反中国で干されたリチャード・ギアが見せた気骨 自主製作作品で自身の過去最高の評価

★反中国で干されたリチャード・ギアが
 見せた気骨 自主製作作品で
 自身の過去最高の評価

 ZAKZAK 2017.7.4
 
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/170704/ent1707041596-n1.html
  
ent1707041596-p1.jpg

「リチャード・ギア最高の演技」(NYタイムズ)と、
全米メディアがこぞって絶賛しているのが、
4月に公開された主演作「ノーマン」(原題)。
 続く5月公開の「ザ・ディナー」(原題)も好評で、
ギアの「立てつづけの勝利」に、
留飲を下げた映画評論家も多いのでは。

 というのも、彼は数々の反中国発言で、
かの国からにらまれ、
チャイナ・マネーに頼る
 ハリウッドから干されている

と報じられたからだ。
 
窮地のギアが、
インディペンデント(自主製作)作品
自身の過去最高の評価を受けるのは
皮肉な話だが、
映画ファンにはうれしいニュースだ。

 「アメリカン・ジゴロ」「プリティ・ウーマン」
「シカゴ」など数々のヒット作で知られるスターで
人権活動家のギア。

反中国の姿勢が公然となったのは、
1993年のアカデミー賞にプレゼンターとして
登場し、用意されたスピーチを無視して
中国のチベット民族迫害を批判した時。
政治的すぎると非難され、
授賞式から出禁になった。

しかし
ダライ・ラマと親交の厚い仏教徒のギアは、
めげずに北京五輪のボイコット運動など
人権活動を続けてきた。

 そのため中国は彼を敵視。
「中国人監督と打ち合わせ後、
 監督にある筋から電話が入り
 出演がドタキャンになったことも」

とギアは雑誌のインタビューで明かしている。
もし従わなければ監督と家族は
二度と中国から出られず、
監督は職を失うことになっただろうという。

米国に次ぐ興行成績世界第2位の
映画大国の中国は、
数年後には米国を追い越すとも。
中国資本の大量投下で、ハリウッドは
ギアの起用を拒絶する中国の意向に
従わざるをえないようだ。


 中国が過去最大の巨費を投じた映画
「グレートウォール」に大物マット・デイモンが
主演するなど、蜜月度は増す一方だが、
それもあちら好みの大作の話と言える。

「長年働いてきたおかげで、
 今、好きな映画が作れる」

とギアはインディーズ作品に入れ込む。
前出の「ノーマン」はNY生まれのイスラエル人、
ヨセフ・シダー脚本・監督作品で、
NYのフィクサーを描く政治コメディー。
「ザ・ディナー」はギア演じる政治家と、
高校教師の弟との確執を描くスリラーだ。

 今年67歳とはいえ、まだまだセクシーなギア。
小品ながら大人の心をつかむ2つの秀作に、
彼の気骨を感じた。 


(板垣眞理子)


★米議会公聴会、中国の宗教迫害と
 人権弾圧を議論 
 米著名俳優やミス・カナダも証言(2)

 大紀元 2016/03/05
 http://www.epochtimes.jp/2015/08/24338.html





★チベットでの中国の存在と人権の侵害
 TCHRD(チベット人権・民主センター)
 http://www.tibethouse.jp/about/information/human_rights/human14.html


★特集「 国防費を超える予算で
 『中国共産党』の異民族弾圧 」

 http://yoshiko-sakurai.jp/2011/07/14/2830


★新彊ウイグル地区の中国当局の
 暴力的政策について徹底検証
 〜中国政府がウィグル族への弾圧を
 暴走せざるを得ない理由

 http://blogos.com/article/89066/


★【閲覧注意】民族浄化 って何?  
 ウイグル、チベット

 https://matome.naver.jp/odai/2137804609503829101





★中国に侵略されたハリウッド
 2014/8/3
 http://cragycloud.com/blog-entry-596.html 


★中国資本ハリウッド買収の
 背後に中国政府 
 米議員が危機訴える

 新唐人テレビ 2016年10月22日
 http://jp.ntdtv.com/news/17529/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%B3%87%E6%9C%AC%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E8%B2%B7%E5%8F%8E%E3%81%AE%E8%83%8C%E5%BE%8C%E3%81%AB%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%94%BF%E5%BA%9C%20%E7%B1%B3%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%82%8B



