朝鮮戦争の危機前後の
93〜94年のクリントン元大統領が
核開発を始めた北朝鮮に対して
核開発施設への空爆という軍事攻撃か
外交による対話か
難しい選択を迫られた時の話を
映像と当時の政治家の証言を交えて
丁寧に解説していた。



韓国の金泳三大統領が反対して
空爆計画は中止。
この時の、対北朝鮮の「平和的外交」の
対話路線の判断が「クリントンの失敗」となり
(まあ、韓国攻撃の被害想定に踏みとどまり)
食料や石油支援などで懐柔したつもりが
金日成は隠れて核開発を続け
金正日はテポドンを開発して打ち
オバマ大統領の「戦略的忍耐」という無責任な放置で
金正恩はISBMに水爆実験…と最悪の事態に。

金泳三の側近
「金泳三は、あの時の判断は失敗だったと
 後悔していた。」


こうやって金日成時代から振り返れば
今の日米韓の行動の意図がきちんと見えてくる。

小野寺五典防衛大臣
「北朝鮮と対話をし
 何か支援をしようと言っても
 それを逆手に取って能力を高めていく
 とすれば、経済制裁をやって
 方向転換させていく。
 その過程で何が起きるかわからない。
 その時のために防御を固めて
 万が一のときでも日本を守れるようにしていく」



北朝鮮の核容認論について
辛坊アナ
「アメリカ国内にも北に核を持たせる容認の動きが
 出始めている」


小野寺大臣
「それは、ごく一部の話しだ」


北朝鮮を緩衝地帯として残したい中国とロシアが
外交的対話路線なのは
北朝鮮の要求を丸呑みする必要のない
核保有国ならではの「対話」であって

THAAD配備に反対する中国が
経済的嫌がらせを徹底的に行う巨額損失の中
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/09/2017090900436.html
韓国の文大統領が選挙公約破りの
THAADの追加配備に
「政府は韓半島(朝鮮半島)において戦争を阻止し、
 国民の生命と安全を守るため
 THAADの臨時配備をこれ以上先送りできない
 との結論に達した」
「北朝鮮が核とミサイルの技術を徐々に
 高度化する中、われわれはそれに対する
 防衛能力を最大限高めなければならない。
 この点については
 国民の皆さんにも理解を求めたい」

という声明を出す決断をしたのも
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/09/2017090900420.html

安倍首相が「アメリカのポチ」と言われようが
駆けずり回って各国を説得するのも
今朝の小野寺防衛大臣が説明したように
悲しいかな日本と韓国には、
北朝鮮の経済制裁強化を進めて 
方向転換させていく手立てしかカードが無い。
中露が反対して効果が薄れるとしても
時間稼ぎでも何でも
その間に自国防衛を強化していくしかない。





【櫻LIVE】第255回 - 小野寺五典・防衛大臣 × 櫻井よしこ


【特定秘密保護法】
小野寺五典大臣
「秘密保護法を議論した際、
 相当世論から叩かれたが、
 今有効に機能してる。
 この法律のお陰でNSC(国家安全保障会議)で
 各省庁(外からも)が持ち寄った情報を共有でき、
 安全保障上かなり機能してる。
 NSCで議論してる内容で、
 入ってる情報量はかなり上がっている。」



【安保法制】
小野寺五典大臣
「この法律のお陰で、日米連携して
 今ミサイル対応がしっかり出来てる。
 ところが成立過程で国会前では大騒ぎ。
 そういう方々が逆に今、
 日米しっかり連携してミサイル対応を
 ちゃんとやれと。
 最初は理解して貰えないが時間が経てば
 この法律は必要だったと。

 戦後日本はこの繰り返し…」





バカバカしいニュース
★【北朝鮮】「ミサイルは
 アントニオ猪木が止めてる !?」 
 猪木氏訪朝に一縷の望み託す声高まる

 政経ch 2017/09/09/ (土)
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-38531.html


9/11の国連制裁決議の結果を
様子見しているだけでしょ。

日本メディアはアントニオ猪木の訪朝しか
報道しないのだが


★平壌訪問の猪木氏 
 前北朝鮮外相と面会

 聯合ニュース 2017/09/08 20:27
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/09/08/0300000000AJP20170908005000882.HTML
同通信は、
朝日友好親善協会顧問
 李洙ヨン党副委員長が
 猪木参議院議員ら一行と面会した」

と短く報じた。


★在日本朝鮮人祝賀団が平壌へ
 アジアン・リポーターズ 2017-09-06
 http://asian-reporters.com/zainichi_sokokuhomon/
kita5556d9519684c3ed15ef6478d1b082.jpg
(中略)
在日本朝鮮人祝賀団、在日本朝鮮民主女性同盟、
在日朝鮮青年同盟、在日本朝鮮留学生同盟

団体がせっせと平壌に通って
北の暴君を称えているわけですよ。

(全文はリンク先で)


北朝鮮建国69周年記念の祝いに訪朝中の
在日チュチェリアンの皆さんが
(日本人チュチェリアンも訪朝しているかもね)
何をお土産に持って行き
どんな指令を持ち帰るのかは知らないが
まずは、
”マスゴミによる世論誘導”なのでしょうねぇ。
沖縄の米軍基地反対闘争強化
韓国のTHAAD配備反対派プロ市民との
共闘強化でしょうねぇ。

新冷戦時代か?レッドチームの動き↓


★北朝鮮建国記念日 
 「最先端武器さらに作るべき」
 …露大統領が祝電

 中央日報 2017年09月09日13時07分
 http://japanese.joins.com/article/248/233248.html?servcode=500§code=500&cloc=jp|main|top_news


★習近平も北朝鮮核めぐり
 独・仏と相次ぎ“電話外交”

 日朝協会「京都府連合会」 2017.09.08
 http://blog.goo.ne.jp/niccho_kyoto/e/4f50449b527c2b79256d1fba1efdf88c





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

>★朝日新聞 「反小池」に続き「石破切り」か

朝日の「切り」ってのは、北朝鮮の日常茶飯事で在るセレブの見せしめ公開処刑みたいなものです。公開することで、朝日新聞社指針社是に背いたら誰でも処刑を免れないと公に恐怖のメッセージを送ることが出来る。

民主主義国家でメディアの為政者に対する姿勢は、立憲主義ゆえにどの国も為政に普遍的な批判姿勢が在る。

然し権力の番人メディアとして、自由民主主義を守る為に政治の監視役メディアとして、度を過ぎた何でも有りのフェイク捻じ曲げ多投の批判姿勢は「偏向」だと揶揄される指摘が出て来る。

その良くないメディアの象徴が朝日と毎日と琉新と沖タイであり、四社は事実を発信するメディアの鉄則を踏み躙って、事実を会社の指針社是の秤に掛けて報道で社の思想を優先させることに懸命になっているのは、批判が読者に支持されて信認を得ると我が勝手に錯覚して、自ずと新聞社が或る種の政治勢力に変貌するからだ、メディアを超え自分が政治権力者に成る、どの新聞でも起こりがちな英雄主義がやがて報道の癌になる。

とくに、為政者がメディアが歓迎する様な政治家に交代したら(田中角栄氏や鳩山由紀夫氏を超える事例は知らないが)、その人が退陣したら逆の局面に為りやすい政治史の事実が在る、「メディアとは、新為政者を拍手で迎え、退任時は罵倒して追い出す」のが民主主義国家の普遍的メディアに共通する矜持が在る。

今、「反小池」「石破切り」が朝日に拠って、そのメディアの有罪一審判決の段階として現れた。そう言うメディアって本当のメディアなのだろうか、メディア自身が既に志位的な政治権力に為っている。

残念だが、民主主義国家の普遍的メディアに政治家が抵抗しても、メディアが志位的に醸成させた「民意」には勝った試しがないのが事実だ。それが判り切ってるから朝日が全国のメディアに志位的にメディアの背信的な手本を示している。

その、報道の癌の象徴である朝日の東京本社ビルの前には、日本の癌手術で最高の築地国立中央がんセンターが在り、一度に10人ほどの癌摘出手術が出来て、その患者の家族の手術待合室の壁の上部には10台以上の手術実況中継大型TVが据えて在り、各々の手術の進行度合いを家族が真剣に見つめている。

朝日の東京本社ビル社員も、一度に10人程度も癌摘出が出来る病院が目の前に在るなら、懺悔して一度活用したらどうなんだろうか。

あの癌病院の最上階には、一泊50~150万円ほどの日本のセレブ専用の病室が在るが国立なのに誰も取材が出来ていない。

朝日は目の前に在るのだから一度ぐらい医療の夢の世界を潜入取材したらどうなんだ、昨年8月に朝日のお仲間が沖縄高江米軍基地内ヘリパッド工事現場に潜入取材=ボーダーラインを越えてしまった極左の写真を全国に拡散した事例が度々在ったではないか。

いま、ビザなしに国境を越えた写真拡散問題で琉球新報と沖縄タイムスは新聞協会で苦境に陥っているから、朝日は2紙に赤い赤い真っ赤な同志のエールを送って頂戴な。

9月、今さら驚く話じゃないが、やっぱり驚くべきメディアが遂にネガティブの本性を公に現した(個人金融業界で言う個人属性信用調査評価でブラックを超える評価が、ネガティブで在り生まれつきってやつだ)。

例の、琉球新報と沖縄タイムスの要人の社方針談話が、揃って日本共産党の赤旗(日本共産主義者風に発音すると「せっき」)第一面に載った。とうとう、2紙は日本共産党の機関紙に成り下がったのだろうか。

自由民主主義国で世界初の出来事だったが、朝日と毎日は沖縄メディアの赤化変節振りを取材しない侭でいるのは何故なのだろうか。

我々自由民主主義社会の権力の番人である自由民主を標榜する大切な存在であるメディアが、なぜ「自由民主主義と資本主義を否定する共産主義」勢力である日本共産党と手を握り合う反日本社会的な行動をを執る必要が在るのだろうか。

琉球新報と沖縄タイムスは、共産主義独裁国家の中國と北朝鮮のメディアが自由民主弾圧独裁為政側そのもので在る事実を承知の上で、日本共産党に入党したと恣意的に国民から揶揄されてもしょうがないじゃないか。


数年前に、普天間飛行場周辺に住むおっさんが海兵隊ヘリが住宅地上空飛行の際にレーザービームを照射した事件が在り逮捕されたが、事件報道の片隅に犯人の自宅玄関に(ソ連共産党当時の)赤い小旗が表札代わりに据えて在ったと載ってたが、メディアはそれ以上突っ込み取材をしなかった。日本で、驚くべき行為だった。

表札代わりにソ連共産主義者を象徴する赤旗を差すのは、ソ連共産主義者の特徴で在り国際的にありふれた80年前のコミンテルンの共通事項だ。

その矜持と動作を見抜いたのがヒトラーで在り、後のドイツ国内のレッドパージと言う大きな成果を上げることに成った。

ところが、コミンテルンは表札を張り出して地下に潜伏してしまいナチスの摘発を逃れることに切り替えた、イデオロギー闘争よりも命が大事だ。

しかし、ひときわ目立つその真っ赤な旗が、上り旗が、辺野古ではためいていた。その真っ赤な旗の持主は沖縄タイムス労組で在り、真っ赤が沖縄タイムス労組のシンボルカラーで在り、会社と労組の行動指針が反米軍基地と反自衛隊で一致するのは珍しい事例だ、その辺りから沖縄タイムスを研究すべきなんだ。

5年前、沖縄タイムスの若い社員3人と飲食の機会が在った。さすがに沖縄の知識エリートで在り、若いのに社会生活の言葉使いも礼節も情報分析も須らく板に付いている人間性に感心した、元々の人的素材が良いのだろう。

そう言う優秀な若者が、だんだんあの様な志位的な記事を書き出す非常識な人間に変節するのが、どうしても不思議で堪らなかった、生活の為なんだろうか。

また、戦後のコミンテルンも日本に於いては共産主義者が保身上で地下潜伏するのが当然だと想っていたが、80年前のソ連共産主義者の風習が普天間に現出していた。

家屋でゴキブリを一匹見付けたら五匹いると見做されている、出た一匹を捕えても意味が無いってことだ、ゴキブリは繁殖力がずば抜けているさ。

共産主義思想に対して、特にドイツとアメリカと日本の反共産主義思想は第二次世界大戦前から、資本主義を否定した共産主義を目の敵にしていて、戦後の3者とも復興の国益は資本主義と民主主義を否定する共産主義叩きに在ると国是をともにした。 

だ か ら 、アメリカが日本に天皇制度温存間接統治手法を決断した。なぜなら、日本とアメリカが共有する国益の為に日本国体護持をさせないといけない。

ポツダム受託の10日後に、フィリピンで日米両政府の日本戦後復興案がサンフランシスコ講和条約草案協議前に独自に合意されたが、別途にGHQマッカーサーの要請で、直ちに日本政府内へ日本国内の共産主義者炙り出し特務機関が設置されて、その後の大型レッドパージ成果に繋がった。

その、摘発実働部隊は責任者の名前をとって〇〇機関と後に称せられた。その責任者とは、マッカーサーが推薦した英語が堪能な(フィリピン会議で日本側代表の)元陸軍将校だった。

レッドパージのその後の動静は知らないが、日本共産党の綱領第五章を拝読すると全く日本共産党の行動指針に変化が無い。

ゆえに、2016年春の予算委で日本共産党が警察庁の365日監視化を解除する様に正したが、警察庁長官が「党が(社会暴力革命指針を)変えていない以上(解除)しない」と答弁した。

その様な日本共産党の、むこの大衆宣伝用機関紙である赤旗(せっき)に、自由民主資本主義法治国家の護持精神で溢れる新聞の一員で在るはずの琉球新報と沖縄タイムスが、あろうことか墓場のマルクスがアッと驚く悍ましい変節をなしたのは、3000年に一度の2016年4月熊本大地震の様な何かの不吉な前兆なのだろうか。


>韓国の文大統領 選挙公約破りのTHAAD追加配備

アメリカもロシアも中國も、そして日本もサードが無力化出来る新たな次世代長距離弾道弾の開発研究に懸命に為っているので、最短で5年以内に先ずアメリカが実現させるだろう。

つまり、サードの賞味期限が5年で在るので中國は既存のICBMが撃墜されたくなかったら、早よっ新型弾道弾を開発するべきだ。自衛隊は来年度の予算請求に、その世界が躍起になっている2種類の新型長距離弾道弾研究費用を数十億円計上してる。

自衛隊が今年から明確に、国防範囲戦略を拡大している方針を昨年までの様に包み隠さずに為っている。

その一つが、自衛隊が今年6月から暫時導入している次世代世界最高ステルス垂直離着陸機F35ライトニングで、日本が2個隊40機態勢にすると言う計画だ。

今迄世界最強だった戦闘機F15イーグルが(かつ、全世界のあらゆる戦闘機が)ライトニングに無力化されてしまう。今、次々進水している海自新型揚陸艦はオスプレイとF35が垂直離着出来る耐熱甲板仕様だ。

それが2個隊なら、4隻の新型揚陸艦が搭載出来ることに成る。つまり、例えれば東南アジア諸国アシアン主要6カ国相手に、日本の揚陸艦航海戦術で軽く殲滅されてしまうことに成る。

そう言う海自揚陸艦隊が東南シナ海やインド洋を、自由にうろちょろ遊覧航海したら不快に思う国や嬉しく想う国が出るだろう。特に中國の場合は南シナ海やインド洋と言う中國のシーレーン護持体制が日本により無力化されるので危機感満載の国家存亡の一大事に成る、日本は〆の一大事業に成る、その〆が実現する。

一般に、東南シナ海の様な狭い海域を制圧するのは空母戦略は揚陸艦戦術に勝てないと示されている。それを、フォークランド諸島紛争でイギリスの亜音速垂直離着陸機がアルゼンチンのマッハ戦闘機を島嶼上空で機敏に次々と撃墜したことで証明された。

もっとも、イギリスの当時世界最新鋭の合金製巡洋艦がアルゼンチン空軍の(フランス製の初の対艦巡航ミサイル)エグゾセ1発で炎上し燃え尽きて沈没した事例や、アルゼンチン海軍の最大の戦艦が出港した途端に沖で待ち構えていたイギリス原潜の魚雷1発で沈没させられた事例が在った(潜水艦で海域航行を担保させないと海戦略は破綻することを証明した)。その、フォークランド紛争の交戦が今の海戦術の基本に為っている。

それまでの対艦戦術はマッハ戦闘機で海上10m高度で低速飛行して、そのまま敵艦に爆弾を投下すると言う危険な神風戦術(しんぷう)だったので(当時は対空射撃管制レーダーが在ったとしても、艦隊を組んで居たらレーダー波が味方軍艦に当たり乱反射して役に立たん)世界がフランス製対艦巡航ミサイル購入に殺到した。

いま、世界の海戦術は使用する巡航ミサイルの着弾精密さは日本が一番だ、着弾誤差が数十センチ以内と推測されていたが実際は数センチだろう。

その自衛隊の戦闘機に、射程距離が2倍の300キロの長距離対地巡航ミサイル(300キロ先と言う、相手機が観えない位置から撃つので射撃後の避難に余裕が在る)を搭載すると防衛省が7月に発表した。

専守防衛の自衛隊戦闘機に搭載する長距離対地巡航ミサイルが撃つ国はどこなのだろうか。然し、専守防衛の範囲を超える戦闘機材の日本配備をトランプ大統領が承認している事実が在る。

搭載する戦闘機が後でライトニングに為ったら、敵国は日本と「話し合い」に務めるしかない。更に、次世代超長距離弾道弾も自衛隊が保有したら、日本が逆に恫喝しなくても中國が「謝謝 我爱你」と言い寄って来ることに成る。

そして第二に、9月に防衛省が新型護衛艦の概要を公表した。中型護衛艦だが、フリゲート艦に掃海艇機能を持ち合わせた世界初の艦隊が東シナ海で遊覧航海することに成る。

自衛隊の掃海能力は世界一で、日本人は機雷を手で触る特技が在るさ。この掃海艇機能付き戦闘艦は世界が殺到する名艦に成る、掃海艇は機雷対処ゆえに木造船で速度16キロ程度だが、海自最速のミサイル戦闘艦は時速80キロ(目盛りは90キロ迄刻んで在る)で機動力が世界一だ。

この世界初の次世代掃海能力戦闘艦は海戦110年余の経験日本の知恵の結果なんだ、中型とは島嶼戦闘を念頭に置いていることに注目しないといけない。

いま中國が来年度進水予定で各々2隻の空母と揚陸艦を建造中だが、軍事面に限り近代機能と近代戦略そのものが日本に30年遅れている、つねに日本が中國陸海空三軍の先を走っている。

そして、中國や北朝鮮や韓国の様に、新たな戦闘機材は構想の段階で国はメディアには流布しないものだ。日本の様な民主主義国家は、実現が確定してから国民に新たな国防態勢を周知させるのが常識なんだ。

その常識に背いた国で一番最重要の軍事機密の事前周知を、あろうことか外国に為しているが北朝鮮で在り、そう言う北朝鮮と言う、尋常ではない国が言う真実の暴露なんて、第二次世界大戦前から戦後までの事例は共産主義国家の志位的なプロパガンダであることを想い出さないといけない。

そう言う国は、そうでもしないと、外敵と位置付けた外国に敵愾心を持たせることで、その様に国民を騙し続けないと、独裁体制を揺るがす自由民主を求める民意が醸成されて、やがては消滅したのが世界史なんだ。

2017-09-10 (Sun) 11:57 | EDIT | REPLY |   

弓取り

北朝鮮を信じる人は救われない

北朝鮮との外交戦では、世界中の国々がダマされ続けました。時間かせぎの誤魔化し口約束ばかりでした。
関係主要国の元首、大統領が愚かだったのです。しょせん自国に実被害が及ばないと本腰をいれて考えもしなかったでしょう。
一番の脅威を感じるべき日本は、残念ながらアカ日らのGHQの呪いをそのまま受け継ぎ、解放されたアカの扇動に日本国民はまんまと乗せられてきたのでしたね。

北朝鮮は平和を愛する国でもないし、信頼できる国でもありません。それでいて、地道な国民の技能向上、産業育成には何もできないのです。そのつもりもない。
このまま好き勝手にさせていては、核は格安で世界に出回ります。テロリストが手にして、どこかで使うことでしょう。それは、日本よりも欧米中近東の可能性が高いと推測します。日本を破壊してもメリットないし、そのときこそ、北朝鮮は潰されます。
世界は、極東のどうでもいい国くらいに見ていた北朝鮮の核を自分たちが見舞われることになりかねないのです。
日本ももちろん他人事ではありません。他国を批判できません。アカにまんまと騙されたり、正しい判断ができなかったのですから。

日本人の多くが、記事にあるオバマやキムヨンサンと大差なし、国内のテレビやメディアでお馴染みの「田原」「鳥越」「青木」「伊藤」「金子」「小林」などなどのメディアの道具に騙され続けてきたのです。
石破もそうなりかけました。
なんで、彼が非核三原則についてコメントしたのか謎です。でもまあ、彼は自民でも冷や飯食って余生を送ってもらうよりしょうがありませんね。

2017-09-10 (Sun) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply