韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国人投資家が皇室ゆかりの日本の古寺・円満院を60億円で買収!?宗教法人のメリット生かし節税対策

★中国土豪怒砸60亿收购日本千年古寺
 
http://mp.weixin.qq.com/s/JAabPFF8hBl_1h1XUtIqUg
tera640.jpg

(中略)
仔细研究中的中国豪客
tera641.jpg

PS:60亿为日元(笑)

(引用ここまで)


上海東和クリニック勤務の日本人中国伝統医学医師
■藤田康介@mdfujita
 
https://twitter.com/mdfujita/status/903852440667136001
 へえ〜、中国人投資家が60億円出して
 日本の古寺を買収するんだって。
 上海の不動産価格からすると安いかもね。


https://twitter.com/mdfujita/status/903852905219858432
 宗教法人としての節税のメリットを
 活かすためらしい。

 さすが中国の富豪、色々考えるなあ。






★大津市・円満院の重文を落札
 /宗教法人が10億超で

 2009/06/01 13:37
 http://archive.fo/A0zJH#selection-381.0-384.1
大津市園城寺町にある平安時代後期創建の
門跡寺院「円満院」
の国の重要文化財「宸殿」や、
名勝・史跡指定の庭園が
大津地裁で競売にかけられ、滋賀県甲賀市の
宗教法人が約10億6700万円で落札していた

ことが1日、地裁への取材で分かった。

 大津市文化財保護課は
「寺が重要文化財を競売にかけるケースは珍しい。
 適切な保存に努めてもらいたい
」としている。

 大津地裁によると、落札されたのは
宸殿や美術館など9棟と、庭園を含む
敷地約1万4千平方メートル。
競売は4月23日に公告され、売却基準価額は
1億4964万円だった。
応札したのは宗教法人だけで、5月26日に落札した。

 地裁は今月2日に売却許可決定の可否を判断し、
利害関係者の異議申し立てがなければ、
10日に確定する。

 円満院は墓地経営などで多額の負債を抱え、
1997年に狩野派の絵師が描いた宸殿の
ふすま絵を売却。
これまで土地と建物も競売にかけたが、
不成立に終わっていた。

 宸殿は桃山時代の典型的な書院造りで、
1647年に京都御所から移築されたと伝えられる。

(引用ここまで)


★円満院競売成立について
 気になる記事

 2009-08-25
 http://mittsu.hatenadiary.jp/entry/20090825/p1
円満院の所有権移転 甲賀の宗教法人に 
競売が成立


大津市園城寺町の門跡寺院「円満院」の
重要文化財「宸殿(しんでん)」を含む
建物や土地約1万4000平方メートルが
競売落札された問題で、
土地建物の所有権が21日までに、
落札した
滋賀県甲賀市水口町京町の宗教法人
大岡寺に移転し
、競売が成立した。
円満院の土地建物の所有者が変わるのは初めて。
文化庁によると、
「重文の建造物が競売落札され、
 所有権が変わるのは異例」という。

 大岡寺関係者によると、
大岡寺は5月26日、売却基準価格の約7倍の
約10億6000万円で土地建物を落札。
円満院への債権総額が
落札金額よりも大きかったため、双方を相殺する
「差引納付」で代金を納付した。
さらにこの競売に対し、ほかの債権者が配当を
申し立てたため、大岡寺側は8月18日までに
配当相当額を大津地裁に現金で納付したという。

登記移転の手続きを経て、20日に成立した。

(引用ここまで)


★宗教法人各宗連合仏教会
 円満院の有価証券報告書
 (開示文書)一覧

 https://toushi.kankei.me/c/8903
大量保有報告書  2009年  

 株式会社サハダイヤモンド



★サハダイヤモンドの不正発覚
 2015/12/11
 http://minkabu.jp/blog/show/732372
サハダイヤへの、この宗教法人の株式大量保有は、
今に始まったことではない。この「慈照会」とか
「宗教法人各宗連合仏教会円満院」といった
宗教法人の名を借りたマネーゲームは
昔から行われていた。


 今日の届けは、
宗教法人らがサハダイヤモンド他の株を
仲間内で売ったり買ったりし、
昨年末に、サハの所有株割合が
届出必要レベルにまで「慈照会」の持ち株
増えたから、年を越して今日、届け出ただけ。

 「宗教法人の株取引」は、
こういう「宗教法人名義」を使いたい連中ばかり
ではなく、ちゃんとした大手の宗教団体なども
資産運用としてやっている。
中堅規模で由緒もある関西系の宗教団体などは
相場上手で知られ、莫大な利益をあげている。


 しかし、
このサハダイヤモンドに絡む怪しい
(実体さえ知れない)宗教団体の行為は、
まともな宗教団体のやっている「投資」ではなく、
仕手行為であり、こういう連中にも、
法人税の優遇があるのかと思うと
バカらしくもなってくる。

(引用ここまで)





★「出家詐欺」と「非活動宗教法人」。
 2014/5/15(木)
 https://blogs.yahoo.co.jp/namoamidabutsu18/64358621.html
多重債務者を募り、得度させて
法名に改名すれば、別の人間になる。
そして住宅ローンを組ませてそれを搾取し、
“出家者”にも分け前を与える。


この詐欺事件の片棒を担いでいたのが
活動実態のない宗教法人で、住職が逮捕されている。
顔と実名が明らかにされていたが、
この住職はかつて
三井寺山内にある円満院門跡の門主をしていた
三浦道明と、同名を継いでいる長男であった。


三浦道明(2代目)容疑者は円満院を舞台に、
親の代から水子供養事業に乗り出したが
多額の債務を抱え込んだようで、
円満院にあった文化財は借金のカタに取られ、
挙げ句の果てには円満院の伽藍そのものが
競売に掛けられたりしている。

結果、円満院を追われた三浦住職は、
すぐ近くの定光坊なる寺院に逐電していたようだ。

(続きはリンク先で)


★三浦光道と三浦道明
 http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-7873.html
(引用開始)
逮捕されたのが三浦道明?
三浦道明と言えば、
大阿闍梨三浦道海の息子で、
門跡寺院の圓満院の56世をやっていたが、
多額の負債を発生させるなど、
数々のトラブルで寺門派から
排除されたおかたです。
生前戒名や出家ビジネス、水子供養などの
アレな商売をはじめたのもこのかた。

…が、2004年9月に69歳で遷化されたはず。

(中略)
調べると、長男の光道氏が、
最近よりにも寄って親父の「三浦道明」を
なぜか名乗ってるらしい。
師から受けたはずの僧名ってそんな簡単に
コロコロ変えれるの?
しかも師であろう父の名前をそのまま名乗るとか、
普通じゃないと思うのですが。
つまり、今回逮捕されたのは、
どうやら長男で三浦光道として知られた人物
であるようです。
(戸籍から今回の詐欺と同じ手法で
 変えてるのだろうか?)


ちなみに円満院のほうは、
57世が三浦家とは関係が無いという
奥野秀道氏となっているようです。

三浦家のほうは、宗教法人両願寺など作り
別個に活動してきています。

(引用ここまで)


★戒名ドットコムと本寿院と
 三浦尊明住職と円満院門跡(単立)
 三浦道明大僧正と
 総本山龍王山大岡寺の関係について

 http://www.ac.auone-net.jp/~kouanji/gyotaku14.htm





★中国・新興国に狙われる
 日本の重要美術品!
 有名寺の仏像1体数億円の闇ルート

 J-castテレビウォッチ 2013/11/ 2
 https://www.j-cast.com/tv/2013/11/02187930.html
ニューヨークのオークションに2008年、
運慶の大日如来坐像が出品された。
落札額13億円は日本の美術品史上最高額
だったが、落札者が日本の宗教法人だったので
国外流出は免れた。
像はその後、国の重要文化財に指定された。
危ないところだった。
   国指定の国宝、重文は全国に約1万点ある。
文化財保護法は所有者に適切な管理と売買には
届け出を義務づけ、海外への流出を防ぐことが
明記されている。
しかし、近年しきりと所在不明がいわれる。


貧しい寺狙ってブローカー売却持ちかけ

   滋賀・甲賀市の大岡寺
1300年の歴史を持つ由緒ある寺だ。
ここでは2体の仏像が不明になっている。
国の重文である木造千手観音立像(鎌倉時代)と
木造阿弥陀如来立像(平安時代)である。
住職の市川壽玄さん(83)と妻順子さんによると、
12年前の本堂改装のときに信徒の1人が
私が預かります」と車に乗せていった。
その後、信徒とは音信不通になって
そのままになっている。


   NHKが追跡して大阪の美術商を突き止めた。
美術商は
「重文は付加価値が高い。
 国宝だと2億円とか、
 欲しい人はいる」
と話す。
仏像は京都から大阪、
さらに関東に流れた
と聞いたという。


   先頃、大岡寺をブローカーが訪ねてきて
「買い戻さないか」と写真を見せた。本物だった。
2体とも東京にあるという。

男は
「見るには手付金がいる。
 100万円でも50万円でもええねん」
といった。
住職夫妻は上京した。住職は
「確認だけでもしたい。信徒さんに申しわけない」
と話すが、男は
「私にいわれても困る。ビジネスだ。
 買い戻しには億単位だ」とうそぶく。

結局、確認もできなかった。

(続きはリンク先で)


★7年前盗難された国の重要文化財の
 仏像戻る。盗品等処分斡旋容疑で
 陳宗哲と朴昌奎を逮捕

 韓流研究室 2017 08 31  
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5124.html




★重要文化財が買えるチャンス!
 神社が破産 
 青森の「弘前東照宮」重要文化財の
 本殿は売却へ

 2012年4月19日
 http://2ch-biz-news.info/business-news/2065


★中国人投資家に日本の不動産が人気 
 安い価格と永久所有権などが理由

 https://news.goo.ne.jp/article/fisco/business/fisco-0009330020170811001.html


★どうなる日本の土地!?
 購入しまくっている
 中国人投資家の実態とは!?

 東京ドームの40倍以上もの土地が、
 昨年1年間で外国資本に購入されている!

 楽待編集部 2014.8.16
 http://www.rakumachi.jp/news/column/58463


★東京都港区の商業用不動産を
 中国人投資家に売却!
 その内幕は?

 2015 11/11
 http://www.owlhongkong.com/600





★NY州にチャイナシティ!
 「中国テーマパーク」建設に
 地元住民は猛反発

 韓流研究室 2014 01 23
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2873.html


★中国人がオーストラリアの土地を
 買い占め 家のオークションも
 中国人ばかり?

 2016/05/05
 https://zuuonline.com/archives/105628


★北海道危機!中国生まれの
 「反天皇」農場主が帯広で
 170haを取得したのはなぜか?

 韓流研究室 2016 05 10 
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4167.html 


★中国最大手の映像制作会社が
 北海道に撮影所建設計画

 韓流研究室 2016 07 19 
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4315.html


★中国人による不動産購入、
 日本の小都市がひそかなブーム
 ―中国メディア

 人民網日本語版 2016年6月10日(金)
 http://www.recordchina.co.jp/b141000-s10-c20.html




元々の原因は、亡くなった
円満院門跡の56世門主・三浦道明氏なのだが
”宗教法人の節税のメリットを生かす為”
中国人投資家達が、経営の困難になった
日本の由緒ある古寺を買収しまくったら
一体、どうなってしまうのだろう。

金儲け目的のブローカー達が
ワザと怪しげな投資話を持ち掛けて借金させ
中国人投資家に転売して利ザヤを稼いだり
不届き者の信徒が騙して、重要文化財を
持ち逃げしたりするケースが増えたら…

本業よりも不動産収益で稼いでいる
朝日新聞やTBS等のマスゴミは
この危機的状況を何とも感じないのだろうねぇ。


  

★企業の内部留保批判の朝日新聞社、
 自社で積み上げた内部留保は
 3081億円に

 http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65884104.html



外国人投資家による
名刹の買収…
何とか防ぐ手立てはないのでしょうか?



★その数2万!
 「住職がいない無住寺院」の行方
 消滅する寺院に感じる諸行無常

 東洋経済 2015年06月06日
 http://toyokeizai.net/articles/-/72253


★真言宗醍醐派が
 真如苑に乗っ取られている

 2008年10月29日 (水)
 http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-291a.html


★「神社を潰す」
 宮司を強迫し神社乗っ取り。
 韓国人3人が新役員になり
 鳥居も撤去→神社本庁が刑事告発!

 http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/25314270.html
tera8faf5148.jpg





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

sakada

>売却基準価格約7倍約10億6000万円土地建物落札。

都心一等地の建物付き商業地が競売で3倍値は聞いたことが在るが、7倍は初耳。然も、流通物件ではない寺院の競売も珍しい、買った人は罰当たりではないか、来年の盆には先祖が化けて出るさぁ。

競売は債権者がもうどうにでもなれと損切り承知の上で処分に掛けることで、所有者と債権者には当初在った蜜月関係がとうに失せた段階で在り、憎しみしか残っていない。

落札は、それでも買う人が出て来たら低価格でも債権者は応じるしかないさ。所有者は破産してるから自由人だ、債権の遡及も返済の義務もないが一応お義理で債権者に毎月数万円程度払うと誓約して、しばらく払った後で知らん振りすれば終わりだ。誓約書と言えど、世間で言う努力目標ていどのしろものだ。

落札参加者の業者は常連さんで業者が多い、知り合いになれば応札価格の探り合いで凡その目線が推測される。落札価格は収益還元利益算定で10%在れば良いが、大体に於いて競売物件は無管理状態で営繕が悪いので現物を良く診ていないと大規模修繕費が多く為ると再販売時に採算割れする危険性が出るさ。

ただ、幾ら寺院と言え7倍落札は無いさ。それは業者のする仕業ではない、違いなく不動産取引素人だ。競売落札参加者が少ないから他業者に探りを入れたら売れるかどうかは分かる。何某か利益意図が在るのだろう。

2015年に沖縄で日本でも珍しい競売が出た、沖縄本島南部離島の久高島の集落内の土地付き建物が競売だ。久高島は沖縄で神の島とされて天孫降臨の島だ、この島は土地の所有権に対して島の掟が在り、在ろうことか掟が国内法を超えた存在に為ってる、例えば世帯ごとの農地は割当制に為っていて封建時代の侭だ。

その為に、裁判所の重要事項説明書の最期に、「取得希望者は集落の同意や決まりを承知の上で本物件を確認しておくこと」の注釈が載っていた。国内法に因る所有権移転が保証されていないと言うことだ。

>中国人投資家の実態とは!?

2015年前は外資受け入れの主役が中國だった、2016年はその反動で停滞した。なにせ、投資単位が100億円ではなく数百億円で、そう言う外資の投資額の中ではひとつあたり2千億円以上投資も在るさ。

その投資とは中國なら機関投資家のことで、中國は今はアメリカ投資が増えている。東南アジアではシンガポールや香港やアシアン主要国が主体で、政府や政府系の投資ファンドや民間ファンドや保険会社や事業会社が日本の首都圏一等地のビルや商業施設を購入する。

中には福岡含めて7大都市でも地方のマンション1棟を漁るシンガポールのファンドが居た、社名が「KAIZEN」と言う日本的な名前を名のっていた。韓国の場合は英やEU投資が多い、いずれも保険会社が投資を増やしている。

一般的に、不動産業界や保険会社などの研究機関が対象にする外国人投資家の収益不動産大口売買額統計は個別に把握されているが、その様な桁違いの取引は通常の不動産業界が取り扱える物件ではなく、野村不動産や住友等の様な運上人が扱う。ゆえに、億単位程度の不動産取引はその他扱いで一括りにされている。

そう言う外国人機関投資家の日本の収益不動産投資の流れで面白い事実が在ったが、新聞は経済が苦手なので誰も注目していなかった。東北大震災の前も後も東京が不動産投資受入れ都市として依然としてアジア最大の都市で在ったことだ。第二位がシドニーで、第三位がムンバイで、どちらも経済力が旺盛でバブルの都市だ。

要するに、一部の日本国民や韓国や中國や台湾が質した放射能惨禍に対して、世界は何も日本の体勢を問題にしていなかったと言う事実だ。日本の放射能問題は欧米は気にしていなかったと言うことだ、それに気付いていたのが東証一部のリートやファンドだった。情報を正確に捉えて哲学しない人に限って妄想が豊かに為る。

そう言う人気の日本の収益不動産でも、6月からうなぎ上りの不動産価格に陰りの黄色信号が点灯仕出した。首都圏や7大都市でオフィス賃貸市場の坪単価相場が若干マイナスに転じた事例が発生した。

オフイス賃料相場は景気を敏感に反映するので動静チェックに良い研究材料だ、スーパーやコンビニやデパートの様な生活必需品販売業は多少の景気変動に強いが、どうでも良いような事務所ビルはリストラの対象に為りやすいさ。

つまり、日本の収益不動産価格と賃料が頭打ちに為っていることは、物件価格が外国人目線でこの1年の円安もあり、日本の収益不動産投資に旨みがなくなって来て他の国に投資が移行していると見做した方が正しいことになる。

要するに日本の不動産が高くなり過ぎていることで、今年後半は価格が停滞して来年から低下局面に移行すると用心した方が良いさ。

それゆえに、中國の経済動静を視ると来月の共産党大会後は今年創って来たGDP成長率の化けの皮が剥がれるので、経済も沈静化して金融引き締めが始まると投資会社は資金繰り付ける為に海外不動産売却に勤しむことに為るが、それをじーっと観ていた日本の鷹群が買い叩きに襲来する羽目に為りやすい、困った中國人投資会社は損切りする。日本の鷹群は売却も買い戻しも両方で利益の囲い込みが出来る美味しい事態になる。

その他の、他県でも郊外の広大な土地の外国人売買に付いて、放っておいても何等心配ご無用だ。数十億円にると専門の収益不動産投資会社だから真面な事業者だが、数億円程度なら中國人富裕層は現金買いするだろう。

素人俄か投資家なら日本の鷹群の餌に為るさ、そして日本人が30年前の第一次不動産バブル花盛りの時にNYのビルを買い漁った後に、バブル崩壊で二束三文でアメリカの鷹群に買い叩かれたが、あれと同じ事が起きるさ。アメリカの鷹群は、日本の素人投資家に安目の不良債権ビルを押し付けて後で買い叩いた。

ほんとうの収益不動産投資家は、例えば沖縄の風光明媚の観光地でも事業化以外に取得はしない。

①美しい地域は公園法などの建物制限が在り事業化に障壁が出る。②建てられても上下水道・電気・舗装道路は貧乏な自治体は自分でやれになる。③風光明媚な地はライフラインが乏しい、沖縄八重山の竹富島は大きな立派なリゾ-トホテルがオープンした。迷惑しているのは島の診療所だ、ホテルが医療スタッフを用意していないので我儘な患者が時間構わずに押し掛けている、軽度な病状にドクターヘリを要求する観光客も出て来た。④そもそもそう言う田舎には土地売買価格の目安に為る路線価が無い(流通しにくい地域だ)、それゆえ土地の固定資産税評価証明書の110%程度が売買の目安に為る、広大な土地売買は県知事や国交大尽の承認が要るので実態とかけ離れた金額は行政側のチェックが入る。⑤そのやっと入手した広大な風光明媚な土地が建物が建ててはいけない市街化調整区域だったらどうする、更に公園法でがんじがらめならキャンプファイヤーは駄目だ。⑥例え田舎物件を入手してもしょせん無管理だから、極左や日本共産党員が無断で建物などを建てたりしていたら、将に於いて時効取得したと言われたら目も当てられないさ。⑥そう言う土地は所有者の事情で真先にリストラの対象に為りやすい、そのとき売った時の日本の鷹群がまとわり付いて叩いて叩きまくる事になるさ。























2017-09-04 (Mon) 18:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply