「アベの特区は許さない」朝日新聞が、天下り官僚の特区には触れたくない理由

天下り斡旋でクビになった前川喜平元事務次官を、
勇気ある崇高な官僚と持ち上げるマスゴミ。
前川氏は、加計学園特区認定について
「行政がゆがめられた」と言うのだが

最初に騒いだ朝日新聞は、何故、前川氏が絡む
こちらの特区認可も問題視しないのか?


★天下り官僚が暗躍か
 私立医大“特区”認可にデキレース疑惑

 日刊ゲンダイ 2016年3月19日
 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177554
大学の医学部の認可を巡り、
官庁の不可解な動きが浮かび上がった。

17日の参院予算委で俎上に載ったのは、
全国に4つの病院を展開する
私立「国際医療福祉大学」(栃木・大田原市)
新たに来年4月に開校する
千葉・成田市の医学部だ。

 事の発端は、内閣府と文科省、厚労省が
2015年7月31日に示した
「国家戦略特別区域における
 医学部新設に関する方針」だった。
国家戦略特区に世界最高水準の国際医療拠点を
つくることが目的で、同年11月12日に事業主の
公募が行われた。

 ところが、公募に手を挙げたのは
福祉大1校だけ。
そのうえ、福祉大の幹部役員に
文科省や厚労省のOBがゴロゴロ
“天下って”いたのだ。


17日の予算委でこの問題を追及した
民主党の桜井充参院議員が入手した資料を見ると、
元文部省事務次官や元厚生省保健医療局長、
元厚生省健康政策局長など、官僚OB6人が
大学の副理事長や学長などを務めていた

ことが分かる。

文科省担当者は予算委で、
「大学に再就職した中央省庁の勤務経験を
 有する者は、文科省からの2名と厚労省から2名、
 財務省から1名と警察庁から1名」
と認めていた。
 福祉大の認可について、
 “見えざる手”が動いていたのか

 と疑いたくもなってくる。

 桜井議員はこう言う。

公募までのプロセスが、
 福祉大ありきの流れになっているように見える。

 元文部省事務次官など、官僚OBが認可に際し、
 裏で暗躍していたとの話もある。

 これが事実なら、トンデモナイことです。
 国家権力を使って公募をデキレースにしたのなら、
 許されることではありません」


 関係省庁は説明責任を果たすべきだ。

(引用ここまで)




★国際医療福祉大学
 修士課程 医療福祉経営専攻
 医療福祉ジャーナリズム分野

 http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/faculty/health_welfare/journalism/
医療、福祉への関心の高まりに対応して、
医療・福祉を専門とするジャーナリストの
重要性が高まりつつあります。
しかし、これまでその養成の場はありませんでした。
医療福祉関連施設でも広報の重要性が高まっており、
そのための必要な知識・技術は、
医療福祉ジャーナリズムと共通のものが
数多くあります。
こうした社会的要請に応え、医療福祉ジャーナリズムの
知識・技術を深めるコースを開設いたしました。

既に多くの著名なジャーナリストが、
教授または客員教授として教鞭をとっています。

 
(中略)
医療福祉ジャーナリズム分野責任者
大熊 由紀子

東京大学教養学部で科学史・科学哲学を専攻。
卒業後、朝日新聞社に入社。
社会部記者、科学部記者、科学部次長等を経て、
1984年から17年間論説委員として
医療・福祉・科学分野の社説を担当。
(朝日新聞社医療福祉担当論説委員、
 大阪大学大学院人間科学研究科教授、
 日本福祉大学客員教授、佛教大学
 社会福祉学部客員教授、
 東京大学医学部非常勤講師、
 東京医科歯科大学非常勤講師を歴任)。


ジャーナリズム水先案内人

大熊由紀子 教授
"日本の福祉を変えた本"と呼ばれる
『「寝たきり老人」のいる国いない国』などの著者。
朝日新聞論説委員、阪大教授を歴任。
国内外の現場や行政官に広い人脈をもつ

水巻中正 教授
初代読売新聞社会保障部長
著書に『崩壊する薬天国』、『厚生労働省の挑戦』、
『ドキュメント日本医師会 崩落する聖域』etc.

丸木一成 教授
読売新聞の看板シリーズ
「医療ルネサンス」の"育ての父"。
東京本社編集局医療情報部長もつとめる。
編著に『医療ルネサンス』
『医療の質向上への革新』etc.

(引用ここまで)




反原発さんによると

★原発推進に寝返り、
 デタラメ記事を書きまくった
 朝日新聞・大熊由紀子の罪

 2014 年9月11日
 http://www.asyura2.com/14/genpatu40/msg/272.html
前稿で紹介した、
「ドキュメント 東京電力企画室」
(田原総一朗著 文春文庫) に
朝日新聞が原発反対から推進に寝返った
いきさつ
が書かれてある。
疑惑の中心人物だった当時の科学部記者・
大熊由紀子に、田原がインタビューをしている。

(中略)
原発批判派の間では、朝日新聞社が
何らかの理由から
原発推進の旗を振る必要に迫られ、
上層部が原子力発電に対して
きわめて批判的だった大熊由紀子を、
強引に転向させたのだ、
という噂がひろまった。

ちょうどこの前後から、「朝日新聞」の
原子力開発に対する論調が、
批判的姿勢から推進へと大きく変わり、
そのことが噂に現実感を持たせた。

(中略)
それまで、原子力に対して批判的だった大熊が、
なぜ一転して声高に持ち上げるような記事を
書いたのか。
噂の真相はどうなのか。

朝日新聞社八階のレストラン・アラスカで
大熊記者に会った。

(中略)

「私は、たしかに原子力について、
 かなり厳しく批判してきました。
 だって、推進する側が、外国の技術を
 ありがたがって、日本で独自の技術を
 育てようとしない。
 それから、たとえば、ラジウムは身体にいいんだから、
 放射線というのは身体にいいんだ、なんて、
 ばかげたウソをついたり、隠しごとをしたり、
 原子力発電所を建てるときの住民への説得の
 仕方も非民主的だし.......」

---だから反対運動が広まったのでしょう。

「私は、実は人間としては
 原発批判派の人たちの方が好きなのです。
 だけども、その人たちの中に、
 全部がそうだとはいいませんが、
 本当でないことを誇張していったり、
 ウソと知りつつ、
 ただ、もう、反対運動を煽るために
 脅かしの言葉を並べたてるという傾向が
 強くなってきた。
 何が何でも原発を葬り去るべきだ、
 という声が強くなってきた。
 私はこれは危険だと思ったのです。

 では、原子力をやめて何か代案があるのか、
 原子力に代るエネルギーが、
 他に何かあるのかといえば、ありません。
 わたしは十年も前から太陽や風、地熱などを
 取材してきましたが、
 少なくともこれから先、十年、二十年の間は、
 原子力に頼らないわけにはいかない、
 そう判断せざるを得なかったのです。
 代案も考えないで、
 やみくもに原子力をつぶせと叫ぶのは、
 あまりにも無責任ではないでしょうか」

(引用ここまで)


★1976年に朝日新聞が連載した
 大熊由紀子の原発推進記事
 「核燃料―探査から廃棄物処理まで」

 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110618/1308375425
(引用開始)
原発推進は、大熊由紀子記者(朝日科学部員)
だけでなく、上司・木村繁科学部部長をはじめ、
朝日新聞社をあげての方針だったに違いない。
そうでなければ、朝日新聞紙上で48回もの連載をし、
その後、朝日新聞社から単行本の出版という
大キャンペーンが行われるはずもない。

原発推進の世論形成に、
当時の朝日がどれだけ大きく寄与したか、
は言うまでもないだろう。


小出裕章さんは、40年間も原発の危険性を
主張してきた。しかし原発増設を止められなかった。
そのことに、「ごめんなさい」と謝った。

一方、発行部数800万部の力で
「原発の安全性」を繰り返し公言してきた朝
日新聞方面から、そうした声は聞こえてこない。

東電原発事故後、徐々に「脱原発」へと傾斜し始め、
若宮啓文が主筆に就任してからは
「脱原発」色をさらに強めている朝日新聞だが

自社の過去の記事を検証し、自己批判した記事は
見たことがない。
おそらく毎日新聞をはじめとする他紙*2も同じだろう。


朝日新聞社も大熊由紀子元記者も、
まさか35年前の記事を批判されるとは
思っていなかったかもしれないが、
自らの過去を検証も総括もせず、
黙って「脱原発」に転向するのでは
あまりにも無責任と言わざるを得ない。


(引用ここまで)




なるほどねぇ・・・
国際医療福祉大学に再就職した中央省庁の
勤務経験を 有する者は、文科省からの2名と
厚労省から2名、 財務省から1名と
警察庁から1名」と認めていた。
福祉大の認可について動いていた
前川元事務次官などの天下り斡旋屋さんの
“見えざる手”疑惑は、アベ降ろしに加担すれば
簡単に、免罪符を与えてしまうんだwwww

しかも、
国際医療福祉大学の認可プロセスで
医療福祉ジャーナリズム分野責任者の
大熊 由紀子教授がクローズアップされると
過去の「朝日新聞の原発推進世論工作」の
過去がほじくり返される。


だから、
今朝のテレ朝・羽鳥の【モーニングショー】でも
官僚のお仕事を紹介して
「こんなに大変なんですぅ!!!!!!」と訴えていたのか。
本当に、
いい加減なジャーナリズムですこと!

原発推進派だった朝日新聞が
asahi3fd2eda1_20170529145248a7d.jpg
若宮啓文が主筆に就任してから
「脱原発」色をさらに強めたというのも
 asahiC3bYMXqUkAAkRd9_20170529145250c22.jpg

 asahiC3fVOAaUkAEhJi__20170529145251e1d.jpg

実に興味深い。


しかし、大熊 由紀子教授が昔感じた
反原発運動の一部の人達に感じた

「本当でないことを誇張していったり、
 ウソと知りつつ、
 ただ、もう、反対運動を煽るために
 脅かしの言葉を並べたてるという傾向

 強くなってきた。
 何が何でも原発を葬り去るべきだ、
 という声が強くなってきた。
 私はこれは危険だと思ったのです。」
 

このような認識は、
現在の反原発運動の様子を見ても正しい。


★菅首相に「脱原発」を焚きつけたのは
 辻元清美氏との証言

 NEWSポストセブン 2011年8月1日
 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110801/Postseven_27202.html
菅首相よ、ゲリラに戻れ〉(若宮啓文・主筆)
〈菅降ろしに違和感〉(松下秀雄・論説委員)
――このように、
朝日新聞の菅直人首相に対する「菅びいき」
目立っている。

そればかりか両者の原子力発電に対するスタンスも
よく似ている。
朝日は震災前は原発推進派だったにもかかわらず、
菅氏が「脱原発宣言」をするや
紙面で「原発ゼロ社会」をぶち上げた。


興味深い証言がある。

「菅さんの『脱原発』は付け焼き刃の政策。
 焚きつけたのは辻元清美さんです。
 6月15日に孫正義氏やNPOが参加した
 『再生可能エネルギー促進法案成立!
  緊急集会』に熱心に誘った(辻元事務所は否定)。
 菅さんは大して興味はなかったが、
 実際に脱原発をいうと国民のウケが良かったので、
 一気にのめり込んだ」

(民主党中間派議員)

脱原発を願う国民は多い。
その政策に賛同が集まるのは当然だが、
ひっかかるのは「運動」の正体である。

「脱原発を謳う団体、集会には、
 菅政権を裏で支援する新左翼などの
 人脈が根を張っている。
 実現性を無視して脱原発を煽る運動は
 要注意だ」

 (政府の情報担当スタッフ)


han9ff04ce9-s_20170529142446746.jpg

 han1432f41_20170529142538702.jpg

中核派の山本太郎となかまたちを引き入れた
小沢一郎が、自党から立候補させた

 ozawa_2.png

「山口あずさと原発ゼロにする会」
山口あずさ代表

tero119b92e6d39770bc1639289365cada59_2017052914244286f.png

kyoubouDALbOw_VYAEY07K_20170529144450131.jpg

teroDAzO1kwUwAASl27.jpg




民進党は、今日の国会でも
北朝鮮のミサイル開発に何の興味も示さず
「加計学園問題」で安倍総理を追及している。

民進党最高顧問の江田五月氏が
加計学園理事長の父親の代から知人で、
長年、選挙の支援を受けてきて
今治市の獣医学部新設に動いていたにも拘らず

”40年来のお友達”という安倍総理との関係を
追求し続ける。

パヨクの連中は、
天下り斡旋をしていた前川喜平元事務次官
国家戦略特区における医学部新設で
”見えざる手”を動かしていたのにもかかわらず


反原発・反レイシズム・反ファシズムで
野党共闘を応援している人

teroDA5Zv-4UQAA9uaF.jpg


全共闘運動の闘士で元高校教師
kakeDAyxYkNVwAAlBv-.jpg


★朝日新聞「アベの特区は許さん!」
 ⇒朝日新聞大阪本社ビルは
 特区で謎の規制緩和、
 役人のさじ加減

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4901.html



マスゴミもサヨクも
節操が無さすぎる!


マスゴミや野党は
前川元事務次官の出会い系バー通いを
「人格攻撃」だと非難するが・・・

警察は歌舞伎町の出会い系バーの管理売春を
内偵中に、前川氏と文科省OBが何度も
通っていた事実を掴んでいたのよね。


■CatNA‏ @CatNewsAgency
 https://twitter.com/CatNewsAgency/status/869054482784460800
 青山繁晴氏
 前川の先輩の元次官も出会い系バーに
  出入りして、女性を連れだしていた

 →誰でしょうね。
 文科省元次官(旧科学技術庁系を除く)
 山中伸一 東大法 駐ブルガリア大使
 清水潔 東大法 天下り問題で
 教職員生涯福祉財団理事長を辞任

 文科省では、旧文部省系と旧科学技術庁系が
 たすき掛けで次官に任用されているようですね。
 即ち、前川より二代前の次官か、
 四代前の次官。
 前川助平がミエミエの言い訳をしたせいで、
 先輩まで援交(貧調?)次官として
 晒し者にされることになった。

 因みに、テレ朝・モーニングショーで、
 前川助平擁護の論陣を張っている
 元文科省官僚・寺脇研は、前川より四期上。
 ピンク映画好きで有名。
 朝鮮学校「無償化連絡会大阪」賛同人。
 コリア国際学園理事。




うわぁ、寺脇研も含め
皆さん揃って・・・東大法学部出身

TBS「ひるおび!」金曜コメンテーターの
毎日新聞経済部編集委員 兼 論説委員の
福本容子が
「獣医学部は東京にもたくさんある。
 四国にわざわざ作る必要があるのか?」

とコメントしたが

kakeDAvsQXWVoAAidjt.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000062-san-pol
農林水産省のまとめによると、
平成26年時点で獣医師は全国に
計約3万9000人。
最多はペットの診療を行う小動物診療で
約1万5200人(39%)、
伝染病予防など公衆衛生に関わる公務員が
約9500人(24%)、
家畜の診療に携わる産業動物診療が
約4300人(11%)と続く。

 20年前に比べると、
小動物診療の獣医師が倍増した一方、
公務員はほぼ変わらず、
産業動物診療は約5700人から減少。
都市圏では都府県の募集に対して応募数が
上回る状況だが、地方では下回ることが少なくない。



しかも
東日本に集中していることがよく解る。


■buvery‏@buvery
 https://twitter.com/buvery/status/869016292392452096
 もともと1000人程度の獣医の定員のうち、
 過半数の560名が私学で、
 440名は南関東に集中している。
 南関東は、東大と東京農工大があるから、
 その定員と合わせると505名が
 南関東に集中している。

 こういう極端な状況だと、
 ペット関係の獣医ばかりが増えて、
 その流れを変えるのは難しいだろう。



関東のペット獣医は飽和状態でも
産業動物診療医は全体的に不足しているんだよ。
四国に獣医学部は要らない?という関東の記者。


★闘牛場から牛が脱走
 パトカーとぶつかり捕獲 
 愛媛・宇和島

 産経新聞 2017.5.28 22:23
 http://www.sankei.com/west/news/170528/wst1705280059-n1.html
脱走した牛は、大会で負傷し、
閉会後も闘牛場で治療を受けていた。
麻酔から覚醒させるための薬を
投与したところ、暴れて脱走したという。


 闘牛場は、JR宇和島駅から約500メートル
北東の丘の上にあり、麓には住宅街がある。

(引用ここまで)


パヨクは今頃、
「アベが加計学園追及を逃れる為
 闘牛を脱走させた」
とか呟いていそう。


kitaDA8reWAUIAA1j3S.jpg


反原発病の山本太郎、
NHKが加計学園特区推進は
鳩山政権から
と、事実を報道したら
発狂してNHK受信料ボイコット宣言。

yamamoto1495873073_1.jpg


★加計学園と前川喜平氏について。2。
 林雄介のブログ!(はてな)
 http://yukehaya.hatenablog.com/entry/2017/05/26/000225




政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もちょっくら貧困調査に

まぁ、朝日がアレなのは戦前からの伝統ですからなぁ。時と場合によって、正反対の主張をいけしゃあしゃあと。ありゃ、治りませんわ。所詮はそのていどのモンかと。

ところで、治らないと言えば、スケベもじつはそうなんですよ。要は理屈じゃないんです。学歴とも育ちともまるっきし無関係なところが、スケベのスケベたる所以でしてねぇ。

いや、私なんかは聖人君子ですから(嘘をこけ)、「女子高校生」と聞いたって、別に色めき立つわけじゃあないんですけどね。でもねぇ、前川さんが調査に出て良いならば、私だって……と、ついつい思っちまいますわな(笑)。

あ、それとね。山口あずさ氏は一度、神経内科へ行かれることをお勧めいたしますわ。だって、明らかな幻聴なんだもん。あと、顕著な症状としては、妄想もありますわな。ひょっとして、レビー小体型認知症……? 脳血管性よりも多いらしいですぜ、ご用心、ご用心。

No title

森友、加計、生前退位、辺野古、準強姦罪、国連人権表現の自由特別報告者、南スーダンPKO、朝日新聞、極右教科書、ヘイト、共謀罪…etc挙げ出したら切りがない民進党と日本共産党の国会三文質疑のなさけない現状、全て政局に繋げて安倍内閣が総辞職の衆参両院解散総選挙で、 民進・共産連立夢遊病政権樹立が目的なら、さっさと参両院解散総選挙してもらいたい。

国民の審判が何なのかが分る、国民は政局お遊びじゃなく隣国からの安全保障と将来の社会保障に対し未だ不透明な為政の現実に苛立っている、今日のTVニ
ュースは朝から晩まで北朝鮮の新型ミサイル(自称巡航ミサイルらしいミサイル)実射報道一色だが、それに対し民進党と日本共産党の代表者の顔が全然見えていない。日本の領海が侵略されたのに(=着弾したのに)知らん振りしてる。

国会質疑で具体的に年金問題もそうだ、ただの一度も年金支給の最大原資であるGDP成長の為に、民進党と日本共産党が何やら経済成長対策を政府に提言した事が在っただろうか、制限した事は在った。と言うと、どんな制限なのと言う人は岩盤規制=既得権益層の利潤占有に風穴あけた加計の話の事だ。

5年余、日銀丸投げの財政出動・マネタリーベース400兆円とマイナス金利政策投入でGDP成長2%未達が日本の現実だ、その理由が本来は政府の専任である規制改革推進が緒に付いていない事に在るので、投入資本が既得権益層にダダ漏れで大衆の実感が薄い、日本共産党が言う自己資本比率が何ちゃらの社会主義思想次元の話では無い。

どうせ2年前より人ロ減少中だ、新たな産業分野創出や既得権益分野自由化で潜在労働力投入させて内需拡大させないと日本のGDP成長2%なんて在り得ないさ(=今の年金支給支える60歳までの労働人口の、将来の年金支給の担保原資だ)、その為に政府が施行する一番の政策が規制改革だ。それを国会で質疑して正すのが責任野党だろ、だから早よ参両院解散総選挙して頂戴ませ。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索