★<ハリウッドが “中国びいき” を
 加速させる理由>中国の観客や
 検閲を無視すれば、
 売上的にはマイナスに
...
 2017年03月10日
 http://blog.livedoor.jp/tvdrama_movie/archives/14698212.html


★アンジェリーナ・ジョリーの
 反日ポスターが反日すぎる
 【アンブロークン】

 2014年12月22日
 https://matome.naver.jp/odai/2141886811349833801


★「ベイマックス」~
 ハリウッドの「反日と親日の振り子」

 2014-12-22 
 http://blog.goo.ne.jp/raffaell0/e/ff309b2b5c0b7a3fe17f9aa24ffa1578


★中国不動産王が米映画買収
 ハリウッドで“抗日映画”激増か

 2016年1月15日
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/173303




「トランプが大統領になったら
 アメリカ国籍を捨てる」
なんて威勢の良いことを言いながら
トランプ大統領就任後もハリウッドに居座り
トランプ批判をするスターもいましたねぇ。
授賞のスピーチで、トランプ批判をして
拍手喝さいを受ける女優もいましたね。

でも、
中国のチベット民族迫害を批判すると
政治的すぎると非難され、授賞式から出禁。
日本の捕鯨問題をバッシングして
クジラやイルカの人権問題を叫んでも
中国のチベット民族迫害は批判できない。
アメリカの人権活動とやらも変わらないね。



★なぜ日本の反日左翼は
 「中国での人権弾圧」に
 抗議しないのかな

 2015-07-12
 http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/9223d57aa160d31601b4094efc60a9ac


★日本共産党・民青にご用心!
 中国共産党が人権派弁護士や
 その関係者30人以上を拘束!

 2015年7月20日
 http://hatsunemetro.net/overseas/china-20150712.html


★【中国共産党大勝利】
 スウェーデン人の人権活動家、
 中国政府に謝罪 
 【言わされてる感】

 2016年01月21日
 http://erakokyu.blog.jp/archives/china-160121.html


★中国当局、
 台湾の人権活動家を逮捕 
 国家政権転覆容疑

 朝日新聞 2017年5月27日
 http://www.asahi.com/articles/ASK5V7HPWK5VUHBI02Y.html




 asahi1b88096f.jpg

 asahi3fd2eda1_201707051230473f5.jpg

asahiDDzZt7lVwAEWFiv.jpg


★中国様の朝日新聞
 http://www.kenjya.org/asahichina.html


日本のメディアは
沖縄の反基地闘争をTV報道しても
こちらの問題は無視?


★沖縄在日米軍用土地 1割以上が
 中国資本に買い占められていた

 2013.02.25
 http://www.news-postseven.com/archives/20130225_173383.html


★沖縄米軍用地を中国資本が買っていた
 櫻井よしこコラム 2016.11.03 (木)  
 http://yoshiko-sakurai.jp/2016/11/03/6566




政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「サヨク」は、リベラルでもなく、グローバルでもない

本当のヘイトというより、ヘイトより実害の多い酸鼻を極める侵略行為の紹介をありがとうございます。

リチャード・ギアという俳優さんは、人権的にも国際的にも本物のリベラルなのかも知れません。気骨の方なんですね。仕事でほされても信念を曲げない。
ハリウッドに反抗した監督や俳優は過去にもいましたが、私生活で特あ人にとっつかまって、おかしくなった人もいるようで、貫きとおすのは容易ではないようです。

トランプに反対している米国のセレブ俳優もぜんぜんリベラルに見えませんでした。シナなんかの蛮行を知らないか、知ってても無感動なんでしょう。私の偏見かも知れませんが、しょせん米国の大半のリベラルもナショナリズムも、米国の利益をどう考えるかの違い程度だと思いますわ。世界のためのリベラルでもナショナリズムでもない。

日本に不利益な判断をしている政治家の配偶者や恋人が特あ人だったりすると、「やっぱりな」感が半端ないです。豪州の首相でしたっけ。
まして、うわべだけの人権ビジネス信仰者は、アンジェリーナジョリーみたいに、安直に連合国的なあるいは歴史固定主義的な正義の英雄を描きます。理不尽な過酷な運命と戦ったとか。それがハリウッド的なグローバルな成功への近道でしょうからね。

これからますます、中国資本のもの言う株主オーナーの御意向を忖度したハリウッドB級映画がこれからも作られるのでしょう。
日本の偏向マスコミが取り上げないことのひとつが、シナを筆頭に特あ国の非人道、国際秩序の無視、都合のよい理屈の上辺だけの使い分け、そのルール無用の総合格闘技のような外道ぶりです。

特に、シナの火器を使った殺戮!女性子供など弱者のいたぶり、なぶりごろし!
人口侵略、多数派工作、敵の分断工作、マネートラップ籠絡、民族差別の正当化、経済支配、そうした手口を総動員した多数派工作と民族浄化です。
こんな事実を知らない、想像もしないで、平和だとか話し合いだとか、そんなものが成立するとは思えません。

成立していれば、シナのチベット、内モンゴル、ウイグルなどは、独立しているか、世界の支援を受けて自立自尊の道を進んでいるはずです。明らかに言語も民族も違うのだから、沖縄などとはぜんぜん違うわけです。沖縄の独立とか血相かえてよそ者が主張するのは、チベットなどに人口侵略を推進しているシナ人と同じです。

こういう事実を無視して、安倍首相がヒトラーだとか、独裁者だとか、本気らしく言っている人らは、ぜんぜんグローバルではありません。知るつもりもないのでしょう。
ただ、ただ、反日カルトのフリークなんです。政治的主張でさえない。もちろん平和主義者なんかじゃない。

ああいうヘイトをヘイトするかの人たちは、平気で人身攻撃をします。まるで、シナが周辺国を蹂躙しているメンタリティとエンジンを共有しているみたいです。ヘイトや差別は、ネタに過ぎません。彼らが優位性を持つための方便に過ぎません。

「おとなしく中共シナ様に侵略されろ」という共産党議員の精神の異常ぶりには、目を剥くばかりです。
恐ろしいほど見識や思考が偏向している基地外ですね。

この手のヒトらに、シナの侵略を言うと、「よそはよそです、まず日本を良くしましょう」などと言います。どういう基準が『良い国』なのか、どういう手法なのか、示しません。物言いがエゴイスティックです。
論点を決めることも自分中心で譲りません。しつこく質問をすると、同調しないこちらを敵視して、同じことを繰り返すだけのロボット状態になって、声のボリュームがあがり血相が変わります。

ひるまずに、まず日本を良くするとは具体的にどうするのか、と問えば、一歩一歩です、まず独裁者の安倍を倒しましょう!天皇もいりません!日本は核兵器を持ってはいけません!持つ資格がありますか!
こんなことを一方的に叫び出しますね。へたすると、「あんたみたいなヒトがいるから、この国はダメなんだよ!」と、ブーメランを投げてきます。
これに納得する日本人がいたら、日本人をやめてほしい気分になりますが、その前にヒトとしての資格があるかどうか、謙虚に考えてほしいと思うばかりです。

ところがところが、この手の特あロボット人間は、謙虚になるというセンスがありません。こっちの話しを聞いている風に装っても、本気で謙虚に聞いていません。敵のままか、味方に取り込めるかを見定める目でじとーっと凝視しています。そして、けっきょく、声闘という例の狂気じみたまくしたてしかできないのです。

日本は素晴らしい独立国です。サヨクは必死になるテーマがずれまくっています。移民推進や国土開発、防衛問題など、安倍政権の問題点は、ぜんぜん突きません。サヨクは移民推進なんか全面的に賛成なんでしょうね。
シナに蹂躙されているチベットやウイグルや内モンゴルみたいになっては悲惨です。

安倍首相のセリフを借りれば、今回の記事で紹介されている基地外にも人間なら最低限の人権や、(本当の日本人なら)日本では国民の権利を認めざるを得ません。
が、せめて事実を拡散して、あんな人間たちは、いつまでもマイナーな存在に留めておくしかないなと再認識しました。

こういう考えでいると、そこにつけこんで恥も外聞もなく傍若無人に横断幕を広げたり太鼓たたいたり、無遠慮に張り紙したり、優位に自己主張しているつもりになって勝ち誇るバカなのでほとほと困り物ですよね・・・
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索