不法滞在者の国外退去の旅券をイランとトルコ大使館が発給拒否!仮放免が“第2の在留資格”

★国外退去の旅券、
 イランとトルコ大使館が発給拒否 
 日本に不法滞在、数百人

 産経新聞 2017.7.13
 
http://www.sankei.com/affairs/news/170713/afr1707130005-n1.html
  afr1707130005-p1.jpg


不法滞在などが発覚して国外退去を求められて
いる外国人を帰国させるための「旅券発給」を
イラン、トルコ両大使館が拒否している
ことが
12日、関係者への取材で分かった。
旅券が発給されず日本にとどまる外国人は
両国で数百人に上るとみられる。

外国人には、
法薬物の売買や窃盗など
刑事罰の対象になった者も複数含まれる。
難民申請するなどして収容を一時的に解かれる
「仮放免」となる事例もあり治安上、重大な
懸念が指摘されている。

 法務省によると、国外退去処分を受けた
外国人を送還する手続きには、
日本出国のための旅券発給が必要で、
法務省が各国の大使館に再発給を要請。
大半の大使館が応じているという。

 しかし、関係者によると、
イラン、トルコ両大使館は
「本人の申請意思が必要」などの理由で
旅券発給を拒否。

このため、処分を受けた2カ国出身の数百人が
送還できない状態になっている。
この中には、覚醒剤など違法薬物の売買や
窃盗事件に関わったとして1年以上の
懲役刑などを科された者も含まれるという。


退去処分を受けた外国人は、
各地の入管施設内にある収容施設に
収容される。しかし、収容された外国人は、
難民申請の手続きや処分取り消しを求めて
訴訟を起こすなどして、収容を一時期に解く
「仮放免」を受けることができる。

 法務省関係者は
「国外退去を求められている外国人の中には、
 仮放免制度を悪用し日本にとどまろうと
 する者もいる。

 犯罪に手を染める者も少なくない。
 そうした外国人が、
 相手国の協力を得られずに滞留し続けると
 治安面に重大な懸念が生じる」

としている。

 イラン大使館は産経新聞の取材に
旅券の発給拒否を認め
「憲法とその他の関連法に基づき、
 居住地の変更を強制することはできない」
と説明。
トルコ大使館は期限までに回答がなかった。

 2カ国の対応について法務省幹部は
「『日本にとどまりたい』という意思を
 尊重するのが自国民の保護につながる
 という認識があるのかもしれない。
 ただ、そうした解釈は国際慣習として
 到底受け入れられるものではない」

としている。 

(引用ここまで)




★イラン・トルコ大使館の旅券拒否、
 「棄民も同然」 
 仮放免が“第2の在留資格” 
 「偽装難民も少なくない」

 産経ニュース / 2017年7月13日
 https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_afr1707130014/
法務省によると、査証の期限が切れるなどして
不法滞在が発覚し、入管の収容施設に収容
されている外国人は1340人(6月14日現在)。
このうち約3割が、国外退去を拒否して
収容施設に6カ月以上収容されており、
「収容期間の長期化が常態化している」
(法務省関係者)という。

 今年5月には、東京と名古屋の入管の
収容施設で、最大約100人の外国人が、
処遇改善などを求めるハンガーストライキ
を決行した。
彼らが最も強く抗議していたのが、
「仮放免者」の再収容をめぐる
入管側の対応についてだ。

 施設収容の外国人の中には、
難民申請の手続きや国外退去処分の
取り消しを求めて訴訟を起こす者もいる。
入管側はそうした人々に対して、
収容を一時的に解く「仮放免」の措置を
取っている。

 法務省によると、日本に滞在する仮放免者は
昨年末時点で3555人に上るという。
ハンストを行った外国人らは、入管側が最近、
この仮放免者の再収容を頻繁に行っている
として対応を改めるよう求めた。

 一部の市民団体などがこの主張に同調し、
仮放免者の支援に当たっている
が、
問題も指摘されている。法務省関係者は、
「仮放免者の中には、
 日本に滞在し続ける
 ための手段として
 難民申請する
 “偽装難民”が少なくない」

と説明する。

 関連する事件も起きている。
警視庁は5月、都内のビルメンテナンス会社の
経営者(75)を入管法違反(不法就労助長)の
疑いで逮捕した。
警視庁によると、この経営者は
昨年10月〜今年4月、難民認定申請中の
ミャンマー人13人を江東区のホテルに清掃員として
派遣した疑いがある。
難民認定制度では申請から半年が経過する
までは就労が認められておらず、
13人はその期間中だったという。

 先の法務省関係者は、
「国外退去処分を受けて
 後がなくなった外国人にとって、
 仮放免は“第2の在留資格”
 同義のものになってきている」

と指摘。その上で、処分を受けた自国民の
旅券発給を拒否する2カ国の対応について、
「相手国の協力が得られないままだと、
 『不法滞在になっても
 帰国せずに済む』

 という誤った認識が広まる恐れがある」

と話している。

(引用ここまで)




★トルコ外相の訪日を伝える記事
 【ミリエト紙】【2003.12.22】
 http://www.neo-pro.jp/makoto/shinbun/honbun/00025.html
<ギュンギョル・ウラス氏の記事>

日本は、OECD各国の中で、トルコ人に対して
渡航ビザを免除している唯一の国である。
トルコ人は3ヶ月間ビザ無しで日本に滞在する
ことができる。
しかし、日本政府がこの規定を変更し、
トルコ人にもビザを適用する可能性が出てきた。
なぜなら、最近、日本へ渡航するトルコ人たちは
オーバーステイして不法に働くばかりでなく、
刑事事件に関わることでも目立ってきたからだ。


現在、日本で合法的に滞在しているトルコ人は
2千人ほどだが、不法滞在者は4千人にも
及ぶという。
そして、この不法滞在トルコ人たちが、
刑事事件において中国人に次ぐ位置を占める
までになってしまった。
しかも、これは総数からいけば2番目という
ことであり、一人あたりに換算すれば
1番なのである。
トルコ人は一頃自販機荒らしで有名になったが、
今や警察官にも襲いかかるそうだ。


日本の労働市場を先ずは
黒海沿岸ファトサ出身の連中が発見し、
今はコンヤ県から団体でやってくるという。
こういった不法就労者たちを手引きする輩もいる。
日本の警察はこの動きを防ぐために
入国審査を厳しくし、団体でやってきた場合、
入国させずにトルコへ送還しているということだ。


こういう状況の中で我が不法就労者たちは、
日本で「ドネルケバブ屋」という業種を
作り上げ発展させた。
東京の繁華街はトルコ人ドネルケバブ屋で
一杯だ。

経済危機の中で失業した自動車関連業界の
熟練工たちまでが不法就労者となり、
日本人に与えられる給与の半額で
仕事を請け負うそうである。

こんなことを言っている人もいた。
「教育の無い連中が
 日本でチャンスを活かそうとしている時に、
 教育を受けた者たちがチャンスを逃している」。

(引用ここまで)

 
★トルコ新聞で特集・
 日本へ出稼ぎトルコジンの実態 (6)

 2005.09.28
 https://plaza.rakuten.co.jp/tavsan/diary/200509280000/ 
ファトサ(黒海地方オルドゥ県ファトサ市)人の
 第二の祖国・日本

(中略)
オーバーステイしてみっかっちゃったら
国外退去、指紋取られて向こう5年は
(名前を変えて別人を装わない限り)
再入国不可だそうだ。

そんなわけで、
ファトサ人は日本で(不法)滞在するため、
わざわざトルコの憲法裁判所に行って
名前を変えたり

(トルコの裁判所、なぜそんなこと許すのだろうか?)、
日本人女性と(偽装)結婚したり
故郷にはもう戻らず永住の覚悟を決めたり
してるわけだが。

(中略)
で、新聞にあるひとの例が載ってたんだけど、
トルコに妻と子供がいるのにもかかわらず、
日本に合法的に滞在するために
トルコの妻と形式上離婚をし、
50才の日本人女性と愛のない結婚(偽装結婚)
をした、とか書いてあったけど・・・
ほんとにその50才の女性は人助け?
のために結婚してあげたのだろうか・・・?
(引用ここまで)


★【朝日新聞】イラン人女子高生、
 不法入国し滞在している母も
 在留資格を求め署名活動 「力貸して」

 2016年01月07日
 http://newhoshu.blog.jp/archives/52038444.html




>一部の市民団体などが
 この主張に同調し、
 仮放免者の支援に当たっている


例えば、この団体ですね。
★仮放免者の会 
 http://praj-praj.blogspot.jp/2011/01/praj_27.html


代表は、永井伸和氏
大阪在住の42歳。
http://asuhenokotoba.blogspot.jp/2017/01/blog-post_7.html
入管に関わる支援活動を始めるきっかけは
不法滞在のフィリピン人家族が、親は強制送還
子供だけ残留することになった際に
ヘイトスピーチのデモが行われショックだったから。
自分も小学生の時、在日韓国人の人に
心無い言葉を掛けてしまったから・・・だそうです。

こちらのHPにリンクを貼ってある「日刊イオ」から
http://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/e/35be5a43577234ac2610dc45e0f316aa

カトリック大阪シナピス難民委員会という
団体も仮放免の支援をしている事が解った。
http://www.asyura2.com/0306/nihon5/msg/167.html


★カトリック大阪大司教区
 社会活動センター・シナピス

 http://www.osaka.catholic.jp/sinapis/
シナピスの理念
 「正義・平和・人々」の啓発と実践に取り組む。

・日本カトリック正義と平和協議会会長
 沖縄県東村高江ヘリパッド工事再開
 に対する抗議声明


・日本カトリック難民移住移動者委員会
 「人種差別撤廃基本法」の制定にむけて

 http://www.osaka.catholic.jp/sinapis/assets/pdf/2016/20160424jcarm.pdf
「日本カトリック難民移 住移動者委員会」は
「移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)」
外国人住民基本法の制定を求める
 全国キリスト教連絡協議会(外キ協)」
ほか
多くの賛同団体とともに
「人種差別撤廃基本法」の実現を めざして
活動していきます。

(引用ここまで)




慰安婦賠償問題や沖縄基地反対闘争などの
西早稲田系の団体ですね。

国籍条項の無いサポーターと
民団の選挙協力で政権交代を果たした
民主党政権交代時に話題になった
  hatoyama1.jpg
裏マニュフェスト

「永住外国人地方参政権」よりも危険とされた
外国人住民基本法推進派


★外国人住民基本法案
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%8F%E6%B0%91%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%B3%95%E6%A1%88
・外国人住民で、旅券を所持できない者は、
 日本国外の旅行に必要な証明書の交付を
 受ける権利を有する。

・外国人住民の子として日本国内において
 出生した者は、
 申請により永住資格が付与される。

・すべて外国人住民は、法律が定める正当な理由
 および適正な手続きに基づく決定によることなく
 日本国外に追放されない。

・永住資格を有する外国人住民は、
 いかなる理由によっても追放されることがない。

・すべて外国人住民は、日本において
 その家族構成員と再会し、
 家庭を形成し維持する権利を有する。

(引用ここまで)

不法入国や不法滞在の外国人が、
入国して数年後には永住権を得て
完全な参政権・被参政権を自動的に獲得し、
日本の政治にまで介入する道筋を
付けている法案。
しかも、凶悪犯罪を犯そうとも強制送還されない。


   minsuimg4490_091111-16juumin.jpg

★「アンカー」外国人地方参政権と
 外国人住民基本法で日本侵食

 ぼやきくっくり 2009.11.12
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid742.html



そして、こんなビジネスも存在する。
★イラン人を日本に呼ぶ
 http://common-s.jp/tankiiran.html
イラン人を日本に呼ぶ短期滞在ビザ申請
ご依頼はコモンズへ!!

料金:¥40,000
特典:2名様から1万円引き


8 インターネットで知り合った方で
 一度も直接お会いしたことない場合でも
 日本に呼べる可能性があります。





蓮舫代表が、自党の議員から
支持率低下と都議選惨敗の原因は
党代表の二重国籍問題だと戸籍謄本の
開示を要求され、一時応じたように見えて
急に「私は多様性の象徴」などと
強気な対応に変化したのは
民主党政権交代に尽力した西早稲田界隈の
選挙協力
でも取り付けたのかな????

マスゴミが、やたらと推す人達は…

koikeDDUgGOhVYAIcuFN_20170715022004558.jpg


沖縄基地反対運動の活動家
島崎ロディ氏が撮影する
「反核」と「アンチファシズムANTHIFA」の旗を掲げる
ロックバンドに異様に興奮している人達の
写真が、非常に気になる。

antifaz-19

ANTIFA16.jpg

antifaz-20

ここに写る多くの外国人達は、
海外「ANTIFA」の人達なのだろうか?
http://shimazakirody.com/journal/rage-against-fascism-%e6%96%b0%e5%a4%a7%e4%b9%85%e4%bf%9dearthdom-2/

ANTIFA42.jpg
http://shimazakirody.com/journal/%e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%a4%a7%e5%88%86%e3%83%99%e3%83%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88gig%e4%b8%ad%e9%87%8emoon-step/

イギリスのANTIFAデモ

 antifa468610940_201707150256256b9.jpg


★悪夢のような集団が街を破壊…
 G20サミットの「地獄絵図」
 ~日本メディアが報じなかった現実

 川口 マーン 惠美 
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52280
2019年のG20サミットの開催地が日本に決まった
という。G20は人数が多いので、洞爺湖や
伊勢志摩のようなこぢんまりした場所では
できない。
日本の都市の規模はハンブルクとは桁が
違うので、警備は至難の技だ。
完璧を期すのは不可能ではないか。

日本は島国なので外国の危険分子が
列車やバスで到達できないことが一縷の望み
だが、だからこそ、空港での入国検査は
今すぐにも強化する必要がある。
日本を混乱させようとしている勢力が
スリーパーとして都会に紛れ込んで
しまってからでは、取り返しがつかない。

外国人ジャーナリストも、
身元をしっかり調べるべきだ。

いずれにしても、ドイツの真似をして、
寛大に民主主義を証明しようなどという
ことは考えないほうがよい。
日本は、今のままでじゅうぶん過ぎるほどの
民主主義国なのだから。
 

(引用ここまで)


既に、相当数紛れ込んでいるのでは?
反原発デモにイタリアの極左活動家など
デモの写真には相当数の外国人が写っている。

反G20や反東京五輪のデモが
暴徒化する可能性は拭えない。


政府は訪日外国人観光客増加を誇るが、
極左活動家の来日には、各国と情報共有し
入管が水際で阻止しないと…

毒アリ問題だけではないのだよ。




政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

特権の獲得は既成事実の積み重ねで

ヨーロッパでも、犯罪を起こしたイスラム難民を強制送還しようとすると、祖国がビザの発給を拒否するので、送還できないという問題が発生していますね。

さらに怖いのが、日本では、1991年に入管特例法が施行されて、特別永住者は強制送還できないようになってしまう前から、韓国人犯罪者を強制送還しようとすると、韓国政府が引き取りを拒否するので、在留を認めてきた歴史があることですね。

在日朝鮮人犯罪者の強制送還にてこずった戦後日本 | ネット転向組
http://kasataro.sakura.ne.jp/archives/384

大村収容所事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%91%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

このように、既成事実の積み重ねが在日特権になっていった事を考えると、記事にあるような事例を増やしてはいけません。

No title

>そうした外国人が

実際に、外国人が関与する暴力行為に遭遇すると驚く事が在るさ。日本人なら日本人同士でそこまでやらない手加減が凡その外国人にない、やったら徹底的に相手を叩きのめすので正当防衛でも敗訴して慰謝料請求されてしまう事が在る、大抵は和解に為る。

色んな要因が想像出来るが、ああ言う場面では日本人の常識で在る社会道徳遵守精神などないさ。逆に単一民族日本人の社会道徳が世界から視て異質な思想なのかもしれない。同じ普遍的な社会道徳でも、同じ安全で住みやすい社会創りを目指すために存在する社会道徳でも、国が違えば驚く様な事も在っていて社会が是認している話だ。

そう言う点を、日本人が性悪説で見做すのか、外国人が悪い意味で天国日本と見做しているのか正しく区別して認識しないといけない。少なくとも一時滞在で在
っても郷に入っては郷に従えで、滞在国なりの社会遵法精神を尊崇しない限り外敵と1cmも相違がないさ。旅券発給拒否したイランとトルコが証明している。


背反命題

ヒアリとか外来種は、日本の生態系に甚大な影響を及ぼします。
ウシガエルなど外来種は、以前はあたかも有益種として積極的に輸入されたものが、在来種を駆逐して定着したものが多い。
一度定着すると、駆除するのが困難なのが「生物」の生存本能のなせるわざ。

もう積極的に輸入する合理性はありません。
早めの駆除が大切です。見つけた時点で殺処分もやむを得ません。
生命を大切にしたければ、最初から受け入れない、水際で追い返すしかありません。

これは、種を保存したいという在来種の生存権と生態系を守る権利を守るための事柄です。

以上のことを、地球上の生物種の中で、最も身勝手で悪知恵も言い訳も駆使する「生物」である「ヒト」にもなぞらえられることです。
しかも、完全な法令などないのに「法令万能」をうたいながら、不備や盲点を突こうとするヒト科の生物も多数生息しています。
残念ながら、それがヒトの世の中です。

共生というのは、安易にくちにできるほど、容易ではありません。
空間軸と時間軸の視点から俯瞰すれば、混乱要素や不確定要素の方がだんぜん大きいと思います。
在来種の生命財産権保持と、移民政策は背反する命題です。

アンティファ

アンティファでググってみると、UCバークレーでの今年2月の事件が出て来ますね。alt rightのジャーナリストのヤノポロス氏の講演会がアンティファの暴動によって中止された件。
ソロス氏が支援する基金から、この団体に50000ドルの援助があったというような記事も。

百田氏を外国人特派員協会に招いた人の頭には、この事件のこともあったかもしれませんね。

韓統連あたりがソロス氏と直接つながったりしているんでしょうかねえ。

No title

トルコもイランも、不法滞在者を「支援」する連中も大馬鹿者。日本ばかりを至高のパラダイスと主張しているみたいで、その一方で、多文化共生? そんな奴らにそんな事を言う資格などない。

ポッポは国外追放でよし

ハトポッポの資産は日本国民で分けよう。

No title

在日朝鮮人問題をかたずけないからこうなる。

移民と難民は受け入れろと主張する者が全員負担せよ

そもそも、移民と難民を「受け入れろ」と主張する者達は、「自費」でその人達を「受け入れる気がある」のかと思いますね。

自分達は「お金」も「住居」も提供する気が無いくせに、「関係のない」他人に、「その費用」を負担させようとする魂胆は、「無法者」の精神と言っても過言ではないと思いますね。

別に、イランやトルコの国民自体に敵意はありませんし、イスラム教自体にも敵意があるわけではありませんが、イランは「シーア派」のイスラム教徒の国である事と、彼有名な(悪名高い?)「アルカイーダ」も「シーア派」の宗教テロ組織(他宗派や異教徒から自分達を守る暴力装置)である事、そのシンパが多い事(同派である為、アルカイーダのテロ行為自体は否定していない者も多い)、イラン自身、アルカイーダとつながりが深い事(協力関係にある)など、イスラム教徒を積極的に受け入れるというのは、相当なトラブルを抱え込む可能性が高い為、やりたがらないわけです。

一般のイスラム教徒であっても、テロ組織と全く無関係と言うわけではありません。特に、イスラム系のテロ組織の場合、その宗派の暴力装置のような役割を果たしている為、過激な手法であるとはいっても、同派からすれば、自分達を差別する者達に立ち向かう、「味方」なわけです。

宗教問題に持ち込まれた場合、国際的な問題のみならず、宗教テロの標的にもなりかねませんから、絶対に止めるべきですね。

それはそうとして、難民を受け入れろなどと主張する連中自身が、まず「自ら汗と血を流す覚悟」を持って、「受け入れるべき」であるという事ですね。

ケバブモドキは靖國神社参拝帰りに一度食べてお腹を壊しました(笑)。参道にある臭いのキツイ店が嫌だったので(食わず嫌いは文句言えないから)食べてみましたが、神様の近くに肉肉しいのはやはり…今は店が無くなり良かったと思います。金魚すくいやクジ、林檎飴等はまだ臭い無いからまだ許せる範疇ですが、それやるとまた「差別」と言うから全て…になる。結局、自分の首を締めてるだけなんですよね奴等。
トルコやウィグルを名乗っても、事実は違うと言いますし。日本人が親日だと油断する民族を名乗るラシイ。今はISIS知られたから尚更でしょう。
日本人?でも、金が目当てかで特亜や中東、東南アジア系と結婚離婚繰り返すのもいます。目当ては金かなーと見ちゃいますね。
水と安全はタダと言われた日本は、スパイ天国で、工作員が沢山居て日本を侵略しようとしてて、日本人は国籍や宗教を軽んじてるから与し易いと世界から言われてたにも拘わらず、そういう事を言うと「頭オカシイ」「陰謀説論者」と嘲笑われてきた。何十年も前の話。今では当たり前に知られた事…言っていた方はもう亡くなったか?日本はどうなっても知らん!で悔しい思いで亡くなったのではないかと思う。この先侵略者に日本?

長くなり切れたので続きです。

この先侵略者に日本を乗っ取られても、戦わなかった者達の子孫はどうなっても自業自得。でも戦った人達は…。救われて欲しいと願う。そして私は、戦わなかった者や売国奴と同じ民族と呼ばれたくは無い。日本国籍を剥奪して、日本から追放してほしい。憲法も国を護るものでないなら要らない。さっさと憲法改正して、必要ならドンドン改正していって欲しい。日本軍と核武装もよろしく。戦える国に!安倍首相だけですから…それができるのは。
長々失礼致しました。

G20

開催中、欧米ニュースを見ていました。
ドイツのニュースでは、今までよりさらにデモ計画が緻密だと報じていました(しょっちゅうデモしてますからね)。
警察に追い詰められた時に逃げるルートを細かく予め決めてたり等。

商店街のガラスを割る等の破壊行為をする団体はblack blocksという黒づくめの統制のとれた集団でした。あっという間に行動して逃げる。

デモ者の主義主張が何なのかは局により言ったり言わなかったりで、「反グローバル」とか環境保護団体とか‥くらい。
ポピュリストと言ってたのもあったかな?ポピュリストってのも何に反対で何に賛成なのか、よくわかりませんが。
貧困VS豊かな国ってのもありますね。

日本でデモについて扱ったテレビでは、「ハンブルク市だか当局が広くデモを受け入れてて良い」みたいな事言ってたのを聞きました。
NHKの解説だったかな?
もはや驚きませんが。

ドイツも日常に暴力が増えているようです。
メルケルさんもやさしい事言ってる場合じゃないと思う。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索