「蓮舫氏の二重国籍問題をはっきりさせよ」民進・松原仁元拉致問題担当相

★「蓮舫氏の二重国籍 
 問題をはっきりさせよ」
 民進・松原仁元拉致問題担当相 
 離党の都議候補推薦も

 産経新聞 2017.4.27
 http://www.sankei.com/politics/news/170427/plt1704270008-n1.html
東京都議選(7月2日投開票)で民進党候補の
離党が相次いでいますが、私の知る限り、
党が嫌いで離党した人はいません。
民進で選挙を戦いたいが、勝負の世界で
明らかに勝てないと見切ったとき、

こうしないと勝てず、恩返しもできない。
 勝つために離党を許してくれ

と言ってくるケースが大半です。

都連会長として、非常に忸怩(じくじ)たる思いです。

 もちろん、党はぎりぎりまで各選挙区に
公認候補を擁立する努力は続けます。
でも、今の民進党の支持率を考えると、
離党する候補が自らの政治生命を維持するため、
さまざまな選択肢を模索することは理解できなくない。
問題は、党としてこの現象をどう捉えるかですよ。

 何が原因でこれだけ党勢が伸びないのか、
どう事態を打開するのか、
執行部はもっと科学的に分析してほしい。
自民党の1強体制がいいと思っている人は
少ないと思いますが、そうした人でも
だからといって、
 民進党に頑張ってほしいとは思わない

という声を聞きます。
実際、世論調査の政党支持率に明快に
表れていますよね。

 まず、徹底的に自己分析するところから
始めるべきです。
党内に独立したプロジェクトチームをつくってでも
検証したほうがいい。
それをやらなければ、党に未来はありません。

例えば、蓮舫代表の「二重国籍」問題しかり。
みんな「はっきりさせてほしい」と思っている
のですから。それが釈然としないのなら、
この件で国民が納得しているのかどうか
世論調査もかけてみればいい。
今はこの問題を正面から言う人は少なくなりましたが、
それは忘れたのでなく、みんなまだ胸に
つかえているのです。
戦略的にも、腹をくくってやるべきではないでしょうか。

 謝るべきは謝り、釈明すべきは釈明する。
こうした自己分析ができれば、
支持率を上げるための次のステップに入れる
と思うのです。
党内の求心力と党の支持拡大
のため、あえて諫言(かんげん)したい。

(続きはリンク先で)

  tominfC9bH_xUUAAAbrWN.jpg




民進党の凋落は、もう・・・
蓮舫代表の二重国籍問題だけじゃないと思いますよ。
代表の指示なのか、国会での態度が異常だもの!

例えばコチラ↓


★民進党、重要な介護法案質疑で
 無関係な森友問題追及…
 野党からも罵倒される始末

 ビジネスジャーナル 2017.04.26
 http://biz-journal.jp/2017/04/post_18863.html
(引用開始)
民進党議員、約束破り&官僚を“恫喝”の暴走

 今回の介護法改定案は、介護サービス利用者に
一定以上の所得がある場合の自己負担割合の
引き上げや、高齢者などが長期入院する
「介護療養病床」の廃止
などが盛り込まれ、
“改悪”と批判されている部分もあるため、
国会での議論はとても重要です。

 それを政府もよく理解しているからこそ、
委員会質疑に首相が出席することを了承したのでしょう。
しかも、当初は1時間だった質疑時間を1時間30分に
延長した上、
与党の質疑時間はすべて野党に譲るかたちで
行われました。

しかし、
ここでやはり「森友問題」が出てきてしまったのです。
(中略)
同会で、柚木道義衆議院議員(民進党筆頭理事
「今回の厚労委でも、森友学園のことを、
 どうしても首相に質したい」と主張したのですが、
介護保険制度という重要な議題を論議する場で
あるため、もちろん認められませんでした。

(中略)
柚木議員は丹羽秀樹厚労委員長から
再三注意を受け、ほかの野党議員からも
批判を浴びたにもかかわらず、
質問をやめませんでした。
森友問題を追及すれば国民にウケる
と思ったのかもしれませんが

これは明らかにルール違反です。


 さらに、柚木議員は委員会前夜に行われた
質疑の準備段階でも、内閣官房へ安倍首相に
質問することを通告し、
答弁書を首相に解説する前に
「必ず」自分に見せるようにと、官僚を“恫喝”していました。

(引用ここまで)




介護保険制度の問題は、
若い人にはピンと来ないかもしれないけど
とっても重要な問題なんですよ。
特に、高齢者などが長期入院する
「介護療養病床」の廃止問題!
何故、今国会でこの問題が出たかというと
民主党政権が
”廃止の期限を6年延期”と問題を先送りした期限
今年にきたからなんです。


★「療養病床」の廃止・削減
 2011年11月8日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20111108-OYTEW60862/




亡くなった父も、
この「介護療養病床」にお世話になりました。
高齢者も、介護する家族にとっても、
とても大切な事案なんです。

民主党政権時に問題を先送りして、
その間に何ができたのか、問題点は・・・と
(介護職員の報酬や不足などなど)
きちんと責任感を持って質疑すべきところを
その貴重な時間を、アベ降ろしパフォーマンスで
国民のウケがいいと思い込んで
約束を守らずに森友問題質疑に使ってしまう。
TVは、自民党が強行採決した!
民進の「森友隠しだ」部分しか報じない。


メディアもアベ降ろしをしたいために
民主党時代から彼らに甘い。
だから、自己分析も反省も出来ないし
政権交代を口にしても信用されない。

いくつもプロジェクトチームを作っても、
作りましたと記者会見するだけで
何ら有効な対案も出せない。
己の体たらくを「ネットが厳しい」と愚痴る・・・。

永田町伝説のジャーナリスト・堀田さんは、
再三、野田さんにも蓮舫さんにも忠告している。

しかし、蓮舫代表の態度を見ても
「うるさいオヤジだな」位にしか思っていないのでは?


ちゃんと叱ってくれる人がいなくなったら
民進党はお終いなんですよ。




「法案審議しないで森友をやるのは
 上からの指示 」




政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人材は育てるもの・・・これが難しいのでしょう

民進党離脱
「こうしないと勝てず、恩返しもできない。勝つために離党を許してくれ」と言ってくるケースが大半です。

松原議員は引き留め工作が不発のもよう。そのうち、責任を問われるかたちで、あるいは責任をとると称して、ご自分が言いそうなセリフですね。
だけど、離脱しても勝てるのかな。それだけの人材かしらん。
それより、全体主義体質の民進党内でクーデターを起こしたほうがいいのでは。
革命ですよ(笑)


「介護療養病床」の廃止問題!
何故、今国会でこの問題が出たかというと民主党政権が”廃止の期限を6年延期”と問題を先送りした期限が今年にきたからなんです。

予算をしっかり、人材もコミュニケーション能力のある「日本人」を早急に育成してもらわないといけませんね。

科学的にとか分析とか言う前に、あなた方日本人に思えないんですよって話。
言う事、やることなすこと全て日本潰しだから。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索