韓流研究室

ARTICLE PAGE

橋下徹‏氏、蓮舫代表会見「戸籍の開示は差別助長に繋がる!」の人権派二枚舌に怒る。「俺は出自を散々報じられた」

★朝日新聞・小森敦司
 「蓮舫さんをここまで追い込んで。。
  ひどいなあ。」

 モナニュース 2017年07月19日 
 
http://mona-news.com/archives/71833175.html


★橋下徹“有田芳生の
 人権派面は偽物だ!”

 http://president.jp/articles/-/22641
蓮舫さんの戸籍開示は「あしき前例」にならない!

そう言えば同じく二重国籍で問題となった
自民党の小野田紀美議員も戸籍謄本の開示をして
日本国籍を選択したことを立証した。

そのことによって小野田さんのプライバシーが
著しく侵害されたなんて話は聞いていない。
自称インテリはとにかく頭の中の抽象論・概念論で
物事を考える。
頭の中だけで理屈をこねくり回す。現実を見ない。
蓮舫さんの戸籍謄本の開示について、
7月13日付朝日新聞社説はプライバシーについての
「あしき前例にならないか」と大騒ぎしているけど、
小野田さんの戸籍謄本の開示でどれだけの
あしき前例になったのか、
現実を見てみろっていうの。

蓮舫さんは野党第一党の代表という
公人中の公人。
公人はプライバシーも名誉も制限される。
報道の自由による国民チェックが優先される
ということを前提に、
メディアや自称インテリは政治家のプライバシー
をバンバン暴くじゃないか。


僕なんか、記憶もない実父の
もっともっとセンシティブな話を
バンバン週刊誌に書かれた。
一般人だったら完全なる人権侵害でしょ。

だけど僕は公人だったから、
公人である以上僕の出自は全て明らかに
すべきだという意見も多かったよ。
特に普段は「人権を大切にしろ!」と
かっこつけて叫んでいる
自称リベラルのインテリたちに限って
橋下は権力者なんだから
 それくらい我慢しろ

と言ってたな。
メディアでも僕を擁護する声はほとんどなかった。


自称リベラルのインテリたちは、
真の人権擁護者じゃない。


単に反権力を叫んでいることに
自己陶酔しているんだよね。反抗期の子供のよう。
あれ以来、自称リベラルの人権派インテリの
似非ぶりには辟易しているよ。


その最たる御仁が、参議院議員の有田芳生
こいつだけはほんと許せないね。
週刊朝日が
僕の出自を差別的に連載記事にしたとき
有田は「これは面白い!」と言い放ったんだよね。
そして僕が猛反撃したら、
よく分からん言い訳をしていた。
その一方、
今回の蓮舫さんの戸籍謄本開示問題では、
「人権問題の歴史的逆行」になるから
開示を許してはいけない

なんて言っている。
(全文はリンク先で)




■橋下徹‏@hashimoto_lo
 2017.7.19
 https://twitter.com/hashimoto_lo/status/887479524513857537 
 戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって?
 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。
 俺は出自について散々報じられたけど、
 自称人権派は
 誰もその報道を批判しなかった。
 あの報道に比べれば
 蓮舫さんの戸籍開示なんて
 どうってことないこと。
 

 jinkenDFECmm3VoAESvai.jpg

https://twitter.com/hashimoto_lo/status/887497216230920192
 参議院議員有田芳生が
 僕の出自を面白がっている証拠。
 それが今、
 蓮舫さんの戸籍開示が差別に繋がるだって。
 有田、早く辞職しろ。
 自称人権派は有田を責めないのか?


(引用ここまで)




★民主有田芳生議員が
 「すこぶる面白い」とした
 「週刊朝日」差別記事を橋下氏が提訴

 https://matome.naver.jp/odai/2139499160680236901


★橋下徹氏の批判に
 有田芳生議員が
 「デマゴーグは最低」とツイート 
 橋下氏「この嘘付き野郎!」と再反論

 DATE:2017.01.31
 http://getnews.jp/archives/1615030


自称人権派と言われて、この言い訳↓
 aritabfa034e4.jpg


人権派ではなく、
カンパの使い込みを指摘した大学院生を
集団リンチした「しばき隊」の代表。

aritaDFESLuNVwAAkpVl.jpg




 sabetuaa85c626-s.jpg

★週刊朝日による
 橋下徹特集記事問題

 https://ja.wikipedia.org/wiki/週刊朝日による橋下徹特集記事問題
 問題となったのは、2012年10月26日号の
佐野眞一
週刊朝日取材班(今西憲之・村岡正浩)による
「ハシシタ・奴の本性」という連載記事である[2]。

(続きはリンク先で)


★こんな週刊朝日や佐野氏と
 話し合いなどできるわけがない。
 まさに生きるか死ぬか、
 勝つか負けるかの勝負になる。

 橋下徹 2012年10月19日
 http://blogos.com/article/48629/
今回はあえて言わせてもらう。
今回の記事は完全な人権侵害だ。


今回の一連の騒動を通じて、やっぱりな~と
確認できたことがある。
今回の週刊朝日の記事に対しては、
「この表現は絶対に許されない」という見解と、
「もっと議論をしろ」
批判表現として認めろ
「朝日新聞にまで取材拒否と言うのはおかしい」

など何かと僕に文句を付ける見解に分かれた。

そして後者の、
「表現の自由の一線を超え絶対に許されない」
と言い切らず、もごもごとなんやかんやと
いちゃもんを付ける発言者の多くは、
君が代起立斉唱条例や、僕の職員組合に対する
対応を「人権批判だ!!」と批判していた人たち。
ここが面白い。


君が代起立斉唱条例や組合に対する
対応については、色々な見解があると思う。
だから最後は司法決着しかないと思っている。
君が代起立斉唱条例を成立させたこと、組合対応には、
大阪市独自の事情があった上で実行したものだ。

ところが条例や組合対応について
人権違反!と叫ぶ人たちは、
なぜそういうことが必要なのかを
全く調べもせずに、
憲法違反!思想良心の自由違反!
人権批判!
を繰り返すばかり。
住田弁護士、大谷昭宏氏、そして弁護士会、
おそらく今回の週刊朝日の記事のライターである
佐野氏もそうであろう。

そして有田芳生参議院議員も同じだと思う。
そしてこういう人たちは、
今回の週刊朝日の記事に関して、
これは人権違反だと言い切らなかった。

(引用ここまで)


★橋下・朝日騒動、
 筆者佐野眞一を暴走させた
 “良心”とカラクリ

 Business Journal 2012.11.22
 http://biz-journal.jp/2012/11/post_1043.html
(引用開始)
あえて言えば“落ち目”の橋下氏を
一時的にしろ同情の対象にしてしまったのが、
「週刊朝日」(10月26日号)の
『ハシシタ 奴の本性』とタイトル付けられた、
ノンフィクション作家・佐野眞一氏の手になる
緊急連載記事の第一回だった。
(中略)
経緯報告書によれば『ハシシタ 奴の本性』という
タイトルは担当デスクの提案で、(略)
野氏は橋下氏という格好の材料を、
タイトルが意図する書き方で料理することができる
ことに、大いに興趣が湧いたのであろう。
もちろん編集部サイドも面白がり、熱が上がり、
相乗効果でつっ走ってしまった…。
(中略)
記事を読む限り、
佐野氏の橋下氏嫌いは徹底しているようだ。
それ以上に橋下氏の登場を促した
日本政治の今日的状況に、危機感を抱いている
ということのほうが正確かもしれない。

いずれにしろそうしたことから、
橋下氏の本性を徹底的に描き出してやろう
と考えたに違いない。
(中略)
佐野氏がこの記事を書くに当たって考えた
もうひとつのこととは、部落問題を含めて
メディアにはタブーがあってはならない
ということではなかったかと思う。
橋下氏という公人を題材とすることで
そのタブーを打ち破り、
報道と表現の自由をあらためて確認したい
という強い意欲が
佐野氏にあったのではないか?

(中略)
いずれにしろメディアにはタブーがあってはならない、
橋下氏は公人中の公人である。
だから佐野氏は自らの鉄則に従い、
橋下氏の出身地をあからさまに書いた。
ただその際、
のちに自らが反省しているように、
現実にそこに住んでいる差別される側の
人たちに対する温かい配慮が抜け落ちて
いたということでもあろう。

(引用ここまで)




ジャーナリスト仲間の清丸恵三郎氏も
”橋下徹は公人中の公人だから”
あからさまに出自を暴いても良い?
橋下氏への人権侵害は問題ではなく
そこに住む人達への配慮が足りなかったと
という考え方。
嫌いな人間には、何をしても構わない???

一方、蓮舫氏の記者会見後の反応は
「差別を助長する」
「蓮舫さんをここまで追い込んで。。
 ひどいなあ。」
「重国籍の何が悪い!」


ワイドショーに至っては、スルーして
上西議員のTwitter炎上騒動徹底取材か
延々と松居一代。

同じ公人なのに…
メディアの、このダブルスタンダード
橋下氏が怒るのも無理はない。
彼らにとって、
庇うべき人権と徹底的に貶めて良い人権
存在するのだから。
好きか嫌いかで、人権や差別の基準が変わる。




 
arita2012.png
https://twitter.com/aritayoshifu/status/215240538964754432

こんな事を言っていたのに
蓮舫氏の立候補時の経歴詐称(すでに時効)には
何ら言及せず

aritaDEdFdbMUMAEiIKn_20170719183420251.jpg

橋下氏の出自を暴いて
「面白い」と喜んでいた人が、
よく言えるものだわ。


aritaCmHU5oMUYAEqRCO_20170719134006325.jpg

自称元ジャーナリストで
国連人権委員会で工作活動するけど
人権派ではないという
しばき隊代表兼国会議員の有田ヨシフ氏


擁護する人権と
守らなくても良い人権の境界線。
好きか、嫌いか憎いかで
選別するモノなの?




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 3

山葵

同じ基準を適用しないのは差別でしょ

>擁護する人権と守らなくても良い人権の境界線。好きか、嫌いか憎いかで選別するモノなの?

パヨクはそうでしょう。自分たちではリベラルを名乗っているけど、差別主義的で全体主義的で、本当のリベラルとは違う似非リベラルですね。今は保守派のほうが、ずっとリベラルです。

彼らは、裁判で逆転無罪判決が出たりすると「冤罪事件だ!」と大騒ぎするけど、モリカケ問題は安倍首相に対する冤罪だし、慰安婦問題は日本人全体に対する冤罪ですよ。二重基準もいいところです。

2017-07-20 (Thu) 00:13 | EDIT | REPLY |   

sakada

No title


>蓮舫代表会見「戸籍の開示は差別助長に繋がる!」

当然です、国民が支持します。但し、国民を統治する側の国会議員だけは日本戸籍保有者が国会議員に為リ得る前提条件です。それが国会議員のイロハのイの常識で在って、外国人が統治する国会なんて地球上に存在するのでしょうか。差別ではなくて法律が統治者の有様の善悪を区別しているんだ、それを差別と捻じ曲げる人間に限って自分に都合が悪い事を知らなかったや疑わなかったと擦り替えてしまうものさ。そう言う人間に誠実な人間はいない。

2017-07-20 (Thu) 13:22 | EDIT | REPLY |   

sand castle

重国籍者が問題なのは、戦争になった時にコイツ等はどっち側で戦うのかハッキリしないということ。今日本にいるヘタレは祖国に帰りそうですがね(呆)。いつでも他人に頼らないと生きれない寄生虫の末路。世界に見せつけて欲しい。惨めに生きて、末路をさらけ出して欲しい。そう願う。
失礼致しました。

2017-07-21 (Fri) 11:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply