韓流研究室

ARTICLE PAGE

7年前盗難された国の重要文化財の仏像戻る。盗品等処分斡旋容疑で陳宗哲と朴昌奎を逮捕

★7年前盗難の仏像戻る
 国の重文、2人逮捕-大阪府警

 時事通信 2017年08月31日 17時37分
 http://news.ameba.jp/20170831-875/
   butuzou0327045.jpg

2010年に大阪府能勢町の今養寺から盗まれた
国の重要文化財「木造大日如来坐像」
売却しようとしたとして、
府警捜査3課と豊能署は31日までに、
盗品等処分あっせんなどの容疑で
岡山市北区今、
無職陳宗哲容疑者(68)ら
韓国籍の男2人を逮捕した。

仏像は関係先から見つかった。

 同課によると、陳容疑者は
「借金の形に友人にもらった。
 盗品という認識はなかった」
と容疑を否認している。
同課は2人が盗難に関与した疑いもある
とみて調べる。

 逮捕容疑は6月9日、京都市内のホテルで
盗品と知りながら、70代の男性に
仏像の買い手を探すよう依頼するなどした疑い。

 同課によると、文化庁に前日、
京都市内で盗まれた仏像の撮影が行われる
と情報提供があり、

同課が防犯カメラの映像などから2人を特定した。
仏像は売却されず、関係先から毛布に包んだ
状態で見つかった。目立った損傷はないという。

 仏像は平安時代後期に作られ、
1956年に国の重要文化財に指定。

今養寺が所蔵していたが、
10年3月に収蔵庫の扉をこじ開けられ盗まれた。
寺は住職不在で
檀家(だんか)が共同管理しており、
文化庁は適切な保管方法を検討する。

(引用ここまで)


★盗品仏像、7年ぶり発見
 関与疑いの2人逮捕

 共同通信 2017/8/31
 
https://this.kiji.is/275914074257965062
  捜査3課は、2人が
窃盗にも関与した可能性があるとみているが、
既に窃盗罪の公訴時効の7年が過ぎている。

(引用ここまで)


★盗品仏像、7年ぶり発見
 京都で買い手探し依頼疑い

 京都新聞 2017年08月31日 18時25分
 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170831000113
 陳容疑者の逮捕容疑は、今年6月9日
午後0時50分~午後3時ごろ、
京都市のホテルで、70代の会社員の男性に
坐像の買い手探しを依頼するなどした疑い。

(引用ここまで)


★盗難から7年、重文仏像見つかる 
 売却疑いの韓国籍の男ら2人逮捕 
 大阪府警
 
 産経新聞 2017.8.31 18:10
 http://www.sankei.com/west/news/170831/wst1708310082-n1.html
盗品等処分あっせんの疑いで
岡山市北区今の無職、
陳宗哲(ちん・そうてつ)容疑者(68)を、
仏像を運搬したとする盗品等運搬の疑いで
大阪府八尾市天王寺屋の無職、
朴昌奎(ぼく・しょうけい)容疑者(68)
=ともに韓国籍=を逮捕したと発表した。 

(引用ここまで)


関連記事
★重文の仏像盗まれる 
 大阪・能勢の今養寺

 2010/3/24(水)
 https://blogs.yahoo.co.jp/gahwopapa/41180011.html
能勢町教育委員会によると、
今養寺は住職がいないため檀家らが
共同で管理し、普段は無人だった。
豊能署は窃盗事件として捜査している。
 豊能署によると、
21日午前、寺の参拝者が、仏像を保管していた
収蔵庫がこじ開けられているのを発見、
寺の関係者に連絡した。
20日午前に寺の関係者が訪れた際には
異常はなかった
といい、
豊能署が詳しい状況や管理方法などを調べている。

(引用ここまで)




★窃盗罪と時効の関係
 https://弁護士刑事事件.com/z_settou4/
窃盗罪の刑事の時効とは、
いわゆる公訴時効のことです。
公訴時効とは、検察官の
公訴する権限を消滅させる時効のことです。
公訴時効が成立すれば、
検察官は事件を起訴することが
できなくなります。



2010年3月20~21日に盗まれ、
7年後の2017年6月9日に買い手を探すよう依頼。
公訴時効が成立するのを待って
盗品を売ろうと計画したのでは?


国や県の重要文化財などは、
一般の窃盗罪とは公訴時効の条件を変える
法改正するべきでは?
盗品等有償処分あっせん罪だけでは
10年以下の懲役及び50万円以下の罰金
陳宗哲容疑者(68)らは、
盗品という認識はなかったと否認していますが
この斡旋罪は、
ホテルで仏像の買い手を探すよう依頼した
「行為時に」盗品等であることの認識が必要。
法律を熟知したプロの可能性か!?

重要文化財の盗品の処分斡旋罪も、
盗品と認識していなくても罪となり
罰則も、もっと厳しくした方が良いのでは?
このままでは、隠し通したモン勝ちではないか!





能勢の野間西山に建つ今養寺は、
平安時代後期の草創され、
当地方屈指の真言密教の名刹であった。
戦国時代の元亀二年(15721年)に
兵火に遭う寺運をたどったが、
天正二年(1574年) 
郷民の厚い心願のもと
在所の現在地に移築されたという。

kon-05.jpg
http://a-shi-a-to.blogspot.jp/2015/04/blog-post_81.html

由緒ある美しい古寺に住職がおらず
盗難時の7年前も檀家が共同管理とは
さぞ大変でしょう。
我が実家も、江戸中期から先祖代々、
檀家総代を務めさせていただいているから
この寺の檀家の皆さんが
どのような思いで、代々、守り続けたか解る。
それ故に言いたい。
「これだから、
 よそモンは嫌なんだよ!」



承保三年(1076)近江守源仲信の開基
元、真言密教の寺院で在ったが
能勢頼次公の法華経に帰依した事に伴い
慶長十年(1605)に月光寺改め、
日蓮宗に改宗し今養寺となったという。

今回、無事に戻った「木造 大日如来座像」は
平安時代後期の経深作。





政治ランキング


スポンサーサイト

Comments 1

sakada

>韓国籍の男ら2人逮捕 時効

日本人が外国で文化財を盗んだ犯罪が在っただろうか。韓国人の場合は組織犯罪として外国での仏像窃盗が相次ぐ、日本全国どこでも重要文化財が棄損されたり寺院が略奪されている、沖縄でも寺が韓国人窃盗グループに襲撃され窃盗はおろか寺の設備まで損壊させられた。お陰で、お寺や神社に鍵を掛ける初の時代に成ってしまった。

その日本での韓国人に因る文化財窃盗に対して、韓国政府やメディアや学識者は沈黙した侭で窃盗を是認しているようにも窺える。想い出すのが高速フェリーでやって来た(対馬市の寺の)仏像窃盗団で、のちに自分ちの600年前の仏像だったと根も葉もない虚言で所有権を吐いた韓国寺の住職が、窃盗被害の対馬市寺にやって来て窃盗仏像の代わりに、自分ちの寺の観光客向けの仏像マスコットキーホルダーを置いて来たことだ。

持参した韓国寺仏像人形で呑んでくれと言わんが如しの韓国寺住職の行動に対して、対馬市被害寺住職がTVインタビューで、信じられない韓国人住職だ、同じ仏職者と思えない、と断じた。もちろん、韓国政府は沈黙した侭でいるが、それって韓国政府が操ってやらせたのかと想うさ、そう詰られてもしょうがない。

どんなに、前の時代に日本に文化財が流出したとしても、その全貌は時代も種類も数量も理由も個別に日韓の研究機関で究明されているはずだ、もしも略奪された文化財なら当然に返還の対象に為るさ、そのための日韓の文化財研究機関じゃないか。

そう言う史実と現状を否定して、日本相手ならなにをやっても(略奪しても)良しとする韓国民の精神矜持を正さないと、その日本での略奪行為は永遠に続く。

なお、日本人に対する想い込みで在る韓国民の精神矜持とは、単に釜山観光1回で直ぐ分かった。①現地マイクロバス案内人女性が連れて行く商店や飲食店が須らくぼったくりで、旅行仲間からも早々に不満が出ていた(バックマージンが案内人女性に流れていた)。②深夜にタクシーでホテルに着いたら2千円の運賃が1万円に急騰する、運転手は凄い顔して払えと怒鳴る、外国人女性なら恐ろしく為って言う通りにするだろう。

因みに、翌朝は釜山市街名所観光が始まったが、人出の多い繁華街でマイクロバスは速度を緩めない、危ない運転だとみんなで声を潜めて言い合ったが、とうとう車両前部右側門が通行人に当たってしまい車両が急停止した。

面倒なことになったと思った瞬間、運転手が窓からその通行人に大声で怒鳴り出した、そのあと何事も無かったように通り過ぎた。あの人身事故は外国に来たことを痛感した光景だった、忘れることが出来ない。

なお、二日目の夕方から案内人女性を外してマイクロバス観光も断った。観光仲間の1人が釜山在住の韓国人仕事仲間がいるので連絡したら自分が案内すると申し出たとのこと。

早速、夕食の場に出向いたが良いごはんで安いと来た。昨夜の焼肉晩飯が予定額の倍以上もした、案内人女性に質すと「だって食べたでしょ」と目を吊り上げてチッと舌打ちする、お客さんの目の前でサービス業の若い女性が怖い顔をして罵る、驚きだ。

そして、翌日の観光や飲食が良いものに為った。なんなのだろうか、韓国では外国人観光客に対して対応の二面性が在っていて、情緒的な想いで日本人像が捉えられている。

但し、そうでない面が在るから可笑しい韓国民の精神矜持なんだ、深夜にホテル傍の屋台に行ったら他の3人の韓国人客が日本人と判って一瞬沈黙した。

言葉は共用語の英語しか知らない、しかし、そのうち酔いが回ると全員で楽しい日韓宴会に為った。

また、繁華街大通りを避けて奥の小道に在る螺鈿細工の店に行ったら老夫婦が経営で客がいない、値交渉も説明も日本と何等変わらない誠実な商売人だった。

肝心の夜は、初日は案内人に依頼すると、〇衒が13人ほどの若い女性たちをホテルに連れて来た、韓国ではシティホテルは若い女性が素通り出来て何時でも「相部屋」が出来るさ。その、1つの部屋で13人並べてどれか一人を部屋に連れて行けと言う、1泊4万円とのことだ。

値段で女性のレベルからしたら日本の〇ープの方が良い(あとで判ったがテクニックも比較に為らない、韓国の商〇女はほんとうに素人だ)、1回戦が終わったら直ぐ寝てしまうので不満が残る、そう言う1回きりの仕組みの様だ。

知り合いの韓国人の方が調達した2日目の夜の女性はみ~んな10代だった、触ると〇っぱいがやや硬めだった。値段も〇衒の女よりも安いと来た、しかも何回でもOKで朝ご飯まで一緒にお付き合いしてくれた(もっとも翌年に日本観光旅行中のことで、渡しておいた名刺で訪ねて来てくれた)。〇衒の女は深夜に知らないうちに行方不明になる。

同じ大手日本旅行業者の韓国旅行コースでも、前者の様な一般的な斡旋旅行の場合は大抵の方が気分を悪くするだろう。その点、手作り旅行なら国内旅行でも海外旅行でも個人的な楽しみや目的の旅行が思う存分楽しめることが実感出来た。

爾来、旅行会社の安価なコースセットでも飛行機だけ利用して後は自分で現地情報を調べてあちこち楽しむことにしている、現地の方々と触れ合い文化や伝統芸能や食生活やありの侭の人間性を知るのは楽しい。


2017-09-01 (Fri) 10:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply