韓流研究室

ARTICLE PAGE

台湾に中国軍機が急増、爆撃機などが宮古海峡を含め周回、能力誇示か

★台湾に中国軍機、急増 
 爆撃機など周回、能力誇示か

 朝日新聞 2017年8月18日05時00分
 
http://www.asahi.com/articles/DA3S13091698.html

AS20170817003843_comm.jpg

AS20170817003519_comm.jpg

中国の空軍機が
台湾周辺で飛行訓練を繰り返している。

今月12~14日には3日連続で
台湾を周回するように飛行。
7月以降、計8回に達した。
爆撃機や電子戦機などを投入しており、
中台関係の悪化を背景にした
台湾への圧力や能力誇示とみられる。

台湾側も戦闘機を緊急発進させるなど
警戒を強めている。

 台湾・国防部や日本の防衛省によると、
14日午前、中国のY8電子戦機が、
台湾南方のバシー海峡の上空を抜け、
台湾東方の太平洋を巡り、
沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡を通って
中国に戻った。
左回りに台湾を巡る形だ。
13日も同型機が、
12日は同型機とH6爆撃機が周回した。

 台湾で蔡英文(ツァイインウェン)総統が
就任した昨年以降、台湾を周回するような
中国軍機の訓練が散発的に確認されてきたが、
目立ってきたのは今年7月からだ。

その都度、台湾の空軍機や
日本の空自機が緊急発進している。

周回に加え、台湾海峡の中間線に沿うように
西側を飛行する例もあるという。

 7月最初に中国軍機が台湾周辺を飛行した
13日の翌日、中国国防省は訓練への
警戒について、
「大騒ぎしたり、深読みしたりせず、
 慣れれば良い」
とする報道官の談話を公表。
中国空軍も後日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に
台湾周辺とみられる空域を飛ぶ空軍機の写真を載せ、
「常態化! 常態化! 常態化!」と投稿した。

 中国軍は近年、遠洋展開能力の向上を図っており、
昨年末から今年初めにかけて初の空母「遼寧」も
台湾を一周する航海を実施。
危機感を抱く台湾の蔡総統は7月末、
戦闘機部隊が配置されている南部・台南市の
空軍基地を急きょ視察し、兵士を激励した。


 台湾・淡江大学の黄介正・助理教授(安全保障)は
中国軍機の飛行について、
「台湾への圧力に加え、
 台湾の空軍機やレーダーの反応や
 能力を探っているのだろう。
 米国や日本に対し、継続的に力を示す
 意味もある」
とみている。
(台北=西本秀)




「常態化! 常態化! 常態化!」

宮古島など、離島防衛のための
自衛隊配備を反対しているサヨクって
爆撃機が頻繁に通過する事態に
怖くは無いのでしょうか?

miyakoEYEPCinFLTJqbOm-800x450-noPad.jpg

miyako120932b730229dc7d8b5aacef153f0.jpg

miyako0800045013889202820.png

miyakoC7bLZtQU8AA9WAi.jpg

miyako20170312_1197911.jpg

一体、
誰の為に反対運動をしているのでしょうか?
戦争をしたがっているのは、どちらかな?


 mizuhod0fa7418-s.jpg

 mizuho65ef44b-s.jpg

 mizuho2c75f064-s.jpg




★石川健治東大教授
 「安倍政権の支持率が下ると
 必ず北朝鮮からミサイルが発射されてきます」

 保守速報 2017年08月18日
 http://hosyusokuhou.jp/archives/48798858.html
(引用開始)
9条というユートピアを掲げ続けることで、
現状追随的な外交に歯止めをかけてきた
側面は軽視されるべきではありませんが、
これまでのところ平和が守られてきたのは、
「パックス・アメリカーナ」のおかげだった
という事実に、
目をふさぐことはできないでしょう。
(中略)
実際、安保法制によって名実ともに
日米同盟を完成させれば、
中国や北朝鮮に対する抑止力が発生する
という触れ込みでしたが、
当初から指摘されていた通り、そうした立法事実は
存在しませんでした。
彼らの動きは、かえって活発化しています。
安倍政権の支持率が下降すると
必ず絶妙のタイミングで、
北朝鮮からミサイルが寸止めの形で発射されてきます。
敵対関係というよりはむしろ、
お互いがお互いを必要とする、
隠れた相互依存関係の存在すら感じられます。


 isida2017060500003_2.jpg

(中略)
コメント欄

支持率爆上げならミサイル飛ばない平和な世界か

じゃあ平和のために安倍を支持しよう

(続きはリンク先で)


この人、東大の憲法学者…トホホ。


★自民党政権のある防衛相のとき
 尖閣上空視察中止のナゾ
 「中国を刺激しない」では尖閣失う

 正論9月号
 http://www.sankei.com/smp/premium/news/170805/prm1708050001-s1.html


★自衛隊に広がる「異国の血脈」――
 中国人の「親・妻」を持つ隊員が増加
 (選択出版)

 8/17(木) 9:30配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00010000-sentaku-soci




中国の
台湾への軍事挑発や尖閣諸島周辺の領有権主張は、
安倍政権誕生以前から続いていたし
安保法改正も関係ない。


★第三次台湾海峡危機
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%B5%B7%E5%B3%A1%E5%8D%B1%E6%A9%9F


彼らが9条のユートピアを妄想していても
中国は着々と軍事拡大を進め挑発してくる。
北東アジアの危機的状況は、
安倍政権以前から続いていたでしょう?
9条があるから平和なんて嘘っぱちだわ。



■☆Chris*台湾人☆‏ @bluesayuri
 https://twitter.com/bluesayuri/status/893489690812088321
 台湾の新聞。
 中共が印度を恫喝する為、
 西蔵の南部に昼から夜まで休みなしに
 ミサイル実弾を発射してる

 正に亜細亜のヤクザで、世界の強盗です、
 中共の隣国が全て虐められてる。
 日本も九条を守っても、中共の侵犯がやまない、
 この現実を直視して欲しい。

 cinaDGZQILhUIAAT3vu.jpg






政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

隠れた相互依存・・・・あります、あります。あります。

東大法学部出身の東大法学部教授・・・。というだけで連想させるイメージがありますね。憲法学の人がなぜ国際関係をかたる。

>実際、安保法制によって名実ともに日米同盟を完成させれば、中国や北朝鮮に対する抑止力が発生するという触れ込みでしたが、彼らの動きは、かえって活発化しています。
>安倍政権の支持率が下降すると、必ず絶妙のタイミングで、北朝鮮からミサイルが寸止めの形で発射されてきます。
>敵対関係というよりはむしろ、お互いがお互いを必要とする、隠れた相互依存関係の存在すら感じられます。

これと同じ内容を内田なんとか言う思想家も書いてました。やはり防衛することが悪いという発想に凝り固まっていなさる。
国内法制定だけで戦争を防げるなら、世界中がすでに平和です。

なんで普通に、鍵を丈夫にしたら泥棒がさらに強くこじ開けようとしたとか、チンピラが嫌がらせをするので助っ人を呼んだらチンピラのほうもそれ以上に人数を集めてきたとかというふうな自然な解釈ができないのかな。

「隠れた相互依存関係」は、普通に考えれば、この憲法学者先生たちと辺野古の無法政治家と中朝にこそありそうですよね。

2017-08-19 (Sat) 09:45 | EDIT | REPLY |   

sakada

>台湾に中国軍機が急増、爆撃機など宮古海峡周回、能力誇示

10月の数年に一度の共産党大会乗り切りのために一生懸命な習主席、同時に実施される大量の執行部人事異動は習主席政権に対峙する内部抗争の度合いが観て取れる。確かに反習主席政権勢力が党中央に存在する。

いま中國経済が一転して好調だ、GDP成長率が6月で6,9%も遂げている。地域自体の経済が好調でGDP成長が著しいアシアン諸国でも主要6カ国の成長率を1ポイントリードしている、更にGDP成長が急上昇中のインドとどっこいのGDP成長率達成している習主席政権だ。

外需が厳しい一方で内需拡大に因るGDP成長後押しの様で、エネルギー価格の低下が成長もたらしているが、もう頂点に達した。その内政に於いて、大都市が中心の不動産バブルの熱さましも順調とのこと、中國の統計数値って本当に本当なんだろうか。

いまの習主席にとって国際政治情勢など眼中にない、自分の今後の独裁体勢護持構造固めに一生懸命だ。その為に、内政的にとりつくろう経済は党大会前に準備万端にした(その証しである国際的に嘘が吐けない外貨準備高=政府が自由に使用出来る貯金の動静が未だ不明だ、間違いなく消耗の一途だ)。

次なる求心力醸成手段が国民の習主席政権に対する支持率向上で、効果が一番高いのが民族自尊主義の悪用=日本に盗られたものを奪還すると言う在りもしない被害妄想の嘘宣伝だ(その点が韓国の文大統領と共通する妄想だ)。

いま、内外の社会問題でストレスが鬱積した国民の習主席政権批判視線逸らしに、その原因は日本なんだと妄想詭弁を説いて中國の統一的な民族主義を煽り、それで国民に民族自尊主義が台頭して来たらしめたものだ。その一番の宣伝が尖閣諸島をとり戻すという習主席の妄想詭弁だ。

習主席は2016年10月に尖閣諸島奪還と共産党創設85周年大会で宣言している限り、秋の大会で尖閣はどうなっているのか質されるので進捗状況を説明する要が在るので、9月まで懸命に尖閣諸島領海侵犯を拡大させる。それは一方で、習主席が国際社会に尖閣諸島は既に中國が統治しているとの大嘘を発信させる事に繋がっている。

ゆえに、安倍総理は2016年1月に尖閣諸島領海侵犯の中國のグレー巡視船=巡洋艦改造の巡視船に対して今後は護衛艦が海上警備執る(退去しないと護衛艦が船体射撃する)と通知したごとく、習主席に一言通知することだ大事だ。

相手は民主主義を否定した共産主義だから国際法も条約も正義も人間性も無視した独裁国家だ、民主主義国家の常識で中國を理解しようとすると自体が、日本人が入口を間違っている、通用しないさ。安倍総理は、いま通知しないと習主席が安倍総理が認めていると更に国際社会に嘘を吐き出す。

あの時の中國グレー巡視船海警(巡洋艦改造)の30mm機関砲に政府が驚いた振りしたら駄目だ、石垣島の巡視船に40mm機関砲搭載型が出番を待っている。中國のグレー鉄製中型漁船が搭載している携帯ロケットの射程距離外から撃つ事が出来るので、40mm砲弾なら間違いなく死人が出る。

もっとも、1万トン巡視船と違い同じ1万トン中國海警が搭載している武装は30mm機関砲以外に、毎分90連発の76mm砲が在る、76mm砲は自分に向かって来る対艦巡航ミサイル撃墜用だ。それが世界基準の巡視船なのだろうか。

そもそも中國の巡視船海警が通常の国の巡視船と任務が異なっている、任務自体が巡視船の振りした巡洋艦なので自国船の海難などに対応しない、助ける義務が存在していない。それがばれてしまったのが2年前の尖閣諸島領海内で遭難した中國中型漁船だった。

ヘリ迄動員して助けたのが信号受信した石垣島巡視船だった、中國海警が巡視船よりも遭難船にちかい海域に2艦居たが、石垣島巡視船の人命救助の様子を傍でただ観ているだけだった。それに対して、中國内で自国民を助けなかった海警に非難が大きいとの報道が配信された。非難すること自体が仕組上で間違いだ、今の中國人若者視線が国際常識視線に為って来ているのだろうか。


台湾に中国軍機が急増に付いて、2016年1月為政奪還した民進党の党是が台湾独立だ、そんな事など台湾国民が支持していたので為政の国民党を追い出した。支持された最大の理由が、蔡総統が訴えた国民党が塩漬けした年金支給問題の改善だ。

将来の年金支給問題はGDP成長で唯一実現できるが、国民党馬前総統が執った成長政策が8年前の中國大陸と台湾は同じ経済圏で成長を見出すという一つの中國政策合意だった。

一見して、寄らば大樹で安心安定なGDP成長政策と想えるが、その瞬間より中國の経済虜囚に為り、逆に言えば今の韓国の様に後で中國が経済制裁の手段にするので国の生存性に脆弱性が出て来るさ。

いま、台湾に中國軍機が急増している事態に対し、蔡総統がアメリカに世界最強次世代ステルス垂直離着陸戦闘機ライトニングの買入を申し出た。総統が申し出たので根回しが上手く行ったのだろう、アメリカは国内法に唯一自動的に守る国を台湾と定めているので、台湾にライトニング供与の蓋然性が高いと観ている。

ライトニングで想い出すのが2016年1月に嘉手納飛行場へ1個隊飛来した事だ、琉球新報と沖縄タイムスは軍事知識が無いので単に事実報道で終ったが、あの1個隊は台湾国政選挙に中國が手を出さない様に見張り役としてやって来た、今迄台湾の国政選挙で暴力介入して来た実績が在る。

ライトニングに今迄世界最強と称されたイーグル戦闘機が通用しない、すなわち中國軍・ロシア軍・NATOがライトニングに依り無力化されてしまったので、アジアの又世界の空戦と戦略が一新されてしまった。

中國空軍の最新鋭機がライトニングにまったく通用しない事実を、膨張主義の習主席の立場で見つめ直すと中國の東南シナ海の海洋資源権益侵奪戦略が絵にかいたモチに為ってしまった。

そのライトニングを自衛隊が6月より国内組立てで暫時42機導入している。いまの那覇空港にイーグル戦闘機が2個隊40機いる(=原子力空母と同じ数だ)、そして嘉手納飛行場にもイーグルが2個隊居る。その陣容は沖縄本島に原子力空母が2艦居る事と同じで、アシアン諸国を沖縄のみで始末出来る事に為る。その沖縄本島の原子力空母2艦がライトニングから無力化されてしまうと例えれば分りやすい。

中國にとっては、安保で一番危ないのが韓国配備のサードではなく、沖縄配備のライトニングの方なんだ。

そのライトニングの国内演習地が耐熱仕様飛行場の伊江島だ。その為に、ライトニングの離着陸演習阻止するために伊江島上陸しているのが辺野古移設阻止運動の正体不明の総司令官北上田毅氏だ。

既に2017年1月から伊江島で、首都圏の或る種の弁護士会や北上田毅氏極左一座や演劇人(あの宮古島の石嶺市議にも首都圏の演劇人がちゃぁんと張り付いているさ、もともと与那国島の自衛隊が大嫌いの集団の若いママさん細胞が2年前宮古島に上陸して運動やっている)たちが住民洗脳行動執っている。

その様に手繰っていくと、日本~韓国~北朝鮮~中國の間に一本の赤い糸が繋がっている事が分る。やってる連中は、在沖縄米軍基地由縁の社会不満でストレスが鬱積した沖縄県民に対して義心より運動しているのでは全くない、狙い目は別の次元に在り習主席の妄想詭弁が産み出すより住みやすいとする世界の創出に在る。

そもそも、日本共産党そのものが日米安保条約が国際条約なので在日米軍基地が絶対撤収出来ないと一番分っているので安心して出て行けと怒鳴って支持集めに邁進している、騙されては駄目なんだ。

2017-08-19 (Sat) 10:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply