韓流研究室

ARTICLE PAGE

北朝鮮が今年10回目のミサイル発射、 日本海の排他的経済水域に落下

★北朝鮮ミサイル
 日本海の排他的経済水域に落下

 官房長官
 NHK 7月4日 10時34分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011041251000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
菅官房長官は、午前10時半前から
総理大臣官邸で臨時の記者会見を行い、
本日9時39分ごろ、北朝鮮西岸より
 弾道ミサイルが発射され、
 約40分間飛しょうし、日本海のわが国の
 排他的経済水域に落下したと見られる

と述べました。
菅官房長官は臨時の記者会見で、
「現時点で、付近を航行する
 航空機や船舶への被害などの情報は
 確認されていない。
 安倍総理大臣には直ちに報告を行い、
 安倍総理大臣からは、情報収集、分析に
 全力を挙げ、
 国民に対し、迅速的確な情報提供を行うこと、
 航空機、船舶等の安全確認を徹底すること、
 不測の事態に備え、万全の態勢を取ること
 の3点について指示があった」

と述べました。

(引用ここまで)

kita10011041131_1707041005_1707041006_01_02.jpg



韓国政府もNSCの臨時招集して分析中。

韓国の聯合ニュースによると、合同参謀本部が
 kita2017070400040004403_P2_20170704101906931.jpg

「北朝鮮は今日午前9時40分頃平安北道
 パンヒョン一帯から日本海上に
 ムスダン弾道ミサイルを発射した」
と発表。

韓国政府消息筋は
「北朝鮮が発射した弾道ミサイルは
 飛行距離800~900kmであると推定される」

としながら"飛行距離を精密分析中"と話した。
韓国軍当局は北朝鮮弾道ミサイル発射が
ひとまず成功したと分析している。
韓国メディアは、北朝鮮が
3日前の文大統領訪米で米韓両国の
緊密な対北朝鮮共助に反発して
弾道ミサイル挑発に出たのではないかと分析。

総合経済情報メディア・イーデイリーの11:23報道では
韓国軍は、平安北道亀城市一帯で発射された
ミサイルの飛行距離を930余kmと把握。

今回のミサイルが
2月に発射した新型固体エンジン基盤の
中長距離弾道ミサイル(IRBM)の‘北極星-2型’か
もしくは、5月に発射した火星-12型ならば
(前回は飛行距離787km、
 最大頂点高度は2111.5kmだった)
これは既存スカッド・ノドン・ムスダンにつながる
液体燃料エンジン体系でなく
エンジン推進力を高めた
新しい液体エンジン基盤IのRBMで

正常角度で発射した場合は
5000~6000余kmまで飛行できる性能。

火星-12は米アラスカを打撃権にするミサイル
北極星-2はグアム米軍基地を狙ったと見られる。


韓国マスゴミが煽って
学生運動家で弁護士出身の親北派で
北朝鮮との対話重視の文大統領に替えて
6回目の北朝鮮ミサイル発射…


kita0003866043_001_20170704112306817.jpg
5月に発射された新型地上中長距離ミサイル
‘火星-12型’の試験発射に成功したと
北朝鮮が公開した画像




ロフテッド軌道と呼ばれる高い軌道で
約40分も飛行に成功したという事は
(前回よりも10分長い飛行時間)
より遠くに飛ばすことが出来る実験。
7/4のアメリカ独立記念日に合わせた挑発か!?


★北朝鮮、核弾頭20発保有
 ミサイル開発も進展―国際平和研

 時事通信 7/3(月) 7:04配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000018-jij-eurp
 【ロンドン時事】スウェーデンの
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は3日、
世界の核軍備に関する最新報告書を発表し、
北朝鮮が今年1月時点で
推定10~20発の核弾頭を
保有している

と推計する分析結果を明らかにした。

 核・弾道ミサイル開発で
「技術的な進展」がみられると指摘し、
短中距離ミサイルに搭載可能な
小型弾頭の製造技術も確保した

と考える専門家の見方を掲載した。

 報告書によると、
北朝鮮は兵器級プルトニウムの保有量を
年々増加させる一方

米本土を狙える長距離弾道ミサイルの開発を
「優先的」に進めている。
また、今年と昨年の軍事パレードの写真を
分析した結果、
移動式の大陸間弾道ミサイル(ICBM)も
開発中と推測した。 

(引用ここまで)




典型的なフェイクニュース
  kitaDDF8nT-V0AEkrgC.jpg

■MASA‏@masa_0083
 7月2日
 https://twitter.com/masa_0083/status/881400396366757888 
 「弾道ミサイルが飛んできたら
  建物内に入って伏せましょう」を
 馬鹿にしてる人に、
 「イラン・イラク戦争の弾道ミサイル被害で
  死んだ人の大半は屋外で立っていた

 事を知らせたらどうなるのか興味ある。

 (中略)
 イスラエルは
 ガザ地区からのロケット弾攻撃を
 定期的に受けるので、
 現在でも市民に緊急時に
 隠れる場所が無ければ伏せるように
 呼びかけている。

 kitaDDt5LOGUAAIrArY.jpg

 kitaDDt5LNYVYAACScX.jpg

 これは弾道ミサイルではなく、
 ロケット弾の着弾被害の画像だけど
 参考になる。
 建物の壁を見て欲しい。
 爆風による破片が
 壁に斜めに爪痕を残している。
 立っているのと伏せているのと、
 どちらが良いかわかるだろう。

 kitaDDt6NmtVYAA9x49.jpg
(中略)
何も知らず、
犠牲になってしまった牛さんの姿。
近くの建物があまり被害を
受けていない所を見ると、
立っていて破片や衝撃波を
もろに受けてしまった
のではないだろうか?
 kitaDDt7CvXUwAAd7Jw.jpg

(中略)
もちろん地下鉄があれば
そこに逃げるのが一番です。
でも、近くに地下鉄がある地域って
すごく狭いですよね。
警報が鳴るのは着弾数分前。
とりあえず近場の建物に逃げて
姿勢を低くした方が安全ではありませんか?

 つまり、少なくとも
 壁と屋根があるところで
 姿勢を低くするのが一番マシ
だという事です。
 これは日本に来たイスラエル軍の講師が語った、
 実戦の教訓と一致しています。

 ”このままだとみんな
  ミサイル飛んでくるとこ
  ケータイで撮りながら死にそうですよね”


 まぁ、
 そういう想像力が無い人から
 死んでいくって
 事なんじゃ無いかと。


(引用ここまで)




つまりね、↓のような
アベニクシーの平和ボケさん
 kitaDA8reWAUIAA1j3S_20170704114159b93.jpg

kitaHO5ca6f.jpg

立ったままボケっとしていると
9条を唱える暇もなく
ミサイルの爆風や衝撃波でお陀仏か…



★ミサイル避難訓練を
 揶揄する人たちに思うこと

 https://togetter.com/li/1119113




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

No title


>北朝鮮 10回目ミサイル発射  日本海排他的経済水域に落下

なにやら重大発表が後で在るとの平壌放送の様です。単なる試射でしょっ、そんな重要機密を直ちに世界に曝す国など北朝鮮ぐらいのものだ。自衛隊ならどうしますか、新型戦闘機材の配備前に性能やら搭載軍装や何やらオープンにしますか。オープンにしたら、想定外の外圧でやりたい装備がとん挫する蓋然性も出て来るさ。

自衛隊が、先月初めて1機導入した次世代世界最強ステルス垂直離着陸機ライトニングに付いて、その後にライトニングに空自初の対地巡航ミサイルを搭載すると発表した、射程距離も今の巡航ミサイルの倍の300キロで、沖縄本島も以南の島も離陸後直ちに尖閣諸島EEZ領海に着弾が出来る。そのライトニングがあと41機導入される、イーグルが日米沖縄基地に83機居る、世界最強の島だ。

その様な空自初のビッグ戦術に内地のメディアも採り上げなかった。その軍事重要機密を先にオープンにしたら搭載が阻止される蓋然性が出て来る、元より軍事情報収集に飢えても居ない又軍事知識がまったくない大手新聞社が分るはずもない空自の戦術転換なんだ。

射程距離300キロなら日本領空から中國大陸が撃てる、中國東海岸沿い軍港の軍艦は自衛隊の対地対艦巡航ミサイルの着弾精度が誤差数十センチ以内で在る事実を目にする事が出来る。自衛隊が外敵本国領土そのものを撃つ事が出来ると、ライトニングの配備前に情報オープンしたら習主席がぞっとして阻止に走るさ。

ライトニングの離着陸演習地である伊江島米軍飛行場の妨害に、いまの辺野古移設阻止指導層の中心人物である北上田毅氏が内地の極左と共に間もなく上陸する。ライトニングに、いま世界最強戦闘機で在るイーグルが通用しない、もちろん中國もロシアもEUにも存在しない次世代戦闘機だ。

ところが、北朝鮮の場合は実戦配備も試射もないミサイルをパレードに出して自慢する。試射も演習実射も失敗する事例が在ったのに配備したと嘯いている。通常なら、そうとうに試射積んで間違いない段になったら配備すると表明する、その様な情報が事前に知られたら相手が直ぐ対策を打って出るからだ。アメリカ本土に着弾するICBMが実現も出来てもいないのに、たった5000キロ余ミサイル飛ばせただけで念願のアメリカ本土攻撃が実現出来たと大喜びしてる。

残念だが、軍事重要機密ゆえに情報が不足してるが(オープンにしたら対策を打たれる)アメリカのサードが今のICBMを無力化に追いこんでいるのは事実だ。但し、そのサードでも賞味期限があと数年だ、たぶん3~4年以内に新型ICBM(大陸弾道弾と対地巡航ミサイルの機能を有する亜音速低空飛行弾道弾だ)が登場する。その先陣が、サード造ったアメリカそのものだ。

そして、その新型ICBMを迎撃するミサイルもアメリカから出て来る、その様な盾と鉾を持つ国が一番強い。盾と鉾の一方しかない国は負ける。盾と鉾もない北朝鮮が今どの段階で在るのか笑いものだが、平壌市内のガソリンスタンドが4月から配給制に為っているさ。技術も金もエネルギー備蓄もない金正恩氏が何を望んでいるのかは、唯一アメリカの経済支援と追いこまれた自分の存命だけだ。

2017-07-04 (Tue) 18:07 | EDIT | REPLY |   

HM

No title

低能サヨクってアホの見本ですね。
だからパヨクって言うんだね。

2017-07-05 (Wed) 13:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply