韓流研究室

ARTICLE PAGE

四国新聞「加計騒動の真相 安倍政権打倒が目的」、地元紙が東京メディアと真っ向対決

★加計騒動の真相 
 安倍政権打倒が目的

 四国新聞社 2017/07/27
 
https://www.shikoku-np.co.jp/feature/hasegawa_column/20170727.htm
【長谷川幸洋のニュースの裏読み】

加計学園をめぐる騒動が続いている。
野党は疑惑究明を叫んでいるが、
私は7月10日の国会閉会中審査で
真相が明らかになったと思う。

 そこで加戸守行・前愛媛県知事が
重要な証言をした。
ところが、
多くのマスコミは加戸証言を無視して
報じなかった。

加戸証言の意味と疑惑の真相に迫ってみる。

 問題の核心は獣医学部新設が「加計ありき」
だったかどうかにある、と言われてきた。
加戸氏は
「今治選出の愛媛県県議が
 加計学園の事務局長とお友達」で、
そこに「飛びついた」と証言した。

 さらに、加戸氏は愛媛県と今治市にとっては
12年前から「加計ありきだった」と明言した。
それは当然だ。
特区を申請するのに具体的な事業者が
いなかったら、申請したところで意味はない。

 申請を受け付ける政府の側も
事業者がいなかったら認めたところで
物事は動かない。
だから、政府にとっても加計学園という
事業者がいるかどうかは
最初から重要なポイントだった。

 松野博一文部科学相は24日の閉会中審査で
獣医学部の新設に道を開く告示を出す前日、
加計側に事前相談の形で文科省の懸念事項を
伝えたと語った。
つまり加計が手を挙げているのは知っていた。
 その意味で「加計ありき」かといえば
「ありき」である。ただし、加計が先にいたからと
いって「加計で決まり」ではない。
他に事業者がいれば当然、そこも審査対象になる。
ここが重要な点だ。
 野党やマスコミが
なぜ「加計ありき」で騒いでいるかと言えば
「安倍晋三首相が加計に特別な便宜を
 図ったのではないか」と疑っているからだろう。

だが、加計ありきと「便宜を図った」という話は
本来、まったく別だ。
 加計が先にあったとしても、
それは首相が便宜を図ったからだったのか。
そうではない。
加戸証言が明らかにしたように、
愛媛県議と事務局長が友人で加戸氏が
その関係に飛びついたからだ。
 加計学園の理事長が首相の友人だった
という話も関係ない。友人だったかどうか
という前に、加戸氏は別ルートで動いていた。

 加計ありきかどうかが
あたかも核心であるかのように報じられてきたが、
真の問題は
「首相の関与があったかどうか」である。
そこを混同して、加計ありきなら
首相が便宜を図ったという前提で報じるのは
誤りだ。まさに「印象操作のフェイクニュース」
と言ってもいい。
 なぜこんな事態になったかといえば、
一つは安倍政権自身に原因がある。
加計ありきの言葉を強く否定するあまり、
事実関係と事の本質があいまいになってしまった。
 加計が先に手を挙げたのは事実だが、
だからといって加計で決まりだったわけではない。
まして首相が関与したのではなく、
愛媛県知事が加計誘致で動いたからだ、
と説明すれば済む話だった。

 いまからでも遅くはない。
私は以上の点をしっかり国民に説明すべきだと思う。

 もう一つの理由は一部マスコミ報道である。
彼らは加戸証言をほとんど報じなかった。
証言の重要性を理解しなかったか、
意図的に無視したのである。
なぜか。
 彼らにとって
重要なのは疑惑の解明でもない。

ずばり言えば「安倍政権打倒」が目的だ。

そのために「加計ありき」という分かりやすい
言葉を「首相が便宜を図った」という話に
すり替えて大騒ぎした。これが真相である。

(東京新聞・中日新聞論説委員、
 四国新聞特別コラムニスト)




四国新聞が長谷川氏を特別コラムニストに
採用している意味は大きい!
東京のメディアが「安倍倒閣」のために
この問題を利用している。
利用される側は堪ったモノじゃない。
被害者なのだ!

今日のTBS【報道特集】は、
国会の参考人招致を「都合が悪い」と
逃げていながら、当日の夕方に記者会見した
日本獣医師会顧問・北村直人氏を出演させ
彼の主張だけを報道する。

北村氏は殊更、
安倍総理と加計理事長の友人関係を強調し
便宜を図ったかのような印象操作。
TBSの取材に応じるのなら
何故、国会の参考人招致を逃げたんだ?
何故国会で、加戸前知事の前で堂々と
同じ事を言えなかったのか?
加戸さんに完全論破され、
嘘がばれると解っていたからでしょう?


加戸前知事のインタビュー動画

■ブルー‏@blue_kbx
 https://twitter.com/blue_kbx/status/890942043576385537
 【北村直人が主役】
 加戸氏
 「北村は実力者で、
  私が特区申請前に話を
  文科省に持って行ったら
  すぐ大学定員は増やしてはいけない
  という決議は出て

  4回目に麻生内閣に特区申請をしたら
  すぐ東京から日大の総長と一緒に
  飛んで来られ、あらゆる手を使って
  阻んできた。

  北村が全ての主役を
  演じてると感じた





TBSDF47m7iUMAAygOA.jpg

馬鹿馬鹿しくて、途中でTVを消したが
【報道特集】のハッシュタグを見ると
「安倍晋三のクレジットカードの種類まで
 報道にするのはやり過ぎじゃないのか」

https://twitter.com/Ronin_Warriors_/status/891221099572338688

昔からTBSは
安倍氏への個人攻撃は酷かったが
もう無茶苦茶だ。


★TBSの不祥事年表
 https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/18.html
2006.07
「イブニング・ファイブ」の731部隊報道に
 安倍氏ポスターをカットイン

 TBS20121004051109e22s_20170730013614c0f.jpg

★TBS“偏向映像”放映…
 今度は安倍を狙い撃ち
 無関係なのに3秒間顔写真

 ZAKZAK 2006/07/26
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_07/g2006072605.html
TBSのニュース番組「イブニング・ファイブ」が
今月21日に放映した旧日本軍731部隊に関する
特集コーナーの冒頭、ニュース内容とはまったく
無関係の安倍晋三官房長官(51)の顔写真が
約3秒間も放映されていたことが分かった。
専門家も「不自然過ぎる」と首をひねる映像。

永田町では
自民党総裁選前に、
 安倍氏のイメージダウンを狙った
 印象操作では

との見方が出ているが、
TBSは「全くの偶然」とコメントしている。

 注目の特集は、旧日本軍で生物・化学戦研究を
行ったとされる悪名高き731部隊の隊長だった
石井四郎軍医中将が、日本に上陸する米軍を
細菌兵器で攻撃しようとしていたことを報じる内容。

 冒頭、番組キャスターが報道内容のあらましを
紹介した後、カメラがTBS社内にある小道具部屋を
伝って電話取材中の記者に迫る途中、
山積された小道具の一角に置かれた
安倍氏の顔写真が約3秒間もハッキリと映っているのだ。

 このカメラが記者にたどり着くまでは約5秒。
印象的な速いコマ送りで放映されたが、
安倍氏の顔写真が画面中央に映ったときには、
記者が「ゲリラ活動?」という声をあげ、
そのテロップが安倍氏の顔写真の下に重なるおまけも。

 さらに、安倍氏の顔写真のすぐ横には、
耐震強度偽装事件で詐欺罪で起訴された
ヒューザー元社長の小嶋進被告の顔写真が
張られた小道具も置かれていたのだ。

 この映像を見た放送評論家の志賀信夫氏は、
安倍氏の顔写真が映った瞬間、
サブリミナルっぽい。
 この場面では全く関係ないからね」
と話した。

 サブリミナル効果とは、
一般的には感知しないほど短い映像で
視聴者の潜在意識に訴えかける映像手法。

TBSは平成7年5月、オウム真理教関連番組の
中で、教団代表の麻原彰晃被告の顔などのカットを
無関係な場面で何度も挿入し問題になったことがある。

 今回の放送では、安倍氏をハッキリと認識できる
ことから正確にはサブリミナルではないが、
志賀氏は
「ボーっと見ていて、全く意識しないところで
 目に飛び込んでくるから
 『サブリミナル的』といっていい。
 (視聴者に)無意識に働きかける
 可能性はある」
と指摘する。

(続きはリンク先で)


★【恥を知れ】TBS
 金平茂紀キャスターの
 品性下劣な差別的質問

 2013.12.30
 http://amateru-memo.jugem.jp/?eid=83


★TBSはこうして腐った【内部告発】
 http://neeeeeeews.seesaa.net/article/102156623.html




今回の加計騒動も、
自民党総裁選前の
安倍氏のイメージダウンを狙った
倒閣扇動の一環だろうね。

日本のメディアが公正中立な報道をしないのは
自称ジャーナリスト=左翼活動家だけでなく

企業の体質に問題がある。


masugomiDF5MJ4FUIAEygsy.jpg


★「国籍選択は努力規定」は誤報
 朝日、解説記事を訂正

 日本報道検証機構, 2017年7月27日
 http://gohoo.org/17072701/


★【フェイク新聞】朝日新聞が
 丸川大臣の発言を捏造
 →後でこっそり訂正wwwwwww

 保守速報 2017年07月29日
 http://hosyusokuhou.jp/archives/48797858.html


★「週刊文春」(平成29年7月27日号)の
 記事について

 宮内庁 平成29年7月24日
 (引用開始)
 http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h29-0724.html
このような事実に反する談話は,
しばしば散見されるところではありますが,

この度は一個人の逝去に当たってのことであり,
多くの人々が日野原さんを悼み,
厳粛な気持ちでいる中での発言であることから,
宮内庁としては,この事実関係を明らかにし,
発言内容が事実と異なることを
出版社に伝えることと致します。





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

腐ったメディアは特あ流

特あには左翼も右翼も関係ないですね。彼らはみみっちい我欲でポジションを変えて大衆を動かして、それをテコにして政治・経済を自分らに都合の良いように動かそうとするだけです。

リンク先のサイト(僕のニュース)
いくつか興味深く読みました。朝日の戦前からの変節漢ぶりも面白い。

★TBSはこうして腐った【内部告発】
(1)1960年代~  (採用枠に「在日枠」が設けられた経緯)
  放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主主義人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)が発端。
 水面下の合意なので、公表できず共犯関係に。反社会的勢力に喰い込まれるパターンそのまんま。

(2)1970年代~  (潜り込んだ「在日」にとって都合の良い時代背景)
 >政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。
  
 処遇、昇進に「差別」があってはならない、という建て前と「常識的良心的な日本人社員は冷遇された」現実のギャップがあった。実際には、在日を優遇する「逆差別」人事。
 その空気の中で昇進できた日本人は、「在日から見てすごく良心的」な反日か、「脇の甘い」「お人よし」のくみし易い人物だったと思われます。
 
(3)1980年代~90年代  (逆差別で偉くなった在日が本性発揮)
 昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、決定的なポストを占める。
 某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えたニュース番組が、学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。畜生てつやのことね。
 社長になった人の入社式での訓話は、その象徴的です。「我々が愚かな日本人を指導してやるんだ」というやつ。両班精神の発露か。

(4)1990年代~2000年代
 (もともと能力が低く、不正を恥じとしない人品賤しい人物らが、自然体で不正を働くのは必定)
 >偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
 >ウチ(T豚S)と同様に「左翼的」と呼ばれるA新聞、系列のテレビAが、どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高いのに対して、ウチの場合、この時期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが朝鮮半島絡み。
 >不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをした某事件を筆頭に、粗雑で行き当たりばったり。
 >バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入が、「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。
 >まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が運営しているのがウチの放送局。    2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が為されると思う。
*****************************
この内部告発とおりだったようですね。2017年現在では、もはや反省して軌道修正するどころか、居直りとウソの上塗りで押し切ろうとするかのようです。
こんなのを日本人視聴者がいつまでも観ていたら、バカになるどころではすみませんね。マスコミ改革が必要です。

2017-07-30 (Sun) 13:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply