韓流研究室

ARTICLE PAGE

築地市場、土壌調査で”地表近くで”ベンゼン検出 移転判断に影響→共産党員仲卸「俺は許す」

★築地市場、土壌調査で
 ベンゼン検出 移転判断に影響

 日本経済新聞 2017/5/11 16:01
 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB11HC0_R10C17A5000000/
東京都の築地市場の土壌調査で
ベンゼンが検出されたことが11日、
明らかになった。
今回は地表近くのガス成分の簡易な分析
都は実態把握のために詳細な調査に
入る方針を決めた。
築地の土壌汚染の可能性が高まったことは、
小池百合子知事による豊洲市場への
移転判断にも影響しそうだ。

 築地市場は豊洲市場と同様に
地面がコンクリートやアスファルトで
覆われているため、
人の健康や生鮮食品への影響はない
とみられる。

 調査は市場敷地内の約110カ所で実施し、
ベンゼンやヒ素、水銀、鉛など23種類の
有害物質の濃度を分析している。
第1段階の地表近くの調査でベンゼンが出て
きたことから、地下10メートルを掘削する
本格的な調査に移行する。

汚染が確認されれば、調査や対策に
年単位の時間がかかる可能性もある。

 築地の敷地内には、戦後に進駐軍の
ドライクリーニング工場や給油所、
車両整備工場があった。
都は2016年に「汚染のおそれがある」との
報告をまとめていた。

(引用ここまで)


tukijiC_ifmqCVoAEK8cI.jpg

共産党員の仲卸・中澤さんが
火消しに必死なのだが・・・
今回の調査で問題なのは、
ベンゼンが地表近くで検出された事。

しかも
”だって今回の築地土壌調査は 
 旧クリーニング工場跡の中心地を
 喰ってない場所
ですが
 地表から近い場所の土壌ですら
 汚染が出ちゃっているので、、、。”

 https://twitter.com/YOSHIMASAKATAYA/status/862633571785228288


築地市場は豊洲市場と同様に
地面がコンクリートやアスファルトで
覆われているというのだが、現実は

tukijiC6buDSWVMAAreNs_20170511234806e56.jpg

これで、築地市場は安全・安心なら、
豊洲市場は、もっと安全・安心!





★豊洲移転の要望
 業界団体から相次ぐ 都のヒアリングで

 NHK 5月11日 14時28分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170511/k10010977631000.html
築地市場の豊洲への移転について議論する
東京都の「市場のあり方戦略本部」は
築地市場の業界団体に対するヒアリングを行い、
団体からは豊洲市場への移転を
1日も早く判断してほしい
という要望が相次ぎました。

東京都の「市場のあり方戦略本部」は
築地市場の豊洲への移転について
小池知事の総合的な判断につなげるため、
各業界に対するヒアリングを行っています。

11日は本部長を務める中西副知事らが
築地市場を訪れ、水産物の卸業者で作る
「東京都水産物卸売業者協会」と
青果の業者で作る「築地市場青果連合事業協会」
の幹部から
話を聞きました。

ヒアリングは非公開で行われ、
この中で団体からは、
豊洲市場の安全性など
移転を判断するうえでの材料は
すでにそろっているとして
豊洲市場への移転を1日も早く判断してほしい
という要望が相次いだほか、
小池知事がヒアリングに対応しないことへの
批判も出たということです。


ヒアリングのあと、
「東京都水産物卸売業者協会」の
伊藤裕康会長は
どう考えても、豊洲市場に移転する
 選択肢しかない。

 今、築地市場の再整備案が示された
 ことにより業者は分断されているので、

 これをまとめることが
 東京都の仕事であり、


 生産者から消費者まで全体にとって
 よりよい市場をどう作っていくのか、
 皆で考えることが重要だ」

と話していました。

(引用ここまで)


 tukijiC9sxHKKV0AALuSE_20170512020450258.jpg

★築地市場の業者
 「移転白紙は死活問題」 
 戦略本部がヒアリング

 
  https://www.youtube.com/watch?v=ynYT2eKe7zM
 
「移転が白紙になれば死活問題だ」




小池都知事が
豊洲移転をズルズルと引き延ばすのは
やはり・・・都議会選での票田狙い?

日本共産党都議予定候補(杉並)
原田あきら氏
都政の闇を暴き、伏魔殿の解体工事に
着手したいそうですが・・・
  tukijiC_h9CmdVYAAK8Ay.jpg

築地の機能美?
この人は、一体、何を見ているのだろう?
冷蔵施設が不足していて
競り落とした商品が炎天下で山積み。

 tukijiC_glCnnVYAAInDW.jpg

 tukijiC_hoIKhVoAALueu.jpg

 tukijiC_hnWN6UAAE9e-z.jpg

豊洲には
 https://www.foods-ch.com/shokuhin/1441187532811/?p=2
map_toyosu.png
水産卸冷蔵庫棟(7街区) 15,000m2
水産仲卸冷蔵庫棟(6街区) 20,000m2
青果棟立体定温倉庫(5街区) 4,700m2

HACCP的視点に立った品質管理のできる
閉鎖型・高床式施設




https://www.youtube.com/watch?v=dpKBhzH_KB8

「今の築地市場は荷さばきスペースが
 非常に狭いという課題
 物理的な問題がある。」


「生鮮食品の命は鮮度。
 鮮度の一つは温度管理
 市場も含めて一気通貫で
 温度管理ができる状態をつくっていくのが
 付加価値につながる。」



tukijiC_c_2a1VwAEX2No.jpg

tukijiC_c_3j3UAAAIu6Y.jpg


★流通業者「加工機能が必要」 
 卸売市場の課題、意見聴取

 日本経済新聞 2017/5/11 7:00
 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16193970Q7A510C1L83000/
消費者は日常の買い物で
鮮度を重視しているとも指摘。
産地から店舗まで一気通貫で低温管理し
食品を運ぶコールドチェーンが、
市場の付加価値につながるとの意見もあがった。


★豊洲が目指す市場の姿 
 維持費が「築地より高くて無駄」
 は妥当か

 https://www.buzzfeed.com/kensukeseya/tsukiji-toyosu-haccp?utm_term=.xwjQ3pObj#.yclZOkQoV
生鮮食品を扱う以上、商品の品質を可能な限り
維持する必要がある。食品ロスを防ぎ、
安全のリスクを低減することも、
取引先の信頼を得るには重要だ。


そこで豊洲では、
品目ごとの徹底した温度管理で、
産地から消費地まで流通させる
コールドチェーン」を導入する


農林水産省は、コールドチェーンと品質管理
市場の「標準装備」としている。

豊洲は閉鎖型の施設として、品目ごとに空調を
管理して鮮度を保つ。
さらに、埃や塵、風雨などの影響をできるだけなくし、
衛生面のリスクを避けるよう努める。
一般の人たちが入れるのは、築地とは違って
飲食ができる特設の施設に限られる。

世界では、FAO(国連食糧農業機関)と
WHO(世界保健機関)の合同機関が発表した
HACCP(ハサップ)」と呼ばれる
衛生・管理システム
が推奨されており、
豊洲でもその基準を満たすと掲げている。

農林水産省による統計では、
水産物と青果の輸出先のほとんどをアジアと
米国が占めている。
ハサップ基準の達成を要求しているEUへの
輸出量を高める狙いもある。


都の担当者はこう話す。

「コールドチェーンもハサップも
 完璧とは決して言えません。
 ですが、世界の安全基準に
 近づけるように考えられています」

公開された仲卸の売り場に、間仕切りがあり、
『作業スペースが足りないのでは』との疑問も
上がった。市場関係者は、作業を問題なく
スムーズに進められるのか。

「間仕切りは、衛生管理法を守るために
 必要なのです。
 区画を設け、その中で作業をしてもらい、
 衛生面の責任の所在を
 はっきりさせないといけません」


豊洲では、マグロを切るなどスペースが
足りない場合は、共同作業場での作業
可能となっている。

「築地では、
 家賃を払っていないスペースを使って
 物を置いたり、魚を切るなどしている
 業者もいました。

 豊洲に移転したら、
 きっちりと区画を守ってもらいます」


(全文はリンク先で)


豊洲市場のシンボル、
ホウスイの70億円掛けた「豊洲冷蔵庫」
地上10階(事務棟10階、冷蔵棟7階)。
豊洲の空の冷凍庫を維持するだけで月額300万円。
昨年末に移転していれば
tukijiC_glCnnVYAAInDW.jpg
こんな事にはなっていなかった。

3月のホウスイ・中島専務の涙を堪えた訴え!
https://twitter.com/saitoutakao523/status/843428148200914944


こうした現状を無視して、
下部組織を動員して移転反対をする、
豊洲移転問題を政争の具にしている
中核派や社民党や共産党こそ
「伏魔殿」なのでは?

kyousanCtrWoxFUMAEdaLs.jpg

tukiji091400_2017051123300418b.jpg

tukiji091409_201705112330058fa.jpg

「土壌汚染シバキを
 政治的道具に使った段階で、
 某前衛勢力は 築地も返り血にあう
 可能性は判ってた筈。
 要は某前衛勢力は
 仲卸業者サンたちの未来なんて
 如何なっても良いという
 判断だったんだと思うよ。
 もうソロソロ某勢力の洗脳をされてた
 一部仲卸さん達は目を覚ました方が良いよ。」

 https://twitter.com/YOSHIMASAKATAYA/status/862612203626651649



tukijiC2nz8pAUsAAK5yu.jpg

★豊洲市場  移転延期補償は
 90億円台半ば 最終調整

 毎日新聞2017年1月26日
 https://www.mainichi.jp/articles/20170126/k00/00e/040/253000c
.

まだまだ膨らみますよ。
都知事独断で決めた移転延期後の
ロードマップによると、

tukijiC_ib62WU0AETBUy.jpg

https://twitter.com/forownway/status/861442472190267393
”小池都知事 の市場移転延期に拠る損害額。
 11月~3月の5ヶ月で52社に9億の補償決定
 ➪500社で86億➪1ヶ月17.2億➪1年206億
 維持費半年で豊洲8.3億、
 築地8.7億(8.3+8.7)x2=1年34億。
 206+34=240億
 年間240億円、1日6575万➔どぶ捨て


https://twitter.com/forownway/status/862468467340881920
”昨日のプライムニュースで、
 小池都知事 のタイムスケジュウル
 とやらを見たら、
 婆さんどうやら7月以降も引っ張るつもりらしい。
 そうなると単純計算で下記損害額、
 1年半として240x1.5=360億円・・・ワオゥ!!
 馬っ鹿じゃねェの!!”


2年だったら、500億円近くの損害額か。
これが「都民ファースト」の現実。


★小島敏郎と小池都知事と
 共産党の関係
 (市場問題プロジェクトチーム座長)

 https://matome.naver.jp/odai/2149299384269521301



■遠藤久志(中小企業診断士)
  https://twitter.com/ensan7HDversion/status/862685231379128321
”「市場のあり方戦略本部」は、
 昨日残念ながら欠席でしたが、
 「ベストマザー賞」表彰式には
 ゲスト出演されていましたね。”



築地市場 青果連合事業協会・泉会長は
「知事がお見えにならなかったのが残念」
知事とわれわれで話す機会を、
 早い時期に作ってほしい

 (中西副知事に)申し上げた」
と述べた。





政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 4

トマト

共産党に誉められたらその人は終わり!だそうです 小池さん早く軌道修正しないと本当におわりますよ

2017-05-12 (Fri) 01:01 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

No title

最近、築地の三代目の人見ないね、どうしたのかな?

2017-05-12 (Fri) 10:56 | EDIT | REPLY |   

sakada

No title

>土壌調査

日本の不動産取引が国際的に不透明だと指摘されている、国際ランキングも先進国の中で低い。低いと、一般小ロ投資家の日本の収益不動産取得も進まない=日本に外国人投資家の直接小ロ投資が流入しないので市場が盛り上がらない。外国人投資家が分り難い日本の仕組に賃貸住宅の共益費の徴収も在る。

一番問題なのが、担保にする収益不動産の土地建物の遵法性保証が為されていない事に在る。残念ながら、日本の銀行に(融資する債権者である銀行に)大事な担保調査能力が先進国の中で最も劣っている事に在るが、日本の銀行は土地建物の不動産鑑定を代々不問にして来た。不問にした理由が、銀行の融資マニュアルそのものに土地に付いても土壌汚染調査する要を記していない。銀行員が何もしらないのが事実だ。

ところが、世界で一番土壌汚染に巌しい国内法を持つ国がアメリカで、その順法精神は徹底している。一番良い事例が、リートやファンドが収益不動産取得する場合には、不動産鑑定を行い土地の汚染については50年以上前から地帯のエ場等の汚染蓋然性調査や、地震津波に至っては数世紀に渡って調査する。調査に2~3カ月費やすので、アメリカのファンドが日本の収益不動産取得の場合は日本の不動産業者がイライラする、不動産鑑定が日本に馴染まないんだ。

なぜそんなに巌しい調査が...と、日本の銀行員が想う事自体が日本の不動産取引が国際的に不透明だと指摘されている原因だ。担保の安全性が保証されると言う事が投資家や預金者への最大の投資融資運用責任者だからだ、傲慢融資審査する銀行は経営も脆弱だ。

土地の土中汚染除去は、放射線表土汚染除去よりも巌しい、出来ないと言っても過言でないさ。どんなに一等地でも土壌汚染が発覚したら担保価格がゼロで売主は除去責任を負う、買い戻す事も在り得るが、豊洲の場合には何故汚染不問の特約付売買だったのかは別問題で徹底的に闇を洗う要が在る、何だか背任の匂いがプ~ンプ~ンだ。

問題は数千億円要すなら元に戻すのが財政的に無理な話だ、売主のガス会社も責任能力があるのだろうか。豊洲は日本の最新技術を投入したら汚染物質を土中にふうじこめる事ぐらい蓋然性が在るさ。

メンツよりも現実主義の選択を知事にお願いしたいものです。例え、豊洲の使用が都の民意として間違いで在っても、汚染ふうじが出来るなら豊洲を使用するのが利に適している。為政者は白黒の選択の際は、リスクの低い方を(=要する金が低い方を)選ぶのが為政者の執る正しい道だ。金は納税者が出している、知事でも都職員でもない、都の大勢の大口納税者は上場企業や中小企業だ。










2017-05-12 (Fri) 20:36 | EDIT | REPLY |   

都民です。

No title

 この間、豊洲のららぽーとの帰りにレインボーブリッジを降りてから何となく豊洲の方を見たら、対岸に水色の建物が見えました。下記の写真で確認したらホウスイの冷蔵庫でした。一刻も早くこの施設が稼働できるように決断をして欲しいです。

http://www.hohsui.co.jp/sosiki/popup/toyomi2.html

2017-05-12 (Fri) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply