九州豪雨災害…毎回、メディアの取材方法に疑問

★福岡や大分で孤立700人以上か
 NHK 7月7日 2時01分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170707/k10011047511000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004 
記録的な豪雨となった福岡県や大分県では
道路が寸断されるなどして孤立する地区が出ていて、
孤立した人は3つの市と村で700人以上に上る
と見られています。
各自治体は道路の復旧作業や救助活動を
急ぐことにしています。

このうち、福岡県では
東峰村の各地で山の斜面が崩れるなどして
道路が寸断され、村によりますと、
6日午後6時現在、小石原鼓地区の150世帯、
およそ300人、岩屋地区の30世帯、およそ60人、
竹地区の20世帯、およそ40人、
栗松地区の20世帯、およそ40人の合わせて
およそ440人が孤立した状態になっている
ということです。

また朝倉市でも6日午後7時45分現在、
松末地区で95人、高木地区で90人、
杷木地区で8人の合わせて193人が孤立した
状態だということです。

大分県では、特に被害が大きかった日田市の
北部地域で孤立する集落が出ていて、
市の災害対策本部によりますと、小野地区、大鶴地区、
それに東有田地区の集落のうち点在する11の集落で
100人以上が孤立した状態になっているということです。

各自治体は、
7日も道路の復旧作業やヘリコプターでの
救助活動を急ぐことにしています。

朝から自衛隊ヘリ3機で救助活動へ
朝倉市では、7日午前5時半すぎから、
自衛隊のヘリコプター3機が孤立している地区に
向かい救助活動を行う予定です。

また救助した人を乗せたヘリコプターが到着する
市役所の近くには、災害派遣医療チーム「D-MAT」
が待機し、具合が悪い高齢者などにすぐ対応できる
態勢を取ることにしています。

(引用ここまで)


★九州豪雨、6人死亡 不明19人 
 7日夜まで降る見通し

 朝日新聞 2017年7月7日01時22分
 http://www.asahi.com/articles/ASK765TW2K76TIPE04V.html?iref=com_rnavi_arank_nr05




★「線状降水帯」とは? 積乱雲が次々と発生、
 九州北部に記録的な豪雨

 HuffPost Japan 2017年07月06日
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/05/linear-rainbands_n_17400996.html?utm_hp_ref=japan-society


★自衛隊 福岡や大分で112人を救助
 NHK 7月6日 18時21分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170706/k10011046751000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002 




jieitaiGOUU-570.jpg

saigaid2643956.jpg


被害に遭われた皆様に
お見舞いを申し上げるとともに
今後の復興に少しでも役立てるよう
募金等々、協力をさせていただきたいと思います。

それにしても
去年も「記録的豪雨」だったのに…



★平成24年7月九州北部豪雨
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%9024%E5%B9%B47%E6%9C%88%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%8C%97%E9%83%A8%E8%B1%AA%E9%9B%A8


★長崎で50年に一度の猛烈な雨
 九州北部で50年に一度の猛烈な雨 
 土砂災害に厳重警戒

 2014/7/3(木) 11:13
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6121821




★朝日新聞が「不注意」見出し 
 大雨「救助タグ」効果を一時阻害
 J-castニュース 2017/7/ 6 19:24

 https://www.j-cast.com/2017/07/06302623.html
九州地方の大雨被害を受け、
ツイッター上には「♯救助」のハッシュタグを
付けたつぶやきが相次いで寄せられた。
このハッシュタグは、
Twitter Japan社(東京都中央区)が、
救助を求める投稿を発見しやすくするために
使用を推奨しているものだ。

 
  だが、今回の大雨被害を報じたメディアの一部が、
「♯救助」という言葉を見出しにとった記事を配信した。
こうした記事がツイッター上で拡散されたことにより、
純粋に救助を求めるツイートが
「埋もれてしまう」現象が起きた。


news_20170706191605-thumb-645xauto-116306.jpg

「メディアが混乱させてる」
(中略)
だが、こうした記事が、
逆に「♯救助」タグの効果を減少させてしまった。
この記事がツイッター上で拡散されたことで、
「♯救助」タグの検索欄に、記事をリツイートした
一般ユーザーのつぶやきが表示されるように
なったのだ。

(続きはリンク先で)

 


しかもねぇ、この「♯救助」タグで、
現場の濁流映像を載せて救助を求めるツイート
朝日新聞は、こんなリツイートをしていて
  asahiDEGc2y2XsAQJwww.jpg

ネット上では批判を浴びている


毎回、災害報道で思うことは
各局が競うように記者とカメラクルーを派遣して
ヘリコプターを飛ばし合う。

今は、救助ヘリが最優先
これらを邪魔してはならないと思う。

リアルタイムに被災情報を流す意義もあるが
混乱した現場の真最中では
メディアの代表取材じゃダメなんですか?

行方不明のご家族の安否確認をしている最中に
不躾にマイクを向けるのは如何なものか?

マイクやカメラよりも
救助に尽力されている自衛隊や
警察・消防・各役場・医療関係の人々の
邪魔をしないで、自ら手伝うとか
(足手まといか)

避難所では食料や水の準備も少ない状況で
各企業が支援に乗り出しているのだから
メディアもそちらの方で協力したらいいのに。



★テレビ局が災害現場で引き起こす
 迷惑行為 「一番まずいこと」は
 コンビニでの「買占め」?

 J-castニュース 2015/9/16
 https://www.j-cast.com/2015/09/16245429.html


★災害報道の在り方見直せ
 BLOGS 2016年05月02日 
 http://blogos.com/article/174126/


★マスコミよ、
 もう被災地へ行くのはやめなさい
 災害報道は1社に任せれば十分!

 http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/48527




政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

既存ジャーナリズムの終焉

まずは何より、被災地の皆様には心からのお見舞いを申し上げます。そして自衛隊の皆様、本当におつかれ様です。いつもありがとうございます。

それで、ですがねぇ。報道のあり方については、もう……。言うだけ虚しくなりますわな。日頃は人命第一、人権ガーーーッと人一倍、やかましいくせに、ぜ~んぜん人命大切にしてないじゃん。要するにネタとして利用するだけ。他人の人命だの人権だの、決して本当には興味が無いんですな。

まぁ、例のツイートも、これまで数々やらかしてきた、輝かしい実績に鑑みますと、「さもありなん」としか。私はもうね、マスごみには何の期待もしてない自分に、かえって驚きを感じるんですわ。

戦後このかた──いや、戦前からかもしれませんな──、あまりにもやり過ぎたってことでそ。ただねぇ、もう時代は変わりつつあるし、真実を求める声は、確実に大きくなりつつある。清算が必要なのは誰なのか、中の方々はよぉ~く胸に手を当ててくらはい。

今後は、自然災害がいつ「アベのせい」になるのか、注視して行きたいと思います。

No title

>取材方法に疑問

与野党国会議員も要人も未だ誰1人も、現場視察に行っていませんね。今更現場がどうのこうのではない、どうにもならない現実を慰めに行っても何の慰めにもならないさ。避難民が知りたいのは明日はどうなるのか、これからどうなるのか、政府にどこまで何時まで支援してもらえるのだろうかだ、今それが政治家からききたいんだ。

福岡空港・九州自動車道~大分自動車道…現地の朝倉と日田まで正常運転中で一飛びだ、なんの通交障害もないさ、福岡空港から30~45分で視察に行けるさ。夜でも避難所に出向いて避難民が知りたい事を語たればみんな落ちつくさ。

2年前の与那国島台風災害の翌朝は那覇陸自駐屯地の大型ヘリで500キロ先の与那国島まで白戸家のお父さんたちが飛んで行った、2日後には2000キロ余飛んで来た島尻自民党議員が、夜に島民集めて早速今後の対策を説明して島民を安心させた。なんで、空路・陸路がまったく問題ない福岡~大分に来たくないのだろうか。与那国島の災害後に来島しなかった政治家って翁長知事だった、国会議員は翁長知事の真似するな。

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索