韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国「海警」2隻が鹿児島県南大隅町の佐多岬沖に5時間半も領海侵入

★中国公船、鹿児島沖の領海に侵入 
 海保が初確認、130キロ航行

 産経WEST 2017.8.10 17:37
 
http://www.sankei.com/west/news/170810/wst1708100072-n1.html
第10管区海上保安本部(鹿児島)は10日、
鹿児島県沖の領海内で、中国海警局の船2隻が
航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した
と発表した。

この海域で中国公船の領海侵入
確認したのは初めてとしている。

 国連海洋法条約によると、
すべての国の船舶は沿岸国の安全などを害しない
限り領海を通航する権利(無害通航権)がある。
10管本部は今回の侵入がこれに当たるかどうか
明言していない。
中国公船に対しては
「無害通航に当たらない航行は認められない」

と呼びかけ、監視・警戒を行ったという。

 10管によると、
2隻は10日午前6時15~20分ごろ、
佐多岬(同県南大隅町)の南方沖の領海に相次ぎ侵入。
西に約130キロ航行し、同11時45~50分ごろ、
草垣群島(同県南さつま市)の北西沖から領海を出た。

 領海に侵入したのは、
7月に青森沖と九州北部沖で
侵入が確認された際と同じ船という。


(引用ここまで)


★九州南部の領海、
 中国「海警」2隻が初進入 鹿児島

 朝日新聞 2017年8月10日20時07分
 http://www.asahi.com/articles/ASK8B61GHK8BTIPE02L.html
第10管区海上保安本部は10日、
中国海警局所属の公船「海警」2隻が、
鹿児島県の佐多岬沖で日本の領海に
進入したと発表した。
九州南部の領海内を中国海警が
航行するのは初めてという。

 10管によると、10日午前6時15分ごろ、
「海警2506」と「海警1304」が、
佐多岬の南で領海に入るのを哨戒中の巡視船が発見。
2隻に対し無線で
「無害通航にあたらない航行は認められない」
と呼びかけた。
2隻は約5時間半かけて西へ約130キロ航行し、
領海を出たという。
この2隻は、7月15日にも九州北部海域の
領海内に進入している。
 10管によると、中国側には外交ルートを通じて
航行の意図などを確認する「関心表明」をしたという。

(引用ここまで)




cina0024695546.jpg

鹿児島県南大隅町の佐多岬沖に領海侵入し
5時間半も居座り続けた
「海警2506」と「海警1304」
昨年にはこんな事件も


★中国軍艦が侵入
  「領海」「接続水域」で緊張

 日本経済新聞 2016/6/10
 http://www.nikkei.com/article/DGXZZO03455790Q6A610C1000000/
cina110.jpg
領海侵入した中国の情報収集艦の同型艦=防衛省提供


cina910.jpg

(全文はリンク先で)


★中国海軍の軍艦が領海侵犯 
 海上保安庁、自衛隊の増強が急務

 『週刊ダイヤモンド』 2016年6月25日号
 http://yoshiko-sakurai.jp/2016/06/25/6418




今朝の日本テレビ「スッキリ」
”北朝鮮 グアム4発同時攻撃を検討
 日本上空も通過か”のコーナーで
コメンテーターの宇野常寛氏
uno209.jpg

「閉会中審査で、
 北朝鮮対応を議論して欲しかった。
 もうね、時間が無いから
 あらゆる特例法を駆使して
 自衛隊が動きやすいようにして欲しい。

 憲法9条は、昭和の人のアイデンティティ
 みたいな所があって硬直しちゃうから
 安倍総理は初めて改憲した首相を目指さず
 9条をあらゆる特例法で完全無効化した
 初めての首相になればいい。
 野党もメディアも
 下らない揚げ足取りなんかしてる場合じゃなく
 野党は、政府がどのように対策をとるのかを
 監視すればいいんじゃないか?」

 
というようなことを言っていて
(家事をしながらの流し視聴だから要約だけど)
若い世代の方が柔軟だよな…と思った。
でも、
それでは応急処置に過ぎず限界がある。


先日の「報道特集」での桂歌丸さんの
「戦争を知らない政治家が
 戦争に触れるなと言いたい。
 あるいは戦争を知らなかったら
 戦争をもっと研究しろと。
 戦争はいいものなのか悪いものなのか
 きっちり判断をしろと言いたい。
 上辺だけで喋ってるからおかしくなる。
 いいものと思ってる政治家だったら
 我々は絶対に選ばない」

というコメントに対して、
悲惨な戦争をリアルに体験しているから
お気持ちは凄く解る。
解るんだけど
戦争を体験したことのない我々が
言うのもなんだが


■Masashi MURANO‏@show_murano
 https://twitter.com/show_murano/status/894275557176692736
(太平洋)戦争を経験した人の話は
真摯に聞くべきだと思うが、
戦争を研究している人に話も
真摯に聞くべきだろう。
が、戦争を体験した世代は、
数年間の一体験が大きすぎ、
世界の多様な戦争を
客観的に研究している人の
話を聞かない傾向にあるというか、
まずそういう機会があまりないように思える。


米国の国防政策、核、抑止、ミサイル防衛、
防衛技術、シナリオ演習などを研究している
シンクタンクの人の意見なのだけれど
戦争が、
・どのような経緯で衝突に至ったか
・どのような戦略が取られたか・・・等など、
客観的な軍事研究はとても大切だと思うし

現状の国際的な情勢を分析して
偶発的な軍事衝突から戦争に発展しないように
中国公船の挑発を制御させるための
海保と自衛隊との連携とか
南シナ海に関しては米豪との連携とか
外交と並行して
あらゆる策を駆使しなくてはならない。

誰も「戦争がいいもの」なんて思っていないよ。
どうやって自衛をするかなんだよ。

何でもかんでも反対!では、
今後の情勢に対応できないと思う。

米朝の威嚇合戦が続いている。

戦争を体験していない人の言葉は
「上っ面」に聞こえてしまうかもしれないけれど

何も対策をとらなければ
どんどんエスカレートしてしまう気がする。
「戦争なんて、もう二度と体験したくない!」
というお気持ちは痛いほど解る。
体験者が、万が一を想定する国防の話
拒否反応を示すのは解るけれど
この脅威を収拾させなくてはならない。

とにかく、国会がまともな場になって欲しい。





安全保障学が専門の武内和人氏
https://twitter.com/Kazuto_Takeuchi/status/895658438348333056
「安全保障と現状維持バイアス
 客観的に見て明白な危険が迫っていても、
 いつものことだと思い込み、
 特異な行動をとらない心理を
 現状維持バイアスと呼びます。

 安全保障では
 「最悪の事態に備えるために」
 といつも言われていますが、
 これは判断基準から現状維持バイアスを
 除去する上で重要な考え方です。

 我が国ではすでに北朝鮮のミサイル実験に
 関する報道がこれまでにも繰り返されてきましたし、
 米国、日本、韓国の外交的非難や制裁措置にも
 慣れ切っているかもしれません。
 しかし、
 それは危険な感覚であると自覚すべきですし、
 今回の事態の深刻さを小さく見積もらないように
 すべきだと思います。


 戦争はあり得ないとの見方もあるでしょうが、
 まだトランプ政権は発足から1年も経過しておらず、
 国防政策、軍事戦略に対する考え方は
 ほとんど未知数です。
 どんなモデルを使って予測するにしても、
 十分なデータもなく政策予測ができるわけもないので、
 今は危機管理に専念すべき局面だと私は思います。 

 言いたいことの捕捉:
 安全保障はギャンブルではない。
 大事なことは将来を正確に予測することではなく、
 どのような将来が発生しても
 対応できる準備を整えておくこと。

 今回も今年4月の危機と同じような展開を辿って
 沈静化するだろうと判断し、
 現在の状況の特異性を軽視すべきではない。」




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

sakada

>中国公船、鹿児島沖の領海に侵入 海保が初確認、130キロ航行

領海だったらなにやっても良いさ、明日から世界最高精度の三菱製対艦対地巡航ミサイル神風の実射演習で、中國軍艦の行手の領海域に水柱を上げて見せ付けて頂戴。その水柱を上空から観たら出て行けと言う文字だ。

安倍総理、8月から日本のナビゲーション衛星が誤差数センチを世界で初めて実現運用出来ています。アメリカ軍にない軍事衛星とも言えるナビシステムで、アメリカ政府が日本に宇宙の平和と商業利用で5月に日米安保担当部門も交えて合意文書を交しました。日本の軍事衛星システムを利用したら、南シナ海南沙西沙諸島の軍事基地や、大陸湖北省の三峡ダムや、北朝鮮金正恩氏の愛人邸宅が手のひらサイズの誤差で精密着弾が出来ます、1発で金正恩氏を仕留める態勢が実現出来ました。既に、一昨日のトランプの北朝鮮発言のフォローで政権高官が精密攻撃と発言しました。あの精密攻撃って日本のナビ衛星と自衛隊の衛星システムのなにものでもありません。是非、南西諸島EEZ海域でプレゼンテーション願います、世界が注目して売って頂戴と言い出します。

2017-08-11 (Fri) 09:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply