韓流研究室

ARTICLE PAGE

伊東市メガソーラー建設問題で市長が外資業者に“白紙撤回”要求

★メガソーラー建設問題 
 市長が業者に“白紙撤回”要求 
 伊東市

 SBS 6/28(水)
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00010000-sbsv-l22
 megasizu.png


伊東市の大規模ソーラー発電施設建設問題で、
6月28日小野達也市長が業者の代表に直接
計画の白紙撤回を求めました。
 28日に伊東市役所で開かれた小野市長と
業者側の直接会談。
小野市長は伊東市内のメガソーラー設置計画を
白紙に戻すよう業者側に正式に訴えました。
この問題は伊東市の八幡野地区で
外資系の会社が約40haの山林を伐採し
ソーラーパネルなどを設置する
計画を
進めているもので、

自然環境の悪化などを恐れる様々な住民団体が
反対しているものです。
小野市長はこれまでに2万5000人を超える
反対署名簿が提出されたことに触れながら、
土砂災害や海洋汚染、景観、観光への悪影響など
10項目を挙げ反対の理由を説明しました。

 小野市長の白紙撤回の申し入れに業者側は
会社に持ち帰って検討した上、
後日返答すると答えました。
業者側の代表は面談を終えると
コメントを避けるように
憮然とした表情で立ち去りました。


 小野市長は今後も白紙撤回の立場は
変えない方針で、業者がこのまま計画を
進める場合でも住民の合意を取るよう
強く求めていくということです。

(引用ここまで)


関連記事
★グリーンエネルギーのはずが?
  メガソーラー発電所建設で
 トラブル続出

 https://regional-activation.com/%e7%94%ba%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%97/73615


★民主党グリーンマフィアに
 苦しむ伊東市、
 韓国系企業による東京ドーム
 10個分森林伐採のメガソーラー計画

 韓流研究室 2017-05-29
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4911.html




megaImage-4-1-17-at-5_12-PM-3.jpg

mamorukai.jpg

サヨク市民20人位の反対運動でも
全国ニュースで報道されるのに
地方の大規模ソーラー発電施設建設の
問題は無視されているなあ。

ネットが無かったら、
このニュースも知ることが出来なかった。


★浪江町の太陽光発電事業白紙に
  売電量減、費用増で

  2015/07/23  
 http://solar-power-news.info/?p=2193


★福島県で最大のメガソーラー建設計画、
 3万世帯分の電力を2020年に

  2017/03/16  
 http://solar-power-news.info/?p=4886
福島県の太平洋側には、南北を縦断して
阿武隈(あぶくま)山地が連なっている。
その最北部に位置する相馬市の山林を対象に
「相馬伊達太陽光発電所整備事業」の
環境影響評価のプロセスが3月15日に始まった。
2016年9月に創業した合同会社の相馬伊達
太陽光発電所が推進する事業で、
完成すれば
福島県内で最大のメガソーラーになる。

建設予定地は
山林を中心に230万平方メートルに及ぶ。
この一帯には南向きの斜面が広がり

太陽光発電に適している。
土地を所有する地権者が太陽光発電事業を
提案して、賛同する他の地権者とともに
用地の提供を申し出た。

(引用ここまで)


山の斜面の森林を伐採したら
豪雨の際には土砂災害で
壊れた太陽光パネルが麓の町を
土石&パネル流になって襲う危険があると
思うのだが。





★水源保全に不十分? 開発目立ち、
 滋賀県条例に懸念の声

  2017/03/17
 http://solar-power-news.info/?p=4889 
(引用開始)
条例は、北海道などで
外国資本による森林の買収が相次いだ
ことを受けて
制定した。

県内の民有林計18万4千ヘクタールで
所有権の移転や賃借権の設定などをする場合、
30日前までに届け出ることを定めている。
対象地域は県の森林の9割に当たる。
(中略)
取得者は法人が6割、県外が8割だった。
 土地の利用目的では、
特に建築物を設けない山林としての所有が
37件、工業用地が27件、住宅建築用地が9件で、
ほかにも放牧場、資材置き場、
太陽光発電用地、駐車場と開発行為が目立った。
 この結果に県議からは
外国資本が来なくてよかった
 では済まない。
 水源がどんどん
 太陽光パネルや工業地に変わる

「水源を守るために
 さらに規制がいるのではないか」

と不安視する意見が続出している。
(引用ここまで)



kan0127342_18211614_2017052921453580b.jpg

ka5_20110616230023_20121112161400_20170529214536139.jpg

mega005_2017052922340265f.jpg


何故、「たかが電気」と
反原発運動に熱心な坂本龍一は
日本の森林破壊には怒らないのだろう????

megaabout_2-17_201705292244324f7.png




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

No title


>メガソーラー

田舎に行くとソーラー施設があちこちに増え続けている、農業振興専用地域は農地転用5条許可が出ないが、一方で遊休農地なら仰山あるが、小作に出しても田畑1枚が年間賃料相場5~15千円程度で在っても、農業委員会が定めた相場より値付がぐ~んと低いのが現実だ。但し小作料がタダでも小作してもらった方が雑草の繁茂に因る花粉散乱問題で、他の田畑の迷惑防止に為るので実際に多い。

その、悩む農家に突如として希望の光明が差したのがソーラー施設の転用だ。転用したら土地に黒色ビニール敷くので、雑草の花粉散乱問題も失せて万々歳だ。そのソーラー事業に法人や、一部だが東証一部の日本のリートまで設備投資して金融債権商品化させて、一般の投資家が信託銀行などで買っている、銀行に預金するよりも利率が良いんだ。

その、今迄5間のソーラーブームに、投資に一番敏感なプロの個人投資家がまったく手出しして居なかった、投資会社もソーラー投資していない。その為、収益不動産投資市場ではソーラー売買部門など存在していない。また、全国の大抵の不動産会社もソーラー施設が収益不動産として売買に載せる事がない。プロの投資家がまったく相手にしない投資分野がソーラーなんだ。

なぜなら、遅くても20年後には設備更新しないといけないからさ。ソーラー設置後20年以内に、収益より得られた再投資の為の資本蓄積に巌しいものがあるとプロが診ていた。収益不動産投資で大事なのはエンド=出ロ戦略=将来の売却で投資資本に対して望まれる実利益が最大に得られるのかどうかなんだ。プロがソーラー事業にはないと見做した。

案の定、いまのソーラーの売却が暴落している、ただでさえ運営採算が巌しいんだ。ソーラー収益不動産投資ブームを素人に煽ったのが電力会社だったと想うさ、ソーラーが国の政策の様なものだった、その電力会社が大々的にやっているのが風力じゃないか、どうなっているんだ。山側配備型で最大の風力が、宮崎県最南端の都井岬に予算150億円で新設中だ。その風力山に行く途中の農地帯はソーラーが乱立しているさ。

素人に目の前の実利のみ示し、最後にどうなるのか隠蔽したソーラー製造業者や或る勢力の責任はどうなんだろうか、その様な催眠商法とった責任は重大だ。プロの投資家なら新たな事業は最期迄見通す、その為の透明な事業詳細資料と十分過ぎる説明を徹底して求める、なにも求めないのが目先しか見ない素人なんだ。
だから志位的に誰かがソーラー設置煽っていたのだろうな。

2017-06-30 (Fri) 12:52 | EDIT | REPLY |   

トマト

坂本龍一は反対してるけど後は知らないってほざく人ですから
本当にネットがあって良かったです 辻元に献金をして日本のネット社会を脅かしているピッ・クルーみたいなのもいますが、受ける側きちんと精査して反日と戦っていかないと!ですね

2017-07-01 (Sat) 00:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply