韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本版GPS準天頂衛星「みちびき」2号機、1日午前9時17分に打ち上げ予定。

★日本版GPSを防衛利用へ 
 北朝鮮の妨害電波を防御 
 政府、1日に衛星打ち上げ

 産経新聞 2017.5.29 11:24
 
http://www.sankei.com/life/news/170529/lif1705290031-n1.html
mitibikilif17052911300004-m1.jpg


政府は日本版の衛星利用測位システム
(GPS)の本格構築に向けた第一歩となる
準天頂衛星「みちびき」2号機
6月1日、種子島宇宙センター(鹿児島県)で
打ち上げる。
緊迫した北朝鮮情勢が続く中、
自衛隊の利用への妨害電波を防ぐ
高度なセキュリティー機能を搭載。

本格運用時には米国のGPSに頼らなくても
任務を遂行でき、民間利用だけでなく
安全保障上も重要な役割を担う。

 みちびきは電波を使って
地上の位置を計測する衛星。

内閣府が今回の2号機を含め年内に
3基を打ち上げ、来年4月に
米国のGPSとの併用で24時間運用を始める。

誤差約10メートルのGPSをはるかにしのぐ
同6センチの高い位置精度が強みだ。

 米国のGPSは
民間のカーナビゲーションやスマートフォン
などのほか、自衛隊の航空機や艦船でも
利用されている。
平成35年度にみちびきが7基体制になると、
GPSに頼らなくても部隊運用が可能だ。
幹部は
「独自のバックアップ態勢を組むことは
 歓迎すべきことだ」
と話す。

みちびきは幅広い民間利用が期待されているが、
今回の2号機以降は高度に暗号化した特殊な
測位信号も発信する。
敵国の妨害電波や偽の信号による
攪乱(かくらん)を防ぐことができ、

内閣府は
「技術的には安全保障上の利用にも
 耐えうるレベルだ」と指摘する。

 GPSは
冷戦時代に米国が軍事目的で開発し
防衛省・自衛隊も部隊運用のほかミサイルの
精密誘導など多くの場面で活用してきた。
北朝鮮の弾道ミサイル対策として議論が続く
「敵基地攻撃能力」を保有した場合に
攻撃手段の候補となる米国の巡航ミサイル
「トマホーク」もGPSを使って命中精度を上げている。

 これに対抗するため北朝鮮は近年、
韓国に向けてGPSの妨害電波を繰り返し発信。
航空機や船舶の運航に広範囲で障害を与えた。

朝鮮半島有事の際、
日本に向けて妨害電波を
発信する可能性もあり、

自衛隊関係者は
「みちびきの信頼性が確認されれば、
 こうしたリスクは減る」と話す。
今後は装備品の改修に伴う費用対効果の
検証も必要になる。

(引用ここまで)




mitibiki384fe73fa9213894caa0aebbc483793d.jpg

★H-IIAロケット34号機による
 「みちびき2号機」(準天頂衛星)の
 打上げについて

 http://www.jaxa.jp/press/2017/04/20170410_h2af34_j.html


★H2Aロケットに「エヴァ」ロゴ…
 みちびき搭載

 読売新聞 2017年05月31日 12時26分
 http://www.yomiuri.co.jp/science/20170531-OYT1T50084.html


★準天頂衛星みちびき2号機、
 1日打ち上げ 
 ロケットが発射地点に移動

 産経新聞 2017年5月31日 20時22分
 http://news.livedoor.com/article/detail/13139601/


★JAXA、H-IIAロケット34号機の
 打上げ時刻
 6月1日9時17分46秒

 http://flyteam.jp/news/article/79868


★【韓国の反応】日本、GPS衛星
 「みちびき2号」の打ち上げに成功!
 北朝鮮電波妨害防御機能を搭載

 http://oboega-01.blog.jp/archives/1066254467.html




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

sakada

No title

>日本版衛星利用測位システム 本格構築 準天頂衛星みちびき

みちびくのは三菱製世界最強性能対艦巡航ミサイル(別名、神風・しんぷう)であり、自衛隊が与那国島陸自駐屯地に準天頂衛星システムを2016年3月に配備したので、日本列島主権EEZ圏内に外敵がどこに逃げても、神風を着弾誤差が数十センチ以内で当てる事が出来る様に為った。自衛隊3軍の対地対艦巡航ミサイルは1つの外敵のマトにそれぞれ色んな方向から発射した神風が同時着弾(一斉に何時何分何秒と時間を合わせて当たる事)が出来る最強の防衛態勢だ。

神風は1発20千万円でトマホークより高い、全長4m射程距離150キロでもう直ぐ射程距離が倍増する事に為った。同時着弾に付いてミサイル艇隊員に質すと「いつも(海上・空中・陸上等組み合わせて)3方向から同時着弾演習している、中國空母遼寧なら3発の同時着弾で沈める事が出来る」との事だった、遼寧の竜骨をへし折ってしまうのだ。中國は東シナ海に自衛隊の様な準天頂衛星システムがないどころか、防空レーダーでカバーさえ出来ない態勢に在る。

その神風より強力なのが海自潜水艦の魚雷で、破壊力が神風の4倍だ。習主席が自慢の空母遼寧程度は1発で竜骨をへし折ってしまう。今の魚雷は、対艦巡航ミサイルの様に艦に直接当てない、艦の真下で爆発させて発生した巨大なマッハのバブルと衝撃波で艦を持ち上げて、艦が自重に因り真ん中辺りで真っ二つに折れてしまうんだ。

だから、狭い東南シナ海での戦闘では中國の空母戦術が劣勢な立場に在る。今後、更に優位に立つのが自衛隊で世界最強ステルス垂直離着陸機F35ライトニング搭載する海自揚陸艦は空母戦術に優位な立場に在り、2機搭載する世界最大のホバークラフトLCACは、世界最強三菱10式戦車を搭載した侭時速50キロで島嶼に上陸して、その侭内陸部に疾走する。空・海・陸トリプルバトルが同時に出来る揚陸艦に付いて、中國が只今揚陸艦2艦新造中だが搭載する戦闘機材そのものが自衛隊の相手ではない。

自衛隊が導入するライトニング2個隊42機は世界の空戦の有様を一変させてしまう、空中戦で今迄1度も撃墜された事がない世界最強戦闘機イ―グルがライトニングに通用しないんだ。因みに、イ―グルが嘉手納飛行場と那覇空港空自に日米合わせて4個隊80余機駐留してるが、その打撃群は日本海に居るアメリカ原子力空母2艦の打撃群と同じで、沖縄本島に原子力空母が常時2艦居る事に為り、その打撃力は沖縄本島だけでアシアン主要6カ国並に在ると見做している。

そして、自衛隊のEEZ防衛態勢は世界一の哨戒に在ると言う事が意外と国民に知られていない。例えアメリカ原子力潜水艦でも、海自の世界最強性能対潜哨戒爆撃機国産P1の哨戒の眼から逃れる事が出来ないのが、今の自衛隊の防衛態勢だ。そのP1は領海とEEZ全て4ブロックに分けて、365日24時間各々のブロックで2機交替ローテで対潜哨戒している、もしも外敵の潜水艦がEEZで只の一度でも潜望鏡をうっかり上げたら直ちに捉えて潜水艦に爆撃する態勢だ。

そのP1の、海底迄も自動追跡する対潜ソナーが例え外敵の潜水艦を見逃しても、日本EEZ圏内には通常型で世界最強の国産潜水艦が8ブロックの海底に数週間前から鎮座して、その追いかけっこの様子をじーっと見ているので、今度は潜水艦が仕留めに来る態勢だ。

習主席が尖閣諸島の中國領有権を内外に唱えて、尖閣諸島領海に公船を侵入させて背信的な中國の尖閣支配の嘘を積み上げをいるが、何年も経っているのに尖閣諸島の石ころ1つも盗めていない理由は、単に中國軍が自衛隊3軍に勝てる体制にない現状だからだ。

その現状について、一方で、日米が5月に宇宙に関する包括的日米対話の共同声明をワシントンで出した。日米両国が民生と安保の両分野で宇宙協力について日米政府全体で取り組む姿勢を示した声明だった。当然に、戦略的観点で日米の協力強化がその目的に在る。その、日米の協力の意味はお互いの世界最強水準のGPS体制の連結に在る。

アメリカ軍の対地巡航ミサイルが自衛隊の準天頂衛星システム利用すると中國大陸のどこでも誤差数十センチ以内で精密着弾が出来る、正しく日米宇宙合同軍の創設に目的が在ると習主席が見做すだろう。北朝鮮もアメリカのカーナビ衛星にタダ乗りしても、北の巡航ミサイルの着弾誤差は10m余以上数十mも在り、誤爆なら出来る代物のミサイルだ。今後の世界の国家安全保障上の重要な戦場は、サイバー空間と宇宙空間に移る。

要するに、日米でサイバーと宇宙の制圧を今の内に着手すると言う段取りだ。サイバー・宇宙戦体制に対応する為に、早めに日本の安保法体制の更新を願うばかりだ。

今の東シナ海もそう、自衛隊の軍事行使力が中國軍を上回ってるから習主席が未だに尖閣諸島の石ころ1つも盗めてない。日本にあらゆる手段で防衛する備えが在るからこそ、習主席が侵奪を思い止まり尖閣諸島で交戦が阻止されている。

尖閣諸島に中國軍が来て侵奪したら奪い返すと言う戦略(日本国民向けの専守防衛戦略)は元より自衛隊に存在しない。侵奪される前に中國軍を叩き潰す戦略なら存在する。そもそも、島嶼は侵奪されたら奪還等先ず無理だ。

ゆえに、自衛隊の打撃力は常に中國軍よりも優位な立場にいる要が在る、戦うのではなく習主席が戦意喪失する自衛隊の現実を見せ付けるのが一番の尖閣交戦抑止力に為っている。金正恩氏の様に劣勢な北朝鮮の現実を分っていながら、やってみらんと分らんと世界に宣う為政者は、単なるハッタリ・ビッグマウス男に過ぎない。なぜなら、本当に北朝鮮がアメリカよりも強いならアメリカが北朝鮮に攻める理由が無い、トランプ大統領さえ戦意喪失するさ。

問題は、内地も沖縄もしかり、国防の要諦で在る基地の配備に付いてメディアも学者もセレブも存在意義がまったく分らない事に在る。分らない理由は、只単に防衛・軍事・国際政治情勢・自衛隊現場等の情報取集に無頓着だから何等軍事に理解力がないのが原因だ。

何も知らない人に限って、基地配備是非の意義に背いたトンデモ主張の「民意、自然、自治、外交、差別」を宣うのが知識層の沖縄に寄り添うしょうもない大人のマナーに為っている。

そして、ネットも同じで賛成反対も何等軍事知識がない人が軍事を言い合っている。無知と無理解が誤解の一番の原因で、全ての誤解は侮蔑と差別と敵対の最大の原動力になる。非民主主義の世界に備える軍事に、真面な知識や理解が在ると軍装の重要性是非に、自衛隊と政府を質したり、予算執行の監視が出来る。料理人と軍人は、設備や機器を何でもほしがる性質が在ると例えられている、そう言う点にもメディアが軍事を真面に取り挙げて注目しないといけない。

2017-06-01 (Thu) 09:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply