「我々も人間です」 消防署へ寄せられる『ひどいクレーム』

★「我々も人間です」
 消防署へ寄せられる『ひどいクレーム』 
 消防士に話を聞いた

 grape 2017年4月29日 13時19分
 
http://news.livedoor.com/article/detail/13004667/
「なぜ、消防車で
 うどんを食べにきているんだ!」


2017年4月、愛知県の消防団に対し、
市民から「消防車でうどんを食べに来ている」
という苦情が寄せられました。

ちなみに、
『消防士』は国の機関に属する地方公務員ですが、
 『消防団』は準公務員でありほとんどが
 ボランティアで構成されています。

 該当する男性団員7名は
「消防車で飲食店に来るのは非常識」と
口頭で注意を促され、
消防車は消防活動以外に使用しない
というルールになりました。


消防士や救急隊員に寄せられる、
とんでもない『クレーム』


「救急隊員は連続する出勤などのため、
 食事がとれない場合があります。
 そのため、ご理解をいただいた病院の売店で
 飲食物を購入し、飲食をとることになりました」


病院に貼られた告知が、
現在Twitterで話題になっています。
そこに書かれていたのは、病院の利用者に対する
「救急隊員も売店を利用します」
という、一見当たり前のことでした。

この投稿に対し、
「こんなことも断りをいれないといけないのか」
「クレームを入れた人がいたのだろう」
といった怒りの声が上がる一方、
「なぜ救急車でお店に寄るんだ」
といった非難の声も上がっています。

こういった『過度な配慮』『過度なクレーム』は、
消防士や救急隊員といった人命救助に関わる
人たちを苦しめているのです。

(中略)
ほかにも
『過度なクレーム』に頭を抱える消防士が続々


(中略)
怖いのは、
こういうクレームをいちいち受け入れていると、
次は「夜はうるさいからサイレン消せ」
「土日はうるさいから訓練するな」など、
もっと酷いクレームに繋がり、
業務に支障がでることです。

事実、うちの消防署は
隣のマンションからのクレームで、
土日の午前中はエンジンをかけての訓練は
禁止になりましたし、サイレンも大通りに
出るまでは減音モードを使うよういわれています。

ちなみにアメリカでは、
スーパーに消防車専用の駐車スペースがあったり、
消防士がレジに優先的に並ばせてもらったり
しています。スペインでも、出動の帰りに
コーヒースタンドに寄ったりはごく普通のことです。

その違いは何でしょう?
欧米にもクレーマーはいると思いますが、
何より消防士を尊敬する人が日本より遥かに多い
のだと、自分は海外に行って痛感しました。
一方で、
欧米では『ヒーロー』として見られる消防士も、
日本では『公務員』と見られることのほうが多いなと。


これは国民性もあるかと思いますが、
日本の消防の広報下手&広報不足にも
原因があるかと思います。
普段はシャッターを閉めていて、
「火事がない時は消防は何してるの?」と
思われるような市民に遠い存在では、
消防車での外食など理解されないでしょう。

(中略)
消防士Cさん
うちでは、10年前に
業務中の筋力トレーニング(市民体育館での)が
禁止になりました。
理由は、市民から寄せられた
筋トレばっかりしてないで、仕事しろ!
というクレームに消防長が謝ってしまったからです


また、同時期に
夕飯を作るのも禁止になりました。
「業務中に料理をする暇があるなら、
 訓練しろ!」

との市民からのクレームです。

食堂が市民から見える作りになっていた
せいもあるのかもしれませんが、
やはり、世間様が景気が厳しい時代になると
我々の風当たりも厳しくなるのかな…と。
日本の消防は『ヒーロー』ではなく、
『公務員』っていう目で
見られてしまってるんですかね。


当然厳しい声ばかりでなく、ほとんどの方は、
感謝の気持ちで迎えてくれます。
ですが、たまにそういった厳しい目の方も
おられます。

(中略)
消防士Dさん
これは時代の流れかもしれませんが、
火災予防週間や年末年始特別警戒で
18~21時くらいに防火広報に行くと
「うるさくて子どもが起きたからやめてほしい」
と市へ苦情がきました。


「まぁ、そういわれればそうかなぁ」
と思ったりもするけどね…。

(全文はリンク先で)




きっかけは、この報道から
★消防車でうどん店寄る 
 一宮市消防団員7人

 中日新聞 2017年4月26日
 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017042690090013.html


★「消防車で団員が食事に」で謝罪 
 ネット「ご苦労様で済む話」

 J-castニュース 2017/4/27
 https://www.j-cast.com/2017/04/27296715.html


★社会は寛容であるべきか?
 BLOGOS 2017年04月30日
 http://blogos.com/article/220706/
食事そのものにに対して問題がないという
判断をする人たちも、一方で消防本部に対して
「こんなことで謝罪をするな!突っぱねろ!」
クレームをしたり、
これを報じた中日新聞に対して
「こんな記事を掲載するとは何事だ!」などと
クレームをした時に、
それは本当にまっとうなクレームと言えるだろうか?

(引用ここまで)




★消防団の役割
 https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/shiminkatsudo/shobodan/shouboudan_top.html


年々減少する「消防団」に
地方自治体は対応策を考えているのだが

★愛知県、消防団員確保へ補助金
 2016年1月21日
 http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20160121-4.html





★消防・救急隊員へのクレーム
 「救急隊員の食事、ご理解を…」 
 病院内のことわり文は必要? 
 「そんなことまでクレーム?」「世知辛い」

 https://blogs.yahoo.co.jp/buu_101520/27846029.html


★救急隊員が車内で
 缶コーヒーを飲んでるだけで
 クレームが入る日本はおかしい

2017年04月28日
 http://jin115.com/archives/52174948.html

救急隊員にベッカムが
コーヒーを差し入れするのがイギリス。
現場の警官や消防士に
大量のスタバが届くのがアメリカ。
現場に「頑張れ消防士」の
横断幕が掲げられるのが香港

出動続きで昼も夜も食べてない救急隊員が、
車内で缶コーヒーを飲んでると
119にクレームが入るのが日本




★言葉にならない…
 「殉職した消防士の母親を迎えるため、
  空港で整列する仲間たち」
 感動を呼んでいた写真

 http://labaq.com/archives/51821944.html
アメリカでは
消防士はヒーロー的存在として尊敬されており、
危険と隣り合わせであることから
仲間同士の信頼も厚く、兄弟のように
近しい存在になっているとのことです。

ボストンで殉職した消防士の母親を迎えるために、
空港で同僚らが整列して待つ姿が
感動を呼んでいました。

 rqaf5d8ce9.jpg

通路の手前で、
微動だにせず整列する消防士たち。
無言の彼らの気持ちが痛いほど伝わってきます。

先日ボストンでアパートの大火災が発生し、
閉じ込められた人を救助した際に
2人の消防士が地下に閉じ込められ、
亡くなったとのことです。

(中略)

●ボランティアの消防士だけど、
 いつもこういうストーリーには寒気がするよ。
 伝統なんだけど、
 最後は無線を使って殉職者を
 任務から解き放つんだ。いつもぐっとくる。


●写真で涙が出たよ。
 自分の命を引き換えに人を助ける
 任務を果たす人に敬礼だ。

●去年ヒューストンでもホテルで大火災があり、
 3人の消防士が亡くなった。
 これはその時の哀追式のもの。

 rq3f173c1e.jpg

 見ず知らずの他人のために
 命を賭ける消防士に、
 誰もが敬意を払っていました。


 ご冥福をお祈りします。

(全文はリンク先で)




一番上のサイトで、一つ間違っていることは

>該当する男性団員7名は
 「消防車で飲食店に来るのは非常識」と
 口頭で注意を促され、
 消防車は消防活動以外に使用しない
 というルールになりました。


最初から、
「消防車は消防活動以外に使用しない」
という規則は有りました。

でもね、
わざわざ写メを取ってクレームを入れる事より
よく見れば「消防団の消防車」と解りますから
「忙しかったのだろうなぁ、ご苦労様!」
と思える社会になって欲しいものです。

昨年末の、
「近隣住民のクレームで除夜の鐘を自粛」
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4584.html

熱海の”寛一お宮の像”にフェミ教授などが、
女性蔑視だ、DV容認だ!
 観光地にこんな像があっては恥ずかしい

というクレームがあり、
市役所が釈明の看板を設置する
とか
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4553.html

過去には、
カレンダーに六曜を載せるのは差別につながる
http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/25/rokuyo-calendar_n_8878046.html
http://www.pure.ne.jp/~jinken/keihatsu12.htm

「子供」は「大人のお供」の意味だから
子の独立した人権を無視した差別だ!
「子ども」という表記にしろ!

http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20090907/179404/

等々・・・、何じゃ、そのクレームは?
「イチャモン」だよと思える事がいっぱい。




今、AXNで
ドラマ【シカゴ・ファイア】が放送されています。
c20160712-8041.jpg

Chicago-Fire-405.jpg

https://www.axn.co.jp/programs/chicagofire

消防士の様々な人間模様を軸に、
随所に社会問題も織り込まれています。
シカゴ市の財政難から、分署の統合案が出たり、
老朽化するポンプ車の修理も後回しされている。
そこに鉄道事故発生、化学工場に突っ込んだ
先頭車両の乗客と工場職員を救出しようとするのですが
爆発の危機もあり一刻を争う状況なのに
援護注水をしたいのだけれど、ポンプ車の故障で
放水できない・・・応援の消防車の到着も遅れている。
他の車両から救出した乗客のトリアージ等々。
消防士や救命士の苦悩が描かれます。

過去にも、
【「レスキュー・ミー ~ NYの英雄たち」】
【サード・ウォッチ】などのドラマや、
映画【バックドラフト】や
911のテロで英雄的な活躍をした消防士達を
描いた【炎のメモリアル】等々、
消防士や救命士を描いたヒューマンドラマがある。

日々の安全を守る人々への理解を、
ドラマや映画によって理解を深めている。

日本でも、人気コミックを実写化した
『ファイアーボーイズ・め組の大吾』や
女性消防官がテーマの『火消し屋小町』が
ドラマになったけど・・・如何せん少ない。
社会派ドラマではなく青春物というスタンス。

『海猿』や『空飛ぶ広報室』などのように
話題になった社会派ドラマが、本当に少ない。


東日本大震災で、早朝から夕刻まで、
被災者を救助し、行方不明者の捜索をし、
被災者の食事作りやお風呂の設営等々
多くの自衛隊員が従事して下さった。
しかし・・・
彼らは被災者を考慮して、冷たい食事を
取り続けていた。

これも、発端は市民のクレームから


 jieitaiC-T-VJaXkAAW95t.jpg

彼らへの感謝の心を育てることを
左翼系の人々は「軍国主義に繋がる」
嫌がる現状。

 
★東日本大震災と殉職
 兵庫県こころのケアセンター
 副センター長 加藤 寛
 http://www.hemri21.jp/columns/columns020.html




中日新聞が報じた
消防団員がうどんを食べていて注意された記事
多くの人達が意見を出して広がりを見せている。
亡き父が消防士だっただけに
このような意見がでて、皆さんが色々と考えて
下さったことは、元家族としてうれしい。

「我々も人間です」

そして、家族がいるんです!

亡き父だったら、どう答えただろう?と
考えます。
「消防活動以外では消防車を利用しない」
という規則がある以上、それを守る事は大切。
消火活動の際には一瞬の判断で、
部下を失う危険もあるから
どのような行動をするべきかを常に考える。
と答えたのではないかな・・・
消防学校の講師も務めていたから
原則の大切さは言うだろうな。

現場の判断は、とても大切な事だから、
常に自分を律している父だった。

市民の日常を守る危険な仕事の大切さを、
皆でもっと考えたいよね。


★消防士殉職
 消防士2人の遺体を確認/美唄の火事

 2007-10-30
 http://keganikun.exblog.jp/6716222/
 

★君津の消防職員が殉職 
 民家火災で全身やけど

 千葉日報 2017年4月26日
 https://www.chibanippo.co.jp/news/national/403856
君津市消防本部は25日、同市坂田で
6日に発生した民家火災で、
消防署本署第1救助隊の
戸田拓也消防士長(29)が全身にやけどを負い、
23日に死亡したと発表した。

同市消防本部の
消防職員が殉職したのは初めてという。

 消防本部によると、6日午前6時5分ごろに
民家火災の119番通報があり、
救助隊は同6時15分ごろ現場に到着。
要救助者がいるとの情報を受け、
戸田消防士長を含む救助隊員2人が屋内を
捜索していて、急激な黒煙にまかれ、
戸田消防士長の所在が不明になった。

戸田消防士長は台所付近で倒れている状態で
見つかり、病院に搬送されたが、
23日午後に死亡した。

 捜索開始時は、火炎は確認されず、
白煙がうっすらと漂っている状態で、
隊員と外部を結ぶ確保ロープと、援護注水は
なかったという。


 消防本部は、当時の判断などについて、
内部調査に加え外部有識者を招いて検証するといい、
「再発防止策を検討し、安全管理の徹底に取り組む」
としている。

 この火災で木造平屋建て約56平方メートルが全焼し、
焼け跡から
家主の男性=当時(78)=の遺体が見つかった。

(引用ここまで)


ヒューストンでの殉職消防官の追悼パレード、
多くの市民が立ち止り、黙祷をしていた光景が
記憶に残っています。

日本ではどうでしょう・・・
不祥事は、全国ニュースで
大々的に報道されても、
殉職者の報道は、
地方紙の片隅にひっそりと掲載されるだけ?

このような悲劇を防ぐために
市民ができる事は、火事を出さない事!
クレームや、クレームへのクレームよりも、
私達一人一人が、火災を出さないように
常に注意する事!

29歳という若さで殉職した戸田拓也消防士長の
ご冥福をお祈りします・・・





政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

心無いクレームは、「日本には日本人だけが居るんじゃない」という言葉に集約されている。
とっくに、日本国内も「反日クレーム無罪マンセー」に成り下がってるでしょうに。
マスゴミ視てみなさいよ。異常の域を遥かに越えて久しい。
あれを放置してるんだから、好きでそうしているとしか思えない。
どんだけ異常な国だとは思うが、それを放置しているので仕方ないと諦めの境地。
改善するには、決断しなければならない事が2、3あるんだけどね。
今のままでは、いずれ沖縄のようになるのは必至。

No title

理不尽なクレームにいちいち対応する必要はない。

上司が事なかれ主義に陥らず、例えば勤務中に筋トレについては「体力と持久力、スピードが要求される業務であり職務遂行のため筋力の維持は必要不可欠。筋トレも職務のうちであり、職務時間外に職務に必要な筋トレを求めるのはむしろ残業の強要にあたる」とはねのければよいこと。

除夜の鐘の自粛なども全く不要なことであり、除夜の鐘など最近になってできた風習ではなく大晦日から元旦の一定時間に限られてはるか昔から行われている年中行事である。やかましいからやめろという方が非常識で、それが我慢できないのなら、居住移転の自由の権利があるのだから除夜の鐘の音の聞こえないところに住めばよいこと。社会に所属する以上、社会活動に協力するのは市民の義務である。

市民を名乗ろうが非常識なクレイムに応じる必要はない。公的機関はサイレントマジョリティは常識人であることをもっと理解すべき。

毎度感じるのですが、このクレームを入れる市民とは本当に日本人なのでしょうか。
沖縄などで反対反対とやってる、国籍があちらか用日の為だけに日本国籍を得たプロ市民なのでは?
お寺の除夜の鐘もクレームでなくすなど、ノイジーマイノリティの意見に押されてばかりで本来の職分を果たせないようにする、使命を帯びたプロ市民の仕業ではないでしょうか。

No title

何割からが意見として有意なのかは、製品・サービスによってまちまちでしょうけど、10000人の消費者や受益者がいて、たった1人だけが気が付いてシツコク騒いでいるような事は、そこまで重要ではないでしょう。

愛国心も公共心も否定されてきた戦後

戦後教育の最大の弊害は「公共心の否定」だろうと思います。感謝の心を持たず、権利ばかり主張して、いつも「他人はズルをしているんじゃないか」と思うようになったら韓国人といっしょです。
私たち日本人は、そうならないように気をつけたいものです。

【新・悪韓論】救急車に道を譲らない韓国人 ヒドい悪用ですっかり不信に - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160204/frn1602041140001-n1.htm
>2010年に「なぜ、救急車に道を譲らないのか=市民1000人にアンケート」があった。「回答者の35.9%は『本当に危険な状況なのか信じられない』、24.7%は救急車がサイレンを鳴らしていても、『救急患者を運んでいるとは思えない』と回答した」(朝鮮日報10年3月11日)

公益は私益に優先されるべき

公益は私利私欲に優先する。
公益が損なわれば、個人個人の利害に悪影響を及ぼす。利益の得失から打算的に考えてもそうなります。

公益が損なわれて、社会秩序が乱れて相互不信や抜け駆け合戦みたいなみっともない光景が繰り広げられても、ひたすらダマしてでも私利私欲の確保に突っ走る者が多い国ほど、自立した大人の社会ではないということでしょうね。

まして、緊急時は公共性の保護に社会はまい進しなければなりません。
公共の従事者が誇りをもてる環境整備は民度が試されていると思わねば。

殉職者とその家族への敬意の光景に感動いたしました。
日本は、この足元にも及ばないのではないかな。

いき過ぎたクレーマーに反論を!!

除夜の鐘の時も今回の消防署関係のことも理不尽なクレームがきたときには堂々と反論すべきなのに簡単に「すみません。悪うございました」と頭を下げてしまうことに日本はこれからどうなっていくのかしらと危惧しています。
慰安婦問題に対する対応の仕方とまるで同じパターンのように思えて仕方がありません。
事実とか現実問題を説明しないで自虐史観がこういう所にまで染み込んでいるお人好しで優しすぎる日本人・・・・同じ日本人がいき過ぎた自己中のクレーマーになっているのでしょうか、文化伝統破壊の見地から考えると反日00人たちの可能性も捨てきれません。
私は、消防士さんたち、警察官の皆さんたちのように、体を張って世の中のために働いてくださっているすべての人々にいつも心からの敬意を払っています。
本当にありがたいと思っております。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索