韓流研究室

ARTICLE PAGE

長島昭久氏民進離党会見、『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められた、熟議も提案もない

★長島昭久氏、民進離党会見詳報(1)
 「『アベ政治を許さない!』と
 叫ぶことを求められた。
 熟議も提案もない」と痛烈批判

 産経新聞 4/10(月)
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000523-san-pol

長島昭久衆院議員が10日、国会内で
記者会見を開き、民進党からの離党を表明した。
会見の冒頭、「独立宣言-真の保守をめざして」
と題した声明文を読み上げた。
会見の詳報は次の通り。

(中略)
このたび私が民進党を離れる決意をした
最大の理由は、保守政治家として譲れない
一線を示す、この1点であります。

 共産党との選挙共闘という党方針は、
私にとり受け入れ難いものです。

一昨年の「安保法制廃案」の熱狂の中で、
突然打ち出された共闘路線は、
まともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、
最近では民進党の基本政策にまで
共産党が影響を及ぼすかのような場面が
目立つようになりました。


 消費税しかり、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)
しかり、エネルギー政策しかり、憲法改正問題しかり、
そしていま、審議入りもできない状況で紛糾している
テロ等準備罪法案(組織的犯罪処罰法改正案)しかり
であります。

(中略)
「党内ガバナンス」という魔法の言葉によって、
一致結束して
「アベ政治を許さない!」と叫ぶことを求められ
過去に自分たちが推進し、容認してきた
消費税も、TPPも、ACSA(物品役務相互提供協定)も、
秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、
共謀罪も、すべて反対、徹底抗戦、廃案路線で突き進む。

行き詰まると、院外のデモ隊の中に飛び込んで、
アジる、煽る、叫ぶ
そこには熟議も、建設的な提案もない。
与野党の妥協も政策調整の余地もない。


http://www.sankei.com/politics/news/170410/plt1704100017-n5.html
そこで、「真の保守」とは何か。
それは、わが国の歴史と伝統を貫く「寛容の精神」
だと思います。ですから、「真の保守」は多様な意見を
包摂することができるのです。
実はこの間気付いたのですが、
リベラルといわれている皆さんの方が
けっこう過激でありまして、権力に対するルサンチマン
のようなものがあって、寛容さに欠ける言動が
しばしば見られます。


政府や保守的な主張に対する攻撃は
時に激烈であります。
「市民連合」なる組織を率いるある政治学者が、
一国の総理に向かって
「お前は人間じゃない。
 叩き斬ってやる」

などと叫んだりしていました。


 一方、保守の側も昨今劣化が激しく
籠池(泰典)さんのように、教育勅語を信奉していれば
保守だといわんばかりの粗雑なキャラクターが
際立っています。 
私は、「真の保守」というのは、
国際社会でも通用するような歴史観
人権感覚を持ち得なければ
ならないと考えております。
不寛容なリベラルも、粗雑な保守も、
1度立ち止まって国内外の現実を直視し、
それぞれの議論を整理し直すべきではないかと
考えております。
(引用ここまで)


【長島昭久氏、民進離党会見詳報(3完)】
 民共共闘「ずっと違和感持っていた」 
 テロ等準備罪への党対応に
 「国民はそんなバカじゃない」

http://www.sankei.com/politics/news/170410/plt1704100020-n1.html


★【アベは人間じゃない】
 元民主ブレーン山口二郎氏、
 民進党離党の長島議員に
 半ば名指しで批判されご立腹か

 正義の味方  2017年04月10日
 http://www.honmotakeshi.com/archives/51045018.html




minsintumblr_okdyppzFmG1sxcfk5o1_1280.jpg

>党内ガバナンス」という魔法の言葉によって、
 一致結束して
 「アベ政治を許さない!」と叫ぶことを求められ


そりゃ、
政治をやろうとして議員になった者なら、
こんな事は馬鹿馬鹿しいよね。
しかも、スケバンみたいな蓮舫代表に
顎で指図されながら、全員一致で
「ウソツキ!、ウソツキ!」と手拍子しながら叫ぶのが
議員のお仕事なんて耐えられないよなぁ。




沈みゆく泥船から、いち早く逃げた長島昭久氏。

東京都議選に向けて、民進党全滅予測が出ると
共産党都議連と連携して”与党”気取りの
小池都知事率いる【都民ファーストの会】へと
民進党都議が勝ち馬に乗ろうと移籍ブーム。

長嶋議員の元秘書も都民ファーストの会から
立候補するというのだから
長嶋議員が今後
日本共産党に飲み込まれる泥船・民進党を出て
日本共産党都議連と連携する小池都知事の
傘下に入ったら、お笑いだ!


★都民ファーストの会・野田代表の
 行動は公職選挙法違反では ?

 アゴラ 2017年04月09日
 http://agora-web.jp/archives/2025443.html
さてまず「野田数氏とは何者なのか?」
ということについて簡単に説明しますと、
もともとは自民党の都議会議員だったのですが、
2012年に離党し柳ヶ瀬都議らと
今は亡き東京維新の会を立ち上げ
衆議院議員選挙に立候補するも落選し
アントニオ猪木氏の秘書を務めるなどを
していましたが、
2016年の都知事選で小池陣営の選対責任者を務め、
小池知事の特別秘書の座を得ました。


野田氏は現在東京都の特別秘書ということで
特別職の公務員の立場にあります。
一般職の公務員は地方公務員法36条に基づいて
政治的中立が求められるのですが、
特別職の公務員はこの対象外とされており、
政治活動として地域政党「都民ファーストの会」の
代表も務めています。

さてそんな野田数氏ですが、
どうやら週刊新潮の報道によると2016年11月に
「東京私立中学高等学校協会」に対して、
露骨に2017年夏の都議選で都民ファーストの会の
候補者を支援するように圧力をかけた
模様です。

(続きはリンク先で)




民進党の終わりの始まり・・・
yatou9UeNWg.png

この3党が合流したら、
泥船の沈み方は激しくなる。

今後、増々気を付けなければいけないのは、
「如何なる党派にも宗教にも所属していません」
という偽無所属の”市民”候補だろうね。

そして、
保守層とリベラル層の両方の票田を狙って
蠢く小池都知事のようなタイプ。
いよいよ
メディアの印象操作に騙されない、
国民の見識が求められてくる。


★「あさイチ」の質問に
 米国民が手厳しい指摘
 「違う文脈から切り取ったもの」

 トピックニュース 2017年4月10日
 http://news.livedoor.com/article/detail/12914546/




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

名無しさん

No title

沈みゆく泥船から、いち早く逃げた長島昭久氏。

保守を自称しているようですが、本当かなぁ。

ヘイトスピーチ法規制に賛成→アウト色付きの文字

首相の靖国参拝、村山河野談話の見直し反対→アウト色付きの文字

小池新党との共闘説も→アウト色付きの文字

2017-04-13 (Thu) 16:32 | EDIT | REPLY |   

山葵

No title

そもそも自民党が中道左派ですからね。自民党より左のスタンスを採るなら極左しかありません。

しかも、自民党の「公共事業で雇用と需要を作り出す」という政策は、本来は左派の経済政策なのに、それを「ハコモノ」「土建国家」などと呼んで全否定するから、日本の左派にはマトモな経済政策が打ち出せないのです。

2017-04-13 (Thu) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply