韓流研究室

ARTICLE PAGE

米軍、シリア軍基地へのミサイル攻撃前にロシア軍に通知

★米軍、シリア軍基地へのミサイル攻撃前に
 ロシア軍に通知

 ロイター 2017年 04月 7日 12:37
 
http://jp.reuters.com/article/usa-russia-syria-idJPKBN1790CF?feedType=RSS&feedName=worldNews&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

[ワシントン 6日 ロイター] -
米国防総省のデービス報道官は6日、
米軍がシリア空軍基地への攻撃について
事前にロシア軍に通知し、ロシア軍が駐留している
とされる場所を攻撃しなかったことを明らかにした。

攻撃に関する記者会見で述べた。

米軍は6日、シリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)
掃討作戦の際に衝突事故を防ぐために設置していた
連絡手段を通じて、攻撃前にロシア軍側と連絡を取った。

(引用ここまで)




ペンタゴン声明
「アサド政権の化学兵器使用への警告として、
 東地中海のUSS porter/Rossが巡航ミサイル
 59発を発射。目標は化学兵器投下に用いられた
 飛行場の航空機格納庫、燃料庫、武器庫、
 防空システム、レーダー。
 ロシアには事前通告し、市民やシリア兵ロシア兵の
 巻き込みは避けた。」


シリア側が犠牲者が出ているという報道も・・




習近平がフロリダに滞在中のシリア攻撃。
議会の承認なしに突然の作戦だったのだが。
トランプに批判的なシューマー上院議員と
ペロシ下院議員はシリア攻撃について大統領を支持、
ヒラリー・クリントン氏も米国はシリアを爆撃する
べきだと発言。
ドイツのメルケル首相、フランスのオランド大統領は、
米国のシリア攻撃について賛同の発言は無いが、
責任は全面的にアサド政権にあると批判。

欧米主要メディは9時半頃から相次いで速報したが
NHKなどは10時半頃から速報。

テレグラフによると英国防相にも事前通知があった。
ニュージーランドも知っていた。

空爆の事前通報があったことを
クレムリンも公式に認めた。

何故、米露のホットラインがあったかというと
2013年8月にアサド政権が化学兵器を使った時に
米国の攻撃を招くところだったところを、
ロシアがアメリカと協議。シリアの外相はモスクワに呼ばれ
アメリカとのホットラインで化学兵器全廃を約束させられた。

しかし、その後も何回か化学兵器も樽爆弾を使用して
反政府市民に向かって砲撃。
オバマ大統領は口先だけで慎重すぎたので今に至る。

先日のアサド政権のサリンなどの化学兵器使用は
国連安保理で制裁決議を出したくても、
中露が拒否権を使って阻止を続ける。
ロシアがシリアの空爆を国際法違反だと
安保理に訴えても、米・英・仏が拒否権パターン



■軍事アナリストの小川和久氏の解説
 https://www.facebook.com/kazuhisa.ogawa.5/posts/1293972557345904
アサド政権側へのトマホーク巡航ミサイルによる
攻撃は、トランプの米国とアサド政権を支持してきた
プーチンのロシア、そして首脳会談を行っている
習近平の中国との間で、
一定の合意が成り立っていることを物語っている。

その意味で、トランプは北朝鮮に対する
軍事的オプションの行使についても、
フリーハンドを与えられた面がある。

そして、化学兵器を使用したと思われる
シリアへの攻撃は、
金正男氏暗殺にVXを使った北朝鮮
→テロ支援国家再指定への動き
→北朝鮮へのトマホーク巡航ミサイルを使った
サージカル・ストライク
(重要目標に対する精密誘導兵器による
 ピンポイント攻撃)という流れが、
一気に現実味を帯びてきたことを
北朝鮮に突きつけている。

今回のシリア攻撃ではイージス駆逐艦から
70発以上(追記:59発の報道が定着しつつあります)
のトマホーク巡航ミサイルが発射されたそうだが、
横須賀を母港とするイージス艦12隻と
日本周辺海域をパトロールしている
巡航ミサイル原潜が積んでいるトマホークは
常に約500発
北朝鮮全域を射程圏内に収めてきた。
それが決してこけおどしではなく、
いつでも発射可能な態勢にあることを
今回のシリア攻撃は証明した。

金正恩が理性的に反応しなかった場合を考えて、
日本政府は急いで国民の安全を図るための
措置を講じなければならない。


追記:米国内にも3月頃から、トランプが
軍事攻撃を選択するのではないか
との予測が出ていた。

このときは
北朝鮮への軍事攻撃として語られていたが、
共和党主流派の「トランプ切り」、
つまりロシアとの関係を理由に弾劾に
持ち込まれた場合、トランプを切り捨てて、
共和党主流派のペンス副大統領の政権にすることで、
トランプとともに共和党が壊滅状態になることを
避けようとする空気が生まれていた。

この逆境をトランプが乗り切るためには、
戦争しかないという見方だった。

冷静なマティス国防長官とマクマスター大統領補佐官は、
軍事力を行使する場合にも最も政治的効果があり、
米国側の損害が少ないアサド政権への攻撃に
絞り込んだと見られる。

マティス国防長官が最大の脅威とみなすイランは、
核とミサイルで北朝鮮とワンパッケージであり、
アサド政権の後ろ盾でもあるからだ。


ロシアのプーチンは,シリアよりトランプとの
関係を重視することは間違いなく、
抗議、反発は国内外の世論向けの色彩が濃い。

(引用ここまで)




そんな中、国会前では
首都圏反原発連合とSEALDsの後継「未来のための公共」が
「アベ辞めろ」と抗議中。
コールしているのは「しばき隊」男組の副長で
全国大学生協連の石野雅之。
 otokoWS000523.jpg

日本共産党・赤旗が配信中。
https://twitter.com/akahatakokumin/status/850303161512349698


北朝鮮チーム?



★韓国政府、駐韓日本大使の面会要請に
 応じなかったが…青瓦台首席と面会

 中央日報日本語版 4/7(金)
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000035-cnippou-kr
金奎顕(キム・ギュヒョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)
外交安保首席が6日、青瓦台で長嶺安政駐韓日本大使と
面会して慰安婦問題をはじめとする
両国の懸案に対して話し合ったことが分かった。


在韓邦人の避難対応も!?

10日に中国外交部高官、16日にペンス副大統領が
韓国を訪問し、共に北朝鮮の核ミサイルの脅威と
対応策や6か国協議について話し合うという。
朝鮮半島も緊迫した状態。



★ロシア海軍艦艇の動向について
 統合幕僚監部 2 9 . 4 .7
 http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20170407_02.pdf
4月6日(木)午後5時半頃、海上自衛隊第1航空群所属
「P-3C」、第3掃海隊所属「ぶんご」、第42掃海隊所属
「つのしま」及び第3ミサイル艇隊「しらたか」が、
種子島の北東約100kmの海域を西南西進する、
ロシア海軍スラバ級ミサイル巡洋艦1隻及びドゥブナ級
補給艦1隻の合計2隻を確認した。

その後、当該艦艇が大隅海峡を西航し、
東シナ海に進出したことを確認した。
なお、当該艦艇は、4月2日(日)に津軽海峡を
日本海から太平洋に向けて東航したものと同一である。

(引用ここまで)




ロシアの地下鉄自爆テロに続き、
今度はスウェーデンのストックホルム
トラックが暴走して歩行者に突っ込むテロが発生。
3人が死亡。ISか?
https://twitter.com/SkyNews/status/850375870162358272

世界中が荒んでいる・・・




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 2

sakada

No title

対地巡航ミサイルトマホークは、1発1,5億円で59発は88億円余で在り、それ以上の損害をシリアの空軍基地に与えた。シリア空軍に、戦闘機材から移動宿舎まで全て後方支援していたのがロシアだったので、プーチン大統領ご自慢の軍事態勢インフラまで損害を受けたものと推察します。ただ、トマホークの命中精度がなんちゃらだったとシリアとロシアが嘲笑報道してるが、ロシアもアメリカもお互い様です。

お互いに相手の巡航ミサイルの性能を世界に嘲笑宣伝しないと、ロシも北方四島に配備の最新型対地対艦巡航ミサイルが世界に売れなくなる。35年前のフォークランド戦争で、アルゼンチン空軍の時代遅れの戦闘機スカイホークが撃った1発の対艦巡航ミサイルが、イギリス最新鋭フリゲート艦を沈めた。爾来、製造元のフランスに対地対艦巡航ミサイルエグゾセの注文が世界から殺到した。それまでも、そしてフォークランド戦争でも、スカイホークの戦術が今の時代では信じられない低空飛行で爆弾投下だった(実際に、マッハ低空飛行で6発の爆弾投下で3発がフリゲート艦に命中して撃沈してる)。

しかし、ジェット戦闘機なら時代遅れのマッハ低空飛行でも爆弾投下で外敵を殲滅出来る蓋然性が高い。山岳部や島嶼が多い地なら、外敵戦闘機に対する長・中・短対空ミサイルの射撃管制レーダー照射が山や島に乱反射してレーダーロックが出来ない。更に低空飛行で数機がぴったりと幅寄せ飛行したら、守る側の最期の綱である短距離迎撃ミサイルが巨大な飛翔体と見誤って益々混乱してしまうので無防備に陥る。但し、海洋なら長・中・短距離迎撃ミサイルの餌に成
ってしまう。実際に、スカイホークがフリゲート艦の迎撃ミサイルや世界初実戦配備イギリス垂直離着陸戦闘機から撃墜されてる。

それから世界の空軍戦術が、戦闘機の低空飛行爆弾投下から人ロ知能AI搭載ロボットの巡航ミサイルの先制攻撃に移ったのが、現代の7日のアメリカの対地巡航ミサイルトマホークの攻撃でした。今の巡航ミサイルの命中精度は、自衛隊も同じ様に〇〇〇衛星システムで着弾誤差が数十センチ以内だ。北朝鮮の長距離ミサイルの様に、凡そ燃料調節等で狙いを定める時代遅れのアナログミサイルは日米に存在しません。

2017-04-08 (Sat) 12:31 | EDIT | REPLY |   

sakada

No title

>トマホーク巡航ミサイル 59発

1発1,5億円でした。自衛隊の三菱製巡航ミサイルは1発2億円です。全長4m余の小さい巡航ミサイルで、射程距離150キロ(来年度300キロに延長予定)ですが、他国から「神風(しんぷう)」と賛辞されている。

しんぷうの由縁は、海面上10m低空飛行で着弾寸前に一旦ジャン
プして、45度の急角度で喫水線下に着弾して仕留める嫌な巡航ミサイルだからです(早よ、武器輸出禁止三原則止めたら世界から注文殺到で、日本のGDP成長=潜在労働力創出=内需拡大=今の労働人口の将来の社会安全保障=年金の100%支給に繋がるさ)。

で、...実際はどうなのと海自高速ミサイル艇乗務員に伺うと、習主席がご自慢の空母遼寧程度なら「しんぷう」3発の同時着弾で1度で仕留めると笑顔で語った(いつも3発同時着弾演習積んでるとの事⇒陸上・海上・空中の3方向から発射する態勢)。

同時着弾とは、何時何分何秒迄時間を合せて3発同時に当てる戦術だ。たぶん、空母遼寧の竜骨までへし折るのだろう。他方向から飛んで来たら、最期の防衛手段の20mm多連装砲でも迎撃が厳しい(最新型海自揚陸艦かがの20mm多連装砲も3門のみ)、しかも遼寧はロシア製多連装砲だから命中精度が...。その「しんぷう」巡航ミサイルの同時着弾が東シナ海全てで出来る態勢が自衛隊の〇〇〇衛星システムで、日米以外にロシアや中國に存在するのかどうかは知らない。たった1発2億円が、数千倍の値段の空母を沈める。

2017-04-08 (Sat) 20:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply