韓流研究室

ARTICLE PAGE

ベトナムが南シナ海での石油掘削を停止、中国から脅しと業界筋

★ベトナムが南シナ海での石油掘削を停止 
 中国から脅しと業界筋

 BBC 2017年07月24日
 
http://www.bbc.com/japanese/40701694
ベトナムが中国と領有権を争う南シナ海の海域で
行っていた石油の掘削を停止したもようだ。
BBCの取材で24日までに明らかになった。
東南アジアの石油産業の情報筋はBBCに対し、
ベトナム政府が掘削に関わる
スペイン・レプソル社の関係者に現場を
離れるよう命令したと話した。

ベトナム外交筋も事実関係を確認した。

数日前には、レプソルが現地で
大規模なガス田の存在
確認していた。


中国が掘削を続けるなら
ベトナム軍が駐留する南沙(スプラトリー)諸島を
攻撃すると脅したためだ

業界筋によると、ベトナム政府は先週、
レプソル幹部に対し、と説明したという。

中国は南シナ海のほぼ全域にわたって
領有権を主張しているが、
一部の島や岩礁について周辺国も領有権を
主張している。
掘削は、ベトナム東南部から400キロの
位置にある海域で先月開始されていた


chinas03.jpg
 南シナ海で領有権が争われている
 西沙(Paracel )諸島や南沙諸島(Spratly )、
 中国が建設した人工島(Mischief Reef)、
 中国が主張する領海(赤の線)と
 周辺国の排他的経済水域(EEZ)(青の線)


(中略)
関係者らは、中国の圧力を受けて
ベトナムがこれほど早期に掘削を停止する
とは思っていなかったと語った。
2014年には、西沙(パラセル)諸島に近い
南シナ海の別の海域で、ベトナムと中国双方の
沿岸警備隊を含む船の間で衝突が起きている。

(全文はリンク先で)


★中国による東シナ海での
 一方的資源開発の現状

 外務省 平成29年3月16日
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/higashi_shina/tachiba.html




★鳩山首相の東アジア共同体構想、
 中国は前向き

 AFP 2009年10月22日
 http://www.afpbb.com/articles/-/2655067
  chinaimg7039.jpg
 外務省で行われた、東シナ海(East China Sea)の
 ガス田開発問題などをめぐる日中政府間協議

 出席した胡正躍(Hu Zhengyue)外務省アジア局長
 (当時、2007年3月29日撮影)
 



★民主党政府 
 白樺ガス田の5割超の権益を中国に

 2010-05-14
 http://blog.goo.ne.jp/yuujii_1946/e/afb3edbb0da873915a4ac6237ac26439


★東シナ海侵犯事件で露呈
 『民主党の敗北外交』

 『週刊新潮』 2010年9月23日号
 http://yoshiko-sakurai.jp/2010/09/23/1946


★中国、久米島沖で
 海底資源の強奪を画策 
 中止要請を無視して
 海底調査 (1/2ページ)

 ZAKZAK 2014.04.26
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140426/frn1404261100002-n1.htm


★【中国ガス田開発】
 中国の新たな軍事拠点化を警戒
 レーダー設置なら米軍にも脅威 
 国際社会と認識共有

 産経新聞 2015.7.23
 http://www.sankei.com/life/news/150723/lif1507230003-n1.html 




★尖閣問題、石油だけではない
 沖縄周辺海域の海底資源

 資源・エネルギーサバイバル
 2010年09月30日
 http://blog.canpan.info/shigen/archive/8
尖閣問題が依然終息に向かわずにいるが、
そもそもこの問題は
1969年に国連アジア極東経済委員会が
尖閣諸島の近海に埋蔵量豊富な油田がある
可能性が高いと発表してから
石油の利権を求め中国が領有権を
主張しだしたことから始まっている。


尖閣諸島は8つの小さな島からなる諸島で
一番大きな魚釣島は石垣島からはおよそ
90海里(約170Km)に位置している。

尖閣諸島の近海の石油資源が注目されているが、
尖閣からほど近い石垣島周辺海域では
「海底熱水鉱床」という海底鉱物資源の
鉱床が発見されている。


「海底熱水鉱床」とは、海底の地中深くに
浸透した海水がマグマや地熱により熱せられ
地中に含まれる金属とともに
海底から熱水として噴出し、それが冷却される
ことにより熱水に含まれていた金属が沈殿、
凝固して出来る鉱床で、
銅、亜鉛、金、銀やガリウム等のレアメタルが
含有されておりレアアースの発見も期待されている。
日本では石垣島周辺をはじめとする沖縄近海や
伊豆・小笠原海域に賦存しており、
資源のない日本にとって日本固有の資源として
有望視されているものである。

「海底熱水鉱床」は現在開発中の資源であり、
経済産業省では今後平成30年までに
新鉱床の発見を含め詳細資源量の把握を
行っていく予定だ。
その過程で、
石垣島からほど近い尖閣諸島近海でも
新しい鉱床が発見される可能性があり、
沖縄近海の海底資源には石油だけでなく
様々な可能性が秘められていると言える。


(続きはリンク先で)


★新たに熱水鉱床発見 
 伊平屋島沖と久米島沖

 琉球新報 2016年2月18日
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-223391.html


★中国が沖縄を呑み込む日〔2〕
  山田吉彦(東海大学教授)

 月刊誌『Voice』 2014年12月06日
 http://blogos.com/article/100386/


★沖縄で騒がれ出した「独立論」の正体
 『月刊正論』 2015年4月号
 http://ironna.jp/article/1435




china965ee2ba_20170725112317b92.png

okinawaCD1NEmtVIAAAwtt.jpg

oki140326a_20170725112320d9a.jpg

okinawamaxresdefault.jpg

okinawawinkokkai830-3_2017072511232352a.jpg

okinawarv_.jpg

okinawa130515_msns.png

★照屋議員「沖縄独立、中国紙に同調」
  時系列は逆

 日本報道検証機構 2013年5月15日
 http://archive.gohoo.org/alerts/130515-2/
照屋議員がブログに「沖縄は独立した方がいい」
との主張を掲載したのは4月1日で、
中国紙「環球時報」社説が
沖縄の独立勢力を育成すべきと
提言したのは5月11日付です。

(続きはリンク先で)


★沖縄独立という
 「自殺」を煽るのは誰か

 http://ironna.jp/theme/54




今日の国会で、蓮舫代表は安倍総理に対し
後で発言を修正するな!
「自分の過去の発言に責任を持て」
などと、強く強く発言していましたが…


★蓮舫氏の尖閣発言「とんちんかん」 
 自民部会で批判

 朝日新聞 2010年9月15日
 http://www.asahi.com/special/senkaku/TKY201009150329.html


★蓮舫氏「尖閣諸島は領土問題」 
 発言後に修正

 日本経済新聞 2010/9/14付
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1402A_U0A910C1PE8000/


★「尖閣は領土問題」と、
 かつて発言した蓮舫氏

 アゴラ 2016年09月06日
 http://agora-web.jp/archives/2021280.html


★蓮舫氏記者会見で
 記者が聞かなかったこと

 アゴラ 2017年07月20日
 http://agora-web.jp/archives/2027295-2.html
(引用開始)
9月14日の記者会見で蓮舫大臣は
いずれにせよ、領土問題ですので、
 私たちは毅然とした日本国としての
 立場を冷静に発信するべきだと思っているし、
 感情論に陥るべきではないと思っています。

と発言した。
この発言が
政府の立場に反していると批判を浴び、
9月17日の記者会見で蓮舫氏は発言を修正した。

尖閣諸島はわが国の領土であり、
尖閣諸島をめぐる領有権の問題は存在しない
というのが、我が国政府の立場である。
しかし、蓮舫氏は一時的にせよ
「尖閣は領土問題」と発言したのだ。


問題が存在しなければ交渉の余地はない。
問題が存在すると認めることは
交渉につながるが、どんな交渉も
妥協によってしか終わらない。
つまり、
問題が存在すると日本が認めた瞬間に、
尖閣に何らかの権利を得ることが
中国に約束されるのだ。
こんな国務大臣が日本にいることがわかり、
中国政府は喜んだに違いない。


まさに
国益が損なわれる瀬戸際だった。


不勉強だったと言い訳するかもしれないが、
事件の際に
「迷うことなくわが国の国益を考えた」
とは思えない。
蓮舫氏は外交安全保障担当の大臣では
なかったのだから、
記者会見で言及する必要はなかったし、
そのほうが国益にはプラスだった。


(引用ここまで)




>いずれにせよ、領土問題ですので

本当に、
勉強不足から来た発言だったのだろうか?
蓮舫氏は
父親の代から中国共産党指導部と
密接な関係にあった高野猛氏
の弟子の村田氏と
結婚して、新婚早々に高野の指示で
北京大学に留学した
中国語ペラペラの蓮舫氏。
中国滞在中に、
尖閣を狙う中国の国民に向けた世論誘導の
新聞記事やTVを全く目にしなかったとは
考えにくい。

鳩山由紀夫の「東アジア共同体」自体が
高野猛にレクチャーされたモノでは?


 hatoyamaokinawa.jpg

沖縄自立と東アジア共同体

鳩山民主党政権以後に高まった、
沖縄の自主・独立を求める動き――。

「自発的従属」を本質とする現在の
日米関係の根本的見直しにもつながる、
東アジア共同体構想。
その中心地となる「沖縄」を主軸に、
様々な視点から21世紀の東アジアにおける
国際秩序のあり方を問う。



政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

No title

>中国  南シナ海全域領有権主張、周辺国も領有権を主張

それが、EEZ200海里で島中心に370キロ円内の海洋資源が島の統治国が占有国際宣言出来る、それが国連の国際海洋法条約だ。

但し、その島の領有権認定は、何時誰が最初に発見したと言う事実に依るものではなくて、誰が相当の間で島を統治して居るのかに為るのが国連国際海洋法条約だ、その国連条約を中國も締結している。

つまり、南シナ海の南沙西沙諸島は2千年前から中國の物や、尖閣諸島も数百年前より中國の物とする習主席の妄言は、両方も一度も島の中國に依る統治事実がない証しだ。同じ様に竹島も、韓国が昔々韓国人が初めて発見したと領有権を嘯いている理由は、竹島の韓国統治時代がないって言う事の裏返しの事実なんだ。

南シナ海南沙西沙諸島の中國領有主張がハーグ判決で否定された事で、中國の尖閣諸島領有宣言の嘘も通用しなくなったので、実力行使の領海侵犯積上げ戦術に切り替えたのが、今の領海侵犯常態化だ、今後もどんどんやって来る。

一方で、習主席が一生懸命に為ってるのが10月の共産党大会催しを乗り切って、同時実施の執行役員人事異動を習主席派で占めて政権固めする事に在る。が、その強大な権力体制創出戦術にどうやらNOが出ている。10日前に、習主席の次の主席と目される地方政府53歳の若手政治家が失脚した。重大な党規律違反で逮捕との事だったが、理由は随分前の親族に因る2つの醜聞との事だ。

となると、或る種の政局が党中央部で在っている、習主席体制が一枚岩でない、大会がどうなるのか分らない、なんだか黄臭いようだ。

ならば、乗り切る為に打って出る戦術が尖閣諸島領有権嘯いて日本領海侵犯常態化で、国民に尖閣諸島が日本より侵奪された侭でいると情緒的に民族主義を利用して被害妄想で支持を得て、求心力強める戦術に出て来る以外に対策がないさ。

午前中、参議院予算委員会室TV番組でなんちゃら学園や他の質疑応答と証言があっていた。自民の青山議員が、中國公船に因る尖閣諸島領海侵犯に付いて、中國側が中國の支配地(尖閣諸島)をパトロールしているだけだとの声が出ているとの事だ。驚いたのは、そう言う妄想詭弁が英語で国際発信されているとの事で、日本の国会議員が知らないと言う由々しき事態だとの事だ。

そして、大事な来年度予算質疑の委員会の場が、終始なんちゃら学園問題で審議が占められて、予算や安保や外交等が常にかやの外の侭である事に対して国会議員は云々、と疑問を呈した。拉致問題担当大臣も、交渉役は外務省ではなく政治家がやるべきことだと正論を提議した。

日本政府が中國の尖閣諸島侵犯に対して、今の侭単なる抗議や各省庁と連絡し合
って(プロパー海保庁長官の参院委員会答弁)と言う脆弱化の姿勢なら、習主席がそのまんま尖閣諸島のパトロール積み上げで国際社会に「ほら観ろ、尖閣諸島は中國が統治している。そもそもアメリカ政府が日本領土として認めていない」と尖閣諸島領有権の正当性を国際社会に示す事になるぐらい明々白々の事だ。


>鳩山首相の東アジア共同体構想、中国は前向き

実際に中國が尖閣諸島侵奪したとすると、今のベトナム漁民の様な事態が発生する。各港より出漁した漁船が、沖で中國海警に200海里を理由に拿捕される。

200海里の直径は、福岡空港~那覇空港の空路1時間半に相当する射程距離と言う領海だ。それを日中友好の為に尖閣諸島を中國にプレゼントして、東シナ海を友好の海にしましょう、また、日中韓3カ国の共同体構想練りましょうと言うのが鳩山氏のライフワークだ。

いったい、世界のどの地で自由民主資本主義と共産主義が共同体組んだ事実が在るのだろうか。民主主義と資本主義を否定する事が前提条件で、社会主義・共産主義国家が出来上るぐらいも鳩山氏が知らないと来てる、知らないと恥をかくの教えも知らないのが鳩山氏なんだ。

2017-07-25 (Tue) 14:09 | EDIT | REPLY |   

弓取り

怪秩序のための民族闘争

沖縄の独立を叫んで不法な暴力闘争を繰り返す人らは、明らかに民族も文化も違うチベットやモンゴルや東トルクメニスタンの独立も叫ぶべきなんです。

それは絶対にしない。現に抑圧されて殺戮されている民族の解放には興味がない。
沖縄の独立とは、「シナへの併合」ということなんですね。中華かい秩序を狙う海外の民族が必死なわけです。

自分たちが日本より優位に立つための、階級闘争みたいなものですからね。
「俺らは、新しい支配者になるんだ」という考えであれば、法を守るわけがありません。

2017-07-26 (Wed) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply