韓流研究室

ARTICLE PAGE

自主避難者支援「避難の協同センター」と明治学院大学と福島デマと沖縄と慰安婦問題

★避難の共同センター
 http://hinan-kyodo.org/aboutus/members/
注)緑字は管理人が追加補足

◆代表世話人
・加山久夫
 (公益財団法人賀川事業団雲柱社理事長、
  明治学院大学名誉教授)
 日本基督教団横浜上倉田教会牧師
  http://k100.yorozubp.com/schedule/febc.htm


・松本徳子(郡山市から神奈川県に避難)
 payokuC8-aGKNUwAAqHiO.jpg

 p_txt.jpg

松本さんは娘(原発事故当時、小学校6年生)が
鼻血、腹痛、下痢といった症状を訴えるように
なったため
、川崎市に自主避難してきたのだった。

http://blogos.com/article/183240/


◆世話人

・岡田めぐみ(福島市から東京都に避難)
熊本美弥子(田村市から東京都に避難)
 「原発避難者住宅裁判を準備する会」原告
 https://www.facebook.com/nowarseto/posts/613915982066369?pnref=story

瀬戸大作(パルシステム生活協同組合連合会)

長谷川克己(郡山市から静岡県に避難)
 8年間勤めていた社会福祉法人を退職し(略)
 誇りを持っての避難でした。
 事故から2年経った今、
 もう福島県民すべてに対する同情は無用である
 ということ。これからの悲劇は、オール福島を
 襲うのではなく、
 福島の子どもたちと子孫の遺伝子を襲うということ。
 (略)
 長谷川さんは2012年、富士宮市でデイサービス
 センターを開設され
、二人のお子さんとともに
 新たな生活を切り開かれています。
 
 http://blog.canpan.info/foejapan/archive/132

 うつくしくらぶ デイサービスセンター 
 株式会社うつくし倶楽部・代表取締役の長谷川

 payoku14-1.jpg
 http://utsukushi.outer-network.com/outer-network.cgi?field=6


・福田健治(弁護士・福島の子どもたちを守る
 法律家ネットワークSAFLAN共同代表)
・松本徳子(郡山市から神奈川県に避難)
 満田夏花(FoE Japan理事)
 katudoukaC8umb6xV0AAFS0b.jpg


 柳原敏夫(弁護士)
 吉田千亜(フリーライター)

◆正会員
・赤石千衣子
 (NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長)
雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク世話人)

植松青児(事務局)
 nqIvd5ZS_400x400.jpg
 沖縄を踏みにじるな!新宿緊急デモ
 http://okinawaforum.org/disagreeblog/2010/04/424_1.html

■2014年12/13シンポジウム
 「歴史修正主義という暴力に、どう抗うか
  ~南京事件77周年の日に」
 
 http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/555/ 
 植松青児(南京事件研究)

 国会前で安保関連法案反対を訴える
 植松青児さん

 https://silmarilnecktie.wordpress.com/2015/07/14/714%e5%ae%89%e4%bf%9d%e6%b3%95%e6%a1%88%e3%80%8c%e5%bc%b1%e3%81%84%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%8d%e3%80%80%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84/


・宇野朗子(福島市から京都府に避難)
・大西連
 (特定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長)
片山かおる(小金井市議会議員)
 「緑の党」メンバー
 http://greens.gr.jp/member/giin-kanto/639/ 

・鹿目久美(大玉村より神奈川県に避難)
・阪上武(福島老朽原発を考える会代表)
・宍戸隆子(伊達市から北海道に避難)
 
中山均(新潟市議会議員)
 midori20120920195750.jpg
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E3%81%AE%E5%85%9A%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3
2012年7月28日、東京都千代田区にある
YMCAアジア青少年センターで約300人が参加し、
党結成総会が開かれた。
(中略)
選挙期間中、候補の木村雄一(緑の党が比例代表に
擁立した)が街頭演説で
「福島で頭2つの子が生まれている」と発言し、
これに対し
福島県民への結婚差別や就職差別に繋がりかねない」
「デマだったら許されない」という批判もあり物議を
醸している

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E3%81%AE%E5%85%9A%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3


・武藤類子(原発事故被害者団体連絡会共同代表)
・村田弘(南相馬市から横浜市に避難 
 かながわ訴訟原告団長)
・矢野恵理子(福島ぽかぽかプロジェクト)

山根真知子(一般社団法人ユニバーサル
 志縁社会創造センター理事)
 パルシステム東京の役職員のOB親睦会
 「ぱるとも会」会長

 http://blog.livedoor.jp/nobu23/archives/52052679.html
 
山本ひとみ(武蔵野市議会議員)
 山本太郎となかまたち
 http://yamamototaro.org/fellows/fellows-402/
 三鷹市で拉致問題の実行犯田宮高麿の子供を
 市議会議員候補者に擁立した「市民の会」出身

 http://www.tsuchiya-masatada.com/blog/20150423-2



★「五重苦の十字架」
 原発事故自主避難者の住宅無償提供
 打ち切り前に 「避難の協同センター」会見

 クリスチャン新聞 2017年2月24日
 http://クリスチャン新聞.com/?p=14334
同センター世話人代表で、公益財団法人賀川事業団
雲柱社理事長の加山久夫氏は、本紙のインタビューに
「市民として、キリスト者として
 問題に取り組んでいる」と述べ、
キリスト教会の関心を求めた。


★今、なにをなすべきか  
 隅谷三喜男に学ぶ

 http://blog.goo.ne.jp/hanakawa_club/d/20160202
 a8ed6df431e99dc1c6f1a5076f4c365b.jpg
姜尚中・和田春樹・加山久夫

隅谷さんは
労働経済学を専門とする学者先生ですが、
活動は多岐にわたり、
どの取り組みにおいても重責を果たされました。
成田空港問題や日朝国交促進に関する貢献は
有名だそうです。


そして敬虔なキリスト者でした。

(引用ここまで)




”福島”の自主避難者は住宅支援が打ち切りで
「路頭に迷ってしまう」「明日食べる食料も無い」
と政府に訴えていた「避難の共同センター 」の
郡山市から神奈川県に避難した松本徳子さんは、
昨年8月、カナダにまで行って活動しています。


★世界社会フォーラムに
 福島の自主避難者一行が参加

 レイバーネット 2016-08-22
 http://www.labornetjp.org/news/2016/0822hasegawa
hangen01.png
松本さん、浪岡さん、長谷川さん先頭の住宅問題のデモ

カナダのモントリオールで8月9日から一週間に亘って
開催された、世界社会フォーラムに、
日本から福島の自主避難者で
避難の協同センター代表世話
人、
こども脱被ばく裁判(旧ふくしま集団疎開裁判)弁護団
の弁護士、支援者として、脱被ばく実現ネットから
一人の計三人が出席した。
(中略)
日本からの出席者3人は多くの場合、二手に分かれて、
自主避難者の松本さんがフランス語で行われた
住宅、街、土地部門に

弁護士の柳原氏と脱被ばく実現ネットの岡田さんは
英語で行われた反核部門に出席することになった。
私は補助の通訳と移動案内として、会期中ずっと、
松本さんとメインの通訳で、
明治学院大学からこちらの大学に来ている
浪岡新太郎
と行動を共にした

(引用ここまで)


★原発避難者住宅支援打ち切り反対!
 ~カナダ市民が
  日本大使館前で抗議アクション

 レイバーネット 2016-10-16
 http://www.labornetjp.org/news/2016/1013ca/
10月13日午後、カナダの首都オタワにある
在カナダ日本大使館前で、カナダ市民約350人
による、東電福島第一原発事故による
放射能汚染からの避難者に連帯し、
来年3月末に予定される避難者への住宅支援
打ち切りに抗議するアクションがあった。

主催者はモントリオールFRAPRU(
都市再開発における民衆行動戦線)で、
この夏の世界社会フォーラムで、
住宅・土地部門を担当した団体の一つだ。
この部門で、
福島からの避難者が日本の現状を話したことから
フォーラム最終日に住宅・土地部門全体として、
福島の避難者と連帯することを決定したが、
それを実際の行動に表したのが、このアクションだった。
(中略)
次に日本の「脱被ばく実現ネット」からのメッセージを
仏語と英語に訳したものを日本人参加者二人が
読み上げた。
最後に皆で、FRAPRUが準備した仏語のコールを
何回も唱和した。
そのいくつかを日本語に訳しておく。
“戻るな、福島!守れ、住む場所!”
“避難者に必要なのは、屋根と健康!”
“福島に帰すことは
 死を意味するんだ、殺人なんだ”


“日本でも、カナダでも、住む場所、持つのは、
 人間の権利!”
“団、団、団、団結!世界中の住宅難民!”。
原発事故被災者に対する日本の政策が
外からどう見られているかが分かると思う。

(引用ここまで)

自分達が福島デマを拡散しながら
「外からどう見られているか」とはね・・・




★パルシステム(生協)の
 「未来の福島こども基金」
 寄付団体

 http://fukushimachildrensfund.org/accounting


★福岡の「グリーンコープ」が
 「東北5県」で福島を排除・・・

 http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/855.html


■林智裕@NonbeeKumasan 2017年1月10日
 https://twitter.com/nonbeekumasan/status/818981786680107009
 『福島は原発の放射能の影響もあって、
  子ども達が心置きなく外で遊べる
  という環境ではありません。

 失礼にも程があるね、みやぎ生協さん。





★被災者を切り捨てる
 今村復興相の暴言を許さない! 
 官邸前緊急抗議行動(仮称)

 2017年04月05日
 http://datsugenpatsu.sblo.jp/article/179327888.html
今日は杉原さんの呼びかけで、
約30人の市民が集まり
復興大臣は自己責任で辞めろ!とコールをしました。
江東区議の中村まさこさんが自主避難者の
おかれている厳しい現実を伝え、
避難の協同センターの瀬戸大作さんから
センターで受けている個別相談の実例について、
最後には大臣を追い詰めた
西中記者も駆けつけてお話くださいました。


(引用ここまで)


西中誠一郎と「避難の協同センター」は、
グルだったのですね!
何故、グルなのかというと、


★自称、日本市民デモ
 「アベは慰安婦像の撤去を
  要求するな!
  首相官邸前に像を建てろ!」

2016年01月05日
 http://seikeidouga.blog.jp/archives/1049205169.html
「集会を終えた方はこちらへどうぞ。
 ここで日韓両国政府の慰安婦問題
 “合意”に対する抗議行動を始めます」


新年の仕事始めとなった4日午後、日本の政治の中心地、
東京・千代田区の首相官邸前の狭い広場で
「戦後70年ミニシンポ実行行委員会」(以下、ミニシンポ)の
植松青児氏が
平和の碑(少女像)の移転要求は
 被害者に対する侮辱だ

と書かれたプラカードを持って大声で叫んだ。


(引用ここまで)




「避難の共同センター」事務局の植松青児
今村復興大臣に、強引に「自己責任」という
言葉を引き出そうとした西中誠一郎
韓国の慰安婦像撤去に大反対。

 katudoukaC8ppw6bVwAEnYV3.jpg


何故、彼らは
「韓国慰安婦」に謝罪と賠償は求めても
日本人元慰安婦の人々は徹底無視するのだろう?


やはり、”生協の父・賀川豊彦”が、
1947年8月に婦人公論に寄稿した
日本人慰安婦に対する言葉
闇の女に堕ちる女性は、多くの欠陥を持っている
占領軍の相手をしたパンパンは
「一種の変成社会における精神分裂病患者である」

と書いたことが影響しているのだろうか?



★日 米 混 血 児 の 母
 澤田美喜 (中)
     
 ヨハネ 皆川尚一
 http://christ-ch.or.jp/5_torinashi/back_number/2008/2008_12/2008_12_report.html
もう戦争は終わったというのに、
昼も夜もそれは起こりました。
米兵を取り締まるMPやSPと呼ばれる
「憲兵」たちもどんどんレイプしていたので、
歯止めが利きませんでした。
海軍基地内はもとより、基地周辺の市街地や
郊外地の路上、そして日本家屋に侵入して
くるのです。
人妻・娘・12,3歳の少女たちにまで被害者は
ひろがりました。  
もちろん、横須賀だけでなく、全国約135箇所の
米軍施設のある町村にその被害はひろがりました。
パンパンと呼ばれる米兵相手の娼婦たちは、
そうした被害者たちの中から生まれて、
見る見るうちに数を増して行きました。


(引用ここまで)


★元慰安婦城田すず子さんの証言④ 
 深津牧師
 「日本は世界一性倫理の低い国

 http://blog.livedoor.jp/su_mi_jun/archives/5145586.html


★「生協の父」賀川豊彦の
 活動から現代の経済を考える
 シンポジウム
 「あったかいおカネのまわしかた」

 http://www.pal-system.co.jp/topics/2009/100216/
パルシステム連合会は3月6日(土)、
東京都港区の明治学院大学にて
シンポジウム「生協の父、賀川豊彦に学ぶ
『あったかいおカネのまわしかた』」
を開催します。




dema43d6da42_20170410210730aac.jpg

dema57f2b4abeaf9c15d172323d802b493ee_20170410210732b28.jpg

緑の党の
「福島で頭2つの子が生まれている」
カナダのサヨク活動家集団に
「福島に帰すことは
 死を意味するんだ、殺人なんだ」

と言わせる。

こんな福島に対する差別的デマを拡散して
自主避難者達は
「こんな福島には帰れないから
 住宅支援を続けろ!」

と活動する避難の共同センターの活動家達。
彼らは
福島の住民を心配しているのではない!



★山本太郎議員
 「国会議員に出す弁当はベクレてる」
 と問題発言…西日本、九州、海外から
 食材「お取り寄せ」

 2013/11/04(月)
 http://girlschannel.net/topics/59221/


★今村復興相の激怒の真相…
 メディアが隠蔽した記者とのやりとり
 詳細がFBで2万超の「いいね」獲得!

 門田隆将 2017/4/9
 http://snjpn.net/archives/18689


★社民党・福島みずほ、神奈川新聞で
 一面意見広告掲載の募金を募る・・・
 寄付金ください~ネットの反応
 「北に送金するから金よこせってことか」
 「北の弾道ミサイルの資金になるん?」
 「反日資金w」

 2017/4/10
 http://anonymous-post.com/archives/5318


★「ちょっと待て、その市民は売国人!」
 菅直人と怪しい反原発プロ市民

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1263.html
菅首相側の献金団体 
セクトに所属しない元活動家集団
選挙は革命のために




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 3

山葵

マッチポンプ

こういう人達が「東京オリンピックよりも東北の復興を」などと言って、オリンピック準備の邪魔もしてるんですよね。たちが悪いです。

原発事故も思い起された福島の地震。安倍首相が語っていた「アンダーコントロール」は今… | BEST T!MES
http://best-times.jp/articles/-/3821/
反対派がお断りデモ このままでは「復興妨害五輪」になる | 日刊ゲンダイDIGITAL
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198062/

こういう人達への支援は、税金から反日活動費を出しているのと同じで、一番の無駄だと思います。

2017-04-11 (Tue) 00:20 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

おカネに群がる方々

もともとホーシャノーとは無関係だった、郡山市からわざわざご苦労さまなことに、避難されている松本徳子さん。随分とオサレな方ですよねぇ。この服、結構お高いとお見受けしますよ。一見して、余裕がおありのこととすぐわかりますです、はい。

お子さんがホーシャノー被害ですか。群馬の線量って、私が住んでるところと変わらないですけどねぇ…。あ、ちなみに私は東京在住ですけどね、原発事故当時から、「避難」なんて考えもしなかったんですがねぇ。

要はこの方々って、おカネ目当ての利権屋集団でそ。おカネになりさえすれば、ネタは何でもいいみたいですわな。反原発、沖縄、慰安婦…。そういや、長島議員や長谷川幸洋氏から呆れられていた、某山口教授なんかも、申し訳ないですけど、とうてい「学者」さん枠とは言えませんなぁ。

学者さんの本分は、ご専門の研究でそ。教授の本分は、学生さんの指導でそ。政治活動に割く時間なんぞ、元来は1分も無いはずなんですが…。ほんっと、活動家の「職業」欄はフェイクの羅列でんなぁ(笑)。

2017-04-11 (Tue) 04:32 | EDIT | REPLY |   

あや

Re: おカネに群がる方々

> 学者さんの本分は、ご専門の研究でそ。教授の本分は、学生さんの指導でそ。政治活動に割く時間なんぞ、元来は1分も無いはずなんですが…。ほんっと、活動家の「職業」欄はフェイクの羅列でんなぁ(笑)。

日本の研究論文発表の数が激減していて深刻なのだそうです。
私の夫は民間企業の研究職なのですが、
実験を繰り返し論文にまとめ、英文にし、
会社が契約している専門の翻訳家のチェックを受けて学会発表。
発表するだけではダメで、商品開発部門でどのように生かすか
それから・・・どれだけ世界で引用されたかが評価される。
後輩研究員の指導もしなくちゃならないし、
海外の同様な研究をしている研究員との共同作業もある。

日教組・全教組にも言える事なのですが
プロとして、教師や教授を名乗るのであれば
政治活動に熱中している時間なんて有るのかね?
成果を出さなくても、ぬくぬくと地位を保てる構造。
一方で、若手の優秀な人が非常勤で、研究費も少ない。
イデオロギーや客寄せパンダが、大学の地位を独占すると
高い授業料を払ってまで、ましてや無償にしようなんて
お金がもったいないと感じてしまいます。
国内論文だけでなく海外に通用する論文を発表しない
学者を名乗る活動家は要らない。
その分を正当な研究費に回すべきだと思います。

2017-04-11 (Tue) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply