週刊新潮の貶めたいだけの歪曲報道で、金子恵美氏が公用車に子ども乗せない意向

★金子恵美氏、
 公用車に子ども乗せない意向

 朝日新聞 2017年6月30日
 
http://www.asahi.com/articles/ASK6Z53TGK6ZULFA022.html
仕事場の議員会館内にある保育所への
子どもの送り迎えに公用車を使っていた

金子恵美総務政務官(自民・衆院新潟4区)が、
今後は公用車に子どもを同乗させない
意向を示していることがわかった。

高市早苗総務相が30日の
閣議後会見で明らかにした。

公用車で保育所送迎、公私混同? 総務省「問題なし」

 高市氏は会見で、総務省のルールに照らして
金子氏の公用車使用に問題がなかった
との認識を示したうえで
「今後はお子さんを
 公用車に乗せることはしないと聞いている」
と語った。
金子氏の事務所によると、
今後は港区赤坂にある議員宿舎から、
約1キロ離れた永田町にある議員会館まで、
ベビーカーを押して徒歩で通うことを
検討するという。

 高市氏は
「働きながら小さなお子さんを育てる、
 多くの方々の希望となっていただくように、
 日々のご苦労にも思いをいたしながら
 職務に精励していただきたい」
と述べた。
(久永隆一)




★真鍋かをり、金子恵美議員の
 公用車での保育園送迎に
 「問題として議論されることがおかしい」
 
 スポーツ報知 6/30(金) 9:16配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000079-sph-ent

30日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で
自民党の金子恵美衆院議員(39)の
公用車の私的使用疑惑について特集した。

 総務省の政務官である金子議員は、
同省の公用車で長男を保育園に送るなど
私的な目的のため使用したと指摘されたが、
金子議員は、ブログで
総務省の規定に違反していない
ことなどを釈明していた。


 コメンテーターとして出演した
タレントの真鍋かをり(37)は、
「一番、腹立たしかったのが、
 金子さんのことが問題として
 議論されていること自体がおかしいな
 と思います」
と主張した。
「このケースで仕事の途中で
 保育園に送っていくことがダメだったら、
 もう働くお母さん誰1人、
 仕事と子育て両立できないと
 思うんですよ」

と自身も2015年10月に第一子を出産し
子育てする母親としての立場から訴えた。

 その上で
「否定的な意見も同じお母さん世代から
 出ているみたいなんですけど、
 結局、それって
 回り回って自分の首を絞めることに
 なるんじゃないかと私は思っていて、
 ご自身はブログで釈明されていますけど、
 自民党の中から、誰か、
 子育て中の議員は全力でサポートします、
 何がいけないんですかって
 誰か言って欲しかった」

と持論を展開した。

 これに対しテリー伊藤氏(67)は
「金子さんが言えばよかったんです」
と応じると真鍋は
「本人が言ったら角が立つ」と言うと
テリー氏は
「それも主張してもいいと思う。
 こういう時に矢面に立って
 言ったっていいと思う」と示していた。


(引用ここまで)




テリーさん、金子議員が直接出てきて
主張したらしたで、マスゴミは叩く癖に!

>否定的な意見も同じお母さん世代から
 出ているみたいなんですけど


私は仕事と子育て両立で苦労してるのに
ズルい!という発想なのかなぁ?

これね、自民党の女性議員だけでなく
与野党全ての女性議員が声を上げて欲しかった。

遊びに利用していた訳じゃなく
総務省や議員会館での公務のついでに
会館内にある保育所に行くのだから
子どもを乗せたっていいじゃないか。
足が不自由な母親を同乗させたって
ルート上で途中下車なら、いいじゃないか。
その分仕事に集中できるなら
小さなお子さんがいる間は
寛容でいいじゃないかと思う。

子育てだけでなく、介護をしながら
仕事と両立しなければならない時代。

公私混同だと叩いて、金子議員が
港区赤坂にある議員宿舎から、
約1キロ離れた永田町にある議員会館まで、
ベビーカーを押して徒歩で通えば
週刊新潮の記者は、これで満足なんですか?
不愉快に思った人達も満足?

働きやすい社会に変えようと思うのなら
週刊誌のちくりでバッシングする社会では
何も変わらないと思うけどな。





★火のないところに煙を立てて
 ニュースを作っている
 ~金子議員への報道について~

 境治  | コピーライター/メディアコンサルタント
 6/30(金) 15:46
 https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20170630-00072752/
(引用開始)
つまりこの記事は、国会関係者の間でも
バレたらまずいと言われていた
公用車での保育園送迎の様子をレポートし、
最終的には総務省もやっちゃいけないと認めた、
という構成になっている。

(中略)
ところが木曜日の朝のフジテレビ「とくダネ!」でも、
新潮の報道を受ける形でこの件を取りあげたのだが、
番組として確認したところ、
総務省としてルール内と認めている使い方だった
と伝えた。「自宅→私用→公務」もしくは
「公務→私用→自宅」という使い方ならありだと。


(中略)
この件は、金子議員の「私用疑惑」のはずだったのが
いまや
週刊新潮の「誤報疑惑」に
転じたのではないだろうか。


あるジャーナリストの信頼を失った週刊新潮


週刊新潮への疑問をさらにふくらませたくなる
話がある。保育・教育をメインに活躍する
ジャーナリスト猪熊弘子氏は、当該記事に
専門家としてコメントをしている。
保育をする側のために発言する猪熊氏の
コメントとしてはずいぶん金子氏にきついなあと
気になっていたのだが、
彼女がこんなツイートをしていたのだ。

”週刊新潮がひどすぎる。
 金子議員の件、火曜日の午後、
 突然電話でコメントを求められたので、
 私は
 「事業所内保育所なんだから問題ない」
 と答えましたが、
 再度電話をかけてきて
 「総務省がダメだと言っている。
 猪熊さんが問題ないと言っても関係ない」と。
 それであの記事です。ひどすぎます。
 (中略)
 ただ金子議員を貶めたいだけの、
 大前提が違っている記事に
 コメントしてしまったことを恥じて、
 心からお詫びします。
 ”

(中略)
猪熊氏は、もちろん保育にまつわる
不条理にはよく怒るが、
ふだんは柔らかで温和な女性だ。
そんな彼女がtwitterでここまで言うのは
よほど怒っているのだろう。
週刊新潮はジャーナリストという
“仲間“の信頼を裏切ってしまったのだ。


他メディアの情報を鵜呑みにしているマスメディア

さて私が言いたいのはここからだ。
週刊新潮の誤報疑惑に
輪をかけて問題ではないかと思うのが、
それを受けての他のメディアの伝え方だ。


まず「とくダネ!」は自ら総務省に確認して、
週刊新潮が伝えた“ルール違反”は
実は総務省がルール内と認めていることだと
明らかにした。
そうすると、金子議員の“私用疑惑”は
疑惑でも何でもなくなったわけで、
その追及や議論はそこで終わるはずだ。
むしろ「週刊新潮が誤った事実を伝えた」ことを
突き止めたのだから、
そこをさらに追及するべきではなかったか。
ところが
「とくダネ!」ではその後も「それにしても・・・」と
金子議員の行動の是非を議論し続けた。


ゲストの国際政治学者・三浦瑠麗氏と社会学者・
古市憲寿氏が揃って
「金子議員には責められるべき点はない」と
強く主張したのでよかったのだが、
残りのキャスターやアナウンサーたちは引き続き
金子氏の科を問い続けようとしていた。


(全文はリンク先で)



政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

子育てに興味の無いマスごみ

真鍋かをりさん、正論だねぇ。ご自身の体験から、これだけしっかりしたことを言えるって、まことの常識人ですわな。

マスごみって、たった一人のタレントさんに、ほんの一瞬で粉砕されちゃうんだねー。日頃は、さも働くお母さんたちの味方ヅラして、「保育園落ちた。日本●●」を煽っていたくせにねぇ。テメェらでろくに取材もせず、安直に週刊誌ダネに乗っかるだけって。要は自民党さえ叩ければ、何でも有りってのがミエミエで、こちとらドッチラケなんですわ。

それにねぇ。「金子さんは議員だから、一般人よりも優遇されている」な~んて意見、ホントなんですかいな。ま~たテレビお得意の、仕込みなんじゃね? もしかして、どこぞの活動家だったりして(笑)。

こんなふうだから、視聴者の心が離れるんですわ。子供を生んだことのない私だって(能力的にムリだけど)、お子さんを抱えて頑張っている金子議員には、フツーにエールを送りたくなりますがねぇ。

普段は「弱者」としての「女性」をしきりと持ち上げておきながら、辻褄の合わないこと夥しい。まあ、相変わらずのゴミっぷりでんなぁ(笑)。

マスゴミもですが一般も、消防士を叩くとか海老蔵さんの事とか 最近の日本人は了見が狭すぎる 金子さんの場合は自民党を叩くのが一番なんでしょうが…
余裕がないからなんでしょうか

もう

腹立たしい事ばかり!
これも都議選の安倍下ろしの一環ですね。

真鍋さんは事務所移籍の裁判を正論と根性!?で戦い抜きました。
今、レギュラーなのかな?これ言えるの立派ですよね。
頭いいので発言の構成がちゃんとしてて言葉に説得力があります。

マスコミは日本女性は地位が低い、女性差別、のデータとして女性議員の比率が最低レベルと報じていたのを見たことがあります。
ここは真剣に擁護するところのはず。

赤ちゃん(じゃないかもですが)は夏、地面の反射熱で病気にならないか、誰も心配じゃなさそうだし。
1キロって、大人がスタスタと歩くのとは違うし。大人でも体力消耗すると思うし。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索