韓流研究室

ARTICLE PAGE

<ダッカ事件1年>立命館大元准教授 日本経由でISへ人材供給していた

★<ダッカ事件1年>
 元准教授 日本経由でISへ人材

 毎日新聞 2017年7月1日(土) 7:00配信
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000005-mai-int
バングラ出身で
 日本人女性との結婚後に日本国籍取得


   tero14988774230001.jpg

【ダッカで金子淳】
バングラデシュの首都ダッカで昨年7月、
日本人ら20人が殺害された人質テロ事件
関与した地元過激派組織「ネオJMB」のメンバーの
男に対し、元立命館大准教授がシリア内戦に
参加するよう勧誘し、
日本経由で過激派組織「イスラム国」(IS)に
送り込んでいたことが捜査資料などから分かった。

1日で事件から1年。
地元警察は日本を舞台にしたバングラ人の
シリア渡航ルートを捜査中だ。

元准教授は、バングラ出身で
日本人女性との結婚後に日本国籍を
取得したサジト・チャンドラ・デブナット
(イスラム名モハンマド・サイフラ・オザキ)容疑者(34)。

別のネオJMBメンバーのシリア入りを支援した
テロ防止法違反の疑いもあるが、
2015年末にブルガリアへ出国後の足取りは不明だ。

シリアに送り込んだのはダッカの元電力会社社員、
ガジ・ソハン被告(28)。
15年5月にシリアから帰国後、当局に拘束され、
バングラで別のテロ攻撃を企てたとして起訴された。

 デブナット容疑者は11年から
立命館大に勤務しながら、バングラの士官学校
卒業生仲間とイスラム教を学ぶフェイスブックの
グループを管理。
別の士官学校を出たソハン被告が14年1月に
グループに加わると、同5月にダッカのモスクで会い
「日本のビザがあれば
 トルコに簡単に入国でき、
 シリアに入れる」
と指南した。

 デブナット容疑者はビザ取得の保証人となり
11月に日本の自宅に被告を滞在させた。
翌12月にトルコでシリアへの入国手順を指示。
被告はバスを乗り継いでシリアに入った。
在バングラ・トルコ大使館によると、
日本ビザの所持者は16年まで
ネット上の申請だけでトルコ入国ビザを取得できた。


デブナット容疑者は同志社大大学院に留学後、
シリア入りしたとされる元陸軍将校(30)の
ビザ取得の保証人だったとの情報もある。


(引用ここまで)




★バングラテロ
 立命大元准教授、資金援助か 犯行組織に

 毎日新聞 2016年7月31日
 http://mainichi.jp/articles/20160731/k00/00m/030/113000c?inb=ys
【ダッカ金子淳】
日本人7人を含む人質20人が殺害された
バングラデシュの首都ダッカの人質テロ事件
で、
容疑者グループは地元過激派が2014年ごろに
分裂して結成された新たな組織に所属していた
とみられることが、
バングラ捜査当局の調べで分かった。
この組織は過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓い、
バングラ警察が行方を追う
立命館大学(京都市)の
元准教授から資金援助を受けていた
疑いも浮上している。

(中略)
一方、
バングラ人で日本国籍も所持する立命館大元准教授、
サジト・チャンドラ・デブナット容疑者(33)は
ネオJMBを支援した疑いがある。
捜査幹部によると、たびたびバングラを訪れ
活動資金を援助した
ほか、
14年にはネオJMBメンバー2人を日本経由で
トルコに出国させていたとされる。

 カナダや日本ともつながるネオJMBについて、
過激派に詳しいダッカ大のデルワル・ホセイン教授は
「ISに刺激を受けた在外バングラ人の
 過激派関与は新たな傾向だ」
と指摘する。

(引用ここまで)


★バングラデシュの
 ダッカ日本人人質事件

 https://matome.naver.jp/odai/2146743478910013701




tero27821cd5b59c15bcad0c687fed281a34.jpg

tero20160705ax08.jpg

tero800065a.jpg

tero618ddc94ccb27e8f001e79a31159121_2730.jpg

  teroCn2n23BUAAA8n8n.jpg

★中田考のお仲間、日本国籍の
 デブナット・サジト・チャンドラが
 去年からISIS監視サイトに
 マークされてた件

 2016年7月21日
 http://tokumei10.blogspot.jp/2016/07/isis.html




もしも…

もしも、もっと早く
テロ等準備罪(共謀罪)が成立していたら
もしかしたら、このテロは防げたかもしれない。
少なくとも日本を舞台に、テロリストが
野放しにされる土壌は、変わっていただろう。

サジト・チャンドラ・デブナット容疑者が、
日本人妻と子供を連れて出国する前に
ネオJMBメンバーについての締結国間の
情報共有が可能だったかもしれない…

東京五輪を控え
テロ等準備罪は必須だったことが
この事件によって証明されます。


teroba03.jpg

tero516ec70f2b438e7070caa6e437fe6edf_a0ad6e55999fc6cac3daf31bea14ce4a.jpg

あの時、マスゴミやプロ市民達は
「安倍首相のせいで、
 テロに狙われる国になった」

などと嘯いていたが
ヒンズー教徒家庭に生まれ、奨学金で日本に留学後
イスラム教に改宗して改名。
2011年にはイスラム教を学ぶFBを管理して
メンバーと接触していたから
マスゴミに歪曲された言い掛かりでしたね。

逆に、
共謀罪が無かったから
 テロリストが自由に出入国できた


テロリストが集まりやすい国だったのね…



★【北朝鮮拉致】 立命館大生やOB、
 昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 
 ある「共通点」も浮上
(1/3ページ)

 ZAKZAK 2014.10.
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141006/dms1410061140003-n1.htm


★立命大教授ら米軍レーダー基地に
 無断侵入 「平和学習」の一環で
 周辺見学中…米軍側通報 
 京都府警が任意聴取

 産経新聞 2015.5.31
 http://www.sankei.com/west/news/150531/wst1505310050-n1.html




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

名無しさん

No title

いくら配偶者が日本人だからと言って安易に外国人に日本国籍を取得させるシステムは危険です
少なくとも日本国への忠誠を誓わせるのは当然として、思想チェックやバックグラウンドチェックなどもっと徹底されるべきです
今回の件は特殊な例だとしても、外国人移民や国際結婚が増える中、国籍取得動機が不純な場合があるという性悪説に則った体制作りが必要ではないかと思います
日本人になる条件なんてないに等しいのが現状でしょう
生活保護受給者だって日本国籍を取れるんですから(呆)

2017-07-02 (Sun) 19:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply