韓流研究室

ARTICLE PAGE

朝日新聞社説「デマの特徴や過去の例を知り、早めに誤りの芽を摘むことが大切」⇒朝日に騙されるなって事

★(社説)震災とデマ 
 偏見と善意の落とし穴

 朝日新聞 2017年9月1日05時00分
 
http://www.asahi.com/articles/DA3S13111909.html?iref=sp_opi_editorial_backnumber_list_n$%7Bcomlist_count%7D
(引用開始)
治安の悪化や買い占めなどの話を耳にした。
内容は不確かかも。でも万が一のこともある。
みんなで共有しておこう――。
そんな「善意」「正義感」
デマ拡散の原因になりうる。
 
防ぐ特効薬はない。

 正確な情報で正していくしかないが、
ある考えが一度植えつけられ、
偏見の「鋳型」ができてしまうと、
後から本当のことを示されても
容易に受け入れられない。


(中略)
だからこそ、日ごろ知識を蓄え、
デマの特徴や過去の例を知り
早めに誤りの芽を摘むことが大切だ

SNSを賢く使いこなす能力も求められよう。

(引用ここまで)




関東大震災で、デマを拡散していた朝日新聞

★朝日新聞が関東大震災の
 朝鮮人犠牲者数を水増しするカラクリ

 『メディアの権力』を監視する 2017年09月01日
 http://blog.livedoor.jp/catnewsagency/archives/24958507.html
(引用開始)
関東大震災とその後の痛ましい事件から
我々日本人が学ぶべき教訓とは、
災害や混乱状況にあって、デマを広めない、
信じてはいけない、ということであり、
日本人に
「永遠の加害者」として贖罪意識を植え付け、
「被害者様」である在日や韓国人を腫れ物に
触るように扱うことではない。

在特会によるヘイトスピーチが問題になっているから、
それへの警鐘として関東大震災を利用しようと
考えたのだろうが、
東京大空襲後も、東日本大震災後も、
朝鮮人虐殺などは発生してない。
当時の新聞の悪質なデマが原因であり、
日本人が生来の邪悪な民族だというわけではない。
そもそも、日本人の嫌韓感情が高まったのは、
朝日新聞が煽った慰安婦問題、靖国問題などで
日韓関係が悪化したことが原因である。

 当時、朝鮮人が井戸に毒を入れたとか、
略奪や強姦事件を起こしたとか、
デマを広めたのは新聞であり、
無垢な庶民を殺人者にしてしまった責任は大きい。
その後、
戦争を煽ったのも新聞メディアである。
メディアの方こそ扇情報道を自戒し、
被害者遺族に謝罪するべきなのに、
今度は犠牲者数の水増しデマで
新たな日韓対立の火種を作ろうとしている。
朝日新聞は慰安婦問題の捏造報道や
放射能デマから一体何を学んだのだろうか。


asahiQjFXzk2r.jpg

(全文はリンク先で)


日韓併合後、新聞各紙がこぞって
朝鮮の文化を紹介する記事を掲載しました。
朝鮮総督府には多くの朝鮮人官僚がいて
伊藤博文に対して
「併合を成功させるためには
 日本人が朝鮮人を見下すような風潮は
 止めさせなくてはならない」

と提言しています。
それを受けてか、
朝鮮総督府は大阪朝日新聞などに対して
朝鮮の民族や文化を卑下するような
 記事を掲載するな

と注意をしています。

あの新聞、ヘイトの種も蒔いていたんですよ



★朝鮮人の教育は適当にやっとけばいい
 と言った大阪朝日新聞

 日韓近代史資料集 2008/1/18(金)
 https://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/40085616.html
(引用開始)
朝鮮総督府は
律儀に朝鮮人の教育を行っているが、
大阪朝日新聞はそんなのは適当に
やっとけばいいという考えだったようです。


<鮮人同化と教育>
六日 京城 氷魂生
大阪朝日新聞  明治45年
(1912年)5月24日(併合から2年目)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00472159&TYPE=HTML_FILE&POS=1&TOP_METAID=00472159
(中略)
最近召集された公立普通学校長に対する
総督の訓示を見ても、
総督は、朝鮮における教育の方法は、
内地におけるものをそのまま移して採用すべき
ものではない、朝鮮の歴史習慣を研究し、
時勢を察し、人情を斟酌し、これに適合する方法を
講ずべし
との趣旨を明言している。


以上の精神は皆すこぶる可である。
しかし、これらのこと、
中でも教育の一事をもってして、
鮮人同化の一大目的が達せられるか否かに
至っては、我々は大いに疑わざるを得ない。
(中略)
今日鮮人教育の任にあたる教育者たちの
やり口を見ると、多くは教育をもって
鮮人同化の方便とする大乗の意義を解せず、
ただ真面目に、熱心に、露骨に言えば馬鹿正直に
鮮人を教育し、知識を注入し、
もって忠良なる臣民を作り、国家有用の人材を
養成するということをもって本義としているらしい。

忠良なる臣民、国家有用の人材も結構であるが、
総督の言う時勢の状況を顧みずして、
内地におけるものの直訳をもって鮮人に臨むこと
ありとせんか。
ある意味では、彼らに与える刃は
即ち我らを殺す刃となると言い得ることにもなる。
朝鮮人に果して今日のような新教育を施す
必要があるのかどうか。


  毎年多くの経費を投じて、各道の至るところに
教育の機関を設けることは、もし鮮人の同化に
大きな効果があると言うなら我々も言うことはないが、
もしその効果がないだけでなく
かえって有害の点があるとするなら、
経費多端の今日、鮮人の教育はある程度に止め、
朝鮮在来の寺子屋に少し毛の生えたものにして
おいても差し支えはないと思う。


(全文はリンク先で)


おやまあ…
こんな社史をお持ちの新聞社が
「日本人は戦前から
 朝鮮の人達を差別してきた。ケシカラン!」

今や日本人に対してポリコレ棒を振り回すのよ。

さて、
関東大震災問題や慰安婦問題などの歴史問題で
日本の責任を執拗に煽る団体の中に
「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク
という団体が存在します。
http://9jyoufesta.sakura.ne.jp/festa2008/archives/76

http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/213-84aa.html

この団体の事務局長は坪川宏子氏
  tubokawa33.jpg

この人は、
季刊【中帰連】という雑誌の編集委員。


★訪中記 坪川宏子
 http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/15/15_tubokawa.html

中帰連とはどのような団体かというと

★中帰連の証言が怪しい理由。
 撫順戦犯管理所の「生活」

 http://d.hatena.ne.jp/nay/20050908


★撫順収容所 
 日本軍を鬼に人間改造した

 http://bewithgods.com/hope/japan/a10.html


★もう1つの中帰連
 「在華日本人民反戦同盟」

 http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-160.html?sp





  asahi63Bgkbnbe3JHsbdgg0F_2017090121493685f.jpg

★朝日新聞はいかに
 放射能デマを拡散してきたか

 http://agora-web.jp/archives/1607187.html


asahi7bb2e6c939cc80eca4d8c8bfc88f838c_20170901214940a10.jpg

asa0831Kyoomei11.jpg

asahiCcNule-VAAECwVX.jpg

asahi120503b1.jpg

 椿事件

★【椿事件とは何だったのか】
 マスコミの偏向報道と印象操作
 →放送法違反 テレビ朝日 椿貞良

 https://matome.naver.jp/odai/2141755781992619801




>日ごろ知識を蓄え、
 デマの特徴や過去の例を知り、
 早めに誤りの芽を摘むことが大切



★朝日新聞編集委員の
 「海外の大会で、『君が代』が始まると
  席を立つ観客が多い」記事は
 社内の空気を読んで捏造
 -元記者の見た朝日新聞社の実態-

 2017 08 20  
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5100.html


★フジテレビ社会部記者 加藤愛理 
 逃走中の犯人の特徴で
 「刺青(いれずみ)」を「刺繍(ししゅう)」と読む
 ~ネットの反応
 「裸に刺繍とは恐るべし不良外国人」
 「漢字読み間違えて叩かれてた
  元総理の気持ちが分かった?」

 2017.09.01
 http://anonymous-post.com/archives/11481


★特集
 日本の戦争責任を追及する
 「朝日新聞」の戦争責任

 http://www.geocities.jp/pekin_chan/page034.html


★ゾルゲと尾崎秀実を擁護する
 朝日新聞

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/39795345.html




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 5

sakada

>★(社説)震災とデマ偏見

なんでもない普通の社会人がデマ偏見を信じ易い、そのデマ偏見の嘘が大きいほど信じられやすい社会心理がある。その、嘘が信じ易い社会心理の次なる流れが、誰かが対抗上で社会的にしてはいけない選択を執った場合、非難するどころか集団が同調して一気に悪い流れに陥ってしまうリスクを孕んでいるのが社会集団生活上の人間性なんだ。

それを社会心理学でリスクの選択と言い、学校の虐め問題や組織の虐めに象徴されている。

なぜ、大人と子供が各々の居住まいで虐めをするのだろうか。ひとつの事実に、人間社会生活上の不思議なことが在る。

どんなに優秀な東大生でも、5人集めてひとつの達成目標の為にそれぞれに自己目標を与えて叱咤激励しても、どんなに構成員を変えても、必ず大きい目標未達者が二人出て来る、それに対して指導者があろうことか皆の前で二人を𠮟り付ける(どこの会社でも営業職位者の月初月末会議の様子だ)。

指導者は自ら未達者の底上げの為に根気強くマンツーマン指導して行くべきなんだが(数字がゆっくりでも、停止するより未だましだ)、仲間が誰も庇ってくれない刹那の雰囲気が集団を支配しているので、皆の頭が感情で沸騰しているので理性も論理も吹っ飛んでしまい、今の仕事がチームとして未達のせいはあいつらのせいだと言う被害妄想が生まれて来て(事実は無能で稚拙な上司がいることなんだ)、次第に偏見が出て差別行動を執るようになり虐めが出て来る集団に陥ってしまい、誰も間違いを正そうとしなくなる心理で集団が支配される。

一方で、同族種と本能で識別しても動物は集団とは違う個体と認識する区別が出来る(動物が同種間で差別が在ったなど聞いたことがないさ)、しかし人間は更に区別が発展した差別と言う知の区別を成す。

それは本能ではなく、生まれた後の家庭・社会・道徳・教育の環境で培われた生きる知であるが、その自分達の個体とは違う区別が発展した差別の基に成る知=情報収集が嘘や偏見だったら当然に判断を誤ってしまい、誰かが正さない限りその社会にデマ偏見大嘘が一人歩きする事に繋がってしまうことになる。

そのデマと偏見を正すべきメディアが、自らデマと偏見の拡散者だったらどうなるのだろうか。世界史に於いて在る種の思想を持ち国民にデモと偏見=被害妄想に因る差別思想を悪用して、自国の民族主義精神に訴えて支持を集めるのが悪徳思想の為政者だ。

その被害妄想を民族主義的な想いで学問に導入したら、史学者や哲学者でも我が勝手に事実を捻じ曲げて解釈仕出すのが人間なのだ。そう言うデマと偏見の態勢国家の成れの果てが為政者に対する翼賛体制の国家だ。そう言う算式を確立したのが80年前のナチス・ヒトラーだった。今も、為政者に拠る国民洗脳手法が世界で活きている。

戦争は被害妄想から生まれて来るのが世界史だ、金正恩氏もトランプ大統領も何時か相手が攻めて来ると言う被害妄想で頭が満たされてる。互いに戦争防止しようとしても相互不信なので外交が困難だ、そうなると中露が望む平和的な北朝鮮問題解決が無理だ、何れ始まる。始まると中露は表立って北朝鮮支援はしないが、金正恩氏は中露の反旗を知る由もないさ。


なぜデマ偏見に普通の大人も騙され易いのだろうか、大人は子供の都市伝説の様なデマ偏見に笑うが、自分のデマ偏見には事実がないことを自覚すらない。なぜなら、子供のデマ偏見は子供の知識と情報と洞察力が欠けた稚拙な話だと分かっているが、社会知識階層の自分(のデマ偏見に)は、子供同様に自ら信じ込んでいるので事実も何も関係なく、単なる或る種の新興宗教徒の様に自分が信じることで妄想が事実として存在させているから、思い違いが出るからだ。

ゆえに、社会のデマ偏見防止のためには新聞をメディアを真面に信用にない事だ(政治経済文化記事に関して)、必ず記事には嘘が忍ばせてあると見做して記事を精査しないといけない、その為には普段から真面な情報収集に努めることが必要に為る、決して怪しい掲示板情報や知的エリート層の情報アドレスを精査無しに信じてはいけない。もしも、そのアドレスに嘘が存在していたら自分が思いもしないデマ偏見嘘拡散の片棒を担ぐ事に為る、それがフェイクの正体だ。

いま、掲示板には色々な情報と入手源が載っており、何がしかがフェイクが多い原因に為っている。もしも、普通の社会人が何等その事実に対して知識も情報も無い場合は、かつ精査する習性が無い場合は、簡単に騙されることになる。なぜなら、情報入手源としてネットは手軽で便利で慣れたら信じられやすい、但しその点にネットの罠が在るさ。ネットの罠は背信的な思想の為政者に悪用される。

ノーベル受賞の大隅先生が随分前に福岡の母校に送った書が「なんでも自分の眼で確かめよう」だったが、大隅先生がノーベル受賞の際に仰せになった信念も「なんでも自分の眼で確かめよう」だった。

自分の眼で確かめるためには現地取材も必要となる。沖縄関連の有名なブログに連日5~10回沖縄情報投稿する内地中年女性が居る、その情報収集方法は全てネット検索で入手源のアドレス掲示が多い、ゆえに投稿文に間違いやデマや偏見も当然ながら出て来る蓋然性が在るさ。問題はその善意心の主張なるものに差別心が生まれやすい脆弱性=危険性があることだ。

その中で、①昨年、沖縄で辺野古移設阻止運動を暴力で妨害した集団を右翼と名指ししたが、右翼はそう言う同胞差別行動など執らないことを知らない、②更に「沖縄県民を甘やかすな」との、どこかで聞いた様な書き込みも在った。

単に、その2点を踏まえて返信で質したが案の定、本人は只の一度も沖縄に来たことがない人だった。沖縄の実像を、人を、事実を何も知りもせずネットで机上で同胞差別論を披露するのは真面な社会人の執る行動ではないさ。

指摘するに従い感情的な表現のメールが増えた。人間、感情的に為ったら論理的な思考回路が遮断されてしまう。だが、人間的に悪い女性ではない、その証拠に正直に沖縄には一度も行ったことが無いと返信が来た、正直な人間だ。

単に自分の熱心な情報収集手段に瑕疵が有っただけなんだ、然しネットで差別を拡散するなら当然に話の次元が違う。

日本人として、社会人として、同胞を根も葉もないことで差別して何が毎日楽しいのだろうか、なにを楽しみで活きて居るのだろうか。日本人の伝統的な精神矜持に同胞は相慈しみ合うと在る、今上陛下が東北大震災地巡幸のお見舞で仰せになった言葉だ。

2017-09-02 (Sat) 11:05 | EDIT | REPLY |   

弓取り

デマの発信力、拡散力、信用力は朝日が最凶

残念ながら、人間はぜんぜん完璧ではありません。万能でもありません。日常的にも小さなミスや勘違いばかりして生活しています。それに気づかなかったり、気づいて取り繕ったりを平気で繰り返しているのです。

そのために、日常の教訓や決め事が作られてきたのだと思います。それを知恵として積み重ねて次世代に伝える。近代の合理精神や科学的知見もそのひとつにすぎないのかも知れません。それも万能と証明されたわけではありません。科学といえども、「信じる」という要素があるんです。

そして、まずいことに、人間はダマしダマされる動物なんです。ダマしてズルをしたり利益を求めようとする。相手が損すれば自分が得するという時、「黙っていることもウソ」のひとつです。ダマしは実に多様です。

ウソは大きなウソほどばれにくい。大がかりな演出をするほどばれにくい。上から目線で相手の善意や弱気に付け込むと有効です。権威を利用すると信用されやすい。
これらを総合的に行使するのが政治権力とマスメディアです。朝日は積極的にウソをついてきましたね。メディアは間違えない、デマを飛ばさなさいという証拠はひとつもない。

メディアは社会的責任の重い大組織です。それに見合うだけの規模と重さの監査を受けて、社会的制裁を受けなければなりません。
朝日から始めよ。

2017-09-02 (Sat) 15:07 | EDIT | REPLY |   

白瑠璃碗

何度も煽った朝日新聞その他

朝日新聞(大阪朝日)は、震災の比較的直後に「号外」まで出して「朝鮮人が放火」と報道しています。

その後一か月以上経っても相変わらず「不逞鮮人が放火、略奪・・・」と報じています。

新聞各社が、何度も何度も、こうした報道を長期間繰り返したものと思われます。

本日TBSの報道特集で、小池都知事の「追悼拒否」や「在特会」や「朝鮮人虐殺」やらを大きく取り上げるようですが、毎日新聞(大毎)も同様にこうした「煽り報道」を行っていました。
日本中の新聞(地方紙含む)が同様な「煽り報道」を行っていました。

煽ったマスコミは謝るべきだと思います。
なお、震災を経験すると分かりますが、自分が生きるか死ぬかの瀬戸際の時に、6千人も殺している余裕なんて無いです。
マスコミ等「煽った人々」が一ミリも反省せずに、6千人という巨大な数字を押し付けられる市民が気の毒です。

2017-09-02 (Sat) 15:29 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

例のコラ

まぁね。ひとことだけ言わせて貰うなら、言葉よりも、あの巨大ブーメランが社屋に突き刺さっている名作コラが順当かと(笑)

2017-09-03 (Sun) 11:50 | EDIT | REPLY |   

sakada

>白瑠璃碗さん 震災を経験、自分が瀬戸際の時に6千人も殺してる余裕無い

確かに、その通りです。では、終戦3ヶ月前から全国市単位で始まった米軍の無差別空爆後に朝鮮人による暴動や放火が在ったのかと言うと誰も聞いたことが在りません、また終戦の年も2千人余死んだ三河地震や戦後の福井の大地震が在りましたが、朝鮮人の暴動放火など聞いたことが在りません、辻褄が合わない話です。

いま、テキサス州の台風水害惨禍でごく一部の黒人らしい人達の商店襲撃略奪映像がTVで流れました。でも、10年前の暴動とは程度が違いその後の続報は在っていません。

当時は、全土で社会不満に因る暴動の際に何に付け商店略奪や放火は在米韓国人が経営の店が狙われていたので、遂に韓国人商店側は自動小銃で武装して防衛しているニュースが流れました。もちろん、日本人が経営している店が襲われたことは在ったかもしれませんが、TVで観たことが在りません。

その韓国人の店が襲撃された理由は、普段から何がしかの住民の反発心などが在ったのかも知れません、そう言う下地が在ると根も葉もないデマが出ると地域住民に間に執ってはいけないリスクの選択を集団で成す様な流れがどんどん出て来ます、その最終形が無差別リンチです。

リンチがいけないことだと分かっているのですが、自分達を守る為には勇んで参加する雰囲気が生まれて来ます。全体がそうなると、信じられないことだが、中にはリンチを楽しんでやる雰囲気が醸成されて、更に過激な行動に打って出て、(敵を)大量に〇すことに快感を覚える人達が出て来ることも人間の一面性で在り、惨劇が止めどもなく拡大します、国内に異民族浄化と言う悍ましい人間差別思想が台頭して来ます。

しかし、リンチ暴動後に誰が流言飛語したのか辿ってもさっぱり確信犯は見つかりません、噂話なので知識や情報に疎い大衆の中にはデマを信じる人が出て来るでしょう。信じることは事実ではなく信仰心に近くて、単なる大きい嘘の伝聞なら、その嘘が在り得ないほど大きい伝聞ほど鵜呑みにしやすい大衆の社会心理の事実が在ります、それを見透かしてわざと在り得ない被害妄想を説き出す政治家も出て来ます。

為政者が、被害妄想を説く際の特徴は短い言葉で判りやすい表現を民族自尊心主義で情緒的に訴えて、繰り返しメディアに報道させることで、大衆心理を為政者の意図する方向に誘導して支持を集める手段にします、それが大衆洗脳と言うメディアを活用した方程式で在り、80年前のヒトラーが確立しました。

今も、その方程式が世界で、日本で、沖縄のメディアで、メディアの思想として独自に活きています。権力側の事実を正す番人であるメディアが、権力側と一緒に為って根も葉も裏付けもない風評流したら防ぎ様が在りません、正しい情報を流すとされるメディアへの相互信頼性が根底から崩壊してしまいます。

但し、残念なのはその様な翼賛主義メディアは世の中が替わろうとも、しぶとく生存していくのが世界史です。世の中が180度変節しても、その時々の権力に張り付いて翼賛により身の安全を図るのがメデァだけの翼賛体質遺伝子だと常々想っています。

2017-09-03 (Sun) 21:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply