韓流研究室

ARTICLE PAGE

朝日新聞「全国戦没者追悼式で、首相が加害責任触れず」⇒戦争を煽った朝日新聞は加害責任とらず

★終戦72年、追悼式に6200人 
 首相、加害責任触れず

 朝日新聞 8/15(火)
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000031-asahi-soci
72回目の終戦の日を迎えた15日、
政府主催の全国戦没者追悼式が
日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。
天皇、皇后両陛下や全国から集まった遺族ら
約6200人が参列し、
約310万人の戦没者を悼んだ。
安倍晋三首相は不戦の決意を表明する一方、
アジア諸国への加害と反省に
5年連続で言及しなかった。


安倍首相は式辞で、
「私たちが享受している平和と繁栄は、
 かけがえのない命を捧げられた
 皆様の尊い犠牲の上に築かれた」

と哀悼の意を表明。その上で、
「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」
と述べ、3年続けて同様の表現で
不戦の誓いを強調した。

 首相の式辞では
1993年の細川護熙氏以降
歴代首相がアジア諸国への「深い反省」や
「哀悼の意」などを表明し、
加害責任に触れてきたが、
安倍首相は今回も言及を避けた。

 正午に参列者全員で黙禱(もくとう)した後、
天皇陛下が「おことば」を述べた。
「深い反省」という表現を3年連続で使い、
「戦争の惨禍が再び繰り返されない」ことを
切に願うとした。

(引用ここまで)




>1993年の細川護熙氏以降

★細川護熙元首相
 「祖父、近衛文麿の“遺書”が
  裏付けた侵略戦争」
 
 2015.8.14 07:00 週刊朝日
 https://dot.asahi.com/wa/2015081200063.html


★謎の人物① 近衛文麿
 https://blogs.yahoo.co.jp/naomoe3/60363897.html
戦前の有名な人物で
近衛(旧字体では近衞)文麿公が
私にはどうもよく理解できません。

理解できないというのは

日本を世界戦争(敗戦革命)に突入させようと
画策していたのか?
日本の権益を追い求め
自身の人気を高めようとしていたのか?
昭和天皇をどのように見ていたのか?
(天皇の前でも足を組んでいた)

昭和天皇に共産主義を利用し
威嚇しようとしたのか?
何処まで共産主義者だったのか?
(ゾルゲ事件の尾崎秀実は近衛の腹心)


不思議な事に
戦前、近衛文麿が登場するたびに
日本は大きく世界戦争へと
衝き動かされたようにも
思えてしまうのです。


第一次近衛内閣 1937年6月~19391月
        年盧溝橋事件 支那事変勃発
        国家総動員法成立

第二次近衛内閣 1940年7月~1941年7月
        北部仏印進駐 
        日独伊三国軍事同盟締結
        日ソ中立条約 
        関東軍特種演習

第三次近衛内閣 1941年7月~1941年10月
        南部仏印進駐
        ハルノート提示(日米交渉決裂)
        帝国国策遂行要領

戦中・戦後 近衛上奏文(共産革命脅威論)
        ソ連による和平仲介を展開
        1945年11月米揚陸指揮艦アンコンで
        謎の尋問を受ける
        1945年12月GHQの出頭要請で服毒自殺


(続きはリンク先で)


ソ連のスパイでは無いけれど、
ブレーンの朝日新聞・尾崎秀美に感化されて
いたのではないか?説↓
元祖・鳩山由紀夫…

★「近衛文麿はソ連のスパイだったのか」
 http://blog.goo.ne.jp/kirakiraboshi31/e/79736e1823355af4bb3588d00b0e7fea




asahi0_20170816001740fda.jpg

asahiimg_43.jpg


★尾崎秀実の手記
 http://vaccine.sblo.jp/article/834188.html
「大東亜戦争とスターリンの謀略」
三田村武夫著の中にある資料集から、
ゾルゲ事件で有名な尾崎秀実の手記の
一部を掲載してみます。
 この本は昭和25年初刷ですが、
当時は『戦争と共産主義』という題でした。
勿論当初は発禁であったようです。

(中略)
コミンテルンの政策はソ連政府の国際政策に
強く支配されているばかりでなく自主的にも
その世界革命完成の目的のために
その中心をなす唯一の現有勢力たる
ソ連国家を守りその存在を維持するための
政策をとらざるを得ないのであります。・・・略・・・
 吾々のグループの目的任務は
特にゾルゲから聞いた訳ではありませぬが
私の理解する所では広義にコミンテルンの目指す
世界共産主義革命遂行のため
日本における革命情勢の進展とこれに対する
反革命の勢力関係の現実を正確に把握し得る
種類の情報ならびにこれに関する正確なる意見を
モスコーに諜報することにあり、
狭義には世界共産主義革命遂行上
最も重要にしてその支柱たるソ連を
日本帝国主義より防衛するため

日本の国内情勢特に政治経済外交軍事等の
諸情勢を正確且つ迅速に報道し且つ意見を
申し送って、ソ連防衛の資料たらしめるに
あるのであります。
従ってこの目的のためにはあらゆる国家の
秘密をも探知しなければならないのでありまして、
政治外交等に関する国家の重大な秘密を
探り出すことは最も重要な任務として
課せられているのであります。


(中略)
この本に対しての書評の中から
少し引用しておきます。

 元東京朝日新聞社会部長で尾崎が入社当時の上司
 リーダーズ・ダイジェスト日本支社長 鈴木文史朗氏

 三田村君が多年の研究により書いた
 『戦争と共産主義』は今この時期に、
 日本国民に示唆するところが非常に多い。
 この書の中に記録されている
 尾崎グループの中には、免れて
 恥無き何人かがいはしないか。

 彼らがいわゆる同伴者でなかったとしても、
 一尾崎に物の見事に駆使されていたわけである。
 現在の日本には、第二、第三の
 尾崎がうようよしているように思われる。
 また、第二、第三の尾崎に駆使されている
 学者や新聞記者も少なくないようだ。


 元首相 岸信介氏
 読むほどに、私は、
 思わず、ウーンと唸ることしばしばであった。
 支那事変を長期化させ、日支和平の芽をつぶし、
 日本をして対ソ戦略から、対米英仏蘭の南進戦略に
 転換させて、遂に大東亜戦争を引き起こさせた
 張本人は、ソ連のスターリンが指導する
 コミンテルンであり、
 日本国内で巧妙にこれを誘導したのが、
 共産主義者、尾崎秀実であった、
 ということが、
 実に赤裸々に描写されているではないか。


(続きはリンク先で)


★ゾルゲと尾崎秀実を擁護する朝日新聞
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/39795345.html


★朝日新聞が
 自社の戦争責任を検証したわけだが

 マスコミ不信日記 2006年07月17日
 http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/50648720.html





asahi0072801_1758543_20120930030457_20170816001739b85.jpg

asahi0072801_17582640_20120930030457_201708160017417a3.jpg

asahiDHMIB9eUIAE1oxX.jpg

asahi_e19370909zoomup_20170816015157d54.jpg

asahiairplane_asahi.jpg


日本国民に戦争を煽った朝日新聞は、
一切の加害責任をとっていないし
反省もしていない。

メディアの戦争責任問題に、
メディア自身で徹底追及する気は無いの?
一度検証したからOK?


昨年、海岸近くにある墓地にある実家の墓を
津波被害に遭っても浸水しないタイプに建て替えました。

戦死した一郎伯父さんの骨壺には、
出征の時に祖父母に残した髪の毛の束が
納められていました…
一郎伯父さんの遺影写真の裏には、
戦死の公報が納められていました。

フィリピンの小さな島で、
今も祖国に帰ることが出来ない伯父の遺骨。
祖父母が、
どんな思いで戦後の日本を見つめていたのか、
我々は、そうした現実の上に72年間を過ごして
きたことは、忘れてはいけない。

二度と戦争を起こさないために、
憎しみの種を振りまくメディアには踊らされない。



asahi8a2c9d1a.jpg



政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

>戦争を煽った朝日新聞  

煽ったのを通り超して国民に戦況の嘘を見事にばら撒いた張本人が、朝日と毎日の最前線派遣の従軍記者だ。

朝日新聞社と毎日新聞社は未だに従軍記事のねじ曲がった恣意的な事実関係を懺悔せずに隠蔽した侭でいる。

なぜ、最前線が日本中心に360度と言えるあの様な広大な景色の戦地に於いて、その前線従軍戦況記事が全て大本営の思惑通りの記事に仕立てられていたのかの事実に注目しないといけない。

記者は軍人ではない、一人ぐらい事実関係を打電した信念の報道人が居ても良さそうなものだ。でも、或る時点から翼賛の立場を超えて、朝日新聞社と毎日新聞社がとうとう大本営の代弁人に為ってしまった、国民が誰も知らない内に大手新聞社が軍人に為っちまった。

その事件とも言える転換点が、ミッドウェーで初の海戦大敗北報道の処分だった。従軍記者の大敗北報道を問題視した大本営が書いた記者を幽閉してしまった。その記者が無事に帰国出来たのは戦後だったが、それさえも戦後なのに新聞社が報道してない。その従軍記者幽閉を報道したのが戦後のアメリカだった。

爾来、最前線で軍の従軍記者よいしょがはじまった、その厚遇振りには誰でも大喜びするさ。その蜜月振りを新聞が未だに懺悔せずに隠蔽した侭でいる。翼賛の正体とは何時の世も温かい晩御飯を家族と一緒に食べる事が出来る世相を指す。

15日夜NHKのインパール作戦の事実関係番組を観た、一番大事な真実が恣意的に除外されていた。作戦立案した第十五軍司令官の牟田口中将に焦点が当てられていたが、日本軍のやり方に異を唱えた同じ中将の佐藤烈兵団長が打電に応答しない南方司令部に背いて撤収してしまった。

その佐藤中将が指令部に出頭して牟田口中将に、貴殿は馬鹿の四乗だと皆の前で詰った。その事実関係を報道したのが戦後のアメリカメディアだ。

本来なら佐藤中将は二重の罪で軍法会議に一方通行の身分だったが、終戦まで精神異常者と大本営が主張して参謀本部附で幽閉した。もしも軍法会議送りにしたら、その処分を天皇陛下に上奏しないといけない。上奏したらインパール作戦の最終責任が大本営参謀の無謀に在った事が天皇陛下にばれてしまう、既に東郷元帥が天皇陛下の問いにインパール作戦が順調ですと上奏していたからだ、その作戦が順調な様子を朝日新聞と毎日新聞が国民に一生懸命発信していた。

そう言う、国民を欺いた朝日新聞と毎日新聞に対して、処分を覚悟して戦時中に報道した新聞社が読売報知新聞社で、1945年7月22日の読者投書欄に「歯の浮く文字」と題した言論統制を詰った記事だった、一説では記者が読者に成り済まして載せたと示されている、そう言う記事の一方で召集令状もさなかの世だった。

①「報道人や指導者にお願いがある、鉄壁の要塞など何たる我田引水の言だ、負け惜しみは止めてもらいたい」②「俺たちはどんな最悪の場合でも動ぜぬ決意でやっている、俺たちを安心させる様な言葉は止めてくれ、その実、逆効果を生む」③「政治家も戦え」④「食料事情に於いて、兵器事情に於いて、誰1人として出来なかった責任に日本人らしく切腹した政治家がいない」⑤「政治家も日本人らしく戦ってくれ」等が載った。読売報知新聞が大本営に楯突いたが処分されなかった、それも戦後の朝日新聞と毎日新聞が報道しない。

どんなに、民主主義を否定して全体主義を煽っても、また、国民に従う様にさせておいて、逆にさらに協力を要求しても、それがどんなに軍事独裁体制下でもしょせんは国家体制で人間性を否定する事が出来ないものさ、それを戦時中に読売報知新聞が証明していた。

その人間の自由民主求める人間の性に、日本共産党と中國共産党が未だに自覚が無い。より良い住みやすい日本社会が共産主義者の指導する側の要求と、指導される側の国民の協力で為されるなんてさ、そんなお馬鹿な話などマルクスの資本論のどこにも記されていないさ。

なお、アメリカの分析結果で日本軍の敗北理由については、インパール作戦の様な無謀な兵站事情に在った。事実、大本営の参謀に途中まで兵站上りの将校がたった1人だった、後はいない。その証しが④の投書だ。

だから戦闘維持させる兵站の思想が初めから無い、あるのが大和魂だったが魂で腹が一杯に満たされない。アメリカの報道で、インパール作戦で一兵卒に供給された小銃の弾丸が200発入りの1箱だった、1箱なら1時間ぐらい持つかも知れない。

つまり、大本営の参謀がみな④の投書の侭の通りに戦闘現場が分らない無責任な保身政治家だった、あろうことか天皇陛下までも最期の御前会議までも騙し続けていた、その最期の最期に為って天皇陛下が初めて陸軍参謀を一喝された、天皇陛下が陸軍参謀に仰せの言葉である「見こみなど無いっ」を未だに朝日新聞と毎日新聞が報道していない。

戦後の朝日新聞と毎日新聞が進駐軍の翼賛新聞に一変して反日新聞に為った理由は、マッカーサーが2紙に進駐軍の戦後復興支援の宣伝を推進させる為に、戦争煽った2紙に免罪符を与えた。厚木に舞い降りたマッカーサーが日本国内の武装解除よりも先に翼賛新聞の廃刊に在ったが宣伝役させることで罪を許した。

但し、進駐軍の意に反して時事通信社の前身が「一昨日も16件の進駐軍の犯罪が発生した」と新聞報道したので、怒ったマッカーサーの廃刊第一号処分(自由民主主義の名誉新聞じゃないか、あの読売報知新聞と同じだ)に為った。一方で、マッカーサーが創設した日教組に、戦時中に子供を煽って戦地に送りこんだ修身教育の教師はみんな入組して、新聞同様に反日教育に熱を上げて来た。

戦時中も戦後も、温かい晩御飯を家族と一緒に食べる事が出来るのが翼賛者のしょうもない正体なんだ。さて、今の朝日新聞と毎日新聞と日教組っていったいどこの国の翼賛者になっているのだろうか、なぜなら未だに反日姿勢が続いているので親玉っていったい誰なんだろうな...。

2017-08-16 (Wed) 10:10 | EDIT | REPLY |   

弓取り

真実はかうだ

日本国民を戦争にあおりたてた朝日新聞。
社員の尾崎秀実は共産主義者で、ゾルゲと通じて、近衛首相にも意見を言った。
国民の見えるところで戦争推進。見えないところで戦争推進。
ん?・・・全面的に戦争推進者です。責任はとらない。
他人に責任を押し付ける。攻撃は最大の防御。インテリですなあ。

2017-08-16 (Wed) 22:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply