韓流研究室

ARTICLE PAGE

72回目の原爆忌、犠牲者悼み平和願う場の横で叫び声をあげる中核派や全学連、日教組たち

★72回目の原爆忌、
 広島で犠牲者悼み平和願う

 読売新聞 2017年08月06日 08時37分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170806-OYT1T50021.html?from=ytop_main3




犠牲者を悼む大切なこの日に、
相変わらず親北派活動家が集結する。
原爆が投下された8時15分になっても
太鼓を叩き続け、「安倍は帰れ」と叫び続け、
犠牲者のために黙祷を捧げない活動家達。

この人達が、本当に抗議するべきなのは
核ミサイル開発を進める北朝鮮ではないのか?


  payokuDGgICR2VoAE9eNJ.jpg

韓国民主労総の仲間…

★関西の中核派を要警戒
 https://twitter.com/sumerokiiyasaka/status/893366041706872836
 中核派労組の関西合同労働組合の
阪神支部長の許用皓、
元西宮市職労で中核派保育士の山本美知子
私達3人の戦いは
 韓国民主労総委員長ハンサンギュンと。

 (若い巡査を火炎瓶と鉄パイプで殺害した)
 星野文昭さんと赤い糸で繋がっています。
 一切は団結です。獄中からサランヘヨ。」


  payokuDGgICRyV0AA3evc.jpg


■東京北部ユニオン@swu_kawa
 https://twitter.com/swu_kawa/status/893977411418587136
 原爆ドーム前から、
 安倍倒せ・戦争止めようのデモ。
 都庁レストランふくしま署名解雇を許さない会
 ノボリはためく。


 payokuDGgLrlqVwAA_9n4.jpg

payokuDGhQtJAVYAET40b.jpg




「北朝鮮の核はダメだけど
 アメリカの核は許される!
 こんな事がまかり通ると言うんですか!」




payokuDGioAgYVoAANvPr.jpg

民進党・有田芳生は、
広島市の切実な願いも無視する国壊議員


hirosimaDGioAgVUAAAl0Qm.jpg




この人達は、誰の為に
慰霊のための式典を、騒音で汚すのか。
誰の為に「戦争をさせない」と叫ぶのか。

d0be6058cb7116a44eb1245ea3f4dfcd.jpg

「戦争をさせない」ではない。
私達は、「戦争をしない」のだ。
その為に、あらゆる努力を払い
尚且つ、この国を、この国に生きる
我々の命を、未来の命を守るのだ。守り抜くのだ。




そのためには、
いつまでも「恨」なんてものを
抱えて生きていてはダメなのだ。

「恨」「怒」なんて感情に未来は無い。
そうした負の感情を乗り越える為に
このような人がいたという歴史を心に刻む。

人間には理性がある。
お互いが「赦し」の心を持たなければ
戦争の種火はいつまでも消えない。
罵っても平和は訪れない。


★原爆72年目・広島に家を建てた
 アメリカ人フロイド・シュモー

 http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5250007.html




過激派のデモに日教組の幟旗が見える。

  1ivMlb8X_201708062102350d7.jpg

  aozoraPN2009092501000063_-_-_CI0003_201708062104365e6.jpg


終戦後の廃墟の中で、
何もない瓦礫の中で、
何よりも優先して
生き残った子供達に学びの場を創った
教師の姿こそが「平和」の道標ではないのか?

「教育労働者」と自称する組合員に、
子供達は何を感じるだろうか?
教師である前にイデオロギーを優先する姿に
祈りもせずに叫び声をあげる大人の姿に、
子供達は何を信じればよいのか…



★被爆の3日後に走り始めた、
 広島の路面電車。
 人々に勇気を与える姿に感動…

 http://grapee.jp/40301



広島を、政局に利用するな!

konisiDGg4LkzUMAADvop.jpg

陳腐な言葉には、何も感じない…




原子爆弾の開発政策(マンハッタン計画)を
推進したフランクリン・ルーズベルト大統領。


★フーバー大統領の回想録には、
 大東亜戦争の歴史の書き換えを迫る
 重大な記録が含まれている。

 2012年02月29日
 http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/fce93545125696bebb8f2a84f07e56c2
Freedom Betrayed: Herbert Hoover's Secret History
of the Second World War and Its Aftermath
(Hoover Institution Press Publication)

  book200_.jpg

中央大学客員教授 稲村公望
 昨年十二月、日米開戦から七十周年を迎えた。
その直前に一冊の回想録が刊行された。
ジョージ・ナッシュ氏が編集したフーバー大統領の
回想録『Freedom Betrayed(裏切られた自由)』だ。
ここには、大東亜戦争の歴史の書き換えを迫る
重大な記録が含まれている。
千頁近くにも及ぶこの大著をいち早く読破し、
その重要性を指摘している稲村公望氏に聞いた。

ルーズベルトが日本を戦争に引きずり込んだ

―― 『Freedom Betrayed』のどこに注目すべきか。

稲村 フーバー大統領死去から実に四十七年の
歳月を経て刊行された同書は、
フランクリン・ルーズベルト大統領を厳しく批判しており、
同書の刊行はいわゆる「東京裁判史観」清算の
きっかけになるほど重大な意味を持つ。
(中略)
『フーバー回想録』には、対日経済制裁について
次のように明確に書かれている。

「…ルーズベルトが犯した壮大な誤りは、
 一九四一年七月、つまり、
 スターリンとの隠然たる同盟関係となった
 その一カ月後に、
 日本に対して全面的な経済制裁を行った
 ことである。
 
 その経済制裁は、弾こそ撃っていなかったが
 本質的には戦争であった。
 ルーズベルトは、自分の腹心の部下からも
 再三にわたって、そんな挑発をすれば
 遅かれ早かれ(日本が)報復のための
 戦争を引き起こすことになると警告を受けていた」


天皇陛下の和平提案を退けたルーズベルト

(中略)
『フーバー回想録』は、
「スティムソンの日記が明らかにしたように、
 ルーズベルトとその幕僚は、
 日本側から目立った行動が取られるように
 挑発する方法を探していたのだ。
 だから、ハルは、馬鹿げた最後通牒を発出して、
 そして真珠湾で負けたのだ」と書き、
ルーズベルトが近衛総理の和平提案受け入れを
拒否したことについては、次のように批判している。

「近衛が提案した条件は、満州の返還を除く
 全てのアメリカの目的を達成するものであった。
 しかも、満州の返還ですら、交渉して議論する
 余地を残していた。皮肉に考える人は、
 ルーズベルトは、この重要ではない問題を
 きっかけにして自分の側でもっと大きな戦争を
 引き起こしたいと思い、
 しかも満州を共産ロシアに与えようとしたのでは
 ないかと考えることになるだろう


 徳富蘇峰は、
「日本が七重の膝を八重に折って、提携を迫るも、
 昨年(昭和十六年)八月近衛首相が直接協商の為に
 洋上にて出会せんことを促しても、
 まじめに返事さへ呉れない程であった。
 而して米国、英国・蒋介石・蘭印など、
 いわゆるABCDの包囲陣を作って蜘蛛が網を張って
 蝶を絞殺するが如き態度を執った。
 而して、彼等の頑迷不霊の結果、
 遂に我をして已むに已まれずして立つに至らしめたのだ」
(『東京日日新聞』一九四二年三月八日付)
と書いていたが、七十年という歳月を経て、
ようやく『フーバー回想録』によって、
蘇峰の主張が裏付けられたのだ。


 フーバーは、さらに重大な事実を記録している。

 天皇陛下は、一九四一年十一月に駐日米国大使を通じて、
「三カ月間のスタンドスティル(冷却期間)をおく」
との提案をされたが、ルーズベルトはこの提案をも拒否した
と書いている。
アメリカの軍事担当も、冷却期間の提案を受け入れる
べきであるとルーズベルト大統領に促していたのだ。

 フーバーは、
「日本は、ロシアが同盟関係にあったヒトラーを
 打倒する可能性を警戒していたのである。
 九十日の冷却期間があって、
 (戦端開始の)遅れがあれば、
 日本から〝全ての糊の部分〟を取り去ることになり、
 太平洋で戦争する必要をなくしたに違いない」
とも書いている。

 当時、アメリカでは戦争への介入に反対する
孤立主義的な世論が強かった。
ルーズベルトは欧州戦線に参戦するために、
日本を挑発し戦争に引きずり込んだのである。
日本国内にも
日本を日米開戦に向かわせようとする
工作員が入りこんでいた。
実際、リヒャルト・ゾルゲを頂点とする
ソ連のスパイ組織が日本国内で諜報活動を行い、
そのグループには近衛のブレーンだった
尾崎秀実もいた。


―― まさに、ビアードらの主張を裏付けるものだ。
ルーズベルトは日本を無理やり戦争に引きずり
込もうとした。
彼は真珠湾攻撃前から日本本土爆撃を計画していたともいう。

(引用ここまで)


★『アンネの日記』とエレノア・ルーズベルト
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/39093892.html
世界人権宣言
これがあのフランクリン・ルーズベルトの妻、
エレノア・ルーズベルト
によるものだと知って
ひっくり返りそうになった
(中略)

  e0374c39d.png
エレノア・ルーズベルトの共産主義活動
批判したパンフレットbyFBI


★ゾルゲと尾崎秀実を擁護する朝日新聞
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/39795345.html



★ミサイル着弾想定の避難訓練に
 反対する人々 どんな人たち? 
 「訓練を行うことは
  戦争に人々を動員すること」
 「北朝鮮を刺激する」

 産経新聞 2017.8.6
 http://www.sankei.com/world/news/170806/wor1708060024-n1.html





★8・6ヒロシマ大行動デモ貫徹!
 3・14法大弾圧を許さない法大生の会
 https://hosei29.amebaownd.com/posts/2759731
 tyukaku.png

 
★三島由紀夫「反革命宣言」より
 https://twitter.com/m_uroko/status/510966935664594944
彼らはすでに、人間性の疎外、
民族的疎外の問題を、
フィクションの上に置かざるを得なくなっている。

そして彼らは、日本で一つでも
疎外集団を見つけると、
それに襲いかかって、
それを革命に利用しようと
するほか考えない。


原爆患者は確かに不幸な、気の毒な人たちであるが、
この気の毒な、不幸な人たちに襲いかかり、
たちまち原爆反対の政治運動を展開して、
彼らの疎外された人間としての悲しみにも、
その真の問題にも、一顧も顧慮することなく、
たちまち自分たちの権力闘争の場面へ
連れていってしまう。



payokuAtJPQP.jpg

  payokuMkEavH7.jpg





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

>8時15分になっても太鼓を叩き続け、「安倍は帰れ」と叫び続け、犠牲者のために黙祷を捧げない活動家達。

写真がないので分らないが、親北派活動家なら多分「太鼓を叩き」ならば、その太鼓は韓国伝統芸能舞踊で使用するプクのはずです。プクは日本で製造していない辺野古はずです、プクはコリアンバーのショータイムでおじたんたちが観た事が在るあの太鼓だ。そのプクが全国7大都市のデモで数年前から登場して来た、日本で新しいデモの在り得ない馴染みが無い「太鼓叩き文化」だった。

その、日本のデモで今迄在り得ない太鼓叩き文化が辺野古と共通している。それが、辺野古移設阻止指導層の知識エリートで在り正体不明の最高司令官で在る北上田毅氏の存在だ。

北上田毅氏は妻の実家の那覇市に居住で、妻も長男も辺野古阻止指導セレブで最強の阻止一家だ。正体不明の理由は、自称土木技術者以外に今迄の北上田毅氏の経歴が一切分らない謎の人物なんだ。

そして、辺野古になぜ在日韓国人や、のりこえネットおばたんの様な人や、来日韓国人が違法デモする為に押し寄せているのか、なぜ来日韓国高校生達が年に何度も修学旅行みたいに辺野古に来ているのか、なぜ同じ阻止指導層の目取真芥川賞おじたんが辺野古の海で違法操舵カヌー演習を韓国人に育んでいるのかの理由も謎だ
ったが、その謎解きで一本の赤い糸が視えて来た。

それが、辺野古デモで2016年に暴力で逮捕された犯罪者の中に神奈川県のキリスト教の教職者が居た事で何となくぼんやりと北上田毅氏の正体が一本の赤い糸の様に繋がって視えて来た。勿論、公安調査庁がマークだろっ。

北上田毅氏は日本キリスト教団と人的な交流が在る、沖縄では那覇市小禄のキリスト教会と、沖縄のキリスト教学院大学の教授と親密で辺野古で夜の共闘している。その教授の夢が沖縄から自衛隊と米軍が出て行く事で、あろうことか大学のホームペイジで夢を謳っているさ。

良いのだろうか、沖縄のキリスト教学院大学が国からそうとうの助成金を受領して、日本の安保体制を堂々と否定している。

その一本の赤い糸を手繰って行くと芋づる式に出て来る闇の癒着構造が、辺野古移設阻止指導層(元極左3人とキリスト教密着の北上田毅氏)=内地極左=日本共産党とシンパ集団(本島2紙も含む)=日本キリスト教団=韓国キリスト教団=北朝鮮主体の南北統一勢力=釜山慰安婦像建立勢力=在韓米軍基地追放運動勢力=中國共産党独裁国家で繋がってしまった。

要するに裏で操っているのが習主席そのもので、韓国も日本も共産主義者そのものだ。だから中國習主席が沖縄を侵奪しやすい様に、沖縄の武装解除に日本共産党が一生懸命に為っているのさ。

そもそも、自衛隊と米軍を追放すると言う事自体が、その後で中國人民解放軍に日本共産党が守って貰いたいと言う夢じゃないのか。

2017-08-07 (Mon) 00:12 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

おカネだけが重要なんです

まぁねぇ。私が平和記念公園にお参りに行った際にも、近くでドンチャカドンチャカ、盛大にやっとりましたよ。日本は自由な社会ですから、意見を表明するのは勝手ですけどねぇ、せめて場所柄をわきまえろ、と。教会で皆が礼拝中に、わざわざ金切り声あげて乱入して行くようなもんですわ。

静かな祈りと鎮魂の場を、キッタネェ罵声と変なノボリで汚さんで欲しいですわな。

まぁあの連中、信念も何も無く、ただただ「おカネ」だけなんですわ。いかなる思想信条であろうとも、とりあえず「信念」に基づく行動なら──考えようによっては、それもちょっとコワイですがねぇ(笑)──、まぁ認めてやらんでもない。しかし「おカネ」だけってのはねぇ……。しかも何でしょ、ハングル? ガイジンさんは、日本で政治活動はやらんでくらはい。

で、どこからの「おカネ」かというと。60年安保のとき、ソ連から大量の資金が流れ込んでいたことは、現在では証明されとりますがな。今現在?バレバレですやん(笑)。60年安保の頃は、情報量が圧倒的に違いましたからなぁ……(遠い目)。

あ、ところで小西議員。亡命先はもう決まったのかしらん。他人に構っていられる余裕は無いはずですが。南スーダンかソマリアはいかがでせう。パプア・ニューギニアもいいかもねぇ。カボチャの天ぷらもいいけれど、ヤシの実もたいそう美味しいですよ?

それからねぇ。「恨」については半島の伝統文化なんで、こればっかりは。500年以上続いた李氏朝鮮時代に、骨の髄まで染み付いてしまったんで、今さらムリですわ。ま、せいぜい果てなきマイナスの情念と、気持ちよく心中してくらはい。我々はカンケイありませんので(笑)

まぁしかし、「恨」も罵声も、現実には「おカネ」次第なんですけどねぇ(笑)





2017-08-07 (Mon) 15:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply