韓流研究室

ARTICLE PAGE

安倍晋三内閣の支持率が再上昇、世論調査のカラクリ⇒夏休みの自由研究にいかが?

★安倍晋三内閣の支持率が再上昇
  8.6ポイント増の44.4% 
 野田聖子総務相と河野太郎外相も
 「期待」上回る 共同通信世論調査

 産経新聞 2017.8.4 17:24
 
http://www.sankei.com/politics/news/170804/plt1708040053-n1.html
共同通信社が3、4両日に実施した
全国電話世論調査によると、
安倍内閣の支持率は44.4%だった。
前回7月の調査より8.6ポイント上昇した。
不支持は9.9ポイント減の43.2%で、
ほぼ拮抗した。


★改造内閣の支持42%、不支持48%
 …読売調査

 読売新聞 2017年08月04日 22時00分
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170804-OYT1T50075.html?from=ytop_top
今後、安倍内閣に優先して取り組んでほしい
課題(複数回答)は、
「景気や雇用」80%が最も多く、
「社会保障」75%、「外交や安全保障」70%

などが続いた。「憲法改正」は29%。



★改造内閣支持率35% 不支持率は47%
 毎日新聞2017年8月4日 16時11分
 
https://mainichi.jp/articles/20170804/k00/00e/010/319000c
毎日新聞は3、4両日、内閣改造と自民党
役員人事を受けて緊急の世論調査を実施した。
安倍内閣の支持率は35%で
7月の前回調査から9ポイント増
不支持率は47%で同9ポイント減だった。

今回の改造で安倍内閣への期待が変わったか
どうかを尋ねたところ、
「期待できない」が27%、「期待が高まった」が19%、
「変わらない」が48%。
支持率は上昇したものの、
政権浮揚効果は限定的といえる。


(引用ここまで)




★【内閣支持率】世論調査のカラクリ
 https://twitter.com/CatNewsAgency/status/893479665750257664
なぜ、毎日新聞の数字だけ極端に低いのか?

普通は、「支持する」「支持しない」の
二者択一で聞くが、
毎日新聞の場合、「どちらでもない」を選択肢に
入れているので、他社より「支持する」の率が
減るんですよね。


毎日新聞以外は
一次質問は3択「どちらでもない」の設定はあるが
二次質問で、「どちらでもない」を選んだ人に
どちらかといえば…支持or不支持を聞き
積極的支持or不支持と消極的支持or不支持を
数値に反映させている。
毎日新聞だけが、設問方法が
他社と違うというカラクリ。

しかし…毎日新聞の不支持率は、
不思議な事に他社と同じような数字。





共同通信も毎日新聞も、増減は9%前後。
読売新聞は6%。三社とも支持増、不支持減。

この部分は、ワイドショー民の揺れ動き?


★【これは酷い】
 『加計問題報道時間比較』
 7/10~7/11合計30番組を調査

 https://twitter.com/blue_kbx/status/893474507041587201
加計問題報道全体の時間
8時間45分59秒の内

・前川喜平「行政が歪められた」
 →2時間33分46秒
・加戸守行「歪められた行政が正された」
 →6分1秒

・原英史「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」
 →2分35秒


masugomikake.png




>今後、安倍内閣に優先して
 取り組んでほしい課題
 「景気や雇用」80%が最も多く
 「社会保障」75%、「外交や安全保障」70%


★大学進学率、最高52・6%
 …背景に景気回復

 読売新聞 2017年08月04日 07時28分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170804-OYT1T50001.html
今春の大学進学率は、
前年度比0・6ポイント増の52・6%
過去最高になったことが3日、
文部科学省が発表した学校基本調査
(速報値)で分かった。

 女子の大学進学率も49・1%と
これまでで最も高くなった。

大学(学部)の在学生数も最多の
258万2884人で、女子の割合も
過去最高の44・8%を占めた。

 大学への入学者は
62万9736人(前年度比1万1313人増)と
3年連続で増加。
一方、短期大学への入学者は5万6432人
(同1793人減)で、進学率は4・7%と
1994年度の13・2%をピークに減り続けている。
 大学進学率の増加について、文科省の担当者は
景気の回復を背景に
 進学することができる家庭が
 増えているのではないか
としている。

(引用ここまで)


★公的年金の運用益5.1兆円
 4~6月、株高追い風

 日本経済新聞 2017/8/4 20:34
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF04H0G_U7A800C1EA4000/?dg=1


★GPIF
 年金積立金管理運用法人

 http://www.gpif.go.jp/
gpiftop2017_img_chart.png
平成29年度第1四半期運用状況
http://www.gpif.go.jp/operation/state/pdf/h29_q1.pdf




こうしたニュースは
ワイドショーでちゃんと取り上げているのかな?

先日の【ひるおび】
「アメリカ産輸入牛肉の関税がぁぁぁ~~~
 牛肉が値上がりすると困るぅぅぅ!!!!!」


  TVCk9McHxUkAAdbhr.jpg


★第三次安倍内閣】TBS「ひるおび!」
 インターネット調査…新内閣について 
 期待できない48.7% 期待できる17%
 ~ネットの反応
 「インターネット調査でたった300サンプル
  しか取れないってどんな調査したんだよw

 アノニマスポスト 2017.08.04
 http://anonymous-post.com/archives/10557
TBS1-7.jpg

(続きはリンク先で)


masugomiDFXyY2kVwAAw0lJ.jpg


昨日の地元ニュース、
街頭インタビューを受けた高齢女性が
ワイドショーのコメンテーターと全く同じセリフ
饒舌に語っていて笑えた。



  

★『インターネットを信じてはいけません
  (ドヤァ』 #tvasahi
 情報番組統括担当部長のお言葉

 2014年9月14日
 https://togetter.com/li/719059
   TVasahifake.png





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 3

ts

そもそも本当に下がってたんでしょうかね

2017-08-05 (Sat) 13:12 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

マスごみの数字=都市伝説

大体ね。内閣支持率低下? 30%を切った? 危険水域?って。元からガセだろ(笑)。そんなん、たいていの国民は見抜いてましたがな(笑)

それにねぇ。ワイドショー見てるオバチャンたちを、いかにも見下しているかのような、一部の論調はどんなもんでそ。オッサンである私にも、ちょっと気になりましたわなぁ。オバチャンたちのバランス感覚、案外にバカにはなりませんぞ。私の周りにいるのは、例によってネットなんてやらない、パートのご婦人方ですがねぇ。彼女たち、「加戸さん」て名前、ちゃんと知っとりましたがな。

これには、私もビックリしますたわ。根拠は具体的に明示できないながら、曰く「なんか最近のマスコミ、ちょっと変よねぇ?」──。

ちなみに私、ある選挙の際に、いわゆる「出口調査」ってやつに捕まったことがありましてねぇ。朝日新聞だったんですが、アルバイトの大学生に紙を渡されましてねぇ。男性はブルー、女性はピンクの紙で。それで質問の中身なんですが、これがまた、何とも見事なまでの誘導尋問でして。「加計ありき」ならぬ(笑)、朝日の望む「結論ありき」そのものですた。

以来、私はマスごみの発表する、この手の数字はいっさい、信用しないことにしとります(笑)

2017-08-06 (Sun) 02:30 | EDIT | REPLY |   

sakada

>銀の鈴さん  私はマスごみ発表の数字はいっさい信用しない(笑)

寂しい話ですが、それが政府と志位的なメディアに出て来る統計数値の操作発表で在り、本来、その信用すべき数値を信用してはならないと教授が説得するのが経済統計学の鉄則で在り、統計学の第一時間目の講義で初めに新学生へ教授が信用するなと覚悟を迫ります。なにやら、教授は騙された事があるのでしょうか。

理論ではなく、今の経済行動現象に対して数値解析して事実を掌握して、或る種の法則みたいなものを見出して、経済政策の新たな予則を為して政府に提言するのが経済統計学(=数学を駆使して数値計算で経済を哲学する近代経済学の基本)で在り、為政のみならず市井のあらゆる事業分野や学術分野でもスポーツ分野でも統計に基いた予則と対策が日常生活にもかかせないのが資本主義社会たる由縁です、統計で哲学すると人間の心理と行動が視えて来るのです。

あの時代にソニーの電卓が在ったら受講生が増えていただろう、なにせ重たい大きい電動加算機しかなかった時代だったので、ペンと紙に追われていて今何やってるんだろう、今が数学科の授業の様な講義だった。

その、基本となる統計数値計算が歪められていたら出て来た予則と対策が滅茶苦茶に為ります。つまり、それが統計の罠で在り国民が政府と志位的なメディアの数値を信用していたら、いつの間にか知らないうちに国民が被害を受けることに為ります。

政府と志位的なメディアと言う(常に罠を仕かける側の)統計数値を、数学の問題で在るのに情緒的に統計学教授が否定する事自体がおかしい話で在り、なんの為の近代経済学の基本の統計学なのかが疑問に想っていたが、大人に為ってやっとその意味が分った。

2017-08-07 (Mon) 09:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply