天皇陛下の退位の儀式は平安時代の儀式書「貞観儀式」などを参考に

★「退位」特例法成立
 明治以降で初の退位実現へ

 NHK 6月9日 17時21分
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170609/k10011011661000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_012
天皇陛下の退位に向けた特例法は、
参議院本会議で採決が行われ、
退席した自由党を除く全会一致で
可決・成立しました。
特例法は近く公布される予定で、即位後は、
生涯、天皇であり続ける仕組みになった
明治以降で初めてとなる天皇の退位が実現し、
退位後の称号は「上皇」となります。

(中略)
宮内庁 儀式や活動など本格検討へ

天皇陛下の退位に向けた特例法の成立を受けて、
宮内庁は、天皇陛下の退位の儀式
退位後の活動の在り方などについて
本格的な検討を始めることにしています。

天皇の退位は、江戸時代後期の光格天皇以来、
およそ200年ぶりのことで、
宮内庁は、皇居・宮殿で
天皇陛下の退位の儀式を行う方向で
平安時代の儀式書貞観儀式などを参考に
内容についての検討を始めることにしています。

一方、皇太子さまの即位に伴い、
今の憲法のもとで初めて即位された天皇陛下の
例を参考に「即位の礼」「大嘗祭」が行われる
見通しで、宮内庁は「即位礼正殿の儀」など
5つの儀式からなる「即位の礼」を終えたあと、
再来年11月に皇居・東御苑で「大嘗祭」を行う
想定で政府とともに検討を進めることにしています。

(続きはリンク先で)




★光格天皇 ~明治維新の
 基を築いた62年の治世

 http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogdb_h19/jog503.html
(引用開始)
4.青天の霹靂の即位

光格天皇は
9歳という幼少で、閑院宮家という傍系から、
はからずも皇位についた方だった

閑院宮家は
宝永7(1710)年に新井白石の意見により、
皇位継嗣の安定のために創設された宮家であった。
東山天皇の第6王子直仁親王が初代であり、
その3代目の第6王子が佑宮(さちのみや)、
後の光格天皇であった。
(中略)
佑宮が9歳の時に、運命は急転した。
当時の後桃園天皇が、病気のために急逝して
しまった。わずか22歳の若さであり、子供も
その年に生まれた女子しかいなかった。
朝廷は幕府と秘密裏に交渉して、
佑宮を後継とした。
後桃園天皇の死から一月も経たないうちに、
佑宮は御所に連れてこられ、新天皇となった。
まさに青天の霹靂の即位であった。

傍系から幼少にして皇統を継いだために、
朝廷や幕府の中には、光格天皇を軽んじる
向きがあったという。
それを案じたのか、先々代の後桜町院(*)は
天皇に学問を熱心にするよう勧めた。
光格天皇もその期待に応え、熱心に学問に励んだ。
傍系として軽んぜられている、という事を
幼少ながら感じ取っていたのであろう。
理想的な天皇像を追い求め、それを立派に演じよう、
という志をお持ちだったようだ。

*先代・後桃園天皇の伯母にあたる。
 後桃園天皇は父・桃園天皇が亡くなった時、
 まだ5歳だったため、成長するまでの
 中継ぎとして皇位についた。


(全文はリンク先で)


★幕府へ物申した天皇、
 隠れた名帝・光格天皇

 http://bushoojapan.com/tomorrow/2013/11/17/9771


★御所千度参り
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E6%89%80%E5%8D%83%E5%BA%A6%E5%8F%82%E3%82%8A




傍系の世襲宮家から、危篤中の後桃園天皇の
養子となり皇位を継承。
新井白石は、皇位継嗣の安定のため
東山天皇の皇子達を世襲宮家として創設し
いざという時に備えていた。流石ですね。

光格天皇の皇位継承は
皇統の連続性を示すため、
先代の第118代後桃園天皇の生れたばかりの
中御門天皇直系の血を受け継ぐ唯一の皇女
欣子内親王の新天皇への入内が条件だったので
未婚で年齢の一番近い光格天皇が選ばれた
という説があるそうです。

まるで、桓武天皇の父帝である傍系出身の
光仁天皇と、井上内親王の入内と似ていますね。


光格天皇は学問の傍ら、故典旧儀の研究もして
財政難で途絶えていた古来からの公事の再興に
尽力しました。
平安時代の儀式書「貞観儀式」などもお読みになり
研究された事でしょう。




さて、特例法の審議中に女性宮家創設と共に
やはり「女性天皇」に関する質疑が有りました。

江戸時代初期、
後水尾天皇は譲位を迫る幕府への抵抗から
当時7歳の第二皇女を践祚し明正天皇へ譲位。
http://rekishi-club.com/?p=5213

これは、明正天皇の母方の祖父が徳川秀忠、
伯父が徳川家光ということから
女性天皇は生涯独身を通すという不問律で
徳川の血を途絶えさせた・・・

主要な公家10人余に配布された覚書には
「女帝の儀は苦しかるまじき、左様にも候わば、
 女一宮に御位預けられ、若宮御誕生の上、
 御譲位あるべき事」


武力で権力を握った徳川一族が、
権威をも手中に収めようとした行為を
歴史は拒否したのである。





女性天皇と言えば、
孝謙天皇(称徳天皇)に寵愛された弓削道鏡が
天皇位を得ようとした「宇佐八幡宮神託事件」。


★謎の多い宇佐神宮
 http://japan-history-travel.com/?p=2468


★称徳天皇の大嘗祭に使われた大嘗宮
 (BGM音量注意)
 http://www.inoues.net/ruins/shohtoku_heijyo.html
 kousitushotoku_asuka02.jpg

大嘗祭(だいじょうさい)は、即位式(践祚)と並ぶ
天皇の皇位継承儀礼で、原型は、古代に民間でも
行われていた農耕儀礼、新嘗の祭り
と言われている。

それが一世一代の公式皇位継承儀礼となるのは、
天武・持統朝だったというのが最近の学説である。
天子が年毎の稲の初穂を皇祖神に供えて共食する
祭りを新嘗祭(にいなめさい)といい、
それとほぼ同じ内容を、天子一代に一度の大祭として
行うのが大嘗祭である。
古くはこの祭りによって新に天皇の資格が完成する
とされていたようで、「新嘗」と区別した語としての
「大嘗」は、日本書紀、天武2年(673)の条にみられる。

大嘗祭は次第に荘厳化されていき、
貞観儀式(じようがんぎしき)、延喜式(えんぎしき)、
江家次第(ごうけしだい)などによると、

(1).即位年の4月,悠紀(ゆき)国・主基(すき)国
   (悠紀・主基)の卜定。(稲穂耕作の田を選定)
(2).大嘗祭の年8月,大祓(おおはらえ)。(おはらい)
(3).9月,悠紀・主基両国の神田からの抜穂。(稲刈り)
(4).10月,天子の御禊(みそぎ)。(みそぎ)
(5).11月上旬,大嘗宮の設営。
  (共食のための館建立:
   今回の発掘で見つかったのは
   この建物跡と考えられる。)
(6).11月の中の寅の日,鎮魂祭(ちんこんさい)。
   (地鎮祭)
(7).同卯の日の夜半より翌朝まで,大嘗宮の儀。
   (共食の夜明かし)
(8).同辰の日,辰日の節会(せちえ)。
(9).同巳の日,巳日の節会。
(10).同午の日,豊明(とよのあかり)節会。

と数ヶ月にわたって行われるが、
この祭りの核心をなすのは(7)大嘗宮の儀である。
天子はそこに来臨している皇祖神、
天照大神(あまてらすおおかみ)と初穂を共食し、
かつ祖霊と合体して再生する所作を行う。
聖別された稲を食することで天子は
国土に豊饒を保証する穀霊と化し、
さらに天照大神の子としての誕生によって
天皇の新たな資格を身につけたものと考えられる。
この儀式は天皇家に伝わる「秘儀」とされ、
一般にはその詳細は知りがたいが、
学者達はその内容について、ほぼ上記のような
推測を立てている訳である。

昭和天皇が逝去したあとを受けた平成天皇も
この儀式を行った。
僅かに公式に撮影を許された数枚の写真から、
様々な推測が立てられていた事は記憶に新しい。

また、一天皇家に伝わる儀式なのに、
国家予算を使ってそれを行うのは
「信教の自由」を保証した憲法の精神に
違反すると、
当時、キリスト教を初めとする宗教団体
からの抗議も相次いだ。


(引用ここまで)




上記サイトで紹介されている日経新聞の
記事のポイントは
「続日本記によると、
 僧の道鏡を重用した称徳天皇は、
 神式の大嘗祭にもかかわらず
 僧侶を参列させたとされ

 奈文研は「多くの僧侶を出席させるため
 規模を大きくしたと考えられる」
としている。


今上天皇陛下の退位から
新天皇陛下への譲位、
海外の賓客を招いての「即位の礼」と
大切な「大嘗祭」まで。

野党連合なんかに政権を取らせてしまったら
恐ろしい事になりそう・・・

伝統文化は皆で繋げてこそ意味がある。


★新嘗(にいなめ)祭に
 献米のお田植え祭

 多摩ニュータウンタイムズ 2005/07/01
 http://www.tamatimes.co.jp/article/4452


★献上米・御田植祭
 2007年
 http://www.nougakujuku.com/nougakujyuku/event2007/event_otauesai.htm


★田原市芦町で献上米のお田植祭
 2015年05月12日
 http://hibakama.seesaa.net/article/418859041.html
今年の新嘗(にいなめ)祭に供える
コメの栽培地に選ばれた田原市芦町の水田で
11日、「お田植祭」が開かれた。
神事の後、花笠に紅のたすき姿の早乙女たちが
苗を植え、秋の豊作を祈った。

 早乙女役を務めたのは、
JA愛知みなみ(中神享三組合長)の女性職員13人。
350平方メートルの斎田にコシヒカリを手で植えた。
1892年から続く県農業祭献穀事業での一環で、
今年で123回目❗



★「新嘗祭献穀田御田植式」
 が行われます

 http://www.town.ama.shimane.jp/topics/1000-1/post-64.html 
 ‘隠岐の米どころ’海士町にて
「新嘗祭献穀田御田植式」

 (にいなめさいけんこくでんおたうえしき)
~田植え歌の調べにのせて 御田植の儀~


★献穀米 お田植え式開催
 JA高知とさのうと  2017年5月25日
 http://tosanote.ja-kochi.or.jp/blog/?p=5526




★大嘗祭(おおにえのまつり)
 https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E5%98%97%E7%A5%AD-39450
平安時代も,大極殿焼亡以前が最も盛んで,
以後次第に衰え,後土御門天皇のときに
行われてから 222年間中絶し,
東山天皇のときに再興,中絶ののち,
桜町天皇以後は代々行われた。

(引用ここまで)


★大嘗祭について 
 健勲神社宮司講和集 平成2年11月10日
 http://kenkun-jinja.org/guji-kouwa_h021110.html 
(引用開始)
先日、宮内庁の藤森長官が大嘗祭の内容を
公表する考えはないが、
誤った世評は正さねばならないと発表され、
この折口信夫説はその根拠を完全に失った
形となりました。

 大嘗祭はむつかしく秘密めかして考える必要はない
単なるお祭りと一緒でありまして、
毎年天皇陛下は新米を神様にお供えする新嘗祭を
宮中で行っておられますが、
大嘗祭は新天皇が最初に行われる新嘗祭でありまして
占いで決められる悠紀の国(秋田県)と主基の国(大分県)
の農家の方が作ったお米と、
和歌山県と淡路島の鮎、あわび、うに、かき等の魚貝類、
果物、畑作物をお供えし、又、愛知県の農家が作った
にぎたえ(絹織物)、徳島県のあらたえ(麻織物)もお供えし、
又、悠紀の国、主基の国の人達の奉仕でできた
大嘗宮という御殿でお祭りをする、
つまり、国民がこぞって
今度の天皇陛下の御代も
いい御代でありますようにと
色々なお供え物を持ち寄り、
陛下がそれを神様にお供えし、
後、お下がりを皆で直会でいただく
というものであります。

(引用ここまで)


伊勢神宮遷宮の年も、日本各地から
地元に伝わる神楽の奉納があり
私が参拝した日は、
沖縄地方の奉納日でした。
奄美のお神楽に見入ってしまいました。



  大嘗祭図絵

  大嘗祭221-06

大嘗祭


★今上天皇の即位の礼・大嘗祭 
 http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E5%8D%B3%E4%BD%8D%E3%81%AE%E7%A4%BC_%E4%BB%8A%E4%B8%8A%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E5%8D%B3%E4%BD%8D%E3%81%AE%E7%A4%BC%E3%83%BB%E5%A4%A7%E5%98%97%E7%A5%AD






政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>即位後は、生涯、天皇であり続ける仕組みになった

千年前の三条天皇は、平和の世なのに政治勢力側から、三条天皇は持病(眼病)が原因で執務が出来なく為ったとの理由で強制生前退位させられた。その際、三条天皇は強制生前退位を嘆いて今夜の月を眺めた歌を詠んだ、眼がちゃんと見えて書けてるじゃないか。

三条天皇が強制生前退位させられた真の理由は、側室を執ったからだ。その側室制に、正室の実父である藤原氏が怒って三条天皇を退位させた。次の天皇は藤原氏の孫に成った、退位理由が違うが政治主導で退位させてる点が今と似る、事例が違うが制度上良い話ではないさ。

なぜなら、政変で天皇制度が揺るがさられる蓋然性が出て来た。生前退位が志位的に連続させられたら、また女性天皇望む勢力が勢いづいたら、自ずと平和の世において男子後継が根絶やしに成る事が在り得る。上が制度創ったら下は対策を打つ例えのごとしだ、将来なにがあるのか分らないのが政治動静だ。

特例法成立で、即位後生涯天皇で先手を打った仕組みで厳しい男子後継問題が一応担保された。民進党が賛成条件に女性宮家創出を挙げて未だになにやら狙っているが、下は対策を打つ例えの如しだ。

表向きで女性宮家創出と言え、なにやら志位的な臭いがプンプン匂う。女性宮家をやる前に、天皇制度自体に千年前の三条天皇の様に側室制を執れば済む話だ、どんどん男子後継予定者が出て来るさ。皇太子殿下はまだ50歳代で元気だ。

Re: No title

> 表向きで女性宮家創出と言え、
なにやら志位的な臭いがプンプン匂う。
女性宮家をやる前に、天皇制度自体に
千年前の三条天皇の様に側室制を執れば済む話だ、
どんどん男子後継予定者が出て来るさ。
皇太子殿下はまだ50歳代で元気だ。

それは、現実的な解決策ではありません。

No title

>あやさん  それは、現実的な解決策ではありません

ただでさえ厳しい男子後継問題を解決するためには、現実主義視線で臨まないといけません。今までの、天皇の男子後継が出来辛い事態に対して、国会が何の手立ても出来なかった事情に対して、与野党国会議員が看過して来た事自体が、一番の原因=政治家の国会議員として天皇制度へのとんでもない無責任姿勢だったと思っているさ。

今度の生前退位特例法でさえ、事が起きてからのまったくの追いかけっこ法律に過ぎない、与野党国会議員はそれで済ませて良いのだろうか、特例法で男子後継問題も解決出来たのなら良いが、一番大事な問題が棚上げに為った侭だ、その解決は国会議員が国会の権限で新たな立法で施行するしかないのが法治国家だ。

提議した側室制以外に、今の天皇家として男子後継に何かの手段が在りましょうか、譲れば良いのでしょうか。国民も、国民と同じ様に一夫一妻制で天皇家もや
って貰いたいと言うのは余りにも人として国民の象徴に対して酷な話だ、無責任だ、天皇は女性も在りなのか。

現実問題として、天皇制度で一夫一妻のいわゆる規制緩和を促す議論である1つの解決方法として、天皇の側室制を提議する事自体が問題なのだろうか、現実的な解決策ではないのだろうか、ならば問題の本質はいったい何なんだろうかと、国民は自覚する事もないのだろうか、それは国会議員の仕事で国民は押さないで良いのだろうか。

国民の一夫一妻でも世の中には婚外子、 非嫡出子、 庶子、 私生児、 私生子の拭い去れない浮世の現実が在る。セレブでさえ不倫は日常茶飯事だ、代理妻制の国も在り恩恵にあずかる一夫一妻も居るが、天皇は国民と同じ事を選択したら駄目なのだろうか。天皇の側室制を提議する事自体が憚れる微妙な問題なら代理妻制なら良いのだろうか、それでも天皇なら駄目なのだろうか。では、リスク解決する選択はいったい誰に責任が在るのだろうか。日本のGDP成長させる事も同じで、今の規制を緩和して新たな起業を起こさないと、創出される国民の利益も将来もない、少子化日本の下では在り得ない、少子化天皇家も同じだ。その大事な日本国の解決施策打つのも唯一国会の権限だけだ。


プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